【ハスラー】オイル交換はどのくらいでしたらいいの?燃費とインテリアも紹介

ハスラー

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【スズキ ハスラー】のオイル交換は、どれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか。

自動車におけるメンテナンス作業と言えば、洗車やタイヤの交換など様々なものがありますが、最もポピュラーと言えるのがエンジンオイルの交換です。

ただし、2020年1月にフルモデルチェンジが行われた新型ハスラーには、従来型のガソリンモデルは設定されずマイルドハイブリッドモデルのみとなった事から、どれくらいの頻度でオイル交換を行えば良いのか、分からないと言う方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ハスラーのエンジンオイルを交換する頻度やおすすめのオイル、新型モデルの燃費性能や先代モデルから大きく変わった内装部分の紹介などを中心に、スズキ・ハスラーとオイル交換などに解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ハスラー】オイル交換はどのくらいでしたらいいの?

引用:https://bit.ly/3hnM29z

【スズキ ハスラー】は、2014年1月に軽自動車SUVとして人気の高かった『スズキ・Kei』の後継モデルとして販売が開始され、SUVと軽トールワゴンを掛け合わせた新ジャンルの車種としても大きな話題を呼びました。

2020年1月には、先代モデルの好評を受け待望のフルモデルチェンジが行われましたが、新型モデルでは設定される動力方式が見直され、マイルドハイブリッドモデルのみの設定となった点も特徴です。

このマイルドハイブリッドシステムは、搭載されたモーターの力で発進し加速時にはエンジンのアシストを行う事によってパワフルな走り実現していますが、中にはどれくらいでエンジンオイルの交換を行えば良いのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはハスラーのオイル交換頻度について説明をしていきます。

引用:https://bit.ly/3lhiwDE

通常、自動車のエンジンオイル交換時期は製造を行うメーカーや車種によってバラツキがありますが、新型モデルとなるハスラーの場合には現在のところ自然吸気ターボの2種類のエンジンが設定されている事から、それぞれでオイルの交換時期が異なる特徴があります。

どうして、自然吸気とターボエンジンでは交換の時期が異なるのか気になるところですが、エンジンオイルは熱に弱い特性を持っており、ターボエンジンは自然吸気エンジンよりも高温になるケースが多い事から、交換頻度に差が出ると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3i9lc4f

気になるハスラーの、交換時期を調べてみると

搭載エンジン/交換時期 走行距離 期間
自然吸気エンジン 概ね10,000km程度 概ね6ヶ月~1年程度
ターボエンジン 概ね5,000km程度 概ね6ヶ月程度

が、メーカーの推奨する交換時期となっており、走行距離または期間のどちらか早い方での交換が薦められている事から、頻度としては従来型のガソリンエンジン車と基本的には同じです。

ただし、これはあくまでもこの期間で交換を行っていれば故障する可能性は低く、安全に走行できると言う1つの目安であって、実際には様々な意見がありますがこれよりも短い期間での交換が一般的にはオススメとされています。

引用:https://bit.ly/3lgsfdy

なぜ、メーカーが薦める期間よりも短い頻度での交換がオススメなのか疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、主な理由を幾つか挙げていくと

  • 走行距離の増加によって、汚れが増えたオイルはエンジンに負担が掛かり、燃費の低下を招くため
  • ハイブリッド車は、エンジンが停止している時間が増える事から、オイル中に含まれる極微量の水分が蒸発せず劣化が進みやすくなるため
  • 汚れが多くなったオイルは、1度の交換で全ての汚れを排出する事ができず、エンジンの寿命を短くしてしまう恐れがあるため
  • オイル中の潤滑や洗浄効果が低下し、不快な振動や異音が増えるため

などが挙げられます。

引用:https://bit.ly/3ldven0

では実際に、どれくらいメーカーから薦められる期間よりも短いサイクルでの交換になるのか気になるところですが、具体的な目安としては

搭載エンジン/交換時期 走行距離 期間
自然吸気エンジン 概ね5,000km程度 概ね6ヶ月程度
ターボエンジン 概ね3,000km程度 概ね3~6ヶ月程度

となっており、上記を目安に交換を続けていくと燃費の低下などを最小限に抑えることができ、長期間に渡って新車時に近いエンジンの状態を維持することが可能となる為、メーカーの薦める交換時期よりも短い期間での交換が、一般的にはオススメになると言う訳です。

このように、ハスラーのオイル交換頻度は従来型のガソリンエンジン車と同じである点に加え、燃費の低下やエンジンの不具合を避ける観点からメーカーが薦める頻度よりも、短い期間での交換が愛車を長く乗り続けていく上でオススメだと言えますので、参考にして下さい。

スポンサードリンク

【ハスラー】ハスラーに合うおすすめオイル

引用:https://bit.ly/2YBAV6r

前述した通り、ハスラーのオイル交換頻度は従来型のガソリン車と同じである事に加え、新車時に近い燃費やエンジン性能を維持していく観点から、メーカーが薦める頻度よりも短い期間での交換がおすすめである事が分かったと思います。

また、自動車のエンジンオイルは搭載されるエンジンによって指定または薦められる種類が異なる事から、価格が安価だからと言ってどんな物でも良いと言う訳ではありませんので、交換を行う際は前以てどの様なものが合うのか、概要を把握しておきたいところです。

では、実際にハスラーの場合にはどの様なエンジンオイルがおすすめとなるのでしょうか。

推奨されるオイルの粘度

引用:https://bit.ly/3nnOLDV

前項目でも触れた通り、現在ハスラーには自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定されており、それぞれでオイルの柔らかさなど指定または薦められるオイルの種類が異なりますが、純正品として充填されている種類を見てみると

搭載エンジン 指定粘度
自然吸気エンジン 0W-160W-20
ターボエンジン 5W-20

となり、自然吸気エンジンには現在エコカー向けの粘度が比較的に低い物が、ターボエンジンの場合にはそれよりもやや粘度が高く、高温時でもエンジンを保護できる物がそれぞれ採用されています。

引用:https://bit.ly/3E5Rg3z

この0Wや20と言った数字は、オイルの硬さを示しており具体的な意味としては

  • 前半の0W:低温時のオイル粘度を示し、数字が低いほど低温時に固まりにくくエンジンへの負荷が少ない
  • 後半の20:高温時のオイル粘度を示し、数字が大きいほどオイルの粘度が硬い事から保護性能が高い

となっており、それぞれエンジンの性能を最大限発揮するために異なる種類のオイルが充填されている事から、基本的に交換を行う場合には搭載されるエンジンによって上記の粘度の物を選べば問題ありません。

代替:スズキ ハスラー オイル交換 燃費 インテリア 全合成油 部分合成油

また、オイルには耐久性や保護能力など性能が異なる種類の物も存在しますが、具体的な種類としては

ベースオイルの種類 メリット・デメリット
鉱物油 石油を精製する上で抽出され、価格は安いが耐久性が低い
全合成油 鉱物油の分子を科学的に調整し、劣化しづらく洗浄能力なども向上させているが、価格が高い
部分合成油 鉱物油と全合成油を合わせたオイルで、性能と価格は両オイルの中間に位置するバランス型

の3種類が量販店などでも販売されており、交換を行う頻度や求める性能などによってもおすすめのオイルは異なります。

ただ、エンジンの保護や燃費性能の維持、耐久性と交換コストなどを考慮するとハスラーには、全合成油や部分合成油と言ったグレードの高いオイルがおすすめだと言えるでしょう。

オイルのメーカーはどこがいいの?

代替:スズキ ハスラー オイル交換 燃費 インテリア 市販オイル

自動車のオイル交換と言うと、ディーラーやカー用品店で行うと言う方が多いと思いますが、昨今では自動車販売店でも純正以外の社外メーカーオイルを取り扱うことも多く、どのメーカーが良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

そもそも、エンジンオイルを販売するメーカーは何故あんなにも多いのかと疑問を感じる方もいらっしゃると思いますが、実はそれぞれのメーカーで性能に差が付けられている事から、多くのオイルメーカーが存在すると言う訳です。

例えばA社の場合は

  • 全合成油でも比較的に価格は抑えられているが、含まれる添加剤の関係で耐久性が低い

B社の場合は

  • 静粛性、耐久性、洗浄能力など性能は高いが、価格も高価

C社の場合は

  • 特殊な添加剤が含まれる事によって、エンジンパワーを引き出す能力に長けているが、省燃費性はやや低い

と言った様に、元々のオイルに付加価値のある性能を加えたオイルを製造しているため、様々なメーカーが存在すると言う事になります。

引用:https://bit.ly/2YOlJmH

では、各自動車メーカーで取り扱われる純正品はどの様になっているのかと言うと、昨今ではコストを抑えながらも高品質な全合成油を扱うメーカーも多く、品質的に大きな差はありません

また、純正オイルの場合は社外メーカーの様な付加価値を伴うプラスの性能が含まれない製品も多い事から、価格面では社外品よりも優れていると言ったメリットがありますので、基本的には純正品への交換をベースとして、好みに合わせ社外品への交換を視野に入れると良いでしょう。

交換費用はどれくらい?

引用:https://bit.ly/3nmCWhe

先述してきた通り、自動車のオイルには様々な種類やメーカーの物がある事が分かりましたが、ハスラーの場合には1度の交換でどれくらいの費用がかかるのか気になる方も多いと思いますので、ここでは純正オイルに交換した際の目安となる費用を紹介していきます。

純正オイルの値段は、交換を行うディーラーやカー用品店などによっても異なるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、通常は0W-20と言った種類で1Lあたり1,300円前後、5W-20は少し安い1,000円前後が相場となります。

また、ハスラーの場合は自然吸気エンジンで2.2L(フィルター交換と同時は2.4L)、ターボエンジンは2.4L(フィルター交換と同時は2.6L)の交換オイルが必要です。

引用:https://bit.ly/3k18Bmk

さらに、エンジン内のオイルを濾過するために必要なフィルターは概ね1,000円程度の値段となりますので、ハスラーのオイル交換を行う際は自然吸気エンジンの場合

エレメント交換 必要オイル量 価格
交換無し 2.2L 概ね3,000円程度
交換有り 2.4L 概ね4,000円程度

ターボエンジンの場合は

エレメント交換 必要オイル量 価格
交換無し 2.4L 概ね2,500円程度
交換有り 2.6L 概ね3,500円程度

が、ハスラーの純正オイル交換を行う際の平均的な費用となり、ディーラーで施工を行う際は上記の費用に加え500円~1,000円程度の工賃が必要となる場合もありますので、トータルとしては概ね5,000円程度を1つの目安とすると良いかも知れません。

代替:スズキ ハスラー オイル交換 燃費 インテリア 社外メーカーオイル一例

ちなみに、カー用品店等で販売されるカストロールやモービル、エルフなど社外メーカーオイルの値段は、先述したプラスされる性能やグレード等によってもバラツキがありますが、目安としては0W-20の物で1Lあたり1,500円~2,000円程度が相場となりますので、覚えておくと良いでしょう。

このように、ハスラーには現在のところ自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定され、それぞれで薦められるオイルの種類が異なる点に加え必要となる量にも違いがありますので、交換を行う際は前述してきた例を参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ハスラー】ハスラーの燃費はこのくらい

引用:https://bit.ly/3i1Cy36

ハスラーには、前述の通り自然吸気エンジンの場合はエコカー向けの低粘度オイルが、ターボエンジンの場合はエコカー向けよりもやや粘度が硬いオイルがそれぞれ指定されていることが分かりました。

また、オイルの交換は燃費性能や走行性能を維持していく上で重要なメンテナンスでもありますが、2020年1月にフルモデルチェンジが行われた新型ハスラーは、動力方式がマイルドハイブリッドモデルのみとなった為、燃費性能に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、一昔前と比べ燃料費が高騰している傾向にありますので、もともと省燃費性に長けた軽自動車でも、燃費性能は重視したいという方は少なくないはずです。

では実際に、新型モデルとなったハスラーの燃費はどのくらいとなっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/39qUnVt

ハスラーの具体的な燃費を見ていくと、自然吸気エンジンの場合は

計測モード/駆動方式 2WD 4WD
WLTCモード 25.0km/L 23.4km/L
市街地モード 22.9km/L 22.1km/L
郊外モード 26.4km/L 24.1km/L
高速道路モード 25.1km/L 23.5km/L

ターボエンジンモデルの場合は

計測モード/駆動方式 2WD 4WD
WLTCモード 22.6km/L 20.8km/L
市街地モード 19.7km/L 18.5km/L
郊外モード 24.4km/L 22.3km/L
高速道路モード 23.0km/L 21.0km/L

となっており、自然吸気モデルに関しては同じくスズキから販売されているワゴンRなどと並び、軽自動車としてはトップクラスを誇る燃費性能である点が特徴です。

引用:https://bit.ly/2X9PFIY

ちなみに、ハスラーにはダイハツから2020年6月に2代目モデルとして販売が開始されたタフトがライバル車となり、ハスラーと同様に自然吸気とターボの2つのエンジンが搭載されますが、この両車の燃費を比較してみると

自然吸気エンジン
モデル/駆動方式 2WD 4WD
新型ハスラー 25.0km/L 23.4km/L
新型タフト 20.5km/L 19.7km/L
ターボエンジン
モデル/駆動方式 2WD 4WD
新型ハスラー 22.6km/L 20.8km/L
新型タフト 20.2km/L 19.6km/L

となり、タフトは従来型のガソリンモデルのみの設定となる事から、概ね2.5km/L~4.5km/L程度マイルドハイブリッドシステムを搭載したハスラーの方が、燃費性能は優れていると言えますので購入を検討している場合などの参考にすると良いでしょう。

【ハスラー】内装は大きく変わった!インテリアの詳細

引用:https://bit.ly/3nDERKR

ハスラーは、2020年1月に待望のフルモデルチェンジが行われ、外観部分は先代モデルと同じく丸いヘッドライトが採用されましたが、ボディ全体としては新型モデルの方が箱型になったなど基本はキープコンセプトであるものの、大きく変化した部分も存在します。

中でも、内装部分のデザインは新型モデルと先代モデルで全く異なるコンセプトとなった点も、フルモデルチェンジ時に大きな話題となりましたが、具体的にはどの様に変わったのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは比較を交えてハスラーの内装部分を紹介していきます。

  • ダッシュボード周りの違い

引用:https://bit.ly/2Xz9dUn https://bit.ly/3k3wCsX

先代モデルとなるハスラーのダッシュボード周りは、運転席側と助手席側の最も外側にある通気口が他車種でも採用される丸形のデザインでしたが、新型モデルでは外観部分と同じく四角い箱型に変更され、直線を意識したデザインに変更されています。

ステアリングの奥に配置されたメーター類は、両モデルでアナログ式となる点は共通しているものの、新型モデルはメーター内にインフォメーションパネルが追加され、車両の情報が確認しやすいレイアウトとなっている点も特徴です。

ナビゲーションやエアコン操作などが配置されるセンターパネル部は、新旧の両モデルで同じレイアウトとなり大きな変更はありませんが、先代モデルではダイヤル操作だったエアコンパネルは新型では全てスイッチ式に変更され、操作性が向上しています。

引用:https://bit.ly/392lje8 https://bit.ly/3z80nNs

さらに、先代モデルでは運転席から助手席に掛けてアイボリーやイエローと言ったインテリアパネルが装着されていましたが、新型モデルでは廃止されメーター周り、ナビゲーションパネル、グローブボックスの各所がリング型の装飾でアクセントが加えられている点は、大きな変更点だと言えます。

ちなみに、先代モデルの内装色はダッシュボードやドアトリム部に加えシート部分はブラック系、ピラーからルーフ部はグレー系で統一されていますが、新型モデルでもこちらの配色は同じとなっており、両モデル間で違いはありませんので覚えておくと良いでしょう。

  • シート部分や収納スペースの違い

引用:https://bit.ly/38XvtIv https://bit.ly/3nvf37r

先代モデルとなるハスラーのシート部分は、最廉価グレードを除いた全てのグレードでフロント座面部が分割型のベンチシートとなっていましたが、新型モデルでは全てのグレードで廃止され立体的なデザインを採用した、左右独立型のシートに変更が行われています。

シート表皮は、両モデルでファブリックタイプとなり大きな変更は無いものの、先代モデルはシートの縫い目部分をボディカラーに合わせたパイピングでアクセントが加えられていましたが、新型モデルではシートのサイド部分にアクセントカラーが配置されています。

また、このアクセントカラーは先述したナビゲーションパネル部の配色に合わせる形で色が組み合わされており、一部で選択が行えないカラーも存在しますが、基本的には『バーミリオンオレンジ』、『デニムブルー』、『グレーイッシュホワイト』の3色から選択する事が可能です。

小物などをしまう収納スペースは、両モデルでそれぞれインパネトレーやグローブボックス、ドアポケットに加え助手席シートアンダーボックスなど基本的な部分に変更はありません

引用:https://bit.ly/3C5hKk4

ただし、新型モデルはフロントシートが分割式となった事でフロアコンソールトレーが追加された他、助手席側のシートバック面にはパーソナルテーブルやシートバックポケットが新たに完備されるなど、収納力は新型モデルの方が優れていると言えるでしょう。

  • シートアレンジや室内サイズの違い

引用:https://bit.ly/3C0AG3p

ハスラーは、トールワゴンとSUVを組み合わせた新しいジャンルの車として大きな話題を集め、様々な用途での使用も想定されていることから、シートアレンジが豊富である点も大きな特徴ですが、新型モデルは先代モデルと同じく

  • 長尺物積載モード:1名乗車+助手席側の荷室拡張
  • 長尺物積載モード:運転席側に2名乗車+助手席側の荷室拡張
  • 荷室拡張モード:フロントに2名乗車+後部座席の荷室拡張
  • 荷室拡張モード:フロントに2名、リヤに1名乗車+後部座席片側の荷室拡張
  • フルフラットモード

など、日常利用から車中泊と言ったアウトドアなど様々な用途に応じたシートアレンジが行える点は、両モデルで共通しているため大きな変更点はありません

引用:https://bit.ly/3z4BemM

室内のサイズに関しては、先代モデルとなるハスラーのホイールベースが2,425mmであるのに対し、新型モデルでは2,460mmと拡張された事から、それぞれの内寸は

モデル/大きさ 室内長 室内幅 室内高
先代モデル 2,160mm 1,295mm 1,250mm
新型モデル 2,215mm 1,330mm 1,270mm

に設計されており、いずれの部分でも新型モデルは先代モデルと上回る広さとなっている事から、新型モデルの室内空間は余裕を持った造りになっていると言えるでしょう。

このように新型モデルとなるハスラーのインテリア部分は、先代モデルと比べて大きくデザインが変更されている点やシート構造の変更、収納箇所の増加や拡張された室内空間など、様々な部分で違いがありますので、比較を行う場合などの参考にしてみて下さい。

【ハスラー】オイル交換などのまとめ

今回は、ハスラーのオイル交換などについて解説をしてきましたが、新型モデルとなったハスラーにはマイルドハイブリッド車のみが設定されるものの、オイル交換頻度は通常のガソリンエンジン車と同じ期間での交換となる事が分かったと思います。

ただし、現在のハスラーには自然吸気とターボエンジンの2種類が設定されており、どちらもエンジンの特性からオイル交換を行う期間や頻度が異なる点に加え、燃費や走行性能を維持する観点から、交換はメーカーの薦める期間よりも早く行う事が望ましいと言えます。

これに加え、ハスラーで使用されるエンジンオイルはエンジンの形式によっても異なり指定以外の種類には交換できない他、交換を行うオイルは高品質な純正品を基準としてその他のプラス性能によって、好みのものを選んで行くと良いでしょう。

また、新型モデルとなったハスラーのインテリア部分は、先代モデルと比べて大きくデザインが変更されシートの構造が変更されている事に加え、収納スペースが増えている点や室内空間が広く設計されている点も特徴となりますので参考にしてください。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2YBAV6r

【ジムニー】【スペーシア】【ハスラー】【ワゴンR】スズキの軽自動車人気ランキング!

【タント】【ムーヴ】【キャスト】【コペン】【スペーシア】【ワゴンR】【ハスラー】【ジムニー】【N-BOX】【N-WGN】【N-ONE】【S660】軽自動車がざっくりわかる!

【ハスラー】VS【タフト】比較してみた。最新納車情報

【ハスラー】中古車を選ぶ際の注意点

【ハスラー】車中泊を快適にするアイデア教えます!

【ハスラー】カスタムしたい!おすすめアイデア

【ハスラー】人気ボディカラーランキング

【ハスラー】良い口コミ・辛口コメント 評価など

【ハスラー】の外装をあなた好みに。おすすめカラーやアクセサリーをご紹介

【ハスラー】VS【スペーシアギア】比較してみた。あなたならどっち?

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました