itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【トヨタ ヤリスクロス】納車待ちはどのくらい?

トヨタ

トヨタ・ヤリスクロスはどれくらいの納車待ちが発生しているのでしょうか。

現在ヤリスクロスの購入を検討している方の中には、魅力的な車だけれども納車までに掛かる時間はどのくらいなのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

ヤリスクロスは、トヨタSUVシリーズの中でも最もボディが小さく昨今のSUVブームも重なり販売開始以来大きな話題を集めていますが、想定以上の注文が発生していると言われているため、納車待ちの期間を把握しておきたいと言う方は少なくないはずです。

そこで今回は、ヤリスクロスの納車までに掛かる最新の情報や既に納車された方と納車待ちのしている方の口コミ情報の紹介などを中心に、トヨタ・ヤリスクロスと納車待ちについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】最新納車待ち情報

引用:https://bit.ly/34Oke8I

トヨタ・ヤリスクロスは2020年8月に販売が開始され、自社生産初のコンパクトSUVとして大きな話題を集めている車種ですが、販売開始の正式アナウンスが発表された9月以降は注文が殺到していると言われており、どれくらいの納車待ちになるのか興味を持っている方も多いと思います。

では、販売から開始から2ヶ月程度が経過した2020年11月現在のヤリスクロスは、どの程度の納車待ちが発生しているのでしょうか。

これは選択を行うグレードやボディカラー、エンジン形式やメーカーオプションの有無などによって大きく異なりますが、最新の情報ではガソリン車の場合で約3ヶ月半~4ヶ月半程度、ハイブリッド車の場合には4ヶ月半~5ヶ月程度が現在のヤリスクロスにおける納車待ちの状況となります。

引用:https://bit.ly/3jKM3TD

ヤリスクロスは、2020年8月の末に販売が開始され9月上旬頃までは新型車種としてはやや早い2ヶ月~3ヶ月程度の納車待ちとなっていましたが、シルバーウィークを境に車両の注文が殺到し、現在でも納車までに掛かる時間はやや増えつつあるのが現状です。

特にヤリスクロスの場合には販売が行われる地域によっても納車までの時期が異なりますが、どちらかと言うとガソリン車よりもハイブリッド車の方が納車待ちの時間が長くなる傾向にありますので、購入を検討している場合の参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】納期と納車の違い

引用:https://bit.ly/3823lZX

トヨタ・ヤリスクロスは、現在3ヶ月半~5ヶ月程度の納車待ちが発生している事が分かりましたが、インターネットで情報を収集している方の中には納期や納車と言った言葉を目にする機会も多いと思います。

実は、この納期と納車と言う言葉は似ている事から混同されがちですが、これらの単語は似ているようで異なる意味を持っていることをご存じでしょうか、

自動車の購入において使用される納期という言葉は、販売店が購入者からの依頼で自動車を発注しメーカーオプションなど購入時のみ選択が可能な装備品を装着した後、完成品の車両が販売店へ納品されるまでの期間を指します。

多くの自動車メーカーでは、言葉による混同を避けるため工場出荷目安と言う言葉に言い換えて情報を発表している事もあります。

引用:https://bit.ly/3oMUBgn

これに対して納車とは、納品された新車に販売店オプションなどの装備品を取り付け、公道を走行するために必要なナンバープレートの登録を行った後、洗車やボディの傷などの最終確認を行い購入者の元に手渡される日のことを指し、言葉自体は似ていますが意味としては大きく異なるのです。

そのため、メーカーがウェブサイトなどで納期は3ヶ月程度が目安と公開していても、実際には車両の登録などで約1週間~10日程度は納車までに時間が掛かりますので、覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】納車待ちの時間を短くする方法はある?

引用:https://bit.ly/2HMuHZG

先述の通り、自動車の購入における納期と納車は似て非なる意味合いである事が分かったと思いますが、トヨタ・ヤリスクロスの購入を検討している方の中には納車待ちの時間を少しでも短くしたいと思っている方も多いと思います。

では実際に、ヤリスクロスの購入おいて納車の時期を短くする方法はあるのでしょうか。

これには幾つかの方法が存在しますが、最も効果的と言えるのはナビゲーションやエアロパーツなど販売店オプションの選択数を減らすと言う方法です。

引用:https://bit.ly/2TL2Nzo

販売店のオプション品は注文車両が納品された後、販売店ではなく殆どの場合でオプション品を取り付けるまたは、施工を行うための専用施設へと車両を輸送して整備が行われます。

しかし、この施設は販売店や民間整備工場の様にどこにでもある訳ではありませんので、場合によっては販売店から離れた場所にある施設まで長時間を掛け輸送を行わなければならないケースもあるため、オプション品の取り付けや施工以外に施設と販売店を往復する時間も必要となります。

また、エアロパーツやプラスチックバイザー程度であれば比較的に短時間で作業を終えることができますが、ナビゲーションやETCなどの電装設備の場合には配線の取り回しなどに時間が掛かり、大掛かりな作業になると取り付けだけでも数日を要するケースも少なくありません。

引用:https://bit.ly/3jTAkCe

さらに、ボディコーティングなどの施工作業は下地作りからコーティングの施工まで10日以上を要する場合も存在するため、オプション品の選択数や施工・取り付けの手間が多いほど納車待ちの時間も長くなってしまうと言う訳です。

そのため、現在ヤリスクロスは一般的な車種と比べて長い期間の納車待ちが発生していますが、1日でも早い納車を望む場合には極力オプション品の数を抑え、場合によっては納車後にオプション品を注文する方が良いと言えますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】納車された人の口コミや納車待ちしている人の情報

引用:https://bit.ly/34OxvOl

前述した通りトヨタ・ヤリスクロスの現在の納車までに掛かる時間は、ガソリン車の平均で3ヶ月半~4ヶ月半程度、ハイブリッド車の場合には4ヶ月半~5ヶ月程度である事が分かりました。

では、既に納車が済んでいる方の口コミや現在納車待ちをしていると言う方の情報はどの様なものとなっているのでしょうか。

様々な自動車などの口コミが掲載されているサイトを見てみると、既に納車が済んでいる方の口コミとしては

  • モデル発表前の8月中旬の注文でハイブリッドだったが、当初の予定より1ヶ月も早い9月下旬の納車だったので、納車待ちの期間としては1ヶ月半程度だった
  • 9月上旬の注文でガソリン車を選択しましたが、当初11月中旬の納車だったのが10月下旬に早まりました
  • 8月上旬に先行発注という形で注文を行い、当初は9月中の納車予定だったがオプション品の追加もあって、結局10月下旬の納車でした

など、先行予約を行った多くの購入者は既に納車が行われており、納車までの時間も一般的な車種とほぼ変わらなかったと言う口コミが多く見られました。

中には、見込み発注やキャンセルによって発生した在庫車を運良く購入し納車待ちは殆ど無かったと言う方もおり、条件次第では納車までの時間が短くなる場合もあるようです。

引用:https://bit.ly/3kWaAqe

一方で、既に発注を行い納車待ちの状態となっている方の情報としては

  • 9月の中旬頃に注文をしたが、来年の1月~2月が納車の目安だと言われ場合によっては時期が3月にずれ込む恐れもあると担当者から連絡があった
  • 受注台数が9月の後半から急激に増えたため、納車される車両の数を都道府県や市町村単位で平均化し、全国に車両が行き渡る処置が設けられたと営業担当者から連絡があった
  • 四国・九州地方では生産工場から船とトレーラーを使って販売店に納品されるため、他の地域よりも10日~2週間程度納車までの時間が長くなる傾向にあると説明を受けた

など、納車待ちの不安から販売店に問い合わせる方が多く注文が殺到しているため、週を追うごとに納車待ちの期間が長くなっていると言う口コミが多く見られました。

中には1週間注文が遅くなったために、納車が3ヶ月以上先になってしまったと言う方もおり、受注に対して生産が追いついていないと言うのがヤリスクロスの現状の様です。

また、ヤリスクロスの場合には購入を行う地域によって生産後に船による航送を行わなければならない点も、納車待ちの時間が長くなってしまう1つの原因となっていますので、購入を検討している場合の参考にすると良いでしょう。

【ヤリスクロス】納期遅れはあるの?

引用:https://bit.ly/35T7n4l

トヨタ・ヤリスクロスは、9月以降に注文が殺到しているため販売開始直後よりも納車までの時間が長くなっている事が分かりました。

トヨタでは過去にバッテリーなどの生産が追いつかず、プリウスの納車待ちが1年以上となった事がありましたが、ヤリスクロスでも今後さらに納期や納車が遅くなる可能性はあるのか気になっている方も多いと思います。

ではヤリスクロスの場合、今後も現在以上に納期遅れが発生する可能性はあるのでしょうか。

これは、様々な要因が考えられるため一概に言える訳ではありませんが、結論としてはヤリスクロスの場合、今後も納期や納車に遅れが発生する可能性はあると言えます。

引用:https://bit.ly/3kQpeiG

現在トヨタ自動車の生産拠点は、愛知県を中心として福岡県・三重県・北海道など幅広い地域に車種を振り分けて生産が行われていますが、ヤリスクロスの場合にはトヨタ自動車東日本の本社である宮城県の宮城大衡工場と岩手県の岩手工場の2箇所で生産が行われています。

そのため、完成車両を遠く離れた地域の販売店に輸送するには船による航送とトレーラーによる陸送が必要となりますが、東北地方から四国九州地方への航送は関東や北海道などの地域に航送する場合と比べて、2日~3日程度時間が掛かる傾向にあります。

さらに、天候不順によって航送が行えない場合には完成車両を届けることができず、公道を走るために必要な手続きやオプション品の装着が行えず、結果的に販売店への納品が遅くなり納車遅れが発生する可能性があると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3jQ2YnM

また、昨今では世界的に感染症が流行しており、日本でも都市部を中心に感染の拡大が続いています。

もしも、ヤリスクロスを生産する宮城県や岩手県の工場で感染者が発生した場合には、一時的に工場を閉鎖し生産を止めざるをえない状況となり、この場合大幅に納期や納車に遅れ生じると言う状況に直面します。

このほか、自動車に必要な各部品は同一工場で造られる訳ではなく、複数の工場で部位ごとに製造され生産拠点へと出荷されたのち車体に組み込まれるため、どこかの工場で一時的に部品の生産が滞ってしまった場合には必然的に車両の生産効率が低下してしまう事から、今後も現在以上に納期遅れが発生する可能性はあると言う訳です。

この様に、ヤリスクロスは天候不順による航送の遅れや感染症の拡大による生産効率の低下によって今後、納期や納車遅れが発生する可能性がありますが、必ず起こるという訳ではありませんのであくまでも可能性の話として覚えておくと良いでしょう。

【ヤリスクロス】納車待ち情報のまとめ

今回は、トヨタ・ヤリスクロスと納車待ちの情報について解説をしてきましたが、現在ヤリスクロスは販売が開始されて間もない事もあり、ガソリン車の場合で平均3ヶ月半~4ヶ月半程度、ハイブリッド車場合には4ヶ月半~5ヶ月半程度の納車待ちになる事が分かったと思います。

それだけ期待値が高く魅力のある車種だと言う事が分かりますが、一般的な他の車種と比べると納車までの時間は非常に長いと言えますので、購入を検討している場合には注意が必要です。

また、ヤリスクロスの場合には購入する地域によって航送に時間が掛かる点や今後、感染症の状況によっては現在以上に納期や納車遅れが発生してしまう可能性もありますので、覚えておくと良いでしょう。

 

アイキャッチ画像 引用:引用:https://bit.ly/3jQu9yy

タイトルとURLをコピーしました