【ソリオ】車中泊はしやすいのか?おすすめキャンプ仕様

ソリオ

【スズキ ソリオ】は車中泊やキャンプがし易い車なのでしょうか。

ソリオは先代モデルの好評を受け、2020年12月に待望のフルモデルチェンジが行われボディサイズや室内空間が大きくなった事でも話題となりました。

室内空間が広くなったと聞くと、昨今では車の中で寝泊まりを行いキャンプなどのアウトドアを楽しむ車中泊が1つ流行となっている事から、ソリオで車中泊を快適に行うことができるのか興味を持っている方は多いと思います。

そこで今回は、新型モデルとなったソリオの内外寸のサイズや車中泊のし易さ、キャンプなどで役立つアクセサリーや内装の紹介などを中心に、ソリオと車中泊などについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ソリオ】車中泊はしやすいのか?ライバル車との外寸・内寸を比較

引用:https://bit.ly/3flCYSd

ソリオは、同じくスズキから販売が行われているクロスビーのようなコンパクト車でありながらも、ミニバン車と同等の室内サイズを誇るコンパクトワゴン車として幅広い年齢層から人気の車種となります。

また、日本の道路事情に最適なボディサイズである点やシートアレンジが豊富なことによって、日常利用からキャンプやレジャーと言ったアウトドアなど多用途で使用できる点も1つの魅力だと言えますが、2020年12月行われたフルモデルチェンジでは、ボディサイズが拡大された事も大きな話題となりました。

これによって、室内空間も先代モデルとなる3代目ソリオより広くなった事から、中には昨今流行となっている車中泊に挑戦してみようと考えている方も多いと思います。

ただ、ソリオは新型モデルとなりボディサイズが拡張されたとは言え、コンパクトサイズのワゴン車である事に変わりはありませんので、本当に車中泊を行うことができるのか疑問に思っている方も少なく無いはずです。

では、新型モデルとなりボディサイズが拡張されたソリオの外寸や内寸はどれくらいに設計されているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3bTT97a

新型ソリオの、具体的なボディの外寸サイズを見ていくと

車名 全長 全幅 全高
新型ソリオ 3,790mm 1,645mm 1,745mm

と言う大きさに設計されています。

これを、先代モデルとなる3代目ソリオや冒頭でも説明したクロスビーなどのスズキコンパクトサイズ車と比較してみると

車名 全長 全幅 全高
3代目ソリオ 3,710mm 1,625mm 1,745mm
クロスビー 3,760mm 1,670mm 1,705mm
スイフト 3,845~3,845mm 1,695mm 1,520~1,525mm

となっており、新型モデルは3代目ソリオと比較して車両の全高こそ同じですが全長部分は80mm(8cm)、全幅部分は20mm(2cm)大きくなった事が分かります。

引用:https://bit.ly/3vnmOgD

また、車中泊を行う上で重要となる室内の広さを表す内寸サイズの詳細を見てみると

車名 室内長 室内幅 室内高
新型ソリオ 2,500mm 1,420mm 1,365mm
3代目ソリオ 2,515mm 1,420mm 1,360mm
クロスビー 2,175mm 1,355mm 1,255mm
スイフト 1,910mm 1,425mm 1,225mm

にそれぞれ設計されており、ソリオはスズキのコンパクト車シリーズとしては最も広い部類の室内空間となっている点が特徴です。

ただ、この詳細な内寸サイズを見てみるとソリオの場合には、先代モデルの方がやや広く設計されていると気づいた方も多いと思いますが、実際には少々状況が異なります。

実は、先代モデルのソリオと新型モデルでは、実際に室内長こそ先代モデルの方がやや長く設計されているものの、詳細な内寸サイズには記載されない荷室長に関しては100mm(10cm)新型モデルの方が長く設計されています。

元々、自動車の室内寸法は計測を行う自動車メーカーによって若干の誤差が生じますが、基本的に室内長の場合にはダッシュボード部から最後部座席の背面部までの距離を計測した数値であるため、荷室部分の長さは室内寸法に含まれません

引用:https://bit.ly/34bd8tM

つまり、室内長に関してはやや3代目モデルの方が長くなっているものの、荷室部分までを含めた室内空間は、荷室長が100mm長く設計された新型ソリオの方が、総合的には広くなっていると言う訳です。

ちなみに、ライバル車種の筆頭に挙げられるトヨタ・ルーミーの室内寸法は

  • 室内長:2,180mm
  • 室内幅:1,480mm
  • 室内高:1,355mm

となっており、室内幅こそルーミーの方が広くなりますが車中泊で必要となるベッドスペースを確保するための室内長は、320mm(32cm)ソリオの方が長く設計されていますので、覚えておくと良いでしょう。

車中泊はしやすいの?

引用:https://bit.ly/3hQ1DA1

モデルチェンジが行われたソリオは、ボディサイズが大きくなった事で総合的な室内空間も広くなった事が分かりましたが、車中泊は室内サイズが広いからと言って必ずしも行いやすいとは限りません

確かに広い室内空間は、車中泊を快適に行う上で非常に大切ではありますがシートの形状やシートアレンジの種類によっては、社外品の車中泊キットなどを導入しなければならないケースもあり、車中泊を行うこと自体は可能であるものの手間が掛かる車種も存在するからです。

では、実際にソリオの場合には車中泊がしやすい車種なのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3hSAIU4

結論から先に言ってしまうと、ソリオの場合は車中泊が行いやすい車種であると言えます。

先述の通りソリオの場合には、室内長が2,000mm(2m)を超えるサイズとなるため、車中泊を行う際に必要なベッドスペース自体は確保されています。

ただし通常、SUVなどのボディサイズが大きい車種の場合には後部座席を格納し荷室の拡張を行うことでベッドスペースを確保しますが、ソリオの場合にはシートアレンジによって後部座席を格納した場合でも、荷室長は約1,400mm程度となる為このままでは車中泊を行うことができません。

別のシートアレンジとして、前部と後部の座席を後方へリクライニングさせる事で2,000mm以上のベッドスペースを確保する事ができますが、この方法では後部座席のリクライニングが最大で60°程度までしか倒す事ができないため、就寝姿勢はやや窮屈となってしまう点が難点です。

では、どうしたら良いのかと悩んでしまうところではありますが、ソリオの場合にはもっと手軽にベッドスペースを作り出す方法が存在します。

引用:https://bit.ly/2QQ8OwO

これは、カタログにも記載がないため中々思いつきにくい方法ではありますが、ソリオの場合には前部座席を後方へリクライニングし、後部座席を前方に倒して荷室とシート背面を結合させるシートアレンジを行えば、簡単に水平なベッドスペースを作り出す事が可能です。

また、ソリオの助手席はシートの背面部分を90°前方に倒すことができる為、後席の片側を格納し長尺物を積載するシートアレンジを行えば、1人分のベッドスペースを簡単に作り出す事が可能となります。

引用:https://bit.ly/3vnhJVE

もちろん、上記のシートアレンジでもシート背面部の凹凸や段差、シート間で発生する隙間の問題を対処しなければ快適に車中泊を行うことができない点は事実ですが、ベッドキットの導入など費用や大きな手間が掛からないことを考慮すると、ソリオは車中泊がしやすい車種だと言えるのです。

このように、モデルチェンジを行ったソリオは室内空間が広くなった点に加え、シートアレンジを行うことで快適に過ごす事のできるベッドスペースを手間なく作り出す事ができるため、車中泊はしやすい車種と言えますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

【ソリオ】キャンプにおすすめ!お役立ちアクセサリー

引用:https://bit.ly/2SpfBOu

ソリオは、フルモデルチェンジが行われた事によりボディサイズが拡張され室内空間が広くなった点や、シートアレンジにより簡単にベッドスペースを作れる点などから車中泊が行いやすい車種である事が分かりました。

しかし、車中泊を行う場合には基本となるベッドスペースの確保以外にも、防犯面の徹底や電源の確保など様々なアイテムも必要となりますので、ここではキャンプや車中泊などで便利なお役立ちアクセサリーを何点か紹介していきます。

  • フロント/リヤプライベートシェード(価格:フロント24,200円/リヤ28,930円)

引用:https://bit.ly/3bQQlaD

ソリオに設定されるキャンプなどで役立つアクセサリー1点目は『フロント/リヤプライベートシェード』です。

車中泊を行う際は、体をしっかりと休ませることのできるベッドスペースを確保する事が基本ですが、同時に部からの視線を遮断しストレスが掛かりにくい室内空間を作ることも重要となります。

またキャンプなどで車中泊を行う際は、外から車内の様子を確認できない状態にする事によって盗難などの被害を防止する事ができ、着替えなどで周囲の視線を気にする必要もなくなることから、防犯と言う観点からもプライベートシェードは役立つアクセサリーだと言えるでしょう。

加えてこちらのプライベートシェードは、夏場や冬場の室温調整にも役立つアクセサリーの1つとなりますので、キャンプや車中泊を行う際はぜひ選択しておきたいアイテムです。

  • リラックスクッション(価格:25,850円)

引用:https://bit.ly/3fi2HuF

2点目のソリオに設定されるキャンプなどで役立つおすすめのアクセサリーは『リラックスクッション』です。

ソリオの場合、前述した通りシートアレンジを行うことで簡単に手間なくベッドスペースを作る事が可能なため車中泊は行いやすい車種ではありますが、他の車種と同様にシート形状による凹凸などを解決しなければ快適に車中泊を行う事はできません。

特にソリオの場合には、前部座席と拡張した荷室を組み合わせてベッドスペースを作る事が基本なるため、そのままでは固い床面で就寝をしなければならないことから、ゆっくりと体を休ませることができない問題も抱えています。

そんな場合に役立つのがこちらのリラックスクッションとなり、シート面の凹凸を解消する事に加え敷き布団やエアマットの役割も兼ねていることから、ソリオで快適に車中泊を行いたい場合には必須となるお役立ちアクセサリーです。

  • ACパワープラグ(価格:フロント29,920円/リヤ29,205円)

引用:https://bit.ly/3fm0i1Y

3点目のキャンプなどで役立つおすすめのアクセサリーは『ACパワープラグ』です。

キャンプや車中泊と言ったアウトドアでは、普段自宅で過ごすのとは大きく勝手が異なりますが最も大変なのは、電気が自由に使用できないと言う点になります。

昨今では、スマートフォンなどの機器を充電するためのUSBソケットが標準装備されている車種も増えては来たものの、USBソケットでは家電製品を使用することができないため電源の確保は大きな課題の1つです。

ただし、ソリオの場合には家電製品で使用されるコンセントジャックに対応したACパワープラグが純正アクセサリーとして設定されていますので、こちらを選択する事で電源確保の心配をする必要がなくなる点は、キャンプや車中泊において非常に大きなポイントだと言えます。

また、こちらのACパワープラグはフロント部分だけではなくリヤ部分にも増設が可能となりますので、前後の両方で装着を行うと車中泊を行う際の利便性が大きく向上すると言えるでしょう。

このほかでは、ベッドスペースの一部となる荷室の汚れを防ぐ為のラゲッジマットや、ヤリゲートの開閉に合わせて点灯するバックドアルームランプなども、キャンプや車中泊では役立つアクセサリーだと言えますので、用途に応じて選択していく事をおすすめします。

スポンサードリンク

【ソリオ】使い心地は?ソリオの内装をご紹介

引用:https://bit.ly/3hRkURq

スズキ・ソリオには、キャンプや車中泊で防犯面を強化するためのアクセサリーや快適度に加えて、利便性を向上させるお役立ちアクセサリーが複数設定されていることが分かりましたが、ソリオはコンパクトワゴン車として内装の使い勝手も評価が高い車となります。

では、ソリオの内装に関する実際の使い心地自体はどの様になっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3yCzX7F

昨今のコンパクト車と言うと、室内の居住性を優先する車種も多く収納スペースが少ないと言ったケースもありますが、ソリオの場合にはデッドスペースを有効利用した収納箇所も多く

  • フロントオーバーヘッドコンソール
  • インパネアッパーボックス
  • 運転席アンダートレー
  • インパネアンダーボックス
  • 運転席シートサイドポケット
  • 助手席シートアンダーボックス
  • グローブボックス

など、全部で10箇所以上の収納スペースが確保されており、ライバルとなる車種と比べても収納箇所は多めに完備されています。

引用:https://bit.ly/2QUAJv

機能面では、グレードによって後部ドアにロールサンシェードが完備されている事から直射日光を防ぐ事もでき、この手のジャンルの車種では珍しく後部席にもアクセサリーソケットが完備される為、接続する機器における配線の長さを気にする必要がない点も特徴です。

左右前部座席のシートバック面には、格納式のテーブルが備え付けられていますので食事の際に物を置く場所を探す必要無く、キャンプや車中泊でも別途でテーブルを用意する必要はありません。

リヤシート部分は、最大で165mm前後にスライドさせる事ができ、積載する荷物の量や大きさによって荷室の大きさを変えられる点に加え、シートのスライドやリクライニングは荷室からでも行う事ができるため、後部座席の使い勝手も全体的には良いと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3fJOo0Y

また、コンパクトワゴン車としての使い勝手を左右するシートアレンジに関しては

  • 3名乗車+大きな荷物を積載するモード
  • 後席を格納しラゲッジルームを大きく広げる荷室拡張モード
  • 助手席と片側の後部座席を前方に倒す、長尺物積載モード
  • 前部座席と後部座席を後方へリクライニングする、フルフラットモード

の4種に加え、車中泊を行う際のベッドスペースを作る事ができる車中泊モードなどを行うことができるため、シートアレンジに関しても種類は豊富となり内装の使い勝手は良いと言えます。

引用:https://bit.ly/3fkxGXc

ただし、ソリオは内装の使い勝手という面では優秀だと言える一方で、乗車定員が5人にも関わらず後部座席のヘッドレストは左右2つのみとなるなど、快適性や安全面では他の車種にやや劣ると言った部分もありますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ソリオ】車中泊などのまとめ

今回は、ソリオと車中泊やなどについて解説をしてきましたが、ソリオはフルモデルチェンジが行われた事でボディサイズが先代モデルよりも大きくなり、これに伴って室内空間も広く設計されている事が分かったと思います。

肝心となる車中泊のしやすさに関しては、他車種と比べてベッドスペースを作るために必要なシートアレンジが簡単である点や、ベッドキットの導入が必要無いなど手間や費用の観点からソリオは車中泊がしやすい車種だと言えるでしょう。

またソリオは、キャンプなどでの使用を想定した車種である事から、車中泊を行う場合に役立つアクセサリーが豊富に設定されており、収納スペースやシートアレンジの種類が多い点から総合的な内装の使い勝手は良いと言えますので、車中泊を行う場合などの参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3hQ1DA1

【ソリオ】納期・中古車価格・値引きはどんな感じ?

【ルーミー】VS【ソリオ】比べてみた。両車の魅力を徹底解剖!

【ソリオ】人気ボディカラーランキング

【ジャスティ】VS【デリカD2】の比較。どっちがいいの?維持費、燃費、乗り心地など

【タンク】VS【デリカD:2】の比較。どっちがいいの?維持費、燃費、乗り心地など

【コラム】新型コンパクトカー人気ランキング(アクア・ノート・フィット・ルーミーなど)

 

タイトルとURLをコピーしました