【ノア】知っていると車中泊を快適にしてくれる技ありシートアレンジ

ノア

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

トヨタ【ノア】のインテリアやシートアレンジは、どのようなものとなっているのでしょうか。

ノアと言えば、日本の道路事情に適したボディのサイズ感や、上位車種にも劣らない広い室内空間が好評を得ているミドルクラスミニバン車ですが、フルモデルチェンジが行われたと言う事もあり、購入を検討している方の中にはインテリアがどのように変わったのか、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

特にノアを中心としたミドルクラスミニバン車は、日常利用からレジャーなど様々なシーンで活躍するケースが多く、子育て世代から年配の方まで幅広い年齢層に人気となるため、内装部分の質感や使い勝手などが気になると言う方は少なくないはずです。

そこで今回は、ノアのインテリア部分やシートアレンジの紹介、昨今流行となっている車中泊の向き不向きの検証などを中心に、新型ノアとインテリア部分について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ノア】インテリアのご紹介

引用:https://bit.ly/3ttykZX

【ノア】は、2022年1月におよそ8年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われ、外観は先代モデルを踏襲しつつも高級感あるデザインが取り入れられ、全てのグレードで3ナンバー車サイズとなった点も大きな話題となりました。

また、内装部分も質感を中心に大きく向上しており、雑誌等でも前評判は高く評価されていましたが、先代モデルとどのように変わったのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはノアのインテリア部分をグレード別に紹介していきます。

現在、ノアにはエアロボディの『S-G』と『S-Z』、標準ボディの『X』、『G』、『Z』と全部で5種類のグレードが設定されておりXを除くS-GとGグレード、S-ZとZグレードでは基本的に装備内容は同じとなる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3K6SKNY

この中でも、ノアでエントリーモデルに位置づけられるXグレードは、唯一ダークグレーの内装色が採用されステアリングとシフトノブはウレタン製、エアコンの通風口周りやドアトリム部等の装飾は省かれるなど、価格が抑えられた仕様となっています。

これに加え、Xグレードは他のグレードで標準装備される8インチ型ディスプレイオーディオが装着されず、必要な場合は別途で85,800円のメーカーオプションを選択しなければなりませんので覚えておく必要があります。

引用:https://bit.ly/3flTC3m

ノアでスタンダードモデルに位置づけられるS-G及びGグレードは、ブラックの内装カラーが基本となり標準ボディのGでは、ブラックに加えフロマージュと呼ばれるアイボリー系のカラーを選択することが可能です。

シート生地はXと同じくファブリックとなりますが、こちらはデザインと材質が異なる上級生地となっており、ステアリングやシフトノブに加えエアコンの通風口周りなど多数の部分にシルバー塗装の装飾が施されるため、エントリーモデルよりも高級感が演出されています。

代替:トヨタ 新型 ノア インテリア シートアレンジ 車中泊 Gの内装

また、各Gグレードのシート表皮は滑りにくく柔らかさを感じる生地となるため、エントリーモデルとなるXよりも質感が向上している点に加え、乗り心地も良くなっている印象です。

加えて、Xではメーカーオプションとなるディスプレイオーディオも標準装備されるため、別途で社外ナビを装着する必要もなく、好みに応じてフロントシートにヒーターをパッケージオプションとして装着する事も可能となっている事から、充実した装備内容になっていると言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3qjUqMm

ノアの中で最も上級なモデルに位置づけられるS-Z並びにZグレードの内装は、各Gグレードと同じくブラックの内装カラーが基本となりますが、Zグレードの場合にはダークブラウンのシートとフロマージュを組み合わせた内装カラーを選択することが可能です。

また、両グレードともシート生地は合成皮革とファブリック生地を組み合わせたコンビネーションシートとなっており、ドアトリムやインパネ周りはステッチ加飾付の合成皮革またはソフトパッドで装飾されるため、スタンダードモデルよりもさらにラグジュアリー感のある内装に仕上げられています。

引用:https://bit.ly/3of0TXu

さらに、S-Z及び Zグレードにはセットオプションとして

  • オットマン&シートヒーター付セカンドシート
  • ステアリングヒーター

などの内装品が追加可能となっており、より快適な空間を作り出すこともできる為、正に新型ノアのフラシップモデルに相応しい装備内容になっています。

全体的に先代モデルと比較すると、プラスチック感が低くなりエアコンの操作パネル等も高級感のあるデザインに変更され、シフトゲートはガソリンモデルとハイブリッドモデルでシーケンシャル型に統一されるなど、内装の質感と機能性は向上していると言えるでしょう。

もしかすると、ノアのフラグシップグレードにおける内装は、パッケージオプションを追加する事で惜しまれつつ生産が終了した、トヨタ・エスティマに近い装備内容や質感を実現していると言えるのかも知れません。

引用:https://bit.ly/3qpyDCN

ちなみに、兄弟車としてノアと同時にフルモデルチェンジが行われた新型ヴォクシーは、標準ボディの設定が無く全てエアロボディグレードのみとなり、内装カラーや標準装備品などのインテリアは、新型ノアのS-G及びS-Zと同じ内容となります。

ただし、ノアとヴォクシーではシート部分のデザインが若干異なり、特にヴォクシーでは標準ボディグレードが設定されないことから、フロマージュやダークブラウンと言った内装カラーを選択することができませんので注意が必要です。

このようにノアのインテリアは、グレードによって選択できる内装カラーや機能が異なり、先代モデルと比べると大きく質感や利便性が向上していると言え、シート部分のデザインに若干の違いはあるものの、基本は新型ヴォクシーと同じとなっていますので、購入を行う際などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

【ノア】後部座席の広さやシートアレンジは?

引用:https://bit.ly/3Ghe5RR

ノアのインテリア部分は、グレードによって選べる内装カラーが異なり先代モデルと比べると、総合的な質感やデザインは向上している事が分かりましたが、ミニバン車を選ぶ際に気になる事と言えば、セカンドシート以降の使い勝手という方も多いのではないでしょうか。

特にノアを含めたミドルクラスミニバン車は、お子さんのいらっしゃる子育て世代や人数の多いご家庭など様々な世代から人気の高い車となり、幅広い用途で使用されるため後部座席の広さやシートアレンジはどのようになっているのか、概要を知りたい方は少なくないはずです。

では、実際にフルモデルチェンジが行われた新型ノアの後部座席や、シートアレンジの種類はどのようになっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3ANPnY8

まず、セカンドシート部の広さですが先代モデルと新型モデルの、7人乗りシートの大きさを比較してみると先代モデルの場合は

  • シート座面長:500mm
  • シート座面幅:520mm
  • 背面部の高さ:590mm

であるのに対し、新型モデルの場合は

  • シート座面長:500mm
  • シート座面幅:500mm
  • 背面部の高さ:630mm

と、新型モデルは座面部がやや小さく、背もたれの部分は40mm大きくなっている事が分かります。

引用:https://bit.ly/34qrwkZ https://bit.ly/3uwnhzJ

次に、セカンドシートのライド量を比較していくと先代モデルは通常時で約600mm程度となり、セカンドシート同士を中央へ寄せさらに後方へスライドさせると、最大で810mmスライドさせる事が可能でした。

これに対し、新型モデルではセカンドシートの設計が見直されシート同士を中央に寄せることはできなくなったものの、スライド量は通常時でも745mmと先代よりも実質的に150mm程度、通常使用時のスライド量が増え左右のシート同士の間隔も確保されるため、2列目の快適度は新型モデルの方が上と言えます。

引用:https://bit.ly/3sq75xh https://bit.ly/35tdOOT

また、サードシート部分の大きさを比較すると、先代モデルは

  • シート座面長:455 mm
  • シート座面幅:1,190 mm
  • 背面部の高さ:520mm

であるのに対し、新型モデルの場合は

  • シート座面長:430 mm
  • シート座面幅:1,190 mm
  • 背面部の高さ:520mm

となっており、新型モデルのサードシートは格納方法が従来型のベルト固定式ではなく、直接車体にシートを固定するワンタッチ式変更された影響で、座面部がやや短くなっており厚みも薄くされている点が大きな特徴です。

引用:https://bit.ly/3reKdjx

イメージしやすい様に、新型ノアにおける後部座席の広さやスライド量をまとめると

セカンドシード
モデル/サイズシートサイズ(長×幅×高さ)スライド量
先代モデル500mm×520mm×590mm約600mm(最大810mm)
新型モデル500mm×500mm×630mm745mm
サードシート
モデル/サイズシートサイズ(長×幅×高さ)シート固定方式
先代モデル455mm×1,190mm×520mmベルト式
新型モデル430mm×1,190mm×520mmワンタッチ式

となり、新型モデルは座面がやや小さいもののスライド量の増加で2列目の快適度が高く3列目の格納が簡単、先代モデルは格納が大変だが3列目の座り心地は新型よりも勝る、とそれぞれで特徴がありますので覚えておくと良いでしょう。

シートアレンジの種類はどうなっているの?

引用:https://bit.ly/32TO1i6

ノアを含む多くのミニバン車は、買い物やお子さんの送り迎え等の日常使用に加え、レジャーや荷物の運搬など様々なシーンで利用できる点が大きな魅力ですが、実際にはどれくらいのシートアレンジを行う事ができるのか気になると言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは新型ノアにおけるシートアレンジの種類を紹介していきます。

現在、ノアにはセカンドシートがキャプテンシート(左右分離型)となる7人乗りと、ベンチシート(左右一体型)の8人乗りが設定されていますが、どちらのモデルも先代モデルと同じく、多彩なシートアレンジを行う事が可能です。

具体的なシートアレンジ方法を見ていくと

  • スーパーリラックスモード

引用:https://bit.ly/34367yR

特徴:サードシートを格納し、セカンドシートを目一杯スライドしてリビングのような空間を作る事ができる

  • ラゲージモード

引用:https://bit.ly/35xoJHk

特徴:サードシートを格納し、荷室を拡張する事が可能

  • ビッグラゲージモード

引用:https://bit.ly/3uk5Q5e

特徴:サードシートを格納し、セカンドシートを前方にスライドさせる事で、ラゲージモードよりも荷室を拡張する事ができる

  • リヤフラットソファモード

引用:https://bit.ly/3Ho9m1Y

特徴:セカンドシートとサードシートを後方へ倒すことで、ベッドの様な空間を作ることが可能

  • 後席トライアングルモード

引用:https://bit.ly/3okzljA

特徴:片側のセカンドシートを後方へスライドさせ、サードシートに座った人ともコミュニケーションをとることができる

  • フロントソファモード

引用:https://bit.ly/3KYXfuJ

特徴:フロントシートを後部へ倒し、セカンドシートと組み合わせてベッドの様な空間を作る事が可能

  • 前席ベビーケアモード

引用:https://bit.ly/3GkHkmR

特徴:助手席とセカンドシートを目一杯前にスライドさせる事で、セカンドシートのお子さんをケアする事ができる

など、ノアでは主に7種のシートアレンジを行う事が可能となっており、加えてカタログには記載されないものの、サードシートを跳ね上げフロントとセカンドシートをリクライニングさせる事でもフルフラットのシートアレンジを作る事ができます

引用:https://bit.ly/3AOIfuJ

ただし、先述した通り新型ノアの7人乗りモデルでは、従来可能だった左右のセカンドシートを中央へ寄せることができない構造となったため、先代モデルで可能だった『フリーアクセスモード』や『だんらんモード』と言ったシートアレンジは、行う事ができなくなっていますので注意が必要です。

ちなみにノアの場合には、8人乗りモデルに限りセカンドシートの乗車定員を減らし、7人乗りのベンチシート仕様に変更する事のできるパッケージオプションも設定されています。

引用:https://bit.ly/3gnMyDz

こちらは、シートアレンジというわけではありませんがオプションとして選択する事で、先代モデルで可能だったフリーアクセスモードと同じ状態にする事が可能となりますので、覚えておくと良いでしょう。

このようにノアの後部座席は、スライド量が増加したことによりセカンドシートの居住性が向上し、サードシートの格納が変更された事によって使い勝手が良くなった点に加え、先代モデルとほぼ同じ多彩なシートアレンジを行う事が可能ですので、他車との比較や購入を行う際などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ノア】車中泊には向いているのか?車中泊おすすめオプション

引用:https://bit.ly/343qn3m

前述した通り、ノアのシートアレンジは先代モデルと同じく豊富なバリエーションとなる事が分かりましたが、シートアレンジが豊富と聞くと車中泊は行う事ができるのかと、興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、キャンプやレジャーと言ったアウトドアを目的とした場合のほかに、地震や豪雨など災害時に避難所ではなく車で寝泊まりを行うと言ったケースもあるため、新型ノアで車中泊を行う事ができるのか概要を知りたい方は、少なくないはずです。

では実際に、ノアは車中泊に向いている車なのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、新型ノアや同時にフルモデルチェンジが行われた兄弟車であるヴォクシーの場合は、幾つかの工夫が必要ではあるものの車中泊には向いている車だと言えます。

引用:https://bit.ly/3ufNKBn

一般的に、車中泊を行う際は寝泊まりを行うためのベッドが必要となりますが、新型ノアの場合には7人乗りと8人乗りの両モデルで、前の項目でご紹介したリヤフラットソファモード等のシートアレンジを利用し、簡単にベッドスペースを作る事が可能です。

また、ノアはサードシートの床面に空きスペースがある点や車両の全高が高く設計されている点から、室内ルーフ部分にデッドスペースを利用した天井収納を作る事ができるなど、ベッドスペースの次に重要となる収納スペースも確保しやすい車種となります。

引用:https://bit.ly/3HBJosd

さらにノアのハイブリッドモデルにおいては、最大で6日程度コンセントを用いて家電製品を使用する事のできる非常給電システムが備わっているため、車中泊で最も困ると言われる電源の確保が容易に行える点も、車中泊に向いている理由の1つです。

もちろんノアの場合は、シートアレンジによって発生するシート間の段差や隙間を埋める工夫に加え、適切な室温の調整等を行わなければ快適に車中泊を行う事ができませんが、他車種の様に新たな設備を導入する事なく基本的なベッドスペースを確保できる点を考慮すると、十分車中泊に向いている車だと言えるでしょう。

車中泊を行う場合のおすすめオプション

引用:https://bit.ly/3rkeu1v

先述の通り、新型ノアはシートアレンジによるベッドスペースの確保やデッドスペースを有効利用した収納スペースの拡張、ハイブリッドモデルの場合は電源を確保しやすい環境である事から車中泊に向いていることが分かりました。

これに加え、ノアやヴォクシーは車中泊での使用を想定したアイテムも純正品として設定されていますので、ここでは車中泊を行う際におすすめとなるオプションを紹介していきます。

  • エアスリープマット(価格:22,000円

引用:https://bit.ly/3APJoCf

1つ目の、ノアで車中泊を行う際におすすめのオプションは『エアスリープマット』です。

先にも触れた通り、ノアはシートアレンジを行う事で簡単に車中泊で必須となるベッドスペースを確保する事ができますが、そのままの状態ではシート間に隙間や段差が発生してしまうため、快適に過ごす事ができません。

この問題を解決してくれるのが、こちらのエアスリープマットとなり備えられたバルブを開けると厚さ9cm程度まで膨らむため、シートアレンジで発生する段差を簡単に解消する事ができ、短時間で快適なベッドスペースを作る事が可能です。

また、非使用時はコンパクトに畳んでサードシートの下に収納する事ができますので車中泊を行う際、荷物を極力減らしたいと言う場合におすすめのオプションとなります。

  • 室内カーテン※遮光機能付き(価格:58,300円

引用:https://bit.ly/35BHFEV

2つ目のノアで車中泊を行う際におすすめのオプションは『室内カーテン※遮光機能付き』です。

車中泊を行う際は、防犯上の観点から室内の目隠し対策が必要事項となりますが、こちらのオプションは新型ノアのガラスサイズに合わせた専用設計となっており、キッチリと外からの視線を遮断することが可能となります。

またこちらのカーテンは、内外の光を通しにくい遮光機能付きである事から昼夜を問わず目隠し効果があり、専用のカーテンレールが付属される点に加え、カーテン自体に厚みがある事から内装のラグジュアリー感を向上させることも可能ですので、防犯対策と質感の向上を目的とした場合におすすめのオプションです。

  • サンシェード(価格:18,700円

引用:https://bit.ly/3gkmfOR

3つ目の新型ノアで車中泊を行う際におすすめのオプションは『サンシェード』です。

こちらは、先にご紹介した室内カーテンと同じく車内の目隠し効果を目的としたおすすめオプションですが、通常カーテンなどの類いは運転に支障をきたす恐れがあるため、フロントガラスやサイドガラス部に設置する事ができません

しかし、取り外しの可能なシェード類は特に問題が無いため、カーテンと同じくフロント部分の目隠しができる代用品として、こちらのオプションがおすすめという訳です。

また、こちらのシェードはノア専用設計となっており、車中泊だけではなく本来の用途である夏場の室温上昇を抑える効果があるため、車中泊や太陽が当たる場所に駐車する方にもおすすめのオプションと言えるでしょう。

  • アクセサリーコンセント※メーカーオプション(価格:44,000円~49,500円

引用:https://bit.ly/3L30Bwr

4つ目のノアで車中泊を行う際におすすめのオプションは『アクセサリーコンセント』です。

車中泊では、通常の生活と異なりトイレや風呂などが近くに無く思いのほか不便な生活を強いられますが、最も困る事と言えば多くの場合で電源を確保する事ができず、家電製品等を使用する事ができないと言う点です。

昨今では、モバイルバッテリーで動かすことのできるサーキュレーターや電気毛布なども出回っていますが、それ以上の電力を必要とする家電製品には使用する事ができず、結果として高額なポータブル電源を購入しなければならないケースも珍しくありません。

そこでおすすめとなるのが、こちらのアクセサリーコンセントとなり車内の2箇所に通常のコンセントジャックが設置される事から、ご自宅から持ち込んだ家電製品を使用する事が可能となるため、車中泊での快適性を大きく向上させる事が可能となります。

では実際に、どれくらい電力が供給されるのかと言うと、こちらはガソリンの残量や使用する機器によっても異なりますが、燃料を満タンにした際の電力供給時間はおよそ6日分程度となっているため、レジャーだけでは無く災害時でも十分に活躍できる電力供給量です。

引用:https://bit.ly/3s8N4em

ただし、こちらのおすすめオプションはフラグシップグレードのS-Z(S-Zには標準装備)を除いたハイブリッドモデル限定のメーカーオプション品に設定されており、残念ながらガソリンモデルでは選択する事ができないため注意が必要です。

このようにノアは、幾つかの工夫が必要ですがシートレンジが多彩である事から車中泊に向いた車と言え、純正オプションとしても様々な車中泊アイテムが設定されていますので、用途や目的に応じて選んで行くと良いでしょう。

【ノア】インテリアまとめ

今回は、トヨタ ノアのインテリア部分について解説をしてきましたが、新型ノアの内装はグレードによって選択できる色が異なり、質感や実際の使い勝手は先代モデルよりも向上している事が分かったと思います。

特に新型モデルのセカンドシートは、スライド量が先代モデルよりも長くなり快適度が増した点に加え、サードシートの固定はワンタッチ式となったことから利便性も大きく向上していると言えるでしょう。

また、ノアは先代モデルと同様に豊富な種類のシートアレンジ数となっており、フラット状態を作れることから多少の工夫は必要なものの車中泊に向いた車と言え、設定された純正オプションによって快適且つ安全に車中泊を楽しむ事が可能となりますので、購入を検討している場合などの参考にして下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3Ghe5RR

新型【セレナ】VS【ノア】【ヴォクシー】価格・サイズ・インテリアの比較

新型【ノア】買うなら知っておきたい魅力と欠点

新型【ノア】立体駐車場に入るのか?ボディサイズや外装の変更点

新型【ノア】ボディカラーとグレードの詳細

新型【ノア】納期・納車待ち情報

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



タイトルとURLをコピーしました