新型【オデッセイ】グレードの詳細と納期・納車待ち情報

オデッセイtitle1 オデッセイ

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

2022年9月に一旦は国内販売終了となったホンダ【オデッセイ】ですが、一部改良の上、中国からの輸入販売として2023年12月に国内販売を再開しました。

今回は、国内販売再開に伴い最新仕様に生まれ変わった新型【オデッセイ】のグレードの詳細と気になる納期についてお届けしていきます。

スポンサードリンク

【オデッセイ】グレードの詳細

2023年12月より販売再開となった、ホンダ【オデッセイ】

パッと見では販売終了前のオデッセイと変わらないようにも見えますが、内外装共に改良が施されて最新のミニバンに相応しい仕上がりとなっています。

まずはグレード構成ですが、ハイブリッド仕様の「e:HEV ABSOLUTE(FFモデル)のみに絞られ「e:HEV ABSOLUTE」と「e:HEV ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」の3グレード構成となりました。

 

【e:HEV ABSOLUTE】 車両本体価格:4,800,400円

ABSOLUTE

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ベーシックグレードとなりますが、基本的な装備は標準装備されていますので廉価グレードというわけではありません。

上位グレード「e:HEV ABSOLUTE・EX」と比較して装備されないものとしては、「ワイヤレス充電器」「センターコンソールボックス後部USBチャージャー」「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」「トリプルゾーンコントロール・フルーオートエアコン(プラズマクラスター付)」「本革シート・インテリア」といったところです。

外観ではアルミホイール&タイヤサイズが17インチと、「e:HEV ABSOLUTE・EX」の18インチタイヤより見劣りしますが、17インチの方が乗り心地・燃費性能(WLTCモード燃費19.9km/L)そしてタイヤ交換費用といったメリットが大きいので、17インチの方がありがたいという方も多いでしょう。

Odyssey

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

グリル開口部が拡大され、水平基調のメッキバーを5本に増やしたうえで突起状のデザインと組み合わせた意匠へ変更されたフロントグリルや、2列目両側アームレスト付4ウェイパワーシート(リクライニング/オットマン/ミニテーブル付アームレスト/USB Type-C チャージャー付)、エレクトニックギアセレクターといった今回の目玉となる装備は含まれていますので、ベーシックグレードながら本グレードを選ぶ価値は高いといえるでしょう。

 

【e:HEV ABSOLUTE・EX】車両本体価格:5,000,600円

ABSOLUTE EX

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

「e:HEV ABSOLUTE」に「ワイヤレス充電器」「センターコンソールボックス後部USBチャージャー」「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」「トリプルゾーンコントロール・フルーオートエアコン(プラズマクラスター付)」「本革シート・インテリア」「18インチアルミホイール&タイヤ」を加えたグレードとなります。

+20万円でこれだけの装備が追加されますので、予算に余裕がある方には選んで満足なグレードと言えるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

更に流星体をイメージした力強く輝く精悍な「メテオロイドグレー・メタリック(有料色)」が追加設定されていますので、このボディカラーで本グレードを選ぶのも良いでしょう。

18インチタイヤになる分、「e:HEV ABSOLUTE」より若干燃費性能が劣りますが、それでもWLTCモード燃費は19.6km/Lと省燃費です。

 

【e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION】車両本体価格:5,164,500円

BLUCK EDITION

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

「e:HEV ABSOLUTE・EX」に内外装の随所にブラック加飾が採り入れられた仕様です。

フロントグリルをブラッククロームメッキ、ドアミラーをフォーマルブラック、リアコンビランプをブラックスモークレンズ、リアライセンスガーニッシュをブラッククロームメッキ仕上げに、18インチアルミホイールをマットベルリナブラック、ルーフやピラーライニングをブラックに仕上げています。

Black Edition interior

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

インテリアを見ていくと本革巻きステアリングホイールをピアノブラックガーニッシュ仕上げに、インストルメントパネル・フロントドアパネル・スライドドアパネルを黒木目調に、インナードアハンドルをプラチナクロームメッキにするなど、随所に黒が映えます。

上質かつスポーティーなブラック仕上げで、オデッセイ ABSOLUTEに相応しい仕様といえるでしょう。

個性的なミニバンを求める方にオススメのグレードです。

 

以上の3グレード構成に刷新された、新型オデッセイですが、安全性能も向上しています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

安全装備「Honde SENSING」は最新のものに更新され、近距離衝突軽減ブレーキ・オートハイビーム・急アクセル抑制機能を追加するとともに、衝突被害ブレーキはフロントカメラが広角化されたことで交差車両、右折時の対向車・横断自転車・二輪車・夜間の歩行者の検知が可能となりました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

またオデッセイで初となる車載通信モジュール「Honda CONNECT」も導入され、サブスクリプションサービスの「Honda Total Care プレミアム」が利用可能となり、ホンダの最新ミニバンに相応しい装備を充実させています。

 

このように内外装で改良が施された新型【オデッセイ】はグレード構成がシンプルに整理され、どれを選んでも満足度が高くライバル車に劣らぬ魅力あふれるミニバンへと進化しています。

スポンサードリンク

【オデッセイ】現在の納車待ち期間はどのくらい?

 

商品力を高めて販売再開となった新型【オデッセイ】ですが、現在の納車待ち期間がどのくらいなのか気になるでしょう。

2024年1月上旬の時点で、公式の工場出荷時期目処は4ヶ月程度となっています。

販売店の納入されて更にアクセサリー装備や整備などの期間を含めるとおおよその納期は5ヶ月程度となるでしょう。

少し前ですと工場出荷時期目処は3ヶ月~半年とバラツキがありましたが、現在は納期は落ち着きつつあるようです。

 

納期については新型オデッセイについては中国からの輸入車となるため、国内に届くのが諸般事情で前後する可能性がありますので、詳細納期につきましては販売店に定期的に確認しておくのが良いでしょう。

現在は安定して納入されているので発注時よりも納期が早まる場合もあり得ます。

この辺りは海外メーカーの輸入車と同様だと最初に踏まえておけば余裕を持って新型オデッセイの納入を楽しみに待つことが出来るでしょう。

スポンサードリンク

【オデッセイ】価格や納期についてのまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

グレード構成がシンプルとなり魅力的に生まれ変わった新型【オデッセイ】

今回の販売再開にてシンプルなグレード構成・ボディカラーラインナップとなった事もあり、グレード・ボディカラーの違いによる納期のバラツキは減っているようです。

価格についても480万円~516万円と価格帯の幅が小さくなっており、納期を優先して違うグレードを選んだとしても支払金額に大きな差が生じず、利便性の高い装備は標準装備されているので大きな不満を感じないのも新型【オデッセイ】の魅力でしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ちなみに、「e:HEV ABSOLUTE・EX」で装備される便利装備のうち、ワイヤレス充電器については、ワイヤレス充電対応スマートフォンをおくだけ充電出来る便利な装備ではありますが、今後iPhoneに採用されているMagSafe規格に準拠した「Qi2ワイヤレス充電規格」に対応したスマートフォンに置き換わっていく事を考えると、無くても特に困る事は無いでしょう。

既にMagSafe対応車載充電器が市販されていますので、MagSafe対応のiPhoneをお持ちの方はMagSafe対応車載充電器の方が利便性が高いでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

また、センターコンソールボックス後部USBチャージャーについても2列目シートにType-CポートのUSBチャージャーが内蔵されていますのでセンターコンソールボックス後部USBチャージャーを使う機会は少ないでしょうから無くても特に困らないでしょう。

もし充電ポートが足りない、といった場合にはモバイルバッテリーなどで代用出来ます。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

「e:HEV ABSOLUTE」で無くて残念、と思われる装備を挙げるならば、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」でしょう。

荷物を載せる機会の多いミニバンにおいて、近年利便性の高さで装備する車種が増えているパワーテールゲートは、重いテールゲートを電動開閉出来るというメリットのみならず、身長の低い方でも簡単にテールゲート開閉出来るというメリットがありますので、この装備を目的に「e:HEV ABSOLUTE・EX」を選ぶのも良いでしょう。

価格差を考慮すれば、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」のためだけに約20万円+となっても、日常利用での利便性の高さでお釣りがくるくらいです。

このように、満足度の高い高級ミニバンへと改良された新型【オデッセイ】

他とは違うスポーティーなミニバンがより進化しての販売再開

ミニバン購入を検討されている方は是非とも新型【オデッセイ】も候補に入れてください。
アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました