【レヴォーグ】カスタム・内装やアクセサリーを追求!

レヴォーグ

新型【スバル レヴォーグ】には、どの様な内装をカスタムするアクセサリーが用意されているのでしょうか。

レヴォーグと言えば、スバルのフラグシップ車と言う事もあり内装部分の質感や造り込みが非常に高い評価を得ていますが、購入を検討しているまたは既に購入済みの方の中には、内装をアレンジしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

内装のカスタムは、車内の雰囲気を大きく変える事ができ元々の質感が高いレヴォーグの室内空間を、さらにドレスアップさせる事も可能となるため自動車の内装に拘りがあると言う場合には、ぜひ概要を把握しておきたい所です。

そこで今回は、新型レヴォーグに設定される各グレードの内装やカスタムすることのできる内装アクセサリーなどの紹介を中心に、新型レヴォーグと内装のカスタムやアクセサリーについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】レヴォーグの内装やシートアレンジをご紹介

引用:https://is.gd/HlSNge

新型レヴォーグは、フルモデルチェンジを機に外観デザインはシャープさが際立ち、よりスタイリッシュに生まれ変わった点が特徴です。

また、内装部分は先代モデルよりも質感が大幅に向上しておりスバルの最上級モデルに相応しい内容となりましたが、具体的に内装部分はどの様になっているのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずは新型レヴォーグ内装を紹介していきます。

引用:https://is.gd/3Ty4WA

現在レヴォーグには『GT』、『GT-H』、『STI Sport』の3種類の基本グレードが設定されており、これらに高度運転支援システムであるアイサイトXが標準搭載されるグレードには、グレード名の後に『EX』と付けられる点が特徴です。

ただし、無印のグレードとEXが付けられたグレードでは11.6インチの大画面センターディスプレイやデジタル式メーターが装着されるなどの装備差はあるものの、その他の基本的な内装のデザインに関しては各グレードで共通しています。

引用:https://bit.ly/39B8ND0

各グレードの具体的なデザインと特徴を見ていくと、エントリーモデルにあたるGT/GT EXグレードの場合には、シートやダッシュボード部のステッチ加飾がシルバーカラーとなっており、他のグレードでは装着されるドアトリム部などの装飾は行われていません。

また、シート表皮はトリコットと呼ばれる生地のみで構成され、内装の質感を低下させることなくコストが抑えられている点もGT系グレードの特徴として挙げられます。

引用:https://bit.ly/3dxdQ93

新型レヴォーグの中でスタンダードモデルに位置づけられるGT-H/GT-H EXグレードの場合には、シート表皮がトリコットとファブリック生地を組み合わせたコンビシートとなっており、ブルーカラーのステッチ加飾でアクセントが加えられています。

また、GT系グレードではドアトリム部などの装飾が省かれていましたが、GT-H系グレードでは人工皮革などによって装飾されアームレストやセンターコンソール部も、シートと同様にブルーのステッチで加飾が施されている点が特徴です。

加えてGT-H系グレードでは、メーカーオプションとしてブルーステッチ付き本革シートを選択することも可能となっており、より高級感の高い内装に変更する事も可能となります。

引用:https://bit.ly/3rJm6aX

STI Sport/ STI Sport EXグレードは、レヴォーグの中でも最上級となるフラグシップモデルとなり、先代モデルから継承されたボルドーと呼ばれるワインレッドカラーを基調とした内装となっている点が特徴です。

シート表皮は標準で本革仕様となっており、布系生地が主となる他のグレードとはひと味違った形で高級感が演出されています。

また、ステアリングやシフトブーツ、ドアパネル部などいたる箇所でレッドカラーのステッチ加飾が施されており、全体的に内装部分は明るい印象となる点もSTI Sport系グレードの大きな特徴だと言えるでしょう。

シートアレンジはどうなっているの?

引用:https://bit.ly/3t8Tz0q

レヴォーグは、多用途で使用される事の多いステーションワゴン車となるため、荷物の運搬やレジャーなど様々な分野で活躍を期待できる車種ですが、シートアレンジはどの様な種類があるのでしょうか。

通常時のレヴォーグはフロントシートに2名、リヤシートに3名の合計5人が乗車定員となりますが用途に応じてシートアレンジを行う事で、様々な種類の荷物を乗せることが可能です。

引用:https://bit.ly/2PLlm7U

特にレヴォーグのリヤシートは、4:2:4の分割可倒式となっているため中央部のシートを倒したシートアレンジを行う事で、乗車人数の犠牲を最小限に抑え長尺物を積載する事ができ、中央部と左右どちらかのシートを倒し荷室を拡張する事も可能となります。

加えて、リヤシートを全て倒す事で乗車人数自体は減ってしまうものの、荷室を大幅に拡張することが可能となっており長尺物に加え、ロードバイクなどの大型な荷物も乗せることができます。

引用:https://bit.ly/3fzJ69P

さらに、リヤシートを全て倒した際の荷室サイズは幅がタイヤハウス間で1100mm、長さはフロントシートバック面からリヤハッチまで最大1800mm以上が確保されるため、シート間の隙間を埋めることができれば車中泊も十分に行う事が可能です。

引用:https://is.gd/lshwDJ

また、レヴォーグのリヤシートはステーションワゴン車としては珍しく、リクライニングの角度を調整することが可能となっており、フロントシートと同様に楽な姿勢を保って乗車が行える点も内装面の大きな特徴の1つと言えるでしょう。

このように新型レヴォーグの内装は、グレードによってシート素材や質感が異なる点に加え、ステーションワゴン車としてはシートアレンジが豊富であると言えますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】様々なアクセサリーでより魅力的に

引用:https://bit.ly/3fC05IO

前述した通り新型レヴォーグの内装は、グレードによってシート素材や質感などが異なる事が分かったと思います。

また、新型レヴォーグはスバルのフラグシップモデルと言う事もあり、他の車種と比べると基本的な内装の質感が高い点も特徴ですが、中に内装のカスタムでさらに魅力的な室内空間を目指したいという方もいらっしゃると思いますので、ここではレヴォーグの内装アクセサリーを紹介していきます。

  • インテリアパッケージ(価格:52,800円)

引用:https://bit.ly/3fBVTZh

特徴:インパネ部分やセンターコンソール部に、スウェード素材の人工皮革で装飾を行う事ができ、内装の質感を向上させる事ができる

  • インパネパネル(価格:21.120円)

引用:https://bit.ly/3u9EjQu

特徴:レヴォーグに設定されるSTI Sport系グレード専用アクセサリーで、インパネ部分に装着する事によって上質な内装に仕上げることができる

  • LEDサイドシルプレート(価格:33.660円)

引用:https://bit.ly/3wksyIX

特徴:ボディの乗降口に設置するスカッフプレートで、内装に豪華さを加えられる他ボディへの傷も防止することができ『LEVORG』『STI』と2種類のロゴから選択が可能

  • フットランプキット(価格:29,260円)

引用:https://bit.ly/3rQ3nL2

特徴:ドアの開閉や車幅灯と連動して点灯するイルミネーションで、ラグジュアリー感を向上させることができる

  • カーゴマット(価格:3Dタイプ・23,540円/通常タイプ・12,100円)

引用:https://bit.ly/3dqC6cS

特徴:荷室の床面を埃などの汚れから守る他、見た目の印象を変化させる事ができる

  • カーゴトレーマット(価格:23,760円)

引用:https://bit.ly/3cKU1vq

特徴:プラスチック製の防汚マットで、荷室にアクティブ感を追加する事ができる

  • カーゴルームプレート(価格:14,520円)

引用:https://bit.ly/39AKTrj

特徴:通常、プラスチック製のプレートをステンレス製に変える事ができ荷室に高級感をプラスすることができる

  • LEDリヤハッチライト(価格:36,960円)

引用:https://bit.ly/3udQlbE

特徴:リヤハッチ部分に装着する事で、ルームランプのように足元まで照らすことができアウトドアなどのレジャーを行う事が多い場合に、おすすめのアクセサリー

  • フロアカーペット(価格:共に36,740円)

引用:https://bit.ly/31FFueh

特徴:各席の足元を豪華に演出するロゴ入りのカーペットとなり、グレードに関係なく『LEVORG』『STI』と2種類のデザインから選択が可能

  • トレーマット(価格:20,240円)

引用:https://bit.ly/39zLtWz

特徴:フロアカーペットよりもお手入れが楽であるほか、カーゴトレーマットと同様にアクティブ感を演出することができる

  • インパネイルミキット(価格:28,600円)

引用:https://bit.ly/3cJ82K6

特徴:レヴォーグに設定されるGT系グレード専用アクセサリーとなり、ラグジュアリー感を向上させる事ができる

  • ドリンクホルダーイルミネーション(価格:31,900円)

引用:https://bit.ly/3fzPPAB

特徴:GT系グレード専用アクセサリーとなり、ドリンクホルダー部分の視認性を向上させるほか、高級感を演出することが可能

  • STIシフトノブ(価格:25,520円)

引用:https://bit.ly/3fx8NrL

特徴:STIのテーマカラーとなるレッドカラーがアクセントのシフトノブとなり、内装部分にスポーティ感を追加することができる

  • STIプッシュエンジンスイッチ

引用:https://bit.ly/3wls7hy

特徴:通常、ブラックカラーとなるプッシュスイッチをレッドカラーに変更できるため、室内にアクセントカラーを加える事ができスポーティ感も演出できる

など、新型レヴォーグには主に10種類以上もの内装をカスタムできるアクセサリーが設定されており、より魅力的な内装に仕上げることが可能です。

また、レヴォーグの場合には見た目や高級感を向上させるだけでは無く、実用性を高める内装アクセサリーも数多く設定されている点も1つの特徴だと言えるでしょう。

特にインテリアパネルパッケージやイルミネーション系のアクセサリー、シフトノブなどは視界に入りやすい位置に設置が行われるため、見た目の印象を大きく変化させたい場合におすすめのアクセサリーとなります。

このように、新型レヴォーグには内装の雰囲気を変えることできるアクセサリーパーツが数多く設定されていますので、内装のカスタムを行う場合の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】カスタム内装で自分だけの一台に

引用:https://bit.ly/31J33TD

前述した様に新型レヴォーグには、内装の雰囲気を変える事のできる様々なアクセサリーが設定されている事が分かったと思いますが、純正のアクセサリー以外を用いて内装をカスタマイズする事も可能です。

とは言っても、レヴォーグは人気車種であるが故に社外品のカスタムパーツは数え切れないほど様々な種類のものが販売されているため、全てを紹介することはできませんのでここでは手軽に行う事のできる内装のカスタムをいくつか紹介していきます。

社外品フロアマット導入で自分だけの一台に

引用:https://bit.ly/3uacebW

昨今では、純正アクセサリー以外の社外品でも品質の良いアクセサリーは数多く存在しますが、手軽に導入する事ができ尚且つオリジナリティの高い内装のカスタマイズと言えば、社外品フロアマットの導入です。

レヴォーグの場合には、車名などのロゴが入った純正のフロアマットやカーゴマットがアクセサリーとして設定されていますが、質感は申し分ないもののカラーバリエーションはブラックカラーのみとなっています。

加えて、多くの方が購入を行う事から内装のオリジナリティと言う面では、どこ欠けてしまう部分がありますが社外品のマットを導入する事で一気に自分好みの内装にカスタムすることが可能なのです。

引用:https://bit.ly/3sOwCin

最近の社外品フロアマットは、車種専用設計である点はもちろんのこと材質やカラーバリエーションが豊富な点に加え、純正品とほぼ同品質の物をオーダーで購入する事が可能となっています。

例えば、ボディカラーに合わせてフロアマットの柄や縁取り部分の色などを選択する事も可能となっており、これに加えてオーダーを行った場合でも純正品と比べ価格が抑えられるなどのメリットも多く存在します。

そのため、オーダー行うと言う点では手間が掛かってしまいますが、純正品と比べオリジナリティの高い内装に仕上げるためには、社外品のフロアマットを選択する方法も有効な手段の1つになると言う訳なのです。

オリジナルブランド製品で内装をカスタムする

引用:https://bit.ly/3rOoCg5

レヴォーグには、インテリアパネルなど様々な内装の純正アクセサリーが設定されており、昨今の車種の中では比較的に内装のカスタマイズが行いやすい環境となりますが、フロアマットの場合と同様に純正品は多くの方が装着を行うため、オリジナリティに欠けてしまう難点があります。

しかし、レヴォーグを含む様々な人気車種の中には、純正部品を取り寄せオリジナルデザインに加工が施されるパーツや、純正部品から型をとりオリジナルブランド製品としてカスタムパーツの販売を行っているメーカーも存在します。

引用:https://bit.ly/3fHvt8A

また、国内でカスタムパーツを製造する多くのメーカーは高品質な素材を使用しているため耐久性も純正部品と比べて遜色が無く、申し分のないフィット感を実現している点も大きな特徴です。

特にレヴォーグの場合には、カーボン素材のメーターフードやシフトパネルカバーなどで内装のスポーティ感を向上させることができるほか、人工皮革タイプのキックガードをドアトリムの下部に装着する事でも、オリジナリティの高い内装にカスタムすることが可能となります。

引用:https://bit.ly/3fFb9F1

さらに大きく内装のイメージを変化させることはできませんが、レヴォーグの場合にはシートベルトのタングと呼ばれる部分に革製のカバーを装着する事でも室内にアクセントを加えることができるため、オリジナリティを出したい場合におすすめのカスタマイズと言えるでしょう。

ただし、製品のクオリティや質感は満足度の高いものとなりますが、その反面、価格としてはカーボン素材を用いた物で、1パーツあたり約20,000円前後とやや高価になりますので覚えておく必要があります。

カッティングシートで手軽に内装をドレスアップ

引用:https://bit.ly/39Kb5A5

先述してきたようにレヴォーグを含む自動車の内装は、社外品フロアマットやオリジナルブランド製品の導入によって自分好みにカスタマイズできる事が分かったと思いますが、これらは品質や設計精度が高いため、導入費用が嵩みがちになってしまう点が難点と言えます。

では、導入費用を抑えもっと手軽にオリジナリティの高い内装にカスタマイズする方法は無いのでしょうか。

これには幾つかの方法が存在しますが、最も手軽に費用を抑えながらもオリジナリティの高い内装のカスタマイズを行う場合には、カッティングシートなどで装飾すると言う方法が挙げられます。

引用:https://bit.ly/3cMFVdd

このカッティングシートとは、各車種ごとに装着を行うパーツの型取りが行われているカーボン柄などの装飾シートとなり、主にプラスチック部分のパーツに貼り付けることで内装の雰囲気を変化させるアイテムです。

また、カッティングシートの中には型取りが行われておらず装着を行う場所に合わせて自由に切り抜きを行う事ができる製品や、スウェード調など人工皮革素材で作られたシートも販売されているため、ユーザーの好みに応じた内装のカスタマイズを行える点が最大の特徴となります。

引用:https://bit.ly/39HWapZ

気になる価格は、物によって異なるものの大凡約1,000円~5,000円程度が中心となり、フリーシートの場合には50cm×120cm程度の物で約5,000円程度からとなりますので、価格的にも導入しやすいと言えるでしょう。

このように、レヴォーグの内装は純正アクセサリー以外の社外品パーツやカッティングシートなどを用いると、よりオリジナリティの高いカスタマイズを行う事が可能となりますので、好みのパーツを選び自分だけの一台を作り上げてみて下さい。

スポンサードリンク

【レヴォーグ】カスタム・内装アクセサリーのまとめ

今回は、スバル・新型レヴォーグと内装やアクセサリーについて解説をしてきましたが、現在レヴォーグには3種類の通常グレードと、この通常グレードにアイサイトXや大画面ディスプレイを標準搭載したEXグレードが設定されている事が分かったと思います。

ただし、設定される無印とEXグレードの内装の違いは大型ディスプレイの有無のみとなっており、基本的には質感などで大きな差があるという訳ではありませんので覚えておく必要があります。

シートアレンジに関しては、リヤシートが4:2:4の分割可倒式となっているため状況によって長尺物やロードバイクなどの大型な荷物も積載する事ができ、リヤシートを全て倒した場合には車中泊を行う事も可能となりますので、シチュエーションに応じてアレンジを行うと良いでしょう。

またレヴォーグには、10種類を超える魅力的な内装アクセサリーが純正品として設定されており、社外品のパーツを取り入れることでオリジナリティの高い一台に内装をカスタマイズする事も可能となりますので、好みに応じて自分だけのレヴォーグを造り上げてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3fC05IO

【レヴォーグ】新型レヴォーグの評価・口コミ

【レヴォーグ】他のスバル車と比較してみた

【レヴォーグ】新型レヴォーグの納期はどのくらい?

【レヴォーグ】新型レヴォーグ人気カラーランキング

タイトルとURLをコピーしました