【レヴォーグ】新型レヴォーグ人気カラーランキング

レヴォーグ

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


新型【スバル レヴォーグ】では、どの様なボディカラーが人気となっているのでしょうか。

2020年11月に待望のフルモデルチェンジが行われ、2代目モデルとなった新型レヴォーグですが購入を検討していると言う方の中には、どの様なボディカラーが人気なのか興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

自動車におけるボディカラーは、人気色が好みの方もいらっしゃれば他の人と被ることのない色が好みと言う方など様々な見方があるため、どの様な色が人気カラーとなっているのか概要を知っておきたいと言う方は多いはずです。

そこで今回は新型レヴォーグとはどの様な車なのか、ボディサイズの大きさや気になる人気カラーの紹介などを中心に、新型レヴォーグと人気カラーについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】新型レヴォーグはこんな車

引用:https://bit.ly/3rtPT7q

新型レヴォーグは2020年11月に待望のフルモデルチェンジが行われ、現在では2代目となるモデルの販売が行われているステーションワゴン車です。

元来スバルでは、レガシィ・ツーリングワゴンと言うステーションワゴン車が販売されていましたが、大型になったボディを小型化すると言う名目から既存のレガシィではなく後継車種としてレヴォーグは設計され、初代モデルは同じくスバルから販売が行われているインプレッサをベースとして開発が行われました。

引用:https://bit.ly/3dms8sK

2020年に行われたフルモデルチェンジでは、初代モデルが1.6Lと2.0Lのターボエンジンを搭載しているに対し新型モデルでは1.8Lのターボエンジンのみに統一され、街乗りから高速走行まで幅広く利用できるバランス型の車となった点が大きな特徴です。

また、レガシィの真髄を受け継ぎステーションワゴン車でありながら、よりスポーツ走行に適したデザインや走行性能を備えている点もレヴォーグの大きな特徴の1つとして挙げられ、SUV程では無いものの悪路での走行安定性を確保するため、全てのモデルでAWD(4WD)となっている点も特徴となります。

引用:https://bit.ly/3wclvCf

現在、レヴォーグには

  • GT(エントリーグレード)
  • GT EX(エントリーグレード+アイサイトX搭載)
  • GT-H(スタンダードグレード)
  • GT-H EX(スタンダードグレード+アイサイトX搭載)
  • STI Sport(スラグシップグレード)
  • STI Sport EX(スラグシップグレード+アイサイトX搭載)

の全部で6種類のグレード設定されておりGTグレード系は通常モデル、STI Sportグレード系はスポーツ走行に特化した特別なモデルに分けられている点が1つの特徴です。

STIとは『スバル・テクニカル・インターナショナル』の頭文字を取った名称で、スバル車のモータースポーツ事業やカスタマイズを行う関連企業となっており、レヴォーグの場合には特別な装備を装着したカタロググレードとして販売が行われています。

引用:https://is.gd/Ezqjsa

このSTI Sportグレード系モデルには、特別な専用装備として電子制御ダンパーが標準装備され、路面の状態によってダンパーの減衰力が自動で調整される他、ドライブモードセレクトによって走行特性を変化させる事も可能です。

外観面では、フロントグリルやリヤハッチ部に専用ロゴが装着され他のグレードとは差別化が図られており、内装部は専用の本革シートや専用ロゴ付きのステアリングが装備されるなど、質感が大幅に向上した内容となっている点も特徴として挙げられます。

引用:https://is.gd/icRZDy

特にフルモデルチェンジを行った新型レヴォーグは、レガシィに代わるスバルのフラグシップモデルに位置づけられているため、STI Sportグレード系モデルは内外装共に最上級モデルに相応しい豪華な装備内容の車であると言えるでしょう。

また、新型レヴォーグの外観は旧型となる先代モデルでダウンサイズ化したボディが再び大きく設計されている点も大きな特徴の1つです。

では、実際に2代目モデルとなった新型レヴォーグのボディサイズはどのくらい大きくなったのでしょうか。

次の項目では、新型レヴォーグの具体的なボディサイズについて説明をしていきます。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】ボディのサイズ感はこんな感じ

引用:https://bit.ly/39gQwuU

新型レヴォーグは、スポーツ走行を得意としており中でもSTI Sportグレード系はフラグシップモデルの名に恥じない豪華な装備内容である事が分かりましたが、フルモデルチェンジを行った新型レヴォーグは旧型モデルよりボディが大きくなった事も話題となりました。

前述した様に旧型となるレヴォーグは、レガシィ・ツーリングワゴンのボディサイズを小型化する名目で後継車種として開発された車ですが、実際に新型モデルではどれくらいボディが大きくなったのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3d9eGIS

新型レヴォーグの具体的なボディサイズを見てみると

  • 全長:4,755mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,500mm
  • ホイールベース:2,670mm

に設計されています。

引用:https://bit.ly/3u6U5LW

これに対して旧型モデルのボディサイズは

  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1,780mm
  • 全高:1,485mm~1,500mm
  • ホイールベース:2,650mm

となり全長部分は65mm(6.5cm)、全幅部分は15mm(1.5cm)、全高部分は最大で15mm(1.5cm)新型の方がサイズアップしており、一回りとまでは言えませんが確かにボディは大きくなっていることが分かります。

引用:https://bit.ly/2P9bXqE

ちなみに、旧型レヴォーグの前身モデルとなる最終型レガシィ・ツーリングワゴンのボディサイズは

  • 全長:4,775mm
  • 全幅:1,780mm
  • 全高:1,535mm
  • ホイールベース:2,750mm

に設計されていましたので、新型レヴォーグは全高こそレガシィより低くなったものの全長は同サイズ、全幅は15mm(1.5cm)サイズアップしている事が分かると思います。

これは、フロントグリル部など様々な箇所で事故防止に関するセンサーなどに機器が設置されている点や今後の改良を見据えてエンジンルームが広めに設計されているためで、新世代の技術を搭載するためにはやむを得なかったとも言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3rpnAXx

ただし、全長部分が65mm大きくなったのに対し全幅部分は15mm(左右7.5mmずつ)のサイズアップに抑えられていますので、個人差はあると思いますが劇的にボディサイズが大きくなったと感じる方は少ないかもしれません。

このように、新型レヴォーグのボディサイズは旧型レヴォーグと比較して全長が65mm、全幅が15mm、全高は最大で15mm大きくなっていますので、購入を検討している場合などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】新型レヴォーグに設定されるボディカラーは?

引用:https://is.gd/lklpkM

新型レヴォーグは、旧型モデルよりもややボディサイズが大きく設計されている事が分かりましたが、購入を検討しているまたは興味を持っていると言う方の中にはどの様なボディカラーが設定されているのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

特に自動車のボディカラーは購入を検討している場合、1度迷ってしまうと決めるまでに時間が掛かってしまうケースも少なくありませんので、まずは新型レヴォーグに設定されているカラーを特徴と併せて色見本形式で紹介していきます。

現在、新型レヴォーグには全部で8種類のボディカラーが設定されており、それぞれの特徴を挙げていくと

  • クリスタルホワイト・パール(有料カラー:+33,000円)

引用:https://bit.ly/3cBFouG

特徴:純白に近いが、光の当たり具合で柔らかく反射するホワイト系カラー

  • アイスシルバー・メタリック(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3dhrv3V

特徴:新型レヴォーグのイメージカラーにも設定されるやや青味がかったシルバー系カラー

  • マグネタイトグレー・メタリック(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3dfI3ct

特徴:一般的なグレーよりも色の反射率が低く重厚感を感じさせるグレー系カラー

  • クリスタルブラック・シリカ(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/2PEvMX1

特徴:光輝材が含まれることによって、光の加減で淡い輝きを放つブラック系カラー

  • クールグレーカーキ(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/2QUbqcZ

特徴:スバル・XVのために開発されたパステルカラーの水色で、航空機を彷彿とさせるブルー系カラー

  • ラピスブルー・パール(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3czTUDa

特徴:色のトーンがやや低く、どちらかと言うとネイビーに近い透明感のあるブルー系カラー

  • ピュアレッド(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3u4If55

特徴:色のトーンが高く力強さを感じさせるレッド系カラー

  • WRブルー・パール(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3w9ww7d

特徴:レヴォーグの中でもSTI Sport系グレード専用色で、往年のスバルスポーツ車を連想させるブルー系カラー

が設定され、いずれのボディカラーも旧型モデルから全色踏襲され新型モデルでも受け継がれている点が大きな特徴です。

この中でも、クリスタルホワイト・パールは特別塗装となる有料カラーに設定されていますが、その他の色については全て無料の標準カラーとなっており、WRブルー・パールこそSTI Sport系グレード専用色になるものの、その他の色は全てのグレードで選択する事が可能となります。

全体的には、定番カラーに加えてスバルらしいブルー系を中心とした色が設定されており、レヴォーグの前身でもあるレガシィにも設定されていた、レッド系カラーも受け継がれているカラーバリエーションだと言えるでしょう。

では実際に新型レヴォーグでは、どの色が人気カラーとなっているのでしょうか。

次の項目では、新型レヴォーグの人気カラーランキングを紹介していきます。

【レヴォーグ】人気カラーランキング

引用:https://bit.ly/3csRAO6

前述してきた様に、新型レヴォーグには全部で8種類のボディカラーが設定されている事が分かったと思いますが中には人気カラーが良いと言う方、他のユーザーとは被りにくい色が良い方など様々な好みがあると思いますので、ここでは新型レヴォーグの人気カラーランキングを紹介していきます。

  • 第1位クリスタルホワイト・パール(有料カラー:+33,000円)

引用:https://bit.ly/3u8IpZo

第1位の新型レヴォーグで人気のカラーは『クリスタルホワイト・パール(有料カラー:+33,000円)』となりました。

ホワイト系のボディカラーは、新型レヴォーグを含めた様々な車種で人気の高い色となりますが、レヴォーグの場合には「清楚感がある」「駆け抜けるような風のイメージ」「柔らかさがある」などの理由から人気のカラーとなっています。

  • 第2位クリスタルブラック・シリカ(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3rz5Lpf

新型レヴォーグで人気となるカラー第2位は『クリスタルブラック・シリカ(無料標準カラー)』となりました。

ブラック系のボディカラーは、ホワイト系と並び様々な車種で人気のカラーとなる点が特徴ですが、レヴォーグの場合には「ボディデザインが引き締まる」「反射時のキラキラ感が良い」「リセールバリューを重視」などの理由から人気が高く、無料色である点も人気の高さに繋がっているようです。

  • 第3位アイスシルバー・メタリック(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3fq1kdP

続いての新型レヴォーグで人気のカラー第3位は『アイスシルバー・メタリック(無料標準カラー)』がランクインしました。

シルバー系カラーは、ホワイトやブラック系カラーに並び人気の高いボディカラーの1つですが、レヴォーグの場合には「イメージカラーだったから」「傷が目立ちにくいため」「シンプルさで選んだ」などの意見が多く、年齢を気にせず選べる色だったと言う点も人気カラーとなった理由のようです。

  • 第4位マグネタイトグレー・メタリック(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3dgwSQR

新型レヴォーグで人気のボディカラー第4位は『マグネタイトグレー・メタリック(無料標準カラー)』となりました。

新型レヴォーグに設定されるグレー系のマグネタイトグレー・メタリックは、通常のグレーカラーよりも色が濃く、光の当たり具合で柔らかく輝く点が特徴ですが人気の主な理由としては「重厚感がある」「独特の雰囲気が好き」「ブラックを避けたかった」と言う意見が多く見られました。

また、シルバー系カラーではもの足りないがブラック系カラーは他のユーザーと被ってしまうと言う意見も多く、中にはブラックより傷が目立ちにくそうとメンテナンス性を考慮して選ぶ方もいるようです。

  • 第5位WRブルー・パール(無料標準カラー)

引用:https://bit.ly/3fwHq13

最後の新型レヴォーグで人気となるボディカラー第5位は『WRブルー・パール(無料標準カラー)』です。

WRブルー・パールは、レヴォーグの中でもSTI Sportグレードのみ設定されている限定色ですが、人気の理由としては「スポーツグレードと言えばこの色しかない」「特定グレードのみ選択できるから」「透明感のある色味が良い」と言った声が多く聞かれました。

また、実際の販売店の話ではSTI Sport系グレードを購入した方のほぼ7割がこちらの色を選択すると言う説明もあり、特定グレード専用色にも関わらず高い支持を得ている様です。

このほか第6位は透明感のある『ラピスブルー・パール(無料標準カラー)』、第7位は僅差で力強さが特徴の『ピュアレッド(無料標準カラー)』、第8位は『クールグレーカーキ(無料標準カラー)』の順で人気のカラーとなっています。

この3種類の色は、人気カラー上位5色にはランキングで及ばないものの決して新型レヴォーグに合わないと言う事ではなく、それぞれ個性のあるボディカラーとなっていますので、他のユーザーと色の被りを避けたい場合にはおすすめのカラーだと言えるでしょう。

このように新型レヴォーグには、定番カラーを含め様々なボディカラーが人気となっていますので購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

【レヴォーグ】人気カラーのまとめ

今回は、スバル・新型レヴォーグと人気カラーなどについて解説をしてきましたが、現在レヴォーグには6種類のグレードが設定されておりその中でもSTI Sport系グレードは、フラグシップモデルに相応しい質感や特別な走行性能を備えている事が分かったと思います。

加えて新型レヴォーグは、旧型モデルからボディサイズがやや大きく設計されておりサイズ感としては、レヴォーグの前身となるレガシィツーリングワゴンに近いサイズとなりますが、全幅部分に関しては劇的に大きくなった訳ではないため、個人差はあるものも運転に大きな影響は無いと言えるでしょう。

肝心の人気ボディカラーに関しては、一般的な定番カラーをはじめとして独自性の高いグレー系カラーやグレード限定色となるブルー系カラーの人気が新型レヴォーグでは高くなっていますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://is.gd/lklpkM

【レヴォーグ】新型レヴォーグの評価・口コミ

【レヴォーグ】カスタム・内装やアクセサリーを追求!

【レヴォーグ】他のスバル車と比較してみた

【レヴォーグ】新型レヴォーグの納期はどのくらい?

【スバル XV】VS【スバル レヴォーグ】比較してみた

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました