【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

スペーシア

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

売れ筋の軽自動車スズキ スペーシア】とレトロでキュートなデザインが人気の【ダイハツ ムーヴキャンパス

両側スライドドアを備えて使い勝手の良い軽トールワゴンである両車。

【スペーシア】【ムーヴキャンパス】の維持費・燃費・乗り心地を比較していきます。

スポンサードリンク

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】維持費の違い

 

まずはスペーシアムーヴキャンパス維持費を比較していきます。

維持費は主に、車検費用(整備点検費用・税金)燃料代となってきます。

車検費用のうち車両状態や整備点検業者によって異なる整備点検費用を省いた法定費用のうち自賠責保険料(25ヶ月)は25,070円と両車に違いはありません

 

次に税金

新車購入後に必要となってくるのが軽自動車税自動車重量税となります。

 

スペーシア(NA・2WD)・ムーヴキャンパス(2WD)2019年3月購入の場合


引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

スペーシアエコカー減税・グリーン税制(NAのみ)対象となりますので減税されます。

エンジン・グレードによって減税率が異なりますがスペーシアNAの場合、軽自動車税25%減税(登録翌年度)、重量税75%減税となります。

このため、3年目までの重量税と2年目の自動車税が減額され、4年目以降の重量税2,500円/年となります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/index.htm

ムーヴキャンパスエコカー減税・グリーン税制対象となりますので減税されます。

軽自動車税25%減税(登録翌年度)、重量税75%減税となります。

このため、3年目までの重量税と2年目の自動車税が減額され、4年目以降の重量税2,500円/年となります。

 

スペーシア(NAグレード)ムーヴキャンパス共に減税率は同じで税金も差はありません。

スペーシアカスタム・スペーシアギアのターボエンジングレードでは重量税25%減税・グリーン税制が対象外となるため自動車税の減税はありませんので初年度・2年目の自動車税差額分13,500円3年目までの重量税差額分1,800円が発生します。

 

次に、燃料代

1万km走行する場合を例に比較してみます。

カタログ燃費を元に、2018年2月末現在のレギュラーガソリン店頭現金小売調査価格144円/Lでの計算をしてみます。

スペーシアHYBRID G 2WD車の30.0km/Lという燃費を除くと似通ったカタログ燃費であり、燃料代に大きな差はありません。

スペーシアに用意されているターボモデルは少し燃費が悪くなりますが大きな差にはなっていません。

 

同じNAエンジンで比較する分には【スペーシア】【ムーヴキャンパス】の燃料代を含めた維持費に大差はありません

スポンサードリンク

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】燃費はどのくらい?

 

次に【スペーシア】と【ムーヴキャンパス】燃費を比較していきます。

同じNAエンジンモデルで比較すると、カタログ燃費(JC08モード)では同等の値となっています。

ムーヴキャンパスWLTCモードでの計測値がカタログ表記されており、JC08モードよりも実燃費に近い値となっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

ほぼ同じ装備のグレードにおける車重スペーシア 870kgムーヴキャンパス 920kg50kgの差があることとマイルドハイブリッドを搭載する事もあり、スペーシアの方が実燃費では優位になっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

マイルドハイブリッドを備えるスペーシアはアイドリングストップからの再始動時モーターのみでの発進が出来る事やモーターのみでのクリープ走行が出来るなど、街乗りや渋滞時には実燃費の差が出てくるようです。

 

ムーヴキャンパスの場合、アイドリングストップ時からブレーキを軽く離しただけでエンジンが再始動した際にキュルキュル音と共にエンジン再始動の振動が発生してしまいます。

スペーシアはモーターのみでの発進が可能でエンジン再始動の音・振動が抑えられます。

渋滞時など頻繁に停止・発進を繰り返す場合にはこのエンジン再始動時の音・振動が不快極まりないものとなってしまいアイドリングストップをオフにしてしまう場合が多くなって結果的にエンジンを回したままでガソリンを消費する事になり燃費がさらに悪化してしまいます。

このため渋滞時には実燃費の差が更に広がると思われます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

スペーシアのマイルドハイブリッドパワー・持続時間共に効果の少ない簡易的なシステムですがその分軽量コンパクトであり軽自動車には丁度良いシステムとなっています。

簡易ながらもエンジン始動時加減速時など効果的な装備となっています。

スポンサードリンク

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】乗り心地はどっちがいい?

両車共に車高の高いハイトワゴンとなり重心がどうしても高くなってしまうために揺れを抑える足回りセッティングとなっており硬めの傾向ではありますが、両車を比較するとスペーシアが硬めムーヴキャンパスは若干柔らかめのセッティングとなっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

スペーシア軽量高剛性の新型シャシー走行安定性を重視したセッティングにより市街地走行では少し硬めな乗り心地となっています。

その分、揺れの少ない安定した走りとなっており、高速走行では安定感のある運転が出来るため、同乗者にも不快感を与えない乗り心地となっています。

街乗りメインで時々高速道路を利用、という使い方をするオールマイティな足回りセッティングであると言えます。

ただし、スペーシアは軽量ボディである分、静粛性に関わる吸音材などの使用量が少なめのようで静粛性は一歩劣るようです。

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/index.htm

ムーヴキャンパスは2014年発売の【ムーヴ】をベースにしたモデルとなり軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用した事もあり高い操縦安定性と静粛性を誇り若い女性をメインターゲットとした車だけに扱いやすい操舵性となっています。

しかし乗り心地はソフトながらも荒れた路面では振動を上手く収め切れていないゴツゴツとした振動が伝わってくる、など評価は厳しめです。

後席に座るとさらに振動が伝わりやすい、と後席に子供など同乗者を乗せる機会の多い方から不満の声も聞こえてきます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/09_special_01.htm

厚めのシートの仕上がりは評価が高いだけにもう少しマイルドな足回りだと更によかったのに、と残念に思っている方が多いようです。

市街地メインのエンジンメインターゲットに合わせた街乗りメインのセッティングにしているはずですが、上手く振動を制御仕切れていないようで熟成不足な感じが否めません。

長く愛着の持てるクルマを」と謳っているクルマだけに、今後の改善に期待をしたいです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/09_special_01.htm

また、スペーシアより50kg重い車重にはパワーアシストの無い38kW[52PS]NAエンジンは明らかにパワー不足です。

広々とした後席シートは人を乗せて買い物に、という使い方にも向いていそうですが、いざ4人フル乗車すると一挙にパワー不足となり、静粛性の高い室内に高回転のエンジン音が響き渡り同乗者に不快感を与える事になります。

マイルドハイブリッドによる発進・加速時のパワーアシストがあるスペーシアと比べると発進・加速時の走りは重くなり近所の買い物など短距離ならさほど問題にはならないでしょうが長距離移動高速道路での移動には向きません

ムーヴキャンパスマイルドハイブリッド、もしくはムーヴカスタム等に搭載されているターボエンジンの搭載ムーヴキャンパス発売当初から熱望されていますが発売開始から2年が経過しても追加設定される様子はありません。

かつての【フォルクスワーゲン・タイプ2】を思わせるレトロなデザインは女性のみならずレトロカー好きの男性にも人気があり、「ターボモデルが設定されていれば購入したのに」と残念に思っている方が多いモデルです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm

女性でもアクティブに使いたいという方も居られますしパワーの劣るNAエンジンのみ、というのは同じダイハツの【ミラ トコット】にも言える事ですが、「女性向け」という固定概念に拘りすぎているのでは? と疑問に感じます。

ダイハツには今後のマイナーチェンジでは足回りの改良と共にターボエンジンマイルドハイブリッドの採用をしてもらいたいものです。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/

【スペーシア】VS【タント】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【スペーシア】VS【デイズルークス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【ウェイク】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【N-BOX】VS【スペーシア】VS【タント】の比較。軽ハイトワゴンNO.1はどれだ!?

【ムーヴキャンバス】中古車を購入する際の失敗のない見極め方

 

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました