【レヴォーグ】新型レヴォーグの評価・口コミ

スバル

【スバル レヴォーグ】の、評価や口コミはどの様なものとなっているのでしょうか。

新型レヴォーグは、先代モデルに代わり2020年11月にフルモデルチェンジが行われ、翌12月には『2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー』を獲得したことでも大きな話題となりましたが、実際にはどの様な評価を受けている車なのか興味を持っていると言う方も多いと思います。

そこで今回は、新型レヴォーグの外観や内装、機能面や価格など様々な面の良い口コミや辛口コメントの紹介を中心に、スバル・新型レヴォーグと評価について解説をしていきます。

【レヴォーグ】良い口コミ

引用:https://bit.ly/39tWokU

レヴォーグは2014年4月に同じくスバルから販売が行われていたレガシィ ツーリングワゴンに替わる、新たなステーションワゴン車として販売が開始された車です。

2020年11月には、先代モデルの好評を受け初めてのフルモデルチェンジが行われ翌月には、スバル車として4年ぶりとなる『日本カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞したことも大きな話題となりました。

この日本カー・オブ・ザ・イヤーとは、1年間で最も話題性と評価が高かった車種に贈られる賞となり、新型レヴォーグは2020年に発売された車種の中でも最も高評価を得た事になります。

ただし、自動車に対する評価は個人の好みによって大きく左右される傾向にあり、実際に購入や試乗を行った方の評価はどの様になっているのか気になっている方も多いと思いますので、ここでは新型レヴォーグに関する外観・内装・機能面・価格・走行性能などの良い口コミを紹介していきます。

外観の良い口コミ

引用:https://bit.ly/3ruK6hM

まず最初は、新型レヴォーグの外観に関する良い口コミです。

新型レヴォーグは、旧型モデルを世襲しながらも独自性の高い先進的なデザインが高い評価を受けましたが、実際の外観に関する評価や良い口コミを見てみると

  • 旧モデルよりも、ヘッドランプやプロントグリルなどがシャープでスタイリッシュになったほか、メッキの装飾やツヤ感のあるパーツも増えたため全体的に質感が向上したと感じる

 

  • 先代モデルのリヤ部分は、インプレッサや派生車種となるXVに似たデザインだったが新型は独自色の強いシャープなものとなったため、特にリヤの外観は締まった印象になった

 

  • 同じく、スバルから販売が行われているXVをさらにシャープ且つスポーティーにまとめた外観だが、個人的にはスポーツ志向の強いデザインが気に入っているし、先代モデルよりも良いと思う

 

  • 他メーカーのフラグシップ車と言うと、派手なメッキ加飾に厳ついフロントマスクと言うのが最近の主流だが、レヴォーグの場合には旧モデルの無駄を省き派手さこそ無いものの、さらにデザインが洗練された印象を受けるため個人的には好き

 

  • 旧モデルのやや丸みを帯びた外観と比べると直線的でシャープな印象になったため、好みが分かれる部分だと思うが個人的には、重厚感が増した感じで良いと感じている

など、外観部分に関しては旧型モデルよりも直線的でスタイリッシュになったフロンマスクやリヤ部分を中心にデザイン関して高い評価を行う方が多く、全体としても良い口コミが多い傾向にあります。

また、新型ヴォーグは先代モデルよりもボディのサイズが大きくなったことで、外観に関しては重厚感が増したと言う口コミも多く挙げられており、デザインとサイズのバランスが調和している点も外観の高評価に繋がっているようです。

内装の良い口コミ

引用:https://bit.ly/3lWHGHx

新型レヴォーグの内装部分は、グレードやオプションによって11.6インチの大画面ディスプレイが装着され、先進的な技術を搭載している事に加えフラグシップ車種ならではの上質な質感が魅力となりますが、実際の内装に関する良い口コミを見てみると

  • 全グレードでリヤシートにリクライニング機能が標準搭載されているので、後席でも快適に乗車でき長時間座った場合でも疲労感が少ない点は高評価

 

  • 旧型よりもソフトパッドや皮革材などでプラスチック部分を減らす装飾が行われているため、新型モデルの内装はさらに質感が向上したと思う

 

  • 上を見たらキリが無いが、個人的にはでシートや全体的なデザインを含め、この価格帯の車としては十分に高級感が演出されていると感じるので満足している

 

  • スタンダード以上のグレードに設定される本革シートは、上質なレヴォーグの内装をさらに高級化させるがファブリック生地のシートでもカラーステッチなどの加飾によってアクセントが加えられるため、エントリーグレードでも基本的な内装の質感は高いと思う

 

  • フロントシートは、体を包み込む様な立体的なデザインなので長時間座っても疲労感が少なく体に馴染みやすい点が良い

など、内装に関しては価格と釣り合っており十分に高級感が演出されているなど、質感の高さが高評価に繋がっているようです。

また、新型レヴォーグの内装はグレードによってパワーシートやシートポジションメモリーなど、利便性を向上させる機能が充実している点も高い評価を得ています。

機能面の良い口コミ

引用:https://is.gd/0HDkGk

新型レヴォーグは、従来型の安全装置であるアイサイトに加え衛星を利用し更に安全性を向上させたアイサイトXと呼ばれる先進の安全機能が高い評価を受けるなど、機能面が非常に充実している特徴がありますが、機能面に関する実際の良い口コミを挙げていくと

  • 各グレードのEXモデルに標準装着される11.6インチサイズの大画面ディスプレイは、スマートフォンと連携を行いエアコンなど様々な設備の操作を行う事ができるため、先進的で使い勝手が良いと感じている

 

  • 昨今のディスプレイオーディオは、CDやDVDと言ったメディアに非対応の物が多い中レヴォーグは、販売店オプションでこれらのメディアを再生する事ができるため、拡張性が高い点はうれしい

 

  • 新型レヴォーグに搭載される安全装置は非常に高性能で、国産車としてトップクラスの性能を誇る事から事故を防止する点や、ドライバーの負担を軽減すると言う意味でも機能面は他車種よりも大きく優れていると思う

 

  • 高度安全運転支援システムであるアイサイトXは、従来型のシステム以上に高い安全性を誇るため家族の命を預かるドライバーとしては非常に心強い

 

  • 一部のグレードでは、メーター部分がディスプレイとなっており速度表示の他にナビの地図画面も表示されるため、視線の移動が少なく運転に集中できる点は助かる

などの口コミが多く、従来型の安全装置であるアイサイトをさらに進化させたアイサイトXを目当てに、充実した機能面から新型レヴォーグを選んだと言う方の口コミも多く見られました。

また、新型レヴォーグの機能面で1つの目玉ともなる大型ディスプレイに関しては、先進的で格好良く使い勝手も特に問題無いと言う口コミもあり、評価は上々のようです。

価格・燃費・走行性能の良い口コミ

引用:https://is.gd/LGUyni

レヴォーグと言えば、外観デザインからは想像がつかないほど優秀である走行性能が大きな魅力となる車種ですが、新型モデルでは旧型モデルで設定されていた1.6Lと2.0Lのエンジンを廃止し、新開発の1.8Lのターボエンジンとなった点も大きな話題となりました。

新型のエンジンが搭載されたと聞くと、気になるのは価格や燃費に加え走行性能となりますが、これらの実際の良い口コミを見ていくと

  • 新型レヴォーグには、旧モデル搭載されていたエンジンから変更され1.8Lのターボのみとなったが、低回転域で車体を引っ張る力が強いため走り出し時の鋭い加速力が大きな魅力

 

  • 走行モードの切り替えによって、車の性格と言うか走行性能が大きく変化するため運転していて楽しいし走行環境に応じて走り方を変えられる点は高評価

 

  • 同程度の走行性能や安全機能を搭載した車種となると、国産車では約100万円以上高くなる傾向にあるので価格は決して安くないものの、コストパフォーマンスは十分に優れていると言える

 

  • しっかりと加速ができ曲がると言う事は、車自体の完成度が高いことを示していると思うので、実際の運転をして感じた限りではレヴォーグの走行性能は素晴らしいと感じる

 

  • ガソリン車において走行性能と燃費の両立は難しいと言われているが、個人的にはスバルが提唱している『走る愉しさ』を重視して新型レヴォーグを選んだため、燃費が大きく気になると言う事は無い

と言った口コミが多く、走行性能に関しては多くの方が高評価としており全体的に大きな不満を挙げる口コミは少なくなっています。

また、価格に関しては安くないものの走行性能や安全機能を考えると十分に納得のいく値段という口コミもあり、価格以上に魅力を感じている方が多い様です。

このように新型レヴォーグは様々な面で良い口コミや評価が見られますが、自動車に関する評価は良い評価がある一方で必ず辛口な評価やコメントも存在します。

では、実際に新型レヴォーグにはどの様な辛口評価があるのでしょうか。

次の項目では、新型レヴォーグの辛口レビューを紹介していきます。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】辛口コメント

引用:https://bit.ly/39wk8F3

新型レヴォーグは、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したこともあり様々な点で実際に高い評価を受けている事が分かったと思いますが、車の評価は良い面がある一方で必ずもう少しこのようにして欲しかったなど辛口となるレビューも存在します。

これは、個人的な主観や好みによっても感じ方が異なるため一概に悪いと批判している訳ではありませんが、厳しい評価はその車の劣っている面を知る大切な情報でもありますので購入を検討しているなどの場合には、ぜひ概要を把握しておきたいところです。

では実際に新型レヴォーグには、どの様な辛口コメントや評価があるのでしょうか。

外観に関する辛口コメント

引用:https://bit.ly/39gQwuU

新型レヴォーグの外観は、旧型モデルと比べ直線的でシャープさが目立つデザインと大きく変更されたリヤ部分のデザインを中心に高評価を得ていましたが、反対に外観に関する辛口のコメントを挙げると

  • 外観に関しては好みが分かれるデザインだと思うが、個人的には旧型モデルの方が少し丸みを帯びていて好きだった

 

  • 旧型と比べ、全体的に直線が多いデザインとなりシャープさが増した事から個人的には新型の方が好みだが、フェンダー部分が四角い形状になっている点は違和感がある

 

  • 先代モデルは大きくなったレガシィ ツーリングワゴンのボディサイズを小さくする目的で後継モデルとなったにも関わらず、新型では結局もとの大きさに戻してサイズアップさせてしまったため、ボディサイズに関しては不満

 

  • スバル車全体で言える事だが、外観はエアロパーツを付けなければどこか締まりがないと感じさせるデザインが残念

 

  • 新型レヴォーグの外観は、旧型の無駄を省きシャープさが増した点は良いと思うが大型になったフロントグリルの影響もあり、デザイン全体のバランスが崩れてしまった印象を受ける

など、良い口コミではシャープさの際立つデザインが高評価を得ていましたが、辛口のコメントではデザインのバランスなどにおいて厳しい意見があるようです。

また、サイズアップしたボディの大きさに関しては辛口評価を行う多くの方が触れており、大きくなってしまったことに対して不満の声が多く挙げられています。

内装に関する辛口レビュー

引用:https://bit.ly/2PExuY4

新型レヴォーグの内装に対する評価は、価格に見合った質感である点や充実した装備内容が高い評価を得ていましたが、反対に辛口のレビュー挙げていくと

  • 多くのスバル車に当てはまるが、特にレヴォーグの場合はオーディオレス仕様車のインフォメーションパネルが低い位置に設置されており、手が届きにくく見づらい点は大きなマイナス

 

  • 標準またはオプションとして設定される11.6インチの大型ディスプレイは、新型レヴォーグの大きな目玉となる装備だが、画面が大きい事によって収納スペースが犠牲になっている感じも否めないため、もう少しレイアウトを考えて欲しかった

 

  • 旧型モデルと比べると内装の質感は大幅に良くなった一方で、内装色に関してはブラック系一辺倒ではなく、複数のカラーバリエーションを設定して欲しかったと感じる

 

  • 先代モデルから新型に乗り継いだ目線で見ると、内装部分は質感・機能性共に大きく進化していると思う反面、一部のグレードに設定される液晶のメーターは非常に見づらく、個人的にはアナログメーターを採用して欲しかった

 

  • エントリーグレードは車両価格を抑えたモデルであることは十分に理解しているが、全体的な内装の質感は他のグレードと比べ大きな差があると感じるし、元々の価格を考えるともう少し高級感があっても良いと思う

などのコメントがあり、大画面を用いたナビやメーターなどは高い評価がある一方で、視認性の悪さや収納スペースが少ないと言った点を指摘する方も多くなっています

また、旧型モデルと比べて全体的な内装の質感は向上しているものの、内装カラーのバリエーションがない点やエントリーグレードの質感が価格と釣り合わないと感じる方もおり、評価が分かれるようです。

機能面に関する辛口レビュー

引用:https://is.gd/3Ty4WA

新型レヴォーグの機能面に関する良い口コミは、グレードによって搭載されるアイサイトXによってさらに利便性と安全性能が強化されているなどの点が高評価となっていましたが、反対に機能面に関する辛口レビューを見ていくと

  • GTやGT EXグレード以外に標準装備されるハンズフリーパワーリヤゲートは、日常利用において利便性を向上させる機能だが、エンブレム部に設置されたセンサーの問題なのか反応しないことも多いため、少々使いづらさを感じる場面がある

 

  • 新型レヴォーグの1つの売りでもある大画面ディスプレイは、見栄えも良く先進的な機能だと思う反面、エアコン操作などはスイッチ式の方が直感的に操作することができるため、使いづらいと感じる

 

  • 多くの方が感じている様に、全車で標準搭載されるオートブレーキホールドシステムはスイッチ操作ではなくインフォメーションパネルから行わなければならない点に加え、設定が保存されず乗車するごとに再設定しなければならない点は非常に残念な部分

 

  • 大型ディスプレイは先進的な機能を兼ね揃えているし、アイサイトXと組み合わされることでさらに安全性を強化できる点は高評価だが、画面の故障によって他の操作や設定が行えなくなる点を考慮すると個人的には別体型の方が良いと思っている

 

  • 新型レヴォーグの機能面は、安全装備の充実や大型ディスプレイの導入など現代の風潮を上手く取り入れているが、そのぶん操作が複雑化してしまうデメリットもあるため覚えるのが大変だと感じる

など、新型レヴォーグにはスバルのフラグシップ車として様々な利便性を向上させる装備が備わっているものの、機能面や操作性と言った部分ではやや使いづらいと評価を行う方もいる様です。

また、11.6インチの大画面ディスプレイは機能的な評価こそ上々ですが、故障によって様々な操作が行えなくなる恐れや修理費用を危惧する声も挙がっており、賛否が分かれる評価となっていますので覚えておくと良いでしょう。

価格・燃費・走行性能に関する辛口レビュー

引用:https://bit.ly/2MaDGWK

最後の新型レヴォーグに関する辛口レビューは、価格・燃費・走行性能に関する評価です。

新型レヴォーグの価格・燃費・走行性能に対しての良い口コミは、機能や性能に対して価格のコストパフォーマンスが優れている点や、圧倒的な走行性能などが高評価を得ていましたが反対に辛口となる評価を挙げていくと

  • 新型レヴォーグを含む多くのスバル車は、独自機能と安全性能に重点を置いているため走行性能に関して不満はないが、やはり昨今の燃料価格や環境対応状況を考慮すると、もう少し燃費性能にこだわって欲しかったと言うのが本音

 

  • 安全性や走行性能に関しては、間違いなく国産自動車の中でトップクラスだがその反面、燃費面は決して良いとは言えないためこの点だけが新型レヴォーグの弱点だと思っている

 

  • 旧モデルから全体的な質感も向上し総合的な満足度が高い車だが、価格だけを見ていくともう少し抑えて欲しいと感じる

 

  • 価格自体は性能や品質を考えると妥当だと思うが、エアロパーツなどのオプション品は他車よりも価格がやや高いと思う

 

  • 全モデルの2.0Lエンジン車からの乗り換えだが、走行安定性や乗り心地は新型モデルの方が勝っているものの瞬発力に関しては、旧モデルの方が優れている印象

などの意見があり、走行性能に関しての辛口コメントは少ないものの燃費に関しては、多くの方が厳しい評価としている点が特徴です。

また、走行性能や安全技術など全体的な車の造り込みを考えると価格自体は納得できるもののエントリーグレードでも約310万円から、フラグシップグレードでは約400万円を超えるためもう少し値段を抑えて欲しいという声も多く聞かれました。

このように新型レヴォーグは様々な点で高評価を受ける一方、辛口な評価を受けている面もありますので購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】評価・口コミのまとめ

今回は、新型レヴォーグと評価や口コミについて解説をしてきましたが、新型レヴォーグは日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した前評判通り、走行性能を中心として様々な点で実際の評価が高い車である事が分かったと思います。

この中でも、外観面では旧型モデルと比べシャープさが増しスタイリッシュなデザインとなった点や内装面では質感が向上した点、機能面では先進的な安全装備がさらに強化されているなどの点が高い評価となっています。

ただし、新型レヴォーグの場合にはフラグシップ車ならではの機能や燃費面で厳しい辛口評価となる口コミもありますので、購入を検討しているなどの場合には前述した良い口コミと辛口レビューを合わせて参考にすると良いでしょう。

アイキャッチ画像 引用: https://bit.ly/39wk8F3

【レヴォーグ】カスタム・内装やアクセサリーを追求!

【レヴォーグ】他のスバル車と比較してみた

【レヴォーグ】新型レヴォーグの納期はどのくらい?

【レヴォーグ】新型レヴォーグ人気カラーランキング

タイトルとURLをコピーしました