itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【マツダ CX-5】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

CX-5

マツダの主力クロスオーバーSUV【CX-5】

国内市場のミドルサイズSUVの中でも上質で美しいデザインが定評のクルマですが、実際に実車を見てみると「大きい」と感じるかもしれません。

実際の【CX-5】のサイズ感と運転しやすさについて取り上げていきます。

スポンサードリンク

【CX-5】ってこういう大きさなんです

【CX-5】はミドルサイズSUVに相応しいサイズ感ですが、実際どの程度のサイズなのかボディサイズを紹介していきます。

■ボディサイズ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

全長 (mm) 4,545
全幅 (mm) 1,840
全高 (mm) 1,690
ホイールベース (mm) 2,700
タイヤサイズ 225/55R19
225/65R17

全幅1840mmと見た目通りの幅広い車体となっており5ナンバーサイズの車からの乗り換えという方にとってはかなり大きく感じます

注意する点としては駐車スペース

同等サイズのミニバンで多く採用されているスライドドアとは異なり【CX-5】はセダンやステーションワゴンと同じくリアドアもヒンジドアとなりますので古い駐車場など車室・隣の車との間隔が狭い駐車場においてはドアの開閉に注意が必要です。

ミニバンからの乗り換えされる方はリアシートに乗車される御家族などへの注意喚起が必要となる事もあります。

このサイズを活かして室内空間は広々としており、SUVらしく使いやすい荷室を確保するなど日常からレジャーまで幅広い用途で使えるクルマとなっています。

スポンサードリンク

【CX-5】実際に乗ってみるとこんなサイズ感なんです

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

次に【CX-5】に実際に乗ってみた時のサイズ感について。

全長4,545mm・全幅1,840mmの堂々たるサイズで5ナンバーサイズのクルマから乗り換える方には不安を感じるかもしれません。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

しかし、実際に運転してみると前方視界の広さと高さから車両感覚が掴みやすく、視界の妨げにならないよう上方に設置されたセンターディスプレイ(マツダコネクトディスプレイ)と操作しやすい位置に装備されたコマンダーコントロールで「運転に集中しながら、必要な情報を逃さないヘッズアップコクピット」に仕上がっている事から非常に運転しやすく大きさもすぐに慣れることが出来るでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

またフロントガラスにスピードメーターなどの情報を投影する「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」が「20S」「25S」「XD」以外のグレードに標準装備され、視線移動と焦点調節を軽減

3列シートミニバンと比べると運転席からリアハッチまでの距離は短くステーションワゴン感覚で運転出来ます。

駐車時には車両後方が確認しづらいですが、バックカメラが標準装備されますのでミラーとモニターを使って駐車しやすくなっています。

 

実際に運転すると車線変更時に隣車線を走るクルマを認識出来なかったり予想以上に速い速度で後方から来ているクルマと接触しそうになったり、とヒヤリとした経験があると思います。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【CX-5】では隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯し、その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促す「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」が標準装備されていますので安心です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

このセンサーは駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」としての機能も兼ね備えておりミラーとバックカメラでは確認しにくい場所をカバーしてくれます。

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

広々とした視界が確保されていても住宅街や郊外などの狭い道でのすれ違いが不安に感じるでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

またバックカメラと「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」があっても御自宅の駐車場や駅前商業施設など狭い場所や旅行先など不慣れな場所での駐車が不安だという方も居られるでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

そんな不安を和らげる装備として「360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」が用意されています。

特別仕様車「25T Exclusive Mode」「XD Exclusive Mode」に標準装備それ以外のグレードではメーカーオプションとして設定されているセットオプションで、車両の前後左右に備えた計4つのカメラを使って車両を上方から俯瞰したようなトップビューのほか、フロントビュー、リアビュー左右サイドビューの映像を、センターディスプレイ(マツダコネクトディスプレイ)に表示します。

狭い場所での駐車・狭い道でのすれ違い・T字路への進入時といった【CX-5】のボディサイズでは不安を感じるシーン運転席から視認しづらいエリアを直感的に把握しやすい映像となっています。

またセットで装備される8つのパーキングセンサー「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」と「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」により前方・後方の車両や物を検知して警報音で知らせてくれますので駐車時・低速走行時に視界だけでなく音での警告も加わってより安全確認しやすくなります

スポンサードリンク

【CX-5】ライバル車種と比べたときのサイズ感は

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/
https://toyota.jp/rav4/ https://www.subaru.jp/forester/
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

ライバル車種と比べた時のサイズ感はどのような感じでしょう?

【CX-5】と同じ2.0~2.5Lクラスのエンジンを搭載するミドルサイズSUVの中から代表的なライバル車種とサイズ比較してみます。

  CX-5 RAV4 フォレスター エクス
トレイル
CR-V
全 長
(mm)
4545 4600
4610
4625 4690
4705
4710
4605
全 幅
(mm)
1840 1855
1865
1815 1820
1830
1855
全 高
(mm)
1690 1685
1690
1715
1730
1730
1740
1745
1680
1690
ホイール
ベース
(mm)
2700 2690 2670 2705 2660
タイヤ
サイズ
225/55R19
225/65R17
235/55R19
225/60R18
225/65R17
225/55R18
225/60R17
225/55R19
225/60R18
225/65R17
235/60R18
タイヤ
外径
(mm)
730.6
724.8
741.6
727.2
724.8
705.2
701.8
730.6
727.2
724.8
739.2

全長【CX-5】が最も短く4,600mm以内に収まっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

【エクストレイル】3列シート仕様も用意されている事もあって【CX-5】より140mm以上長くなっています

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

この中で驚くべきは【CR-V】で、【CX-5】より50mm長い程度の全長で3列シート仕様をラインナップしている事です。

流石に【CX-8】のようにゆとりある空間とはいきませんが【CX-5】に近いサイズで7人乗車を実現しているので短距離でのフル乗車お子様用として活用の幅が広がっています。

 

全幅・全幅【RAV4】【CR-V】に近いサイズとなっています。

全幅【フォレスター】と【エクストレイル】が抑え目となっていますが【CX-5】と比べて20mm程度の差ですので実際に乗ってみると大きな差は感じないでしょう。

引用:https://toyota.jp/rav4/

タイヤ外径を比べると【RAV4】「Adventure」「G“Z package”」・【CR-V】740mmと一段と大きなタイヤを装備しており迫力ある足回りとなっています。

「Adventure」「G“Z package”」以外の【RAV4】【エクストレイル】【CX-5】と同等外径のタイヤが装備されます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/

【フォレスター】一回りコンパクトなサイズとなっていますがそれでも同クラスのエンジンを搭載するミドルサイズハッチバックなどと比べると一回り大きなサイズとなっています。

 

実際に運転する時のサイズ感どれも似通ったものとはなりますが、運転席からの視界の広さと運転席からボンネット先端を認識しやすいか、など実際に試乗してみないとわかりにくいところがあります。

上で紹介した車種は比較的ボディサイズを認識しやすいデザインとなっており、初めてミドルサイズSUVに乗るという方でも安心して乗りやすくなっています

違いが出るとすれば、全長の違いで、バンパーの張り出し具合によって運転席から前方・後方の両端を把握しづらい車種もあります。

例えば【CX-5】と【エクストレイル】を比較した場合、バンパーの張り出し具合は【CX-5】と比べると【エクストレイル】は張り出し感のある前後バンパーを採用していることもあって全長が長くなってしまっています。

(赤:CX-5 青:エクストレイル)

また運転席からリアハッチガラスまでの距離【CX-5】の方が短く、走行中の後方確認のしやすさや駐車時などのバック走行のしやすさでは【CX-5】の方が扱いやすくなっています

バックカメラや「360°ビューモニター(アラウンドビューモニター)」によってカバー出来る場面が多いですが、カメラを通しての視界ミラー越しの視界では大きく異なる面もあります。

この辺りの違いは販売店などで試乗車で実際に駐車してみるなど体感してみるのがオススメです。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

タイトルとURLをコピーしました