itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【CX-5】VS【エスクード】どっちがいいの?

CX-5

こんにちは、皆さんは車を購入する際はどこに重点を置いて車を選びますか?
外装や、内装、性能、価格など様々な見方はポイントがありますよね。
さて今回の記事は今話題のマツダCX-5とスズキエスクードどちらが評価が高いのか、徹底調査した結果をご説明していきます。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【エスクード】価格について

多種多様な用途で使用できる車としてとても人気の2つの車種ですが、どう違いがあってどっちの方が自分に合った車なのかを見極めるために、価格表を作成致しました。

CX-5の価格表

【ガソリンごとの価格】

種類
排気量

ディーゼルターボ
2200㏄

ガソリンターボ
2500㏄

ガソリン
2500cc
ガソリン
2000cc
価格 288~356万円 333~355万円 289~325万円 257~280万円

※ 1万円未満は四捨五入

【ガソリン車のグレードごとの価格】

グレード 25T L Package 25T 25S PROAVTIVE 25S L Package
価格 333万円 (FF)
355万円(4WD)
272万円(4WD) 292万円(4WD) 299万円 (FF)
321万円(4WD)

※ 1万円未満は四捨五入

【ディーゼルターボのグレードごとの価格】

グレード XD XD PROACTIVE XD L Package
価格 281万円 (FF)
303万円(4WD)
300万円 (FF)
323万円(4WD)
303万円 (FF)
352万円(4WD)

※ 1万円未満は四捨五入

 

平均的にみると、CX-5は300万円前後の価格ですね。
CX-5はガソリン車よりターボ車の方が人気ですが、やはり人気なだけあってディーゼルターボ車は価格が高いですね。

エスクードの価格表

では、続いてエスクードの価格表を見てみましょう。

【グレードごとの価格】

グレード 1.6 1.4ターボ
価格 234万円 259万円

エスクードはグレードが2つしかありません。
金額でいうと、CX-5の一番低いグレードの金額よりも下回りますね。

ただ、金額だけではどちらが自分に合った車なのかが分からないと思いますので、続いて大きさや燃費について説明していきます。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【エスクード】大きさってどんな感じ?

家族を乗せる時や仕事で使う時、趣味で車を使うと時にも重視をしたいところは、車内の広さですよね。
大きな荷物を載せたりお子様が着替えたり、色々な用途で車内の広さは重要視されます。
では、車の大きさをそれぞれ車体と室内に分けてサイズ表で見てみましょう。

参照:https://www.suzuki.co.jp/,https://www.mazda.co.jp/

車体と室内のサイズ

【車体のサイズ表】

車種/長さ(㎜) 全長 全幅 全高
CX-5 4,545 1,840 1,690
エスクード 4,175 1,775 1,610

車体の大きさはややCX-5の方が上回る結果となりました。
コンパクトな方が好きという方にはエスクードがおすすめ出来そうですが、少しの差なのでこちらは大きさはあまり変わらないが、ややCX-5の方が上回るサイズということですね。

【室内のサイズ表】

車種/長さ(㎜) 長さ 高さ
CX-5 1,890 1,540 1,265
エスクード 1,960 1,480 1,265

室内の大きさは、長さはエスクード、幅はCX-5、高さは同じといい結果になりました。
成人の方が足を伸ばしてゆったりとした空間でくつろぐのであれば、CX-5の方が上手ですが、隣の人とのスペースを確保して広々と横の空間を利用したいのであればエスクードがおすすめですね。
高さは全く変わりないですが、どちらもお子様の着替えや荷物を積みあげたい際にはとても最適高さということが分かりました。

サイズに関しては、どちらも譲らず個々に良いところがありました。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【エスクード】燃費の違いについて

では最後にとても重要な燃費についてご説明いたします。
家計の出費を抑える燃費ですが、やはり少ない金額で多く走ってくれる車は助かりますよね。
では、2つの車種の燃費の違いについて説明していきます。

燃費にはカタログ燃費というものがあります。
カタログで見る燃費は平坦な道での調査なので実際の道は凸凹した道やカーブなどもあるので、燃費が変わってしまします。

実際の燃費と一緒に見て行きましょう。

CX-5の燃費

【CX-5のカタログ燃費】

WLTCモード JC08モード
2.0Lガソリン車(2WD) 14.8㎞/h 16.0㎞/h
2.5Lガソリン車(2WD) 13.8㎞/h 14.8㎞/h
2.5Lガソリン車(4WD) 13.0㎞/h
2.5Lターボ車(2WD) 12.6㎞/h
2.5Lターボ車(4WD) 12.2㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、AT) 17.4㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、MT) 19.4㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、AT) 16.6㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、MT) 18.8㎞/h

【実際の燃費】

2.5Lガソリン車(2WD) 11.18㎞/h
2.5Lガソリン車(4WD) 11.81㎞/h
2.5Lターボ車(2WD) 10.06㎞/h
2.5Lターボ車(4WD) 9.60㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、AT) 16.64㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、MT) 14.86㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、AT) 14.02㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、MT) 16.60㎞/h

一般的にはJC08モードの燃費はカタログ燃費よりも実燃費は低くなりますが、WLTCモードでの燃費は「市街地」「郊外」「高速道路」の3つのモードで走行を切り替えることが出来るため、WLTCモードの方が実燃費との差は少ないと言われています。

実燃費を見ても大きいサイズの車で16㎞/h走るのは凄いですね。

エスクードの燃費

続いてエスクードの燃費ですが、エスクードはグレードが少なくあまり差がないので1.4ターボでのカタログ燃費と実燃費を一緒に見てみましょう。

【エスクードの燃費(1.4ターボ(4WD))】

カタログ燃費 16.8㎞/h
実燃費 13.68km/h

先程、CX-5の説明でもしたようにやはりカタログ燃費から3㎞/hくらい燃費は落ちますが、それでも13.68㎞/hはかなり低燃費の車と言えます。

では、二つの車種の比較を見てみましょう。

CX-5とエスクードの燃費の比較

CX-5はグレードが多く燃費の幅が大きいのでそれぞれ別々に表にまとめてみました。

【CX-5ガソリン車とエスクードの比較】

CX-5(ガソリン車) 11.50㎞/h
エスクード 13.68㎞/h

 

【CX-5ターボ車とエスクードの比較】

CX-5(ガソリン車) 9.38㎞/h
エスクード 13.68㎞/h

 

【CX-5ガソリン車とエスクードの比較】

CX-5(ガソリン車) 15.53㎞/h
エスクード 13.68㎞/h

CX-5の平均の燃費は13.1㎞/hなのでエスクードの方が燃費が良い結果になりましたが、CX-5のディーゼルモデルは16㎞/hを超えているのでCX-5のディーゼルモデルには敵わない結果となりました。

スポンサードリンク

比較まとめ

・価格は、300万前後のCX-5に対しエスクードは約260万なのでエスクードの方が安い。
・大きさは、車体自体はCX-5の方が大きく室内は長さを取るならCX-5幅を取るならエスクードの方が良い。
・燃費は、CX-5のガソリン車とターボ車よりエスクードの方が燃費は良いが、ディーゼルモデルであればCX-5の方が燃費が良い。

いかがでしたか?
車体が大きく、燃費も良く、足をゆったり伸ばしてくつろぐのであればCX-5がおすすめで、コンパクトに低コストで隣のシートとの幅をゆったり取るならエスクードがおすすめです。
どちらの車にも良し悪しあり個人差になるかと思うのでまずは試乗で自身の好みにフィットする車種を探してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました