新型【オデッセイ】機械式駐車場に入るのか?大きさと乗りやすさ

オデッセイ

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

2023年12月より販売再開となった、ホンダ【オデッセイ】

フロントフェイスや内装など、単なる販売再開に留まらない改良が施された新型【オデッセイ】ですが、購入を検討されている方にとって機械式駐車場を利用出来るのかは大きな検討材料となるでしょう。

今回は新型【オデッセイ】が機械式駐車場に入るのか、大きさや乗りやすさについて取り上げていきます。

スポンサードリンク

【オデッセイ】外寸は?どのくらいの大きさなのか

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずは新型【オデッセイ】の外寸を見ていきましょう。

オデッセイは歴代共に低床ボディが特徴でしたが、新型【オデッセイ】ではどの程度のサイズとなっているか、ライバル車種であるトヨタ【アルファード】と比較しながら見ていきましょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

(単位:mm)オデッセイ
e:HEV ABSOLUTE
(参考)
アルファード
全長48604995
全幅18201850
全高16951935
ホイールベース29003000
最低地上高145150
室内長29153005
室内幅15601660
室内高12851360

 

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

ライバル車種であるアルファードと比較してみるとオデッセイとの明確な違いが全高だとわかるでしょう。

全高が1,700mm以下に収まっていながら室内高は1,285mmを確保しています。

オデッセイの特徴である低床ボディを活かしたスペース効率の高さとなっており、アルファードと外観で比較するだけでなく実際に室内を見比べてみる必要があります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

寸法だけ見比べるとアルファードの室内空間に見劣りしますが、実際に室内を見てみると大型ミニバンとして充分な室内空間が確保されています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

2列目キャプテンシートだけでなく、3人掛けの3列目シートも広い着座スペースと足元空間が確保されています。

このように、アルファードよりも全長・全高が短いながらも充分な室内スペースが確保されていますのでライバル車種よりも小さい事がデメリットにはなりません。

次項で触れる機械式駐車場を利用する際には全高が目安となりますので、全高の低い事がオデッセイ最大の特徴といえるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

全長が4,860mmアルファードより130mm低くなっており、その分取り回しが良くなっており、最小回転半径が5.4m(アルファード 5.9m)と【ヴェゼル】と同等の小回りの良さなので市街地での運転駐車時の切り返しの少なさなど普段使いしやすさまで考慮されたボディサイズとなっています。

全幅1,820mmは最近では珍しくなくなったサイズで、運転視界が広いので車幅感覚が掴みやすく駐車場探しで困るシーンも少ないでしょう。

引用:https://bit.ly/3CN5esg

機械式駐車場に限らず時間貸駐車場や商業施設の駐車場を利用する際に、車室が5ナンバーサイズ前提の寸法で狭いケースもまだまだ多く見受けられます

引用:https://youtu.be/YQs58YJ48wk?si=cZc7TCkxA13GJEeF

そういう場合でも、全幅が1,850mm以下なので駐車のしやすさだけでなく、駐車場での乗り降りがしやすくなります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

全長についても車室長が5,000mmというケースが多く、全長4,860mmで140mmの余裕がありますので駐車のしやすさだけでなく、リアゲートを開閉して荷物を載せる場合にも余剰スペースが確保しやすいのも日常利用では嬉しいポイントとなります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

純正ナビゲーションシステムを装備すれば利用出来る「マルチビューカメラシステム」を使えば上空から見下ろしたように映し出す「グラウンドビューを見ながらクルマ周辺の情報を確認して駐車することが出来ます。

最小回転半径5.4mを活かせば通路が狭い商業施設の駐車場や街中での縦列駐車でも取り回しが良く、「マルチビューカメラシステム」と合わせて簡単に駐車出来るのは初めて大型ミニバンを選ぶのに不安という方にとっても新型【オデッセイ】を選びやすいポイントになるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

このようにオデッセイの外寸国内のドライビングシーンで大きすぎないサイズでありつつ広大な室内空間を確保する、という絶妙なサイズとなっています。

スポンサードリンク

【オデッセイ】どのような機械式駐車場なら入るのか?

 

次に新型【オデッセイ】ではどのような機械式駐車場なら利用出来るのかを見ていきましょう。

前項で取り上げたように、オデッセイの全高は1,695mmとハイルーフミニバンの中では格段に低い寸法となっています。

古いタイプの機械式駐車場では全高1,550mmまでというセダン・コンパクトカーを基準としたものが多く見られましたが、最近では全高1,800mm以下という中型ハイルーフ対応2,000mm以下対応の大型ハイルーフ対応のものとバリエーションが出てきています。

引用:https://bit.ly/34b6JCp

階層式機械式駐車場の場合、下段では1,550mm以下ながら上段では2,000mm以下まで対応、という商品が多く見られます。

都心部の分譲マンションなどで設置例が多い屋外設置型の機械式駐車場では上段ならばミニバン対応というものが多いですが、軽ハイトワゴン隆盛の最近の情勢を踏まえて下段が1,800mmまでのハイルーフ対応のものを設置しているケースも増えてきています。

駅前や商業施設近辺で設置されている事の多いタワーパーキングについても新しく設置されたタイプでは高さ制限1,800mm以下とハイルーフに対応したものが増えてきています。

このように、機械式駐車場の高さ制限で一つの目安となるのが「全高1,800mm以下」です。

オデッセイは全高1,695mmですので他の大型ミニバンよりも機械式駐車場を利用出来る可能性が高く、高さ制限に引っかかって駐車出来ないと困るシーンは少ないでしょう。

引用:https://bit.ly/3Dl0esV

ただし、新築マンションや新しい商業施設に設置されている機械式駐車場や立体駐車場だからといってハイルーフ対応ではない場合もあり得ますので、マンション備え付けの月極駐車場を契約する前には必ず高さ制限を確認するようにしましょう

また、駅前などの時間貸駐車場を利用する際には事前に高さ制限を確認しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【オデッセイ】大きさまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

新型【オデッセイ】は大型ミニバンの中でも全高が低いのが特徴、という事をメインに新型【オデッセイ】の外寸と利用出来る機械式駐車場について取り上げてみました。

今回の販売再開に伴う改良で、全長が改良前と比べて5mm伸びて4,860mmとはなりましたが取り回しの良さはそのままで、18インチタイヤを装着しながら最小回転半径5.4mを維持しているのは駐車のしやすさでは嬉しいポイントでしょう。

高さ制限1,800mm以下というハイルーフ対応の機械式駐車場が増えてきており、全高1,695mmと上級ミニバンの中では低い全高が自慢の新型【オデッセイ】。

ライバル車種よりも利用出来る機械式駐車場が多いのはこれから上級ミニバンの購入を検討されている方にとって、新型【オデッセイ】を選ぶ大きな要因になるでしょう。

引用:https://bit.ly/32Sw0k3

機械式駐車場だけでなく、高さ制限のある立体駐車場でも高さ制限を気にすることなく利用出来るでしょう。

引用:https://bit.ly/325YQwJ

高さ制限が低い都心部の地下駐車場もありますのでライバル車種では高さ制限ギリギリで利用するのに気を遣うような駐車場であっても新型【オデッセイ】なら難無く利用出来る、ということもあり得ます。

全幅1,820mmというサイズも機械式駐車場での駐車のしやすさだけでなく、駐車場での乗降のしやすさに繋がっています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

このように上級ミニバンながらも利用しやすいサイズである新型【オデッセイ】、一度販売店で実車を見て使いやすいサイズを確認してみてください。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました