【レヴォーグ】新型の価格や値引きはどのくらい?

レヴォーグ

新型【スバル レヴォーグ】の価格や値引きは、どれくらいなのでしょうか。

レヴォーグは、2020年11月のフルモデルチェンジを機に車格が引き上げられ、現在はスバル車の中でも最上級車種に位置づけられていますが、購入を検討しているまたは興味を持っていると言う方の中には、価格や値引き具合が気になっていると言う方も多いと思います。

そこで今回は、新型レヴォーグの具体的な設定価格や値引きの額、中古車の価格紹介などを中心に、新型レヴォーグと価格や値引きについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】新型レヴォーグの価格帯は?

引用:https://bit.ly/3t9JiRx

スバル・新型レヴォーグは、2020年11月にフルモデルチェンジが行われ高度運転支援システムである『アイサイトX』の搭載や、グレードによって標準装着される11.6インチの大型センターディスプレイなど、スバルの最新技術が詰め込まれた車種となる点が特徴です。

また、フルモデルチェンジが行われた事で車格が引き上げられ、現在ではスバルの最上級車種となった点も大きな話題となりましたが、様々な最新のシステムが搭載されているとなると気になるのは車両の価格という方も多いと思います。

では実際に、フルモデルチェンジが行われ2代目モデルとなった新型レヴォーグの価格は、どれくらいに設定されているのでしょうか。

現在、新型レヴォーグには『GT』、『GT-H』、『STI Sport』の3種類の基本グレードに加え、最新の運転支援システムであるアイサイトXや大型センターディスプレイが標準搭載される『GT EX』、『GT-H EX』、『STI Sport EX』の合計6グレードが設定されています。

https://is.gd/dMdsa3

この中でも各STI Sport系グレードは、スポーツ走行に特化したグレードとして電子制御式ダンパーや本革シートが専用装備として装着されるなど、他のグレードと比較すると走行性能や質感が大幅に向上している点が特徴ですが、それぞれの価格をグレード別に見ていくと

グレード名 車両価格 アイサイトXの有無
GT 3,102,000円 ×
GT EX 3,487,000円
GT-H 3,322,000円 ×
GT-H EX 3,707,000円
STI Sport 3,707,000円 ×
STI Sport EX 4,092,000円

に設定されており、装備内容によって価格に開きはあるものの全体としては、300万円前半~400万円前半が新型レヴォーグの価格帯となります。

引用:https://bit.ly/3mxu1aq https://bit.ly/39UCiQD

また、各無印グレードとアイサイトXなどを標準搭載したEXグレードの価格差は、およそ38万円~40万円程度となっており、最新の運転支援システムや大型ディスプレイの有無によって価格が大きくなる点も1つの特徴です。

さらに、GT系グレードとGT-H系グレードではリバース連動ミラーや助手席パワーシートの有無、シート生地やタイヤサイズなど様々点で違いがある影響もあり、両グレード間の価格差は約22万円となっています。

引用:https://bit.ly/3w6OGqi

加えて、先述の通りSTI Sport系グレードには専用装備品に加え、内装の装飾も他のグレードより豪華な仕様となっている事から、GT系グレードと比較すると約60万円、GT-H系グレードの場合には約40万円程度STI Sport系グレードの方が高く設定されている点も価格面の特徴だと言えるでしょう。

余談となりますが、国内外の他メーカーで新型レヴォーグと同じ走行性能や質感、高度運転支援システムを標準搭載した自動車を造った場合には、販売価格がレヴォーグよりも100万円程度高く設定されると言われています。

そのため、レヴォーグの場合は決して価格的に安くはないものの、コストパフォーマンスと言う観点では優れていると言えますので、購入を検討している際などの参考にしてみて下さい。

【レヴォーグ】新型レヴォーグの値引きはどこまでいける?

引用:https://bit.ly/3uRMyBl

前述の通り新型レヴォーグの価格帯は、300万円前半~400万円前半となっておりエントリーグレードとなるGT系グレードと最上位グレードのSTI Sport系グレードでは、質感や機能差などから約60万円程度の価格差があることが分かったと思います。

また、新型レヴォーグはフルモデルチェンジを機にスバルの最上級車種に位置づけられた事から、エントリーモデルでも約300万円からと言う価格は機能的にも妥当だと言えますが、購入を検討している方の中には値引き額が気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特に新型レヴォーグの場合には、価格帯が300万円以上の車種である事から決して安い買い物ではありませんので、少しでも費用を抑えるために大まかな値引き額は前以て把握しておきたい所です。

では実際に、新型レヴォーグの値引き額はどのくらい期待することができるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2RfmWQ2

これは、購入を行う時期や地域などによっても差があるため一概に言える訳ではありませんが、結論としてはフルモデルチェンジが行われてから半年近くが経過する2021年4月現在の新型レヴォーグの値引き額は、車体のみの場合で約5万円~15万円程度が平均的な金額となります。

また、アクセサリーなどのオプション品の値引きは選択を行う数量や価格によって異なるため、こちらも全てに当てはまる訳ではありませんが金額としては、およそ5万円~15万円程度が平均的なオプション品の値引き額です。

そのため車両の値引き額と合わせると総合的には、およそ約15万円~20万円程度が新型レヴォーグの平均的な値引き額の目安となります。

ただし、新型レヴォーグの場合には購入を行う地域によって値引き額に大きな開きがあり、関東圏では最大で15万円程度、東海信越地方では15万円~20万円程度、関西圏の一部では値引き無し~5万円程度となるなど大きく差が出ているのが現状です。

引用:https://bit.ly/3d1VT3g

フルモデルチェンジ直後となる2021年1月の車両値引き額は、およそ3万円~8万円程度が平均となっていましたので、新型レヴォーグの場合は徐々に値引きの幅は広がっているものの他車種と比較すると、全体的に値引きは渋めであると言えるでしょう。

これは、新型レヴォーグが最上級車種に車格が上げられ高コストの装備が搭載されている点や、感染症の拡大によってスバル全体の業績が伸び悩んでいる点も関係していますが、最大の要因は明確なライバルが国内では不在だという点が大きく関わっています。

新型レヴォーグはライバル不在?

引用:https://is.gd/WwqEMY

昨今では、SUVやミニバン車と言ったジャンルの車種に人気が集まり、レヴォーグを含む走行性能が優れたステーションワゴン車は数が絞られているのが現状です。

もちろん、日本国内ではマツダ・MAZDA6 WAGONトヨタ・カローラツーリングと言ったステーションワゴン車も販売は行われていますが、どちらの車種も一昔前に大ヒットを記録した日産・ステージアの様な、レヴォーグに匹敵する圧倒的な走行性能は持ち合わせていません。

加えて、MAZDA6 WAGONやカローラツーリングは比較的に新しいモデルの車種ですが、新型レヴォーグの様な最新鋭の高度運転支援システムが搭載されず、走行性能に加えて安全性能面でも比較対象とはならないため、結果としてライバル車種は不在と言う事になります。

引用:https://bit.ly/2OzOChC

つまり、競合する国産のライバル車が無いと言う事は価格面で競争を行わなくても売れると言う道筋が既にできているため、レヴォーグの場合には様々な理由が重なり車両の値引き額が少なくなっていると言う訳なのです。

ただし、購入を行う地域によっては車体の値引き自体は少ないものの、オプション品やメンテナンスパックなどで値引き額を増やしている店舗も存在するため、少しでも値引き額を増やしたい場合は同じスバルの販売店でも複数の店舗を回り、見積もりの比較を行っていく事をおすすめします。

このように、新型レヴォーグは様々な理由が重なっている事もあり値引きの金額としては渋めになっていると言えますので、購入を検討している場合などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】グレードによる値引きの差はある?

引用:https://is.gd/NeTynl

前述した通り新型レヴォーグは、様々な条件が重なっている事もあり値引きの金額は少ない傾向にある事が分かったと思いますが、基本的に自動車の値引き額は車両の価格に対しての比率で決まると言われているため、グレードによって値引きの額が異なるのではと感じている方も多いと思います。

確かに自動車の値引きと言えば、価格が高いグレードや人気グレードを中心として値引きの幅が大きくなる傾向にありますが、実際に新型レヴォーグの場合には設定されるグレードによって値引き額に差が出るのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、全てのケースに当てはまる訳では無いものの基本的に新型レヴォーグの場合には、グレードによって値引きの額に差が出ると言うことはほとんどのケースで無いと言えます。

これは、標準搭載される機能や装備内容に対して予め価格を抑えて販売されている点や、メーカーとして新型レヴォーグの場合には値引きを殆ど行わない方針となっている点が関係しているからです。

引用:https://bit.ly/3fZdF9d

実際に話を伺った販売店では、地域や販売担当者による値引き額の差は確かにあるものの、新型レヴォーグに関しては全てのグレードで車両に対する値引き額が絞られており、大きな値引きは残念ながら期待できないと述べています。

また、レヴォーグの前身となるレガシィ・ツーリングワゴンや先代モデルから新型モデルに乗り継いだと言うユーザーの中には

  • 先代モデルよりも値引きが少なく、グレードによる値引き額も同じと言う説明を受けたが、その分オプション品の値引きが多かった
  • どのグレードでも車両の値引きは殆どできないが、代わりにメンテナンスパックなどの値引きで対応してもらえた
  • 代々スバル車を乗り継いできたが、その中でも新型レヴォーグの値引きは今までになく少ない状況だったし、エントリーモデルとフラグシップモデルで値引き額が同じと言うのは初めて

と述べていますので、実際に新型レヴォーグの場合にはグレードによる値引き額の差は無いと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3t9eYGh

ちなみに、先代モデルとなるレヴォーグの値引き額はモデルチェンジに伴う一時的な販売停止前がアナウンスされた影響はありますが、2020年5月の時点では約30万円程度が平均的な値引き額となっていましたので、現在は大きく値引き額が下がっていることが分かると思います。

このように、新型レヴォーグの値引き額は渋めになっている事に加えグレード間による値引き額の差は多くのケースで無いと言えますので、購入を検討している場合の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】レヴォーグ中古車の価格帯は?

引用:https://bit.ly/3mDzIDQ

スバル・新型レヴォーグの値引き額は、少なめに設定されており他車種と比較すると渋めである事が分かりましたが、価格帯が約300万円前半~400万円前半という事もあり、新車ではなかなか手が届きにくいと言う方も中にはいらっしゃると思います。

また、個人的には旧型モデルの方が魅力的だと感じる方もいらっしゃると思いますが、これらの場合には中古車を購入するという選択肢が新たに加わります。

では、実際にレヴォーグの中古車のどれくらいの価格帯となっているのでしょうか。

新型モデルの中古車価格

引用:https://bit.ly/3t1xErv

冒頭でも説明した通り、現行モデルとなる新型レヴォーグは2020年11月にフルモデルチェンジが行われたばかりの車種ですので、VN型と呼ばれる最新モデルの中古車は現在のところ非常に出品台数が少なくなっているのが現状です。

ただし、逆の発想で考えてみると販売開始から長期的の時間が経過していないと言う事は、走行距離が少ない点や内装の痛み具合などが少なく、車両状態が良い傾向にあるとも言えます。

現在の時点で販売されている新型モデルの中古車価格を見ていくと、その殆どは正規販売店で試乗車として使用されていた車両や未使用車となっており、走行距離は新車と殆ど同様となる一桁台から500km程度となっていますが、具体的な価格としては

  • GT-H EXグレード約360万円~365万円程度
  • STI Sport EXグレード約400万円~405万円程度

が現在の新型モデルの中古価格帯となっており、人気グレードである『GT-H EX』や『STI Sport EX』は、メーカーオプション品の有無にもよりますが概ね新車価格よりも5万円~10万円程度安く設定されています。

引用:https://bit.ly/3d61DZH

一部では、走行距離が1000km前後の車両でも上記とほぼ同じ価格帯に設定されているものもあり、フルモデルチェンジが行われてから間もない点や新型モデルの中古車両自体が少ないことも重なり、大きく価格が下がっていると言う事はない様です。

また新型モデルの中古車販売行う半数の店舗は、スバル直属となるいわゆる販売店系列の中古車店となっている点も特徴の1つとして挙げられ、車両の保管状態が良くオプション品の購入や取り付けなどもスムーズに行える点も大きなメリットだと言えるでしょう。

旧型モデルの中古車価格

引用:https://bit.ly/3t6d4Gl

旧型モデルとなるレヴォーグは、2014年6月に販売が開始されフルモデルチェンジに伴って販売が停止となった2020年5月生産のVM型と呼ばれる車両となり、一部では在庫車両の登録による都合から2021年式の旧型中古車も存在します。

こちらの旧型モデルのレヴォーグは、人気車種と言う事もあり中古車市場において出品台数が多く、現在は全国でおよそ1,500台あまりの中から希望の条件に合わせて車両を選択する事が可能となっています。

この中でも最も出品台数が多いグレードは、1.6Lエンジンにアイサイトを標準搭載した『1.6 GT-Sアイサイト』グレードとなり、具体的な価格としては

走行距離 中古車価格
0km~10,000km前後 約230万円~290万円前後
10,000km~30,000km前後 約190万円~220万円前後
50,000km前後以上~ 約120万円~180万円前後

が旧型レヴォーグで最も中古車出品台数の多い、1.6 GT-Sアイサイトグレードの平均的な価格となり、車両の状態が関わるものの概ね約100万円台前半~200万円台後半が旧型レヴォーグ人気グレードの価格帯となります。

また、旧型モデルでは1.6Lエンジン車と2.0Lエンジン車に新型モデルと同じく『STI Sport』グレードが設定されており、こちらも1.6 GT-Sアイサイト続いて人気の高いグレードとなっていますが、具体的な中古車の価格を見ていくと1.6 STI Sportの場合には

走行距離 中古車価格
0km~10,000km前後 約260万円~350万円前後
10,000km~30,000km前後 約260万円~320万円前後
50,000km前後以上~ 約170万円~250万円前後

となっており、元々の車両価格が高い点や人気グレードとなっている点から、先述した1.6 GT-Sアイサイトグレードよりも、中古車価格はやや高めに設定されています。

引用:https://bit.ly/3g6jgue

さらに最大300馬力を誇り、圧倒的な走行性能が備わった2.0 STI Sportの場合には

走行距離 中古車価格
0km~10,000km前後 約380万円~430万円前後
10,000km~30,000km前後 約280万円~340万円前後
50,000km前後以上~ 約220万円~260万円前後

が、平均的な2.0 STI Sport系グレードの中古車価格です。

この中でもSTI Sport系グレードの場合には、新型モデルの登場によって現在は旧型モデルの新車を購入する事ができないことから、走行距離の少ない車両や未使用車の価格が非常に高騰しており、1.6Lと2.0Lモデル共に新車価格と同額またはそれ以上の価格で販売されているケースも存在します。

こちらも1.6 GT-Sアイサイトグレードと同じく、車両の状態によってそれぞれ価格にばらつきがあるものの平均としては、1.6 STI Sportが100万円台後半~300万円台中盤、2.0 STI Sportは200万円台前半~400万円前後が中古車の価格帯になっていると言えるでしょう。

このようにレヴォーグの中古車は、新型モデルこそモデルチェンジ直後と言う事もあり大きく価格が下げられていると言う事はありませんが、旧型モデルに関しては人気車種である事から在庫数が豊富となっており、価格帯を含め様々な条件で選ぶ事が可能となりますので参考にしてみて下さい。

【レヴォーグ】価格や値引きのまとめ

今回は、スバル・新型レヴォーグと価格や値引きについて解説してきましたが、新型レヴォーグは300万円前半~400万円前半が価格帯となっており、エントリーグレードとなるGT系グレードと最上位グレードのSTI Sport系グレードでは、約60万円程度の価格差がある事が分かったと思います。

また、気になる値引きに関しては地域による差が大きいものの、平均としては車両のみの場合で約5万円~15万円程度が平均的な値引き額となっており、他車種と比較すると値引き自体は渋くなっていると言えるでしょう。

加えて中古車の価格については、モデルチェンジが行われたばかりと言う事もあり新型モデルに関しては、価格が大きく下がっていると言う事は無いのが現状です。

ただし、旧型モデルの中古車については車両の状態によって差があるものの、概ね100万円台前半~400万円前半の価格帯となり、車両の状態や価格など希望の条件に応じて幅広く選択する事が可能となっていますので、購入を検討している場合などの参考にして下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3uRMyBl

【レヴォーグ】新型レヴォーグの評価・口コミ

【レヴォーグ】カスタム・内装やアクセサリーを追求!

【レヴォーグ】他のスバル車と比較してみた

【レヴォーグ】新型レヴォーグの納期はどのくらい?

【レヴォーグ】新型レヴォーグ人気カラーランキング

タイトルとURLをコピーしました