【タント】ボディカラー人気ランキング

タント

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


【ダイハツ タント】で人気のボディカラーは、どの様な色となるのでしょうか。

タントと言えば、可愛らしいルックスと軽自動車とは思えない室内空間を併せ持つことから幅広い世代に支持を得ている車ですが、購入を行う年齢層の幅が広い点もあり豊富なボディカラーバリエーションが設定される点も魅力となります。

ただ、自動車のボディカラー選びは1度迷ってしまうと決めるまでに時間が掛かってしまうケースも少なくないため、購入や乗り換えを検討している場合には前以てどの様な色が設定されているのか概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、タントに設定されるボディカラーや人気の色、内装部分の特徴の紹介などを中心に、タントとボディカラーなどについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【タント】タントの内装の特徴

引用:https://bit.ly/3kIwik1

タントは2003年11月に初代モデルの販売が開始され、当時としては珍しく背の高い軽ワゴン車と言う新しいジャンルが大きな話題となり、現在のハイト系軽ワゴン車の礎を築いた車種としても有名な車となります。

現在では、その人気の高さを受けホンダからはN-BOX、スズキからはスペーシアなど様々なライバル車種が販売されていますが、この中でもタントは他車種には無い独特な内装の構造となる点が特徴です。

ただし、中には他車と比べどの様な部分に違いがあるのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはタントの内装部分における特徴を説明していきます。

引用:https://bit.ly/3eKXhaV

一般的なN-BOXやスペーシアを含めた多くの自動車は、ボディの強度を保つためにピラーと呼ばれる鉄の柱を設け車体を設計しており、フロントガラス部分の斜めになった柱をAピラー、フロントドアとリヤドアの間にある柱をBピラーなどの名称で呼んでいます。

通常、ピラーは車両が長くなるほど強度が必要となるため数が増えていく傾向にありますが、N-BOXやスペーシアなどの軽ワゴン車の場合は概ね3~4本のピラーとなるのが一般的です。

ところがタントの場合には、フロントドアとリヤドアの間に位置するピラーが助手席側だけ省かれており、両方のドアを開けると大口径の乗降口となり荷物などの出し入れが楽になるなど、利便性が大幅に向上する点が他のライバル車種との大きな違いとなります。

引用:https://bit.ly/3zplgEm

これは、俗にピラーレスドアと呼ばれタントの場合にはミラクルオープンドアという名称が付けられている他、過去にはトヨタから販売されていたアイシスや少々構造は異なりますが、ポルテなどの車種も助手席側のみピラーレス構造が採用されています。

ピラー(鉄の柱)が無いと言う事は、車体の強度が低くなっているのではないかと疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、実際にはドアの内部にピラーとなる柱が組み込まれているため、極端に強度が下がっていると言う事はありません。

そのためントの場合には、室内空間が広い点加え助手席側の乗降が他車よりも行いやすくなっている点が、最大の特徴だと言えるでしょう。

また、2019年にフルモデルチェンジが行われた最新型のタントはセンターコンソールなどのインパネ部分も、先代モデルと比べて大きく変更されている点も内装部分における1つ特徴となります。

引用:https://bit.ly/3iB4hIz

例えば、タントは代々メーター類がダッシュボード中央部に配置されるセンターメーター式のレイアウトを採用しており、新型モデルにも受け継がれていますがメーター自体はアナログ式からデジタル式に変更されるなど、旧型モデルと比べて視認性が向上しています。

加えて、メーカーオプションとなるナビゲーションは軽自動車として最大クラスとなる9インチサイズのディスプレイを選択する事ができ、運転支援システムと組み合わせる事で車両の周囲を室内から確認しやすい環境となっている点も特徴です。

引用:https://bit.ly/3xWMylr

さらに、エアコン操作などのスイッチ類は先代モデルと比べて視界移動が少ない位置に変更され、助手席側のインパネトレイは大型化されるなど、使い勝手という面でも新型モデルは大きく向上していると言えるでしょう。

このようにタントは、助手席側のセンターピラーが無く他の車種と比べて乗降性に優れている点や、先代モデルと比べて新型モデルはメーター類が変更され操作パネルの配置が最適化されるなど、利便性が向上した内装となる点が特徴だと言えますので、購入を検討している場合の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【タント】個性豊かなカラーバリーションをご紹介

引用:https://bit.ly/2UtPLKQ

タントは、助手席側のセンターピラーが無い独特の構造となる事から他のライバル車種と比べ、乗降が行いやすいなどの特徴がある事が分かったと思いますが、タントは使い勝手が良い車と言う事もあり、若い世代からご年配の方まで幅広い世代に人気の高い車種である点も1つの特徴です。

そのため、歴代のモデルではシックな色から可愛らしさが表現されたカラーバリエーションとなる点が特徴として挙げられますが、実際にどの様な色が設定されているのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは新型モデルとなったタントに設定されるボディカラーを色見本で紹介していきます。

タントのカラーバリエーション

現在、タントには通常ボディのモデルとスポーティデザインを採用したカスタムモデル2種類が設定され、共に異なったカラーバリエーションがラインナップされていますが、通常モデルに設定されたボディ色の特徴を挙げていくと

  • アイスグリーン〈G62〉

引用:https://bit.ly/3ynUSKL

特徴:モデルチェンジを機に設定された新色となり、柔らかさを感じさせるパステル系のグリーンカラー

  • マスタードイエローマイカメタリック〈Y15〉

引用:https://bit.ly/3wfbaUB

特徴:ダイハツ・ロッキーなどにも採用され、発色が良いイエロー系カラー

  • ブルーミングピンクメタリック〈R74〉

引用:https://bit.ly/3hC9bEE

特徴:やや色の発色が抑えられ、可愛らしさを表現したパステル系のピンクカラー

  • シャイニングホワイトパール〈W25〉(有料:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3wnoZjU

特徴:光輝材が含まれている為、光の加減で柔らかな輝きを放つホワイト系カラー

  • ホワイト〈W09〉

引用:https://bit.ly/3wl4nss

特徴:光輝材が含まれない事から、純白に近くパール系とは異なる雰囲気のホワイト系カラー

  • ブラックマイカメタリック〈X07〉

引用:https://bit.ly/3yiPWqu

特徴:光輝材の種類が異なる事から、やや光沢感が抑えられたブラック系カラー

  • ブライトシルバーメタリック〈S28〉

引用:https://bit.ly/3wlCYqD

特徴:一般的な銀色よりもやや色味が明るく、ボディデザインの凹凸を楽しむ事ができるシルバー系カラー

  • レーザーブルークリスタルシャイン〈B82〉(有料:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3jIDqfX

特徴:一般的な青よりも、やや緑がかった不思議な雰囲気のブルー系カラー

  • ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉

引用:https://bit.ly/3hfg4g9

特徴:色のトーンが抑えられ、落ち着いた雰囲気のレッド系カラー

全部で9色が設定され、柔らかな雰囲気からシックな色まで選択の幅が広く、年齢層や性別を選ばない点に加え有料となる特別塗装色が少なくなっている点も1つの特徴として挙げられます。

加えて、標準ボディとなるタントの場合は2020年12月に行われた一部改良時からスタンダードモデル以上のXやXターボグレードに限り、ルーフやミラーとボディの色が異なる組み合わせのツートーンも4色設定されていますが、主な特徴としては

  • アイスグリーン×シャイニングホワイトパール【XG9】(有料:+77,000円)

引用:https://bit.ly/3qMFm8u

特徴:ホワイト系のボディに、柔らかさをアクセントカラーとして加えた組み合わせ

  • ホワイト×ブルーミングピンクメタリック【XH0】(有料:+66,000円)

引用:https://bit.ly/3hI0kBz

特徴:可愛らしさの中に、清楚感が加わる色の組み合わせ

  • ホワイト×レーザーブルークリスタルシャイン【XH2】(有料:+77,000円)

引用:https://bit.ly/3jLFPq1

特徴:共にダイハツ車の中でも、人気の高い色同士の組み合わせ

  • ホワイト×ファイアークォーツレッドメタリック【XH1】(有料:+66,000円)

引用:https://bit.ly/3qMDwol

特徴:透明感のあるボディカラーがさらに際立つ色の組み合わせ

となっており、全体としてはルーフ部分に明るい色を採用したカラーバリエーションとなる点が特徴です。

余談となりますがXやXターボグレードは、ツートーンのカラーを選択することによってドアにサイドガーニッシュが装着され、外観の印象が変化する点も特徴の1つだと言えますので覚えておくと良いでしょう。

タントカスタムのカラーバリエーション

タントには、通常のノーマルタイプのボディに加え大口径のフロントグリルや、2段式のヘッドライトを採用したエアロボディタイプとなるタントカスタムも別グレードとして設定が行われていますが、カスタムグレードに設定される色や特徴としては

  • シャイニングホワイトパール〈W25〉(有料:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3AHESVY

特徴:柔らかな印象に加え、高級感も感じられるホワイト系カラー

  • パールブラック〈X15〉(有料:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3Asfbsp

特徴:光輝材が含まれるため、柔らかく輝きラグジュアリー性も高いブラック系カラー

  • ブラックマイカメタリック〈X07〉

引用:https://bit.ly/3yrtN9v

特徴:色全体の光沢感がやや抑えられる事から、力強さを感じさせるブラック系カラー

  • ブライトシルバーメタリック〈S28〉

引用:https://bit.ly/2V2C1X6

特徴:色自体の透過度が高いため、ブラックなどの装飾品と相性が良いシルバー系カラー

  • プラムブラウンクリスタルマイカ〈R59〉(有料:+27,500円)

引用:https://bit.ly/2UoVMYO

特徴:派手さは無いが、地味という訳では無く落ち着いた雰囲気のブラウン系カラー

  • マスタードイエローマイカメタリック〈Y15〉

引用:https://bit.ly/3Ax0OD2

特徴:発色が良く、独特の存在感を持つイエロー系カラー

  •  レーザーブルークリスタルシャイン〈B82〉(有料:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3dOMnk5

特徴:光の当たり具合によって、様々な見え方となる点が特徴のブルー系カラー

  • ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉

引用:https://bit.ly/2Txi9eA

特徴:落ち着いた雰囲気に加え、透明感が特徴となるレッド系カラー

と合計で8色が設定されており、カスタムグレードの場合にはアイスグリーンやブルーミングピンクと言ったパステル系の色が非採用となり、加えてホワイト系は1色となるものの2種類のブラック系カラーが設定されている点が大きな特徴です。

また、タントカスタムの場合は標準ボディのタントとは異なり、エントリーグレードを含む全てのグレードでツートーンのボディカラーを選択することが可能となりますが、主な特徴を挙げていくと

  • ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール【XH3】(有料:+66,000円~)

引用:https://bit.ly/3wim0t5

特徴:定番となる色同士で、お互いが邪魔をしないバランスのとれた組み合わせ

  • ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン【XG3】(有料:+66,000円~)

引用:https://bit.ly/3hCtCl1

特徴:ルーフやミラー部にアクセントカラーが加わる事で、重厚感が増す色の組み合わせ

  • ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック【X96】(有料:+55,000円~)

引用:https://bit.ly/3dOeJL7

特徴:ブラックのアクセントが加わる事で、よりボディ色が引き立つ色の組み合わせ

となり、通常ボディのタントはルーフ部が明るい色を採用しているのに対し、タントカスタムの場合はブラック系のカラーで統一され、ボディカラーがより際立つ配色となっている点が特徴となります。

このようにタントとタントカスタムでは、基本的に共通したボディカラーが設定されていますが一部の色やツートーンカラーに関しては設定色が異なる特徴がありますので、購入を検討している場合などの参考にすると良いでしょう。

では、紹介してきた中でもこの両モデルではどの様な色が人気となるのでしょうか。

次からの項目では、両モデルで人気のボディカラーをランキング形式で紹介して行きます。

スポンサードリンク

【タント】ボディカラー人気ランキング

引用:https://bit.ly/3ivmtDo

前述してきた通りタントには通常モデルの場合で13種、カスタムモデルでは11種のボディカラーが設定されておりそれぞれに専用となるボディカラーが設定されている事が分かったと思います。

ただ、バリエーションが豊富なだけにどの色を選んだら良いのか分からない、またはどの様な色が人気なのか知りたいと言う方も多いと思いますので、まずは通常モデルの人気カラーをランキング形式で紹介していきます。

  • 第1位:シャイニングホワイトパール(オプション色:+27,500円)

引用:https://bit.ly/2UlUBcu

通常モデルのタントで人気のボディカラー第1位は『シャイニングホワイトパール』となりました。

シャイニングホワイトパールは、通常の白に光輝材が含まれる事から柔らかな輝きを放つ点が1つの特徴ですが、人気となった理由を見ていくと

  • 優美さが感じられる色味だったから
  • 優しく柔らかな風合いだったため
  • ファミリーカーなので強い色は避けたかった

などの意見が多く、ボディデザインにマッチした優しい風合いや優美さなどの清楚感を感じるなどの理由が最も多く、ファミリーカーとして柔らかなイメージとなる点も人気が高くなっている1つの理由になっています。

また、中には前車が黒だったと言う意見もあり売却時の査定を考え白と黒を交互にして乗り換えていると言うユーザーも多く、将来的な買い換えを視野に入れた色選びを行う方からの人気も高くなっている様です。

  • 第2位:ブラックマイカメタリック

引用:https://bit.ly/2UlUBcu

タントで人気のボディカラー第2位は『ブラックマイカメタリック』となりました。

こちらのブラック系カラーは、パールでは無くマイカ(雲母)が光輝材として使用されているため、キラキラとした光沢感がやや抑えられシックな印象となる点が特徴ですが、実際に選んだユーザーの意見としては

  • 優しい印象の外観デザインなので、黒系で力強さを出したかった
  • メッキパーツなどが少ないため、ボディ全体の統一感から選んだ
  • 他のカラーも魅力的だが、退色などを考えると最終的には黒に落ち着いた

などとなっており、力強さやボディデザインとの統一感から選択したと言う声が多く、主に男性ユーザーからの人気が高くなっている点が特徴です。

また、長期的に乗る方の中には退色が目立たない点などに加え、無料の標準色に設定されている点も人気の高さに繋がっているようです。

  • 第3位:ファイアークォーツレッドメタリック

引用:https://bit.ly/3jIogY1

第3位となったタントで人気のボディカラーは『ファイアークォーツレッドメタリック』がランクインとなりました。

こちらのカラーは、一般的な赤系よりも色のトーンがやや抑えられた落ち着きある雰囲気となり、ダイハツではトールやムーヴなど様々な車種で採用されている点が特徴ですが、人気となった理由を見てみると

  • 派手さが抑えられ上品な印象だったため
  • 大人っぽい色味が気に入った
  • 賑やかすぎないので年齢層を選ばない雰囲気だったから

と言う意見が多く、一般的な赤系よりも色のトーンが抑えられ大人っぽい色味である点や上品な色合いとなる点が高評価となっています。

また、ステル系カラーは悪くないけれども可愛すぎて乗るのを躊躇ってしまうがこの色であればと言った意見も多く、主に女性を中心として人気が高くなっている点も1つの特徴だと言えるでしょう。

  • 第4位:レーザーブルークリスタルシャイン(オプション色:+27,500円)

引用:https://bit.ly/2VbGA1v

第4位のタントで人気のボディカラーは『レーザーブルークリスタルシャイン』となりました。

レーザーブルークリスタルシャインは、同じくダイハツから販売されているロッキーやウェイクなどにも採用される色となり、光の加減で様々な色味に変化する点が特徴となりますが、タントで人気となった理由を見てみると

  • 紺でもなく純粋な青でもなく、不思議な風合いが気に入った
  • 派手さは無いが、地味と言う訳では無いバランスが良かった
  • 奥深い色合いに魅力を感じたから

などがあり、赤系と同様に派手さが抑えられている点や光の当たり具合によって風合いが変わり、不思議で魅力的な色だったから選んだと言う意見が多く見られています。

また、通常モデルのタントは定番となるカラーに加えパステル系の独自色も多く設定されている事から、これらを避けたユーザーからの人気が高くなっている点も1つの特徴として挙げられます。

  • 第5位:ブライトシルバーメタリック

引用:https://bit.ly/3wjF2ze

通常モデルのタントで人気のボディカラー第5位は『ブライトシルバーメタリック』がランクインとなりました。

こちらのシルバー系カラーは、色の透過度が高く白に近い色味となり同じくダイハツから販売されるコペンなど様々な車種で採用される点も1つの特徴ですが、人気となった理由を見ていくと

  • 洗車が苦手なので、なるべく汚れが目立たない色が良かったから
  • 年齢層を選ばないと言われる色だから
  • 派手さが無くインパクトに欠けるが、逆に飽きが来ない印象だったから

などの声があり、汚れが目立たないことからメンテナンスの行いやすさや、年齢層を選ぶ事の無い色合い等の理由から選ぶ方が多くなっています。

また、ボディカラー選びで迷ってしまった結果、消去法で選んだと言う方がいらっしゃる一方で、飽きの来ない色だから選んだと言う意見も多数挙がっており、メンテナンス性や年齢層を選ばないなどに加え万能な風合いである点も人気に繋がっているようです。

このようにタントでは、定番となる白や黒系のカラーに加え赤や青系などの色が人気のボディカラーとなっていますので、色選びで迷ってしまった場合の参考にしてみて下さい。

【タント カスタム】ボディカラー人気ランキング

引用:https://bit.ly/3xWSVVD

タントには標準ボディとなるモデルに加え、スポーティデザインとなるタントカスタムも別グレードとしてされていますが、前述の通りこの両モデルは設定されるカラーバリエーションが一部異なる点が特徴です。

では、カスタムモデルではどの様な色が人気となるのでしょうか。

こちらも標準モデルと同じくランキング形式で人気カラーを紹介していきます。

  • 第1位:シャイニングホワイトパール(オプション色:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3jIpRwZ

スポーティデザインとなるタントカスタムで人気のボディカラー第1位は標準モデルと同じく『シャイニングホワイトパール』となりました。

シャイニングホワイトパールは、優美さや柔らかな風合いから通常モデルではトップの人気となっていましたが、カスタムモデルで高い人気となった理由を見ていくと

  • 大きめのグリル部が黒なので、白と黒のコントラストが良かったため
  • 精悍なデザインにマッチした感じだったから
  • スタイリッシュさに磨きが掛かる色合いだったから

等の意見が多く、デザインや外装パーツとのバランスから選んだと言う声が聞かれ、全体の実に約3割のユーザーがこちらの色を選択しています。

また、カスタムモデルにホワイトパールとブラックを組み合わせたツートーンカラーも設定されており最大77,000円のオプションとなりますが、コントラストのバランスが良いことから店舗によってもバラツキはありますが人気は上々の様です。

  • 第2位:ブラックマイカメタリック

引用:https://bit.ly/3dPpYmu

タントカスタムで人気のボディカラー第2位は、こちらも標準モデルと同じく『ブラックマイカメタリック』となっています。

ブラック系のボディカラーは、タントのようなスポーティーモデルを設定する車種ではホワイト系を凌ぐ人気となるケースも少なくありませんが、人気の理由を見てみると

  • フロントに加えリヤ部分のメッキパーツが映える感じだったから
  • クールな外観にデザインに一番合うと感じたから
  • もう一つの黒系と迷ったが、最終的には標準色のこちらを選んだ

などの声が聞かれ、スポーティーでメッキパーツを組み合わせたクールなデザインに合うと言う意見が多くなっています。

また、カスタムモデルにはもう一種類オプションカラーとなるパールブラックも設定されていますが、ブラックマイカの場合はパール系と人気を分けた点も人気2位となった1つの要因となっている様です。

  • 第3位:レーザーブルークリスタルシャイン(オプション色:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3whjbbH

第3位となったタントカスタムで人気のボディカラーは、『レーザーブルークリスタルシャイン』がランクインとなりました。

レーザーブルークリスタルシャインは、不思議な風合いである点や奥深さのある色味から標準モデルでも人気が高くなっていましたが、カスタムモデルで人気となった理由を挙げていくと

  • 黒系と迷ったが、内装のアクセントパーツの色に合わせる形でこちらを選んだ
  • 独特の風合いとスポーティーなデザインから最もしっくり来ると感じたから
  • 思いのほかボディの凹凸ラインがハッキリ見えるので、飽きが来ないと感じたから

などの意見が多く、外装だけではなく内装に使われる装飾品との色を合わせる事から選んだと言う声も多く聞かれています。

また、標準モデルと同じく実際に魅力を感じた方が多い事に加え定番カラーを避けた方から支持が多くなっている点も、人気が高くなった1つの要因だと言えるでしょう。

  • 第4位:ファイアークォーツレッドメタリック

引用:https://bit.ly/36gla5K

タントカスタムで人気のボディカラー第4位は、『ファイアークォーツレッドメタリック』がとなりました。

ファイアークォーツレッドメタリックは、派手さを抑えた上品さや年齢層を選ばないと言った落ち着きから女性ユーザーを中心に標準モデルでは人気が高くなっていましたが、カスタムモデルでの理由を見ていくと

  • イメージカラーと言うこともあり、展示車を見ることができたから
  • 煌びやかでは無いが、その分落ち着きがあって好印象だったから
  • 同じダイハツ車のムーヴで見た色が格好良く感じたため

などとなっており、カスタムモデルのイメージカラーに設定されている事から雑誌や展示車両などで目にする機会が多く、落ち着きのある雰囲気が高評価となっています。

また、カスタムモデルは男性の購入者が多い傾向にあり赤系を選ぶユーザー自体が少なくなっている点も、標準モデルと比べやや人気が低くなっている1つの要因となっている様です。

  • 第5位:パールブラック(オプション色:+27,500円)

引用:https://bit.ly/3wUTGxm

タントカスタムで人気の高いボディカラー第5位は、専用色となる『パールブラック』がランクインとなりました。

パールブラックは、人気上位となったブラックマイカよりも柔らかい輝きを放ち、ボディ全体に高級感をプラスする風合いを持つ点が特徴となりますが、人気となった理由を見てみると

  • ブラックマイカとは違った雰囲気で、高級感のある色味だったから
  • オプションなので迷ったが、通常色よりも光沢感があってきれいに見えたから
  • 柔らかく光が反射するので、メッキパーツとの相性も良かったため

などの理由が多くなっており、通常色の黒よりも高級感があり柔らかな輝きを放つ点がユーザーから高評価を得ています。

また、カスタムモデルは先述した通り比較的に若い世代の男性から好まれる傾向にあるため、シルバー系やブラウン系の人気がやや伸び悩んだ点も、パール系ブラックカラーの人気に繋がった1つの要因であると言えるでしょう。

このように、スポーティーモデルとなるタントカスタムでは、標準モデルと同じく定番カラーの人気が高くなっている点は共通するものの、中盤以降のランキングとしては両モデルで少々異なった色が人気となっている傾向にありますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

【タント】人気ボディカラーなどのまとめ

今回は、タントとボディカラーなどについて解説をしてきましたが、タントは他のライバル車種と比べ助手席側のセンターピラーと呼ばれる柱が構造上省かれており、ドアを開けた際は大口径の乗降口となる点が最大の特徴である事が分かったと思います。

これに加え、タントは歴代モデルからダッシュボード部の中央にメーター類がレイアウトされるセンターメーター式が採用され、新型モデルではデジタルメーターとなる点やインパネトレイが大型化されるなど内装の使い勝手が大きく向上している点も1つの特徴です。

また、設定されるボディカラーのバリエーションは、標準モデルがパステル系とツートーンカラーを含む13種、カスタムモデルは専用色やツートーンを含み11種となり、幅広い年齢のユーザーに合わせたラインナップとなっている点も大きな特徴だと言えるでしょう。

気になる人気のボディカラーとしては、標準モデルとカスタムモデルで共に定番となる白や黒に加え、赤系や青系など独特な風合いの色が人気となっていますので、購入を検討している場合や色選びで迷ってしまった場合等の参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2UtPLKQ

【N-BOX】VS【スペーシア】VS【タント】の比較。軽ハイトワゴンNO.1はどれだ!?

【スペーシア】VS【タント】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

ダイハツ、スズキ、ホンダのおすすめ軽自動車を比較!人気車種を紹介!

 

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました