【CX-5】スペックや加速性能・乗り心地レビュー

CX-5

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

上質な走りとスタイリングが人気のクロスオーバーSUVマツダ【CX-5】

マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面採用した初めての車種として登場した初代モデルから更に立体感を強めたデザイン最新のメカニズムを組み合わせた現行型。

ここでは【CX-5】のスペック・乗り心地・加速性能について紹介していきます。

スポンサードリンク

【CX-5】スペックの詳細

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

まずはマツダ【CX-5】のスペックについて。

【CX-5】はミドルサイズSUVでゆとりのあるサイズ豊富なエンジンラインナップが組み合わされています。

ボディサイズから紹介していきます。

■ボディサイズ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

全長 (mm)4,545
全幅 (mm)1,840
全高 (mm)1,690
ホイールベース (mm)2,700
乗車定員 (名)5
車両重量 (kg)1,520 〜 1,710
タイヤサイズ225/55R19
225/65R17

全幅1840mmと幅広い車体となっており5ナンバーサイズの車からの乗り換えという方にとってはかなり大きく感じます

実際に運転してみると視界の広さと高さから車両感覚が掴みやすくて運転しやすく、大きさもすぐに慣れることが出来るでしょう。

注意する点としては駐車スペース

同等寸法のミニバンと違いヒンジドアですので古い駐車場など車室・隣の車との間隔が狭い駐車場においてはドアの開閉時に注意が必要です。

 

■エンジン

エンジンタイプSKYACTIV-D 2.2SKYACTIV-G 2.5TSKYACTIV-G 2.5SKYACTIV-G 2.0
エンジン種類水冷直列4気筒
直噴ターボ
水冷直列4気筒
総排気量(L)2.1882.4882.4881.997
最高出力
(kW[PS]/rpm)
140[190]
/4,500
169[230]
/4,250
138[188]
/6,000
115[156]
/6,000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
450[45.9]
/2,000
420[42.8]
/2,000
250[25.5]
/4,000
199[20.3]
/4,000
使用燃料軽油無鉛レギュラーガソリン

【CX-5】には4種類のエンジンがラインナップされています。

ディーゼル エンジン3種類のガソリンエンジン

ガソリンエンジンはすべてレギュラーガソリン仕様なのが嬉しい点です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【CX-5】の代名詞ともいえる2.2 Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」

ディーゼルエンジン特有のトルクの力強さを犠牲にせず高回転化を実現したエンジン優れた低燃費4.0 L V8ガソリンエンジン車並みの最大トルクを両立しています。

力強いトルク感は【CX-5】のキャラクターにベストマッチといえるでしょう。

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

次に2018年10月11日の年次改良で投入された2.5L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」

最高出力169kW(230PS)・最大トルク420N・m(42.8kgf・m)ディーゼル エンジン並の力強いエンジンとなっておりガソリンエンジン特有の軽快な走りとパワフルに【CX-5】の車体を引っ張り、回す楽しみがしっかりと味わえるエンジンとなっています。

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」

従来よりラインナップされているガソリンエンジンでマツダ車として初の「気筒休止」に対応、エンジン負荷が低い場合に、4気筒のうち2気筒を休止させることで、実用燃費の向上に貢献しています。

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」

こちらも従来よりラインナップされているガソリンエンジン。

ディーゼル エンジンや2.5Lガソリンエンジンほどパワフルさや加速感では劣りますがディーゼル エンジンよりも軽量なエンジンで同じ【CX-5】とは思えない軽快な走りが自慢アクセルを踏んでいくと気持ち良く吹き上がるエンジンとなっています。

257万400円(20S)と他エンジングレードより安価に【CX-5】を手に入れられるのも魅力的です。

この二つのNAガソリンエンジン2018年2月8日の改良ピストンエッジカット形状の変更排気ポート形状を見直し低抵抗ピストン新ノズル付き拡散インジェクターを採用することで従来よりもパワーアップしています。

スポンサードリンク

【CX-5】実際の乗り心地は?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

次に、【CX-5】の乗り心地について。

人馬一体の走り」を目指して操縦安定性乗り心地を磨いた【CX-5】は「意のままにクルマを操るリニアな反応」と「同乗者も快適に過ごせる乗り心地のよさ」を実現しています。

これには車体剛性サスペンションの性能向上も理由に挙げられますが、減速・旋回・加速といったクルマの挙動時にドライバーのハンドリングに合わせてエンジン駆動トルクを制御する「G-ベクタリングコントロールGVC」の存在も大きいところでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

エンジントルクを制御することで横方向と前後方向のG(加速度)を制御し、4輪への接地荷重を最適化することでドライバーの思った通りに自然に曲がることが出来るようになっています。

これにより搭乗者の体の揺れを抑える事が出来るので上質な乗り心地を実現しています。

そして2018年10月11日の改良でエンジントルク制御に加えブレーキ制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラスGVC Plus」に進化、旋回中のハンドルを戻す操作に合わせて外輪側のブレーキをわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを発生させる車両姿勢安定化制御を行い、操縦安定性を向上させています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

これによりカーブなどでのふらつきが更に抑えられ乗り心地の向上に貢献しています。

僅かな制御ですが操舵修正頻度が低減乗員の体の揺れを抑える効果が高く、そして車内の静粛性の高さも相まって【CX-5】の見た目から期待される同乗者も快適に過ごせる上質な乗り心地を実現しています。

スポンサードリンク

【CX-5】加速性能はどんな感じ?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

最後に【CX-5】の加速性能について。

4種類のエンジンによってそれぞれ異なる加速性能となっていますので各エンジン別に紹介していきます。

 

まずは2.2 Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」

ディーゼル エンジンらしい低回転域からの高トルクが自慢で発進時から強烈な加速を味わう事が出来ます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

ストップ&ゴーの多い市街地走行に向いている性能を持っておりエンジン回転数を高める事無く加速出来る事から燃費を抑えられるのも自慢です。

ガソリンよりも燃料代の安い軽油を使う事とエコカー減税対象車(取得税非課税・重量税免税(2回)・自動車税75%減税)である事も魅力的です。

 

次にガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」

ディーゼル エンジンと比べると軽快に回るガソリンエンジンの特性ターボならではのパワフルさを兼ね備えたエンジンで、鋭い加速性能ディーゼル エンジンよりも高い静粛性スムーズに回転するフィーリングが自慢。

ターボエンジン、といってもスポーティーカーなどに搭載されるエンジンとは特性が異なり、いわゆる「ドッカンターボ」とはなっておらず低回転域からトルクを得るディーゼル エンジンに近いセッティングとなっています。

ディーゼル エンジン特有のカラカラ音や走行音、エンジンフィールが気になるという方にとって待望のエンジンでしょう。

 

NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」

ノンターボのガソリンエンジン高回転域まで軽快に回転して街乗りから高速などでもスムーズな加速が得られます。

ディーゼル エンジンやガソリンターボと比べると爆発的な加速感ではありませんが日常生活において必要充分な加速性能を得られます。

街乗りでの瞬発力ではディーゼル エンジンに敵いませんが高速道路など一定速度での巡航が多い、という方には「SKYACTIV-G 2.5」の方が追い越し加速が得やすく乗りやすく感じるでしょう。

ターボラグが無いのも魅力的です。

 

NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」

2.0Lガソリンエンジンは他エンジンと比べると一段劣る印象ですが、2.5Lエンジンと同様に高回転域まで軽快に回る特性車両重量1520kg~ディーゼル エンジンモデルより90kg軽い重量と相まって、思った以上に軽快に【CX-5】を加速させてくれます。

流石に高速道路や長距離移動となると他エンジンほどのゆとりが無くエンジン回転数がやや高めとなるなど不利な点が見受けられます。

しかし、街乗りには充分な加速性能を誇り、軽やかに【CX-5】を加速させてくれますので信号からのスタートで出遅れるといった心配はありません

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

「SKYACTIV-G 2.0」を搭載するのは「20S」「20S PROACTIVE」でFF車のみとはなりますが、車重の軽量さ軽快に回るエンジン特性、そして何より価格という優位な面があり少人数で街乗りなど短距離での利用をメインとする方には最適のグレードかもしれません。

装備の充実した「PROACTIVE」にしたいが価格が高くなるディーゼル エンジンほどの高性能は要らないから【CX-5】を楽しみたい、といった悩みを持つ方はカタログスペックだけで「SKYACTIV-G 2.0」エンジングレードを切り捨てずに試乗してみて発進加速など街乗りで必要となる加速性能を体感してみると必要充分な性能を持つ魅力的なエンジンと感じる事が出来るでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【CX-5】機械式駐車場に入るのか?外寸は?

【CX-5】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【CX-5】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【CX-5】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい?

【CX-5】人気カラーや色見本などをご紹介

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました