【ヤリス】人気ボディカラーランキング

ヤリス

【トヨタ ヤリス】では、どの様なボディカラーの人気が高いのでしょうか。

現在ヤリスの購入を検討していると言う方の中には、どの様なボディカラーが設定されているのか興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

ヤリスは、先代モデルである旧ヴィッツからのコンセプトを受け継ぎ新型モデルでも豊富なボディカラーが設定されている特徴がありますが、自動車のボディカラーは1度迷ってしまうと決定するまでに時間が掛かってしまうケースも多いため、前以てどの様な色が設定されているのか概要を知っておきたいところです。

そこで今回は、ヤリスに設定されるボディカラーや人気の色、購入の際に比較対象となるライバル車種の紹介などを中心に、トヨタ・ヤリスと人気のボディカラーランキングやライバル車種などについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヤリス】トヨタ ヤリスが販売台数1位のワケ

引用:https://bit.ly/3aQn3ss

トヨタ ヤリスは、1999年1月に旧車名であるヴィッツとして販売が開始され、2020年2月に行われたフルモデルチェンジを機に国外販売向け車両であったヤリスに車名が変更されました。

デザインのコンセプトは、欧州向けのオシャレなコンパクトハッチバックタイプとなり国外ではプジョー・208と並び小型車部門で非常に高い人気を誇ります。

フルモデルチェンジが行われてから約1年となる2021年3月には、登録車として年間約20万台の販売台数を記録し2020年度の国内新車販売台数では1位を獲得するなど、日本での販売状況も好調を維持している点が特徴です。

引用:https://bit.ly/331dFOd

この販売台数は、軽自動車の販売台数で長年トップを走るホンダ・N-BOXの約19万台を超え、自動車の販売台数が年々減少している日本では異例の数字だと言えますが、何故ヤリスはここまで販売が好調なのでしょうか。

これには幾つかの理由が挙げられますが、主な要因としては小回りが利き日本の狭い道路事情でも取り回しが良い点や価格設定などがユーザーに受け入れられ、個人・法人を問わず高い評価を得ており、最大の魅力である燃費性能の良さも後押ししている点が挙げられます。

引用:https://bit.ly/32NvccF

また、ヤリスはボディサイズが大型化している傾向の国産車において、2代目モデルからは殆ど大きさが変わらないため幅広い年齢層から支持を得ており、メインカーとしてだけでは無くセカンドカーとしての需要も高く、用途に応じて選択しやすいグレード設定となっている点も販売台数が伸び続けている1つの理由です。

これらに加え、従来旧車名となるヴィッツの場合はトヨタの販売チャンネルの中でも『ネッツ店』と呼ばれる店舗のみ取り扱いが行われていましたが、2020年5月からは販売チャンネルが統合され現在は、全ての店舗で全車種の販売が行われています。

引用:https://bit.ly/2R645qF

その結果、以前はヤリスを購入する事のできなかったカローラ店やトヨペット店からの発注が増加し、販売網自体が広がったという点も販売台数でトップとなった大きな理由に繋がっていると言えるでしょう。

さらに、ヤリスが新車の販売台数で2020年度に1位を獲得したのには、もう1つ大きな理由が存在します。

それは、同じくトヨタから販売されているヤリスクロスの存在です。

自動車の販売台数は銘柄の通称名で合算される

引用:https://bit.ly/3uiGFgg

ヤリスクロスは、ヤリスをベースとして外観デザインをSUVに再設計した派生車種となりますが、こちらは2020年8月末に販売が開始され現在でも納期が5ヶ月近くとなる非常に人気の高い車種となります。

加えてヤリスにはもう一つの派生車種として、スポーツ走行に特化したGRヤリスという車種も販売されていますが、実はヤリスにおける2020年度の販売台数はこれらの派生車種を全て合わせた数になるのです。

大まかな販売台数の内訳としては

  • ヤリス:約13万台程度
  • ヤリスクロス:約6万台程度
  • GRヤリス:約7,000台程度

となり、オリジナルであるヤリスの販売台数が突出している点に違いはありませんが、昨今ではSUVブームの影響もあり販売が好調なヤリスクロスの存在は、ヤリスシリーズ全体としての販売台数に大きく貢献している事から、総合的な数で国内の新車販売台数でトップになったと言う訳です。

引用:https://bit.ly/2SjvEgZ

余談となりますが、現在ヤリスとヤリスクロスは1ヶ月の平均で両車とも1万台あまりが販売されており、軽自動車を含めた販売台数はN-BOXを上回っていることからこのままのペースが続いた場合には、2021年度もヤリスが販売台数で1位になると予想できるでしょう。

このようにヤリスは、モデルチェンジが行われた事によって燃費性能や価格設定など魅力的な車である点に加え、派生車種などのシリーズを合計した事で販売台数が1位となっていますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ヤリス】ヤリスのライバル車種はこんな車

引用:https://bit.ly/3vybjCW

前述の通りトヨタ・ヤリスは、モデルチェンジによって燃費性能や価格設定が魅力である点に加え、派生車種の人気も高いことから2020年度の販売台数でトップとなった事が分かりましたが自動車の購入を行う場合、値引き交渉のツールとして大切になるのがライバル車種との比較です。

ただし、ヤリスの場合にはどの様な車種がライバルとなるのかよく分からないと言う方も中にはいらっしゃると思いますので、ここでは競合車となるヤリスのライバル車種を幾つか紹介していきます。

  • ホンダ・フィット

引用:https://bit.ly/3eGJpxt

ホンダ・フィットは、ヤリスの旧車種名であるヴィッツの販売から2年が経過した2001年6月に販売が開始されたコンパクト車です。

2020年2月には、ヤリスと合わせる形でほぼ同時期にフルモデルチェンジが行われ、新型となるe:HEVと呼ばれるハイブリッドシステムを目玉機能として、好調な売れ行きを維持している車種でもあります。

ボディサイズや搭載されるエンジンの排気量に加え、価格面でも競合する点が多い車種である事からヤリスにとっては、最大のライバル車であり値引き交渉を行う上で非常に大切な存在であると言えるでしょう。

  • 日産・ノートe-POWER

引用:https://bit.ly/3eO36no

日産・ノートは、先述したフィットよりも約4年遅い2005年1月に初代モデルの販売が開始されたコンパクト車となります。

2012年9月にフルモデルチェンジが行われた2代目モデルは、エンジンで発電を行いモーターのみで走行を行うハイブリッド車となるe-POWERモデルが設定され、独自の技術と優れた走行性能が大きな話題となり、2018年度には軽自動車を除く登録車で販売台数1位を獲得した実力のある車です。

2020年11月のフルモデルチェンジでは、ヤリスを追従すべくハイブリッド車であるe-POWERモデル専用車種として販売が開始されたことから、ヤリスの場合にはハイブリッドモデルのライバル車種となります。

  • マツダ・MAZDA2

引用:https://bit.ly/3aNYTPm

マツダ・MAZDA2は、ヤリスと同じく1990年代後半からコンパクト車市場を牽引してきた車種となり、現在は2019年の一部改良時からMAZDA2と言う車名になっていますが、元々はデミオという車名で長年販売が行われてきた車です。

先述してきたライバル車とは異なり、ハイブリッドモデルの設定はありませんが代わりに優れた走行性能を備えたディーゼルエンジンモデルが設定されており、欧州圏での販売を想定したスタイリッシュな外観デザインが大きな特徴となります。

また、MAZDA2は比較的に価格が抑えられる傾向にあるコンパクト車の中でも内装の質感が非常に高く、コストパフォーマンスに優れている点も高い評価を得ており、2021年内には約7年ぶりのフルモデルチェンジが予定されているため、今後は強力なライバル車となる存在です。

  • スズキ・スイフト

引用:https://bit.ly/3u7MWLZ

スズキ・スイフトは、1980年代前半から2000年代の初頭にかけてコンパクトカー市場を牽引してきた、スズキ・カルタスの後継モデルとして2000年に初代モデルの販売が開始されました。

2004年11月にモデルチェンジが行われた2代目モデルからは、ヤリスと同様に世界戦略車として開発が行われ、他のライバル車よりもスポーティ志向の強いデザインやエンジンが搭載されている点が特徴です。

現行型となる4代目モデルではマイルドハイブリッドシステムを搭載し、燃費性能の向上と優れた走行性能を両立させている点も、1つの特徴として挙げられます。

また、ボディカラーバリエーションの多さや価格がヤリスと近い事から、ガソリンモデルを比較する場合に有効なライバル車の1つだと言えるでしょう。

  • 三菱・ミラージュ

引用:https://bit.ly/32YTbFS

三菱・ミラージュは、1970年代後半から2000年代初頭にかけダイハツから販売が行われていたシャレードと並び、優れた走行性能で一世を風靡した車種の1つですが、2000年以降は1度モデルが廃止され2012年8月に再度販売が開始された車種となります。

現行モデルは、1.0Lと1.2Lの自然吸気エンジンが搭載され他のライバル車のように、ハイブリッドモデルやディーゼルモデルの設定は無いものの、価格は約143万円からとヤリスに近い値段に設定されている点が特徴です。

また、WLTCモードによる燃費に関してもミラージュの場合は20.0km/Lとヤリスのガソリンモデルに近い数値となるため、ヤリスの場合には1.0Lエンジンを搭載するガソリンモデルのライバル車種に挙げられます。

このほか、車のジャンルとしては少々異なりますが、2020年度の乗用車販売台数(軽自動車を除く)で2位となったトヨタ・ライズや兄弟車であるダイハツ・ロッキーなどのコンパクト車も有力なライバル車の1つに挙げられますので、覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリス】色見本で見るヤリスのボディカラー

引用:https://bit.ly/3314dKL

自動車を購入する際は、グレードやオプション品など様々な点でどれを選んだら良いのか悩んでしまうと言う事も少なくありませんが、最も悩みやすいものと言えばボディカラー選びと言う方も多いのではないでしょうか。

確かに、自動車のボディカラーは人気色が好みの方やあまり見かける事の無い色がの方が良いなど様々な考えがありますので、購入を行う際に迷ってしまわないためにもトヨタ・ヤリスにはどの様なボディカラーが設定されているのか、予め概要を把握しておきたいところです。

では実際にヤリスには、どの様なボディカラーが設定されているのでしょうか。

まずは、具体的にイメージしやすいよう色見本でヤリスに設定されるボディカラーを紹介していきます。

モノトーンカラー

現在ヤリスにはモノトーンカラーと呼ばれる単色と、ミラーやルーフ部が異なる色で組み合わされるツートーンカラーが設定されおり、それぞれの特徴を挙げていくとモノトーンカーの場合には

  • スーパーホワイトⅡ〈040〉

引用:https://bit.ly/3gOwQD9

特徴:メタリックやパールと言った光輝材が含まれない純白に近いホワイト系カラー

  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉:有料色+33,000円

引用:https://bit.ly/3gQHDgc

特徴:光の加減で柔らかな輝きを放つホワイト系カラー

  • シルバーメタリック〈1F7〉

引用:https://bit.ly/3aQ3Rv0

特徴:通常のシルバーよりもやや色が濃く、グレーに近いシルバー系カラー

  • ブラック〈202〉

引用:https://bit.ly/3eMJYpP

特徴:光輝材が含まれないためボディ全体が引き締まる印象のブラック系カラー

  • ボルドーマイカメタリック〈3R9〉

引用:https://bit.ly/3t5Lkku

特徴:トヨタ・ヴォクシーなどにも設定される、落ち着いた雰囲気のパープル系カラー

  • センシュアルレッドマイカ〈3T3〉:有料色+33,000円

引用:https://bit.ly/2SaOIxz

特徴:一般的な赤よりもやや色のトーンが低く、落ち着きのあるレッド系カラー

  • アイスピンクメタリック〈3U6〉

引用:https://bit.ly/334EscB

特徴:ヤリスに設定される新色で、どちらかと言うと白みの強いピンク系カラー

  • コーラルクリスタルシャイン〈3U7〉:有料色+33,000円

引用:https://bit.ly/3xD65aA

特徴:ヤリスのイメージカラーにも設定され、発色が良く鮮やかなレッド系カラー

  • アバンギャルドブロンズメタリック〈4V8〉

引用:https://bit.ly/3ua3VNu

特徴:通常は薄茶色だが、光の当たり具合でグレー系にも見える落ち着いたブラウン系カラー

  • サーモテクトライムグリーン〈6W7〉:有料色+44,000円

引用:https://bit.ly/333QJ0J

特徴:トヨタ・プリウスにも設定され、どちらかと言うと黄色みが強いグリーン系カラー

  • ダークブルーマイカメタリック〈8W7〉

引用:https://bit.ly/3e5pJo8

特徴:通常は紺色に近いが、光が当たると鮮やかな色味となるブルー系カラー

  • シアンメタリック〈8W9〉

引用:https://bit.ly/3xA5Blv

特徴:トヨタ・RAV4などにも設定され、アクティブさが感じられるブルー系カラー

の全部で、12種類のボディカラーが設定されています。

このうち『ホワイトパールクリスタルシャイン』、『センシュアルレッドマイカ』、『コーラルクリスタルシャイン』は+33,000円、『サーモテクトライムグリーン』は+44,000円の有料色に設定されています。

また、一部の他車種ではグレードによって選択する事のできるボディカラーが異なる場合がありますが、ヤリスの場合には全てのグレードで上記の色を選択する事が可能です。

ツートーンカラー

ヤリスには単色となるモノトーンカラーに加え、ミラーやルーフ部が異なる色で組み合わされたツートーンカラーの設定も行われていますが、こちらもそれぞれの特徴を挙げていくと

  • ホワイト〈058〉×ブラック〈202〉[2KC]:有料色+55,000円

引用:https://bit.ly/3gPsMCt

特徴:ルーフ部がホワイト系カラーであるため、ボディよりも汚れが目立ちにくい組み合わせ

  • ホワイト〈058〉×センシュアルレッドマイカ〈3T3〉[2NE]:有料色+77,000円

引用:https://bit.ly/3vx5BBa

特徴:青空の元で絶妙なコントラストとなる、自動車としては珍しい色の組み合わせ

  • ブラック〈202〉×シアンメタリック〈8W9〉[2RV]:有料色+55,000円

引用:https://bit.ly/3aRdPvY

特徴:ルーフ部がブラック系カラーであるため、ボディが引き締まった印象の組み合わせ

  • ブラック〈202〉×アバンギャルドブロンズメタリック〈4V8〉[2SQ]:有料色+55,000円

引用:https://bit.ly/331cDll

特徴:金属色にブラック系カラーが加えられるため、重厚感が増す印象の組み合わせ

  • ブラック〈202〉×コーラルクリスタルシャイン〈3U7〉[2SR]:有料色+77,000円

引用:https://bit.ly/3e5PK6F

特徴:鮮やかなボディ色がより際立つ組み合わせ

  • ブラック〈202〉×アイスピンクメタリック〈3U6〉[2SS]:有料色+55,000円

引用:https://bit.ly/3nzdjYu

特徴:ピラーやミラー部にアクセントが加わる事で、ヨーロピアンテイストな印象の組み合わせ

と、ツートーンカラーは全部で6種類が設定されており、全てのボディカラーが有料色に指定されブラック×コーラルクリスタルシャイン、ホワイト×センシュアルレッドマイカの組み合わせはそれぞれ他の色よりもやや高い+77,000円となっています。

また、こちらもモノトーンカラーと同様にヤリスの場合にはグレードによって選択を行う事のできないボディカラーはありませんので、覚えておくと良いでしょう。

ちなみ、販売店の話ではモノトーンカラーの選択率が約80%近くを占めていると述べていますので、ボディカラーを選択する際の参考にしてみて下さい

では、実際にヤリスでは先述してきた色の中でも、どのボディカラーが人気となっているのでしょうか。

次の項目では、ヤリスの人気ボディカラーをランキング形式で紹介していきます。

スポンサードリンク

【ヤリス】人気ボディカラーランキング

引用:https://bit.ly/3tRk3na

前述の通り現在トヨタ・ヤリスにはモノトーンカラーが12色、ツートーンカラーが6色の合計18色もの豊富なボディカラーが設定されている事が分かりました。

これだけのボディカラーバリエーションが設定されていると、購入を行う際はボディカラーを選ぶまでに時間が掛かってしまうと言う方も多いと思いますので、参考までにここではヤリスで人気となるボディカラーをランキング形式で紹介していきます。

  • 第1位ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://bit.ly/334GSbb

ヤリスでは先述の通り、全部で18色のボディカラーが設定されていますが、この中でも人気第1位となったのは『ホワイトパールクリスタルシャイン』でした。

このホワイトパール系のボディ色は、トヨタ車の多くで設定が行われており所謂定番カラーの1つとなりますが、人気となった主な理由を見ていくと

  • 純白ではなく、淡い温かみのある色だったから
  • 清楚感が感じられるため
  • スタイリッシュなデザインに1番合うのがこの色だと感じたから

となっており、パール色独特の輝きやデザインとマッチするなどの理由から人気が高くなっている様です。

  • 第2位ブラック

引用:https://bit.ly/3xJIfu7

続いてのヤリスで人気となるボディカラー第2位は『ブラック』となりました。

ヤリスに設定されるブラック系のボディ色は、マイカやメタリックと呼ばれる光輝材が含まれていないため、他のブラック系カラーと比べると落ち着いた雰囲気となる点が特徴ですが、人気の主な理由を見ていくと

  • ホワイトパールと迷ったが、高級感はブラックの方があると感じたから
  • 最も重厚感を感じられるのがこの色だったから
  • 外観のデザインが引き締まって格好が良いと感じたから

など、コンパクト車でありながらも高級感や重厚感を感じられると言う理由が多く、特に男性ユーザーからの人気が高くなっています。

また、一部では売却時のリセールバリューが高くなると言った意見も見られ、将来的な乗り換えを見据えてこちらのボディ色を選ぶ方も多い様です。

  • 第3位シルバーメタリック

引用:https://bit.ly/3eH59cP

ヤリスで人気のボディカラー第3位は『シルバーメタリック』がランクインとなりました。

自動車におけるシルバー系カラーは、ホワイト系やブラック系と並び人気が高く定番カラーの1つにも挙げられるボディ色となりますが、人気となった理由としては

  • ヤリスには個性的なボディカラーが多い中、こちらの色は落ち着いた雰囲気だったから
  • 年齢を考えると派手な色は選びづらく、結果的にこの色を選択した
  • 細かい傷が気にならず、汚れも目立ちにくい印象だったから

と言う意見が見られ、落ち着いた雰囲気である点や洗車などのメンテナンス性を重視する方から人気が高くなっており、年齢層を問わないと言った理由も人気に繋がっている様です。

  • 第4位コーラルクリスタルシャイン

引用:https://bit.ly/3ny1RfM

続いて第4位にランクインした、ヤリスで人気のボディカラーは「コーラルクリスタルシャイン」となりました。

このコーラルクリスタルシャインは、カタログや雑誌などの表紙にも採用されるヤリスのイメージカラーに設定され、レッド系とピンク系が合わせられた鮮やかなカラーとなる点が特徴ですが、人気となった主な理由としては

  • 躍動感のある色で、ヤリスのスタイリッシュなデザインにピッタリだったから
  • 一般的なレッド系カラーとは異なり、独特の色味が気に入ったため
  • 展示車を見て一目で気に入った

と言う意見が多く、ぱっと見の印象やアクティブさを感じさせる独特の色味が人気の理由となっており、女性ユーザーを中心として高い支持を得ています。

また、イメージカラーと言う事もあり展示車をはじめとして実車を目にする機会も多い点も、人気が高い1つの理由となっている様です。

  • 第5位シアンメタリック

引用:https://bit.ly/32YEdj8

ヤリスで人気のボディカラー第5位は『シアンメタリック』となりました。

シアンメタリックは、同じくトヨタから販売が行われているカローラスポーツやRAV4にも設定されるボディ色となり、活動的なイメージが特徴となるカラーですが人気となった理由を見ていくと

  • 颯爽と走るアクティブなヤリスのイメージにピッタリの色だったから
  • 攻め過ぎず尚且つ守り過ぎない独特の風合いに、遊び心を感じられたから
  • コンパクト車ならではの可愛らしい色だったから

と言う意見が多く、爽快感や鮮やかさなどヤリスが持つアクティブなイメージと相性が良いと言う点が、人気に繋がっている様です。

このほかのランキングとしては、6位が新色となる『アイスピンクメタリック』、7位が『ボルドーマイカメタリック』、8位は『アバンギャルドブロンズメタリック』の順となっておりそれぞれ僅差で上位5色に入る事はできませんでしたが、どの色もヤリスに馴染むボディカラーであると言えるでしょう。

このように、ヤリスのボディカラーは定番色となるホワイト系やブラック系、シルバー系の色に加え躍動感のあるブルー系や活動的なブルー系の色が人気カラーとなっていますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

【ヤリス】人気カラーやライバル車種などのまとめ

今回は、トヨタ・ヤリスの人気のボディカラーやライバル車種などについて解説してきましたが、現在ヤリスには全部で18色ものボディカラーが設定されており、定番カラーを中心としてレッド系やブルー系となる個性的なボディカラーの人気が高くなっていることが分かったと思います。

また、人気上位には惜しくも入りませんでしたがパープル系やブラウン系、新色となる薄いピンク系などのボディカラーも人気の色となっていますので、カラー選びで迷ってしまった場合には前述してきた色見本を参考にすることをおすすめします。

加えて、ヤリスにはホンダ・フィット日産・ノートe-POWERマツダ・MAZDA2など複数のライバル車が存在し、これらの車種と比較をすることで値引き交渉を有利に進めていくことが可能となりますので覚えておくと良いでしょう。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3314dKL

タイトルとURLをコピーしました