【ハイラックス】立体駐車場には入るのか?おすすめエンジンオイルは?

ハイラックス

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【トヨタ ハイラックス】は、立体駐車場に入ることができるのでしょうか。

ハイラックスと言えば、現在日本で唯一新車として購入することのできるピックアップトラックですが、購入を検討しているまたは興味を持っている方の中には日常利用の買い物などで、立体駐車場に入ることができるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

特にハイラックスは、現在日本で販売されている車種の中でもトップクラスの長さを誇る事から、購入を検討しているなどの場合には予めどれ位のボディサイズとなるのか、概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、ハイラックスの外寸や立体駐車場への入庫の可否、日常的なメンテナンスで必須となるオイル交換などを中心に、ハイラックスと外寸やオイル交換などについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ハイラックス】外寸はどのくらい?

引用:https://bit.ly/2Z378Ew

【トヨタ ハイラックス】は1968年に初代モデルの販売が開始され、キャビンと呼ばれる室内部分の後方に荷台を組み合わせ、荷物の運搬を得意とするピックアップトラックとして海外でも人気が高く、1997年に発売された6代目モデルまでは日本と海外で併売されてきた車です。

2004年に発売された7代目モデルは、日本で販売が行われず海外専売車となりボディサイズも海外向けに大型化されましたが、日本での復活を望む声が多かった事から2017年2月に8代目モデルとして正式に日本での販売が再開されています。

この8代目ハイラックスは、7代目で大型化されたボディサイズをそのまま踏襲しており、現在は国産車の中で唯一新車購入を行う事のできるピックアップトラックである点に加え、ボディサイズもトップクラスの長さに設計されている事も大きな話題となりました。

ただ、中には実際にどれほどの大きさなのかイマイチ想像がつかないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずは現行型ハイラックスの外寸について説明をしていきます。

引用:https://bit.ly/3FAG9jl

現行モデルとなる8代目ハイラックスには現在の所ノーマルボディとなる『X』と『Z』、スポーティモデルとなる『Z“GR SPORT”』の3つのグレードが設定されていますが、具体的な外寸としては

サイズ/グレード X、Z Z“GR SPORT”
全長 5,340mm 5,320mm
全幅 1,855mm 1,900mm
全高 1,800mm 1,840mm
ホイールベース 3,085mm 3,085mm
最小回転半径 6.4m 6.4m

となっており、全幅部分や全高部分は一般的なLクラスミニバン車と同じですが、全長部分に関しては国産車の中でもトップクラスとなる5,340mm(5m34cm)に設計されている点が大きな特徴です。

引用:https://bit.ly/30oHKt1

数字だけではイメージが湧かないと言う方もいらっしゃると思いますが、国産車の中でも比較的にボディサイズが大きいと言われる、トヨタ・アルファードランドクルーザーの外寸サイズを見てみると

サイズ/車名 アルファード ランドクルーザー
全長 4,945~4,950 mm 4,950~4,985mm
全幅 1,850mm 1,980~1,990mm
全高 1,935~1,950mm 1,925mm
ホイールベース 3,000mm 2,850mm
最小回転半径 5.6~5.8m 5.9m

に設計されており、ハイラックスはこれらの車種と全幅部のサイズは似ていますが、全長に関しては最大で400mm(40cm)程度長く設計されていると考えれば、イメージしやすいかも知れません。

またハイラックスは、ボディの全長部分とホイールベースが長く設計される事で、これらの2車種よりも小回りが利く指標となる最小回転半径が6.4mとなっているため、運転感覚の慣れという部分はあるものの日本の道路事情を加味すると、小回りが利きづらい車種であると言えますので注意が必要です。

引用:https://bit.ly/3ojycpA

余談となりますが、ハイラックスのボディサイズは一般的な3ナンバー車と同じ規格に分類されるものの、荷台部分が大きいなどの理由からナンバープレートの登録は普通貨物車と同じ1ナンバーとなり、車検の期間や納める税金の額が普通自動車と比べて異なりますので覚えておくと良いでしょう。

このように、ハイラックスの外寸は全幅や全高部分は一般的にサイズの大きめなミニバン車などとほぼ同じですが、車両の長さを表す全長部分は国産車の中でもトップクラスに入る大きさに設計されていますので1つの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

【ハイラックス】立体駐車場には入るのか?

引用:https://bit.ly/3Dke0vW

前述の通りハイラックスの外寸は、全幅や全高部分は一般的な3ナンバーミニバン車などと同じものの、全長部は5,000mmを上回る事から国産車の中でもトップクラスの長さに設計されている事が分かりましたが、これだけボディが大きいと駐車スペースが気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では大型商業施設や集合住宅を中心として、敷地面積の問題から自走式や機械式などの立体駐車場が増えている事もあり、買い物など日常生活でハイラックスの使用を考えている場合は、駐車する事ができるのか疑問に思っている方も少なくないはずです。

では実際に、ハイラックスの場合には立体駐車場に入ることができるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/30Als8b

結論から先に言ってしまうと、全てに当てはまる訳では無いものの、ハイラックスの場合は立体駐車場にほぼ入る事ができないというのが現状です。

前の項目でも説明した通り、ハイラックスのボディサイズはアルファードなどの大型車種と比べ、全長部分こそ400mm程度長く設計されていますが、全幅や全高部は概ね同じ大きさに設計されています。

また、スロープを上がるまたは下って駐車スペースまで向かう自走式と呼ばれる立体駐車場は、車両の高さ制限が2,000~2,500mm程度に制限される施設が多く、全高が高いハイラックスでも条件をクリアしている事から、物理的に駐車場へ入ること自体は可能です。

引用:https://bit.ly/3DlTivM

ただし、一般的な自走式立体駐車場の多くは構造上の問題や安全性を確保する観点から、進入できる車の車両総重量が2,000~2,500kgに制限されています。

ではハイラックスの場合、車両総重量はどれくらいなのか気になるところですが、実際に調べてみるとグレードやオプション品の有無によってバラツキはあるものの、新車時の状態では2,855~2,885kgとなっており、制限値を大きく超えてしまうため立体駐車場には入ることができないと言う訳です。

もちろん、自走式の立体駐車場は車両総重量を超えた車が入った場合でも、即座に駐車場が倒壊すると言う訳ではありませんが、安全上の観点から制限が設けられている事に変わりはありませんので、駐車を行う際は重量制限の無い平面駐車場を利用することが望ましいと言えます。

引用:https://bit.ly/325YQwJ

さらに、この車量総重量は制限を超えていると、集合住宅などの立体駐車場で車を保管する際に必要となる車庫証明を取得することができませんので、購入を検討している際は注意が必要です。

ちなみに自動車の重量には、車両重量と先に説明した車両総重量がありますがこの両者の違いは車両重量が

  • 座席などが取り付けられ、燃料が満タン時の重量

車両総重量は

  • 車両重量に加え、乗車定員×55kg(1人あたりの体重)+最大積載量を加えた際の重量

とそれぞれ定義が異なり、ハイラックスの場合は車両重量こそ2,080~2,110kgですが、多くの立体駐車場は積載量を含めた総重量で進入の可否が決まりますので、覚えておくと良いでしょう。

機械式駐車場には入ることができる?

引用:https://bit.ly/3Dl0esV

先述した通りハイラックスは、車両総重量の制限を超えてしまうことから多くの自走式立体駐車場には入れない事が分かったと思いますが、立体駐車場には自走式の他にパレットと呼ばれる台に車を乗せ、他の駐車スペースに車を移動させる機械式駐車場と呼ばれる施設も存在します。

この、機械式駐車場はタワー型や地下収容型、多段式など様々な方式があり自走式駐車場よりも少ない面積で車両を収容できる点が特徴ですが、ハイラックスはこれらの駐車場に入れる事ができないかと疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

こちらも先に結論から言ってしまうと、残念ながらハイラックスは多くの機械式立体駐車場でも入ることが難しいと言うのが現状です。

引用:https://bit.ly/3qDbxcB

一般的に機械式の立体駐車場は、少ない面積に多くの車両を収容する目的などから入庫に関する制限項目が自走式の立体駐車場よりも多く設けられており、主な制限を幾つか挙げていくと

  • 車両の全長が5,000~5,300mm程度以下
  • 車両の全幅が1,800~2,050mm程度以下
  • 車両の全高が1,550~1,800mm程度以下
  • 車両総重量が1,700~2,500kg程度以下

が入庫可能な平均的サイズとなっており、昨今ではミニバン車の普及によって車両全高の高い車種でも入る事のできる機械式駐車場が増えてはいるものの、ハイラックスの場合には全長や車両総重量などで制限を超えてしまう施設が大半となる事から、機械式の立体駐車場でも入ることは難しいと言う訳です。

引用:https://bit.ly/2YbZ7Je

もちろん一部の機械式立体駐車場では、車両全長が5,800mmまで対応している施設もありますが、ハイラックスの場合は荷台部分の最大積載量が加わる事によって、総重量が加算されてしまうため自走式・機械式の立体駐車場への駐車は難しいと言えるでしょう。

このようにハイラックスは、車両総重量が2,800kgを超える車種であるため、多くの立体駐車場では設けられた制限値をオーバーしてしまう事から、入ることが難しく駐車を行う場合は重量制限の無い平面駐車場が望ましいと言えますので、駐車場を探す際などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ハイラックス】おすすめエンジンオイル

引用:https://bit.ly/36fc7lJ

ハイラックスは、全長部分が一般的な国産車よりも長く設計されている点に加え、荷台部分が広く最大積載量を加えた際の車両総重量が制限を超えてしまうため、立体駐車場へ入るのは難しい事が分かりましたが、駐車スペースと同じく自動車を購入した際に必須となるのが継続的なメンテナンスです。

自動車のメンテナンスは、タイヤやバッテリー交換など様々なものがありますが、最も身近なものとして挙げられるのがエンジンオイルの交換となります。

エンジンオイルの交換は、エンジンその物の寿命を延ばし最大限のパワーを発揮させるだけでは無く、燃費の低下を防ぐなど様々な効果を期待することができますので、ハイラックスにはどのようなエンジンオイルがおすすめなのか、概要を把握しておきたいところです。

では実際に、ハイラックスにおすすめのオイルはどのような物となるのでしょうか。

代替:トヨタ ハイラックス 立体駐車場 外寸 エンジンオイル 社外オイル(現在)

現在ハイラックスには、従来型のガソリンエンジンモデルは設定されておらず、全てのグレードで軽油を燃料とするディーゼルエンジンモデルのみとなる点が1つの特徴です。

昨今では、燃料費を抑えられる点や力強い走り行える事から、マツダCXシリーズやトヨタ・ランドクルーザープラドなど、SUVを中心とした車種でディーゼルエンジンが導入されるケースも増えつつありますが、実はディーゼル車とガソリン車では異なった種類のエンジンオイルが使用されている事をご存じでしょうか。

これは、使用される燃料が大きく関わっておりディーゼルエンジンで使用される軽油は硫黄の成分が通常のガソリンよりも多く含有されており、エンジン内で燃料が燃える際に硫黄酸化物が発生しオイルを劣化させエンジンの内部を腐食させてしまう特性があります。

そのためディーゼルエンジンのオイルには、この硫黄分を中和させるためにアルカリ性の成分が多く含まれるため、一般的なガソリン車と異なった種類のオイルが使用されていると言う訳です。

代替:トヨタ ハイラックス 立体駐車場 外寸 エンジンオイル ガソリン ディーゼル兼用

では、どのようにオイルの種類を見分けたら良いのかと考える方もいらっしゃると思いますが、通常ガソリンエンジンのオイルには定められた規格を示す『SM』や『SN』と言ったSから始まる表記が使用され、Sよりも後のローマ字がZへ近づくほど性能が高いことを表しています。

一方、ディーゼルエンジンに使用されるオイルは『CF-〇〇』や『CD』など、Cから始まる表記や日本の別規格では『DL』など、Dから始まる表記がディーゼルエンジン用のオイルとなりますので覚えておくと良いでしょう。

また、自動車のエンジンオイルは搭載されるエンジン毎にオイルの粘度(硬さ)が決められていますが、ハイラックスの場合にはディーゼル用の中でも

  • 0W-20
  • 0W-30
  • 5W-30

と言う粘度のオイルが奨められています。

引用:https://bit.ly/3Cp6LSa

この0W-20や5W-30と言う文字は、低温時と高温時のオイルの硬さを示しておりWよりも左の数字が0に近いほど低温時でも柔らかく、反対にWよりも右の数字が大きくなるほど高温時でも柔らかくなりにくくエンジンの保護性能が強くなる点が特徴です。

そのため、燃費を重視したい場合は低温と高温時でもエンジンへの負荷が少なく柔らかい0W-20や0W-30が、走行性能を重視し高速道路などの走行が多く高温時にエンジンの保護性能を優先したい方は、5W-30と言ったやや硬めのオイルがおすすめとなります。

おすすめオイルのグレードはどれ?

代替:トヨタ ハイラックス 立体駐車場 外寸 エンジンオイル鉱物油

先述の通りハイラックスのエンジンは、ディーゼルである事から交換を行うオイルもディーゼル用の物選ぶ必要があることが分かったと思いますが、交換を行う際はベースオイルのグレード選びも重要です。

一般的にエンジンオイルには、性能別にグレードが分けられており

  • 原油の精製過程で抽出される『鉱物油
  • 原油の精製過程で科学的な分解を行い不純物を取り除いた『化学合成油
  • 鉱物油と化学合成油を混ぜた『部分合成油

の3グレードに分けられています。

引用:https://bit.ly/3Dlv0C9

このうち鉱物油は、社外品での取り扱いが多くカー用品店などでも安価な値段で購入する事ができますが、その反面、耐久性や洗浄能力などが低く早い期間での交換が必要となる点が特徴です。

化学合成油は、特殊な化学分解で不純物を取り除いているため、耐久性が高くエンジン内の洗浄能力や部品の摩耗を抑える効果などが高くなり、昨今では社外品に加え純正品としても扱われていますが、その分価格も高価な点が特徴となります。

最後の、部分合成油は鉱物油の弱点を化学合成油で補填したものとなり、耐久性や洗浄・摩耗効果は鉱物油よりも高く、価格は化学合成油よりも抑えられたバランス型のオイルとなり主に社外品が中心です。

引用:https://bit.ly/3cj2WmS

もしこの中で、1つのグレードを選ぶのであれば自動車の使用環境も伴うため中々難しい判断となりますが、敢えて選ぶのであればハイラックスの場合はエンジンの保護性能が高く、耐久性にも長けた化学合成油がおすすめだと言えるでしょう。

純正オイルと社外オイルはどっちが良いの?

引用:https://bit.ly/3wQenvI

先述の通り、自動車のエンジンオイルには性能別にグレードが分けられており、種類によってオイルの性能や特性が異なる事が分かりましたが、カー用品店などでは様々なオイルが販売されている為、どうして純正品と数多くの社外品が存在するのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、この両者は基本的なオイルの役割については同じであるものの、オイル中に含まれるプラスαをされた付加価値の有無が大きな違いとなります。

例えば純正品は、ハイラックスの場合搭載されるエンジンに最適な成分のオイルが使用されていますが、プラスαとなる特別な洗浄効果や静粛性能などの添加剤類は省かれている傾向にあり、トヨタの場合は全合成油を採用していますがその分、価格は抑えられている点が特徴です。

一方の社外品の場合には、同じくグレードの高い全合成油が使用されている場合でも、純正品には含まれない洗浄効果に特化したものや、エンジンパワーを引き上げる効果などの添加剤が含まれており、プラスαの付加価値をつけている点が特徴となります。

そのため、好みによる部分が大きくなるものの基本は純正品への交換を軸として交換を行い、プラスの性能が欲しい場合には社外品への交換がおすすめです。

引用:https://bit.ly/3qI9mUX

ちなみに、ディーラーなどで純正オイルに交換を行うと高額になるのではと思う方もいらっしゃると思いますが、昨今では高品質でありながらもオイル自体の価格は抑えられており、反対にモービルやワコーズと言った社外品の場合は、純正品よりも1.5倍~2倍適度高くなる傾向にありますので、覚えておくと良いでしょう。

このように、ハイラックスのエンジンオイルはディーゼル車用の物を選択する必要があり、車を使用する用途や環境などに加え付加価値の性能によってもおすすめのオイルは異なりますので、交換を検討している場合の参考にしてみて下さい。

【ハイラックス】オイル交換は1回いくらかかるのか?

引用:https://bit.ly/3ozQrt2

ハイラックスのエンジンオイルは、車を使用する環境など様々な条件でおすすめが異なる事が分かりましたが、これだけボディサイズが大きな車となると1回のオイル交換費用はどのくらい掛かるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

特にハイラックスは、ディーゼルエンジンを搭載した車種となり一般的なガソリン車と比べると、オイルが汚れやすく劣化も進みやすい特徴がある事から交換頻度も多くなるため、どれ位の費用となるのか前以て概要を把握しておきたいところです。

では、ハイラックスの場合1回に掛かるオイル交換費用はどれくらいとなるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2YTNB9s

先に説明した通り、現在ハイラックスにはディーゼル車のみが設定されており排気量は2,4Lとなりますが、詳しいオイル交換量を見てみると

エレメント交換の有無 必要量
オイル交換のみ 7.0L
オイル交換+エレメント交換 7.5L

がそれぞれ必要となります。

種類が異なるものの、同じディーゼル車で2.2Lエンジンを搭載する三菱・デリカD:5のターボモデルにおけるオイル交換量はオイルのみで5.5L、エレメントの交換が必要な場合は5.9Lのオイルが必要となりますので、ハイラックスの場合は交換量が多いエンジンだと言えるかも知れません。

代替:トヨタ ハイラックス 立体駐車場 外寸 エンジンオイル 純正オイル

次に前述した、純正オイルの価格については交換を行う販売点や施設などによって価格にバラツキがあるため全てに当てはまる訳ではありませんが、0W-30や5W-30の物で概ね1,000円~1,200円程度が平均的な相場となり、オイルの価格自体は一般的なガソリン車用とほぼ同じとなります。

さらに、オイル中に含まれる汚れを濾過する役割を担うエレメントは約1,500円~2,000円前後となりますので、1度のオイル交換にかかる大凡の目安としては

エレメント交換の有無 必要オイル量 価格
交換無し 7.0L 概ね7,000円~8,500円程度
交換有り 7.5L 概ね9,000円~11,000円程度

となり、これに加え一般的に販売店で交換を行う場合は概ね1,000円~2,000円程度の工賃が必要となる傾向にあるため、ハイラックスの場合は1度のオイル交換で約10,000円~13,000円前後が総合的な費用の目安です。

引用:https://bit.ly/3wP993v

ただし、各販売店では予め10Lや20L分の純正オイルをまとめ買いする事のできるボトルキープと呼ばれるシステムを導入している店舗もあり、こちらのサービスに加入した場合には

  • 1Lあたりのオイル料金が200円~500円程度割引になる
  • 別途で工賃を支払う必要無くなる場合がある

などの特典を受けられる場合がありますので、継続して純正オイルへの交換を予定している場合は販売店に相談してみることをおすすめします。

このようにハイラックスは、交換に必要なオイル量が他車と比べて多めとなっており、1回に掛かる交換費用は純正品の場合で概ね10,000円~13,000円前後が平均的な価格となりますので、交換を行う際の参考にして下さい。

【ハイラックス】外寸やオイル交換のまとめ

今回は、ハイラックスの外寸やオイル交換について解説をしてきましたが、ハイラックスの外寸は全幅や全高部分こそ一般的な国産Lクラスミニバン車などと同じであるものの、車両の長さは国産車でも希少な部類に入る5,000mm以上に設計されている事が分かったと思います。

これに加え、ハイラックスの場合は荷台部分の面積が車両総重量に加算される事によって、立体駐車場では制限された重量をオーバーしてしまうため、多くの施設では入ることができず駐車を行う際は、平面駐車場を選ぶ事が望ましいと言えますので、覚えておく必要があります。

また、ハイラックスは現在のところディーゼル車のみ設定されている事から交換を行うオイルも、ディーゼル車用の物を選択する必要があり交換を行う量も他車と比べて多くなりますので、車両の購入などを検討している場合の参考にして下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3Dke0vW

【ハイラックス】実際の燃費はどのくらい?

【ハイラックス】ボディカラー人気ランキング

【ハイラックス】口コミやみんなの評価はどんな感じ?

【ハイラックス】で車中泊がしたい!おすすめアイテムをご紹介

【ハイラックス】オプション装備でグレードアップ!おすすめ装備をご紹介

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました