【フリード】VS【シエンタ】VS【ステップワゴン】比較してみた

シエンタ

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【ホンダ フリード】は現在トヨタ シエンタを上回るほどの人気車種となってきております。

フリードは「ちょうどいいを、もっと、みんなへ」というキャッチフレーズ通り、大きすぎず小さすぎないファミリーカーとして人気が高く収納や性能に優れている車です。

では今回はそんな「フリード」を分かりやすくライバル車と比較しながらご紹介いたします。

スポンサードリンク

【フリード】はこんな車

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

まずは、フリードがどんな車なの「特徴」「外観」「室内」「性能」の4つに分けてご紹介していきます。

フリードの特徴は?

大人気のフリードの特徴は、進化したコンパクトミニバンと言われていて5、6人乗りのファミリーカーです。

遊べる荷室と言われる程、荷室がとても広く積み荷も楽々です。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

更には、「マザーズセレクション」の大賞を受賞している車です。

マザーズセレクション大賞は、日本の子育てや・母親への支援の一環として、子育て期のママたちの応援をする賞です。

「便利な」「元気になる」「癒される」「子育てに役立った」など、一般のママたちからの応募の得票結果で選出し表彰されて、今後子育てをする際に車のご購入を迷われている女性の後押しをしてくれる証になります。

フリードの外装の特徴は?

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードの外装の特徴と言えば、種類豊富なボディカラーが特徴的です。

ガソリン車とハイブリット車があってガソリン車はなんと全9種の中から自分に合った好みの色を選択する事が出来ます。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

ガソリン車はパワフルな明るいカラーを中心にダークカラーまで豊富に取り揃えていて、ハイブリット車は落ち着いた大人のダークカラーがメインの色種になっています。

更に、デザイン性にも力を入れているフリードは、凸凹の多い道路や段差でも、揺れが少なく、全席で快適な走りを感じられるように追及されたサスペンションも装備されています。

また、フロント部分のエアロバンパーは、空気を車体の下部へ逃がし、リフトバランスを最適化するように作られています。

フリードの内装の特徴は?

フリードの内装のデザインと性能が多くのママの高評価を得ています。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

内装はグレードによって選べるカラーが違いますが、どれも高級感溢れる落ち着いたシックな仕様になっています。

ダークカラーは汚れも目立ちにくく、飽きにくい色ということもあって人気なカラーで更にシートの質感も選択できるので自分の好みに合わせた内装の仕上がりが実現できます。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

さらにメーターディスプレイの色も自由に色を変えることができます。

運転に飽きたなぁと思った時に自分の好きな色にディスプレイのカラーを変えられるのはお洒落ですしいいですね。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

広々とした空間は新しい子育てを応援するゆったりとした空間です。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

さらにラゲッジは多くの荷物を置けるようになっていて子供が大きくなった時に自転車や部活の荷物もラクラク置ける仕様になっています。

2列目のシートも倒すことが出来るので、休憩や車中泊にも苦痛を感じないリラックス空間になっています。

フリードの性能の特徴は?

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードの安全性能はとても優れていて、車前方についているセンサーにより前車との車間距離を自動で保ち事故を防いだり、人の飛び出しや障害物との衝突を軽減するため、「自動ブレーキ」「警報ブザー」「ディスプレイ表示」の3つの方法で安全を出来るだけ確保してくれます。

さらに、坂道でのずり落ちを防ぐため、後退抑制機能もついていて、車のペダルを踏みかえる瞬間の車の後退を約1秒間抑制してくれます。

また、走行中に急ブレーキと判断するとブレーキランプの点灯に加え、ハザードランプが自動で高速点滅し、後続車に注意を促す機能もついています。

スポンサードリンク

【フリード】のライバルはこれだ!

さて、続いてはホンダ フリードのライバル車をみてみましょう。

ライバル車として比較される車は「大きさ」「グレード」「性能」で比較されることが多く、今回は「ファミリーカー」と「サイズ」でライバル車をご紹介いたします。

【トヨタ シエンタ】

引用:https://toyota.jp/sienta/

よく、比較対象に挙げられるのが、このシエンタです。

燃費が良いと言われていてフリードと同じく、広々とした空間と荷物が沢山置けることが特徴です。

一番の特徴は全16種の豊富な選べるカラーで、明るい色から暗い色まで自分の好みに合ったカラーを選ぶ事が出来ます。

【ホンダ ステップワゴン】

 

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンと言えば、5ナンバーサイズの車の中でも多くのユーザーからの支持も熱く、絶大な人気を誇る車です。

2008年には国内累計販売が100万台を突破し、2010年にはミニバンの年間売上台数1位にも輝く程の実績を持つステップワゴンで、ホンダの中でもステップワゴンとフリードはとても人気が高く、比較材料としてもよく名前が上がります。

スポンサードリンク

【フリード】とライバル車を比較してみた

今回は、先程ご紹介した人気車の「トヨタ シエンタ」「ホンダ ステップワゴン」を「ホンダ フリード」と「燃費」「維持費」「室内の広さ」「車体価格」で比較を検証してみましたので、早速見てみましょう。

ホンダ フリード vsトヨタ シエンタ

引用:https://toyota.jp/sienta/

※ 内訳…自動車税、自動車保険(35歳)、ガソリン代(年間1万km/L)、タイヤ代(3年毎)、車検代、オイル交換代

燃費(距離が長い)…シエンタ

維持費(安い)…シエンタ

室内空間(広い)…フリード

車体価格(安い)…同じくらい

燃費や維持費はシエンタの方が少々良さそうですが、フリードの方が少し大きい車なのでその分、維持費は少し上がります。

車体価格は、一番安価な車だとシエンタの方が安価ですが、一番高いグレードの車だとフリードの方が安価ですね。

ホンダ フリード vs ホンダ ステップワゴン

※ 内訳…自動車税、自動車保険(35歳)、ガソリン代(年間1万km/L)、タイヤ代(3年毎)、車検代、オイル交換代

燃費(距離が長い)…フリード

維持費(安い)…ステップワゴン

室内空間(広い)…ステップワゴン

車体価格(安い)…フリード

燃費がよく車体価格が安価な車はフリードですが、車内空間が広く維持費が安い車はステップワゴンでした。

どちらも接戦と言えるほどどちらも利点がありますね。

比較結果

 

どの車も良し悪しがあるので、順位を決めることが出来ませんが、フリーダは比較的に車体価格が安価でちょうどいい大きさを求めている方にはピッタリな車だと思います。

性能や機能はそれぞれ個性があるので、車を購入する際はそこも参考にしてみてもいいかもしれません。

まとめ

・フリーダは、「マザーズセレクション」の大賞を受賞している。

・サスペンションやフロント部分のエアロバンパーに道路を快適に走行できる工夫が施されている。

・メーターディスプレイの色を全6種の中から自分の好きな色に変えられる。

・ホンダ フリードのライバル車と言える車は「トヨタ シエンタ」「ホンダ ステップワゴン」等である。

・フリードは車内が広く、車体価格は比較的に安価である。

 

いかがでしたか?

フリードは、ちょうどいいを目指し、多くのママに愛される家族を応援する車です。

この機会にご購入を検討されている方は是非、試乗から始めてみると良いでしょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/FREED/

【シエンタ】VS【ヴォクシー】比較してみた。特徴・性能・維持費など

【シエンタ】VS【プリウスα】燃費や維持費を比較してみた

【プリウス】VS【 シエンタ】比較してみた。どっちがいいの?

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました