【CX-5】VS【エクリプスクロス】徹底比較!どっちがいいの?

CX-5

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

「グリーンディーゼル×SUVとして2019年上半期での販売台数No.1のCX-5」「2019年のカーオブザイヤー受賞、2018年にはグッドデザインアワード受賞をしているエクリプス」この2つの車種で購入を迷われる方が多く、どちらも利点があり接戦なため購入を迷ってしまう方が多いそうなので、今回はその2種のそれぞれの利点を解析していきましょう。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【エクリプスクロス】価格について

車を購入する時に気になるのは価格ですよね。
良い性能、燃費、デザイン…で価格が安ければ良いに越したことはありません。
では、CX-5の価格とエクリプスの価格を分けて説明していきましょう。

CX-5の価格

【ガソリンごとの価格】

種類
排気量

ディーゼルターボ
2200㏄

ガソリンターボ
2500㏄

ガソリン
2500cc
ガソリン
2000cc
価格 288~356万円 333~355万円 289~325万円 257~280万円

※ 1万円未満は四捨五入

【ガソリン車のグレードごとの価格】

グレード 25T L Package 25T 25S PROAVTIVE 25S L Package
価格 333万円 (FF)
355万円(4WD)
272万円(4WD) 292万円(4WD) 299万円 (FF)
321万円(4WD)

※ 1万円未満は四捨五入

【ディーゼルターボのグレードごとの価格】

グレード XD XD PROACTIVE XD L Package
価格 281万円 (FF)
303万円(4WD)
300万円 (FF)
323万円(4WD)
303万円 (FF)
352万円(4WD)

※ 1万円未満は四捨五入

ガソリン車は平均的に312万円、ディーゼルターボは平均的に310万前後でした。
やはりグレードによって差がありますが、全体的にガソリン車の方が安い結果となりました。
ただ、ディーゼルターボはとても燃費がいいそうなのでどっこいかなとも思います。
燃費に関しては後程ご紹介致します。

エクリプスクロスの価格

【グレードごとの価格】

M G Gプラスパッケージ
2WD 253万円 271万円 288万円
4WD 275万円 292万円 310万円

価格がグレードごとに分かりやすく値段が上がっていますね。
4WDとの比較もかなりわかりやすく価格が上がっていて、平均の価格は2WDだと271万円、4WDだと292万円という結果になりました。

CX-5の価格が約310~312万円、エクリプスクロスの価格が約271~292万円なのでエクリプスクロスの方が価格は安価でした。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【エクリプスクロス】大きさってどんな感じ?

価格はエクリプスの方が安価でしたが、それには理由があるのでしょうか?
次は2つの車種の大きさを比較してみましょう!

CX-5とエクリプスクロスの車体の大きさ

【車体のサイズ表】

車種/長さ(㎜) 全長 全幅 全高
CX-5 4,545 1,840 1,690
エクリプス 4,405 1,805 1,686

車体の大きさは、CX-5の方が一回り大きく、価格に沿った大きさになりますね。
車体がコンパクトで室内が大きければ小回りも効くので運転もしやすく、車内でゆったりとした空間を満喫できるのですが、実際車内の大きさはどうでしょうか。

CX-5とエクリプスクロスの室内の広さ

【室内のサイズ表】

車種/長さ(㎜) 長さ 高さ
CX-5 1,890 1,540 1,265
エクリプス 1,870 1,490 1,240

やはり、エクリプスクロスの方が車内も狭く全体的にコンパクトな結果となりました。
CX-5は価格が高い分、車体も大きいですが室内も大きいので快適にリラックス空間を味わえますね。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【エクリプスクロス】燃費の違いについて

CX-5の方が価格は高くその分、車体も大きく室内も広いという結果になりましたが、燃費はどうでしょうか?
燃費が良い車は購入後の家計や出費に大きく差が出ます。

CX-5の燃費

カタログ燃費とは…平坦な道でどこまで走れるのかを計算した燃費
実燃費とは…公道でのカーブや凸凹道、高速道路などの色々な場面を踏まえた実際の燃費

【CX-5のカタログ燃費】

WLTCモード JC08モード
2.0Lガソリン車(2WD) 14.8㎞/h 16.0㎞/h
2.5Lガソリン車(2WD) 13.8㎞/h 14.8㎞/h
2.5Lガソリン車(4WD) 13.0㎞/h
2.5Lターボ車(2WD) 12.6㎞/h
2.5Lターボ車(4WD) 12.2㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、AT) 17.4㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、MT) 19.4㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、AT) 16.6㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、MT) 18.8㎞/h

【実際の燃費】

2.5Lガソリン車(2WD) 11.18㎞/h
2.5Lガソリン車(4WD) 11.81㎞/h
2.5Lターボ車(2WD) 10.06㎞/h
2.5Lターボ車(4WD) 9.60㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、AT) 16.64㎞/h
ディーゼルモデル(2WD車、MT) 14.86㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、AT) 14.02㎞/h
ディーゼルモデル(4WD車、MT) 16.60㎞/h

CX-5では、JC08モードの燃費はカタログ燃費よりも実燃費は低くなりますが、WLTCモードでは「市街地」「郊外」「高速道路」の3つのモードで走行を切り替えることが出来るため、WLTCモードの方が実燃費との差は少ないと言われています。

現に、カタログ燃費と実燃費の差はあまりなく、実際の公道での運転では燃費が良いという結果になりました。

エクリプスクロスの燃費

【エクリプスのカタログ燃費と実燃費】

2WDとの燃費の差はそこまで開いていないため、今回は4WD車で調査をしてみました。

カタログ燃費 実燃費
ガソリンターボ 14.0㎞/h 11.0㎞/h
ディーゼル 15.2㎞/h 11.4㎞/h

やはり、カタログ燃費よりも実燃費の方が3~4㎞/hほど落ちてしまいますが、燃費は良いと言えるでしょう。

さらに、調べた結果エクリプスの燃費は季節ごとに変わることがわかり、5月では13㎞/hくらいの燃費が1月では8.7㎞/hまで下がってしまうということが分かりました。
年末はなにかと出費が嵩むので燃費は抑えたいところですが、車には一台ずつの個性があるので仕方のないことですね。

CX-5とエクリプスクロスの燃費の比較

モードや季節によっての変化はありますが、CX-5のガソリン車の場合は接戦で、ターボ車の場合はエクリプスの方が上回りディーゼル車の場合はCX-5の圧勝という結果になりました。

CX-5は車体価格が高いだけあって、車体も室内も大きく燃費も良いと言えますが、グレードによってはエクリプスの方が上回ります。
その点では、エクリプスの方が安価で車内は狭くなりますが燃費も平均的なのでどこに重きを置いて車の購入をしたいかで選ぶ車種が決まってくるのではないかと思います。

総合まとめ

・価格は、平均で約30万円程度エクリプスの方が安価
・車体サイズは、平均で約60㎜程度CX-5の方が大きい
・車内の広さは、平均で約32㎜程度CX-5の方が広い
・燃費は、平均で約1㎞/h程度エクリプスクロスの方が良いが、CX-5のディーゼル車との比較では1㎞/h程度CX-5の方が燃費が良い

いかがでしたか?
今回の調査結果は接戦すぎてどちらも勝ちを譲らない結果となりました。
こればかりはデザイン性や機能性で勝負するしかないような状態になってしまいましたが、自分に合う車探しは目で見て肌で実感した方がご自身の理想に合った車をご購入出来るかと思いますので、この記事をご検討内容に踏まえまずは試乗に行ってみてはいかがでしょうか?

【エクリプスクロス】VS【エクストレイル】比較してみた。維持費・燃費・乗り心地など

【CX-5】VS【CX-3】の比較。どこが違うの?

【CX-5】VS【CX-8】の比較。どこが違うの?

【CX-5】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい?

【CX-5】改造するにあたってのカスタム・エアロパーツ

【CX-5】安全にかかわる装備にはどんなものがある?

【CX-5】VS【エスクード】どっちがいいの?

【CX-5】試乗評価はどんな感じ?

【CX-5】人気カラーや色見本などをご紹介

【CX-5】口コミや評価・評判は?

【エクリプスクロス】中古車を購入する際の失敗のない見極め方

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました