【スバル XV】キャンプがしたい!おすすめ装備は?

XV

【スバル XV】でキャンプや車中泊を行う場合、どの様な装備がおすすめなのでしょうか。

昨今では、手軽にアウトドアを楽しめる点や宿泊費用を抑えられるなどの面から車中泊または車を利用したキャンプが1つの流行ともなっていますが、XVで車中泊やキャンプを楽しむためにはどの様な物が必要となるのかよく分からないと言う方は多いのではないでしょうか。

車中泊や車を利用したキャンプは、事前の準備が重要であるため予めどの様な物が必需品となるのか概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、XVで車中泊やキャンプを行う場合の必需品やおすすめアクセサリー、車を利用して楽しむことのできるオートキャンプ場の紹介などを中心に、XVと車中泊やキャンプについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【XV】車中泊をする場合必要装備は?

引用:https://bit.ly/3sg1LeZ

XVは、同じくスバルから販売が行われているインプレッサスポーツをベースにSUVとして再設計が行われ、雪上路や泥道等の悪路でも安全に走行を行う事ができキャンプなどのアウトドアでも活躍できる車です。

ただし、昨今流行ともなっている車中泊や車を利用したキャンプは事前に準備を行わなければならない点も多く、防犯上の観点や快適に過ごすためには必ず必要となる装備も存在します。

では、実際にXVで車中泊やキャンプをする場合にはどの様な物が必要装備となるのでしょうか。

  • 車中泊する場合の必須装備その1

引用:https://bit.ly/2YNOgph

これには様々な物がありますが、最も重要な装備として挙げられるのがカーテンやシェードとなります。

カーテンまたはシェードは、車内の室温を調整するために用いられますが車中泊やキャンプを行う場合は、防犯上の観点から車内の目隠しを目的として必要な装備品となるのです。

特に夜間は、明かりを付けると車の外から車内の様子が確認されやすい状況になり、車上荒らしや予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう危険もあるため、車中泊や車を利用したキャンプを行う場合は必ずカーテンまたはシェードが必須装備になります。

昨今では車中泊がブームになっている事もあり、XVなどのSUVの場合には専用設計のアイテムも販売が行われていますのでそちらを選ぶと、フィット感も申し分なく装着を行う事が可能です。

  • 車中泊する場合の必須装備その2

引用:https://bit.ly/36QfcJc

2つ目は敷き布団の代わりとなるエアマットやウレタン製のマットです。

車中泊や車を利用したキャンプは、基本的に就寝を車の中で行う事が基本となるため、寝床となるベッドを車内に作る必要があります。

この際、一般的にはXVなどの車種の場合リヤシートを倒し荷室の拡張を行いベッドスペースを作っていきますが、もともと自動車は人が荷室で寝るという使い方を想定した設計ではないため、このままでは床面が固い事から快適に寝ることができません。

そのため、車中泊やキャンプを行う場合はしっかりと体調を維持するためにも敷き布団の代わりとなるマット類は必ず必要となる装備になるのです。

また、XVの拡張した荷室は大型の荷物も積載が行えるようリヤシートを倒した場合でも段差の無いフラット状態にする事ができますが、拡張した荷室中央部からリヤゲートに向かってはやや緩やかな傾斜となっており、マットを敷いただけでは水平なベッドを作ることはできません。

このため、マット類に加えて傾斜を調節する毛布やクッション類も併せて用意する必要があります

  • 車中泊する場合の必須装備その3

引用:https://bit.ly/2Lnyz4S

3つ目は掛け布団の代わりとなる寝袋やブランケットと言った寝具です。

車中泊や車を利用したキャンプは、目的や宿泊日数によっても異なりますが荷物は極力少なくする事が基本となり、普段自宅で使用している掛け布団や大判の毛布などは持ち込むことができません

このような場合、コンパクトに収納することが可能な寝袋(シュラフ)やブランケットであれば荷物の量を抑える事ができ、体温調節も行えるため体調管理を行うと言う観点からこれらの寝具も車中泊や車を利用したキャンプでは必須装備となるのです。

ただし、XVはアウトドアなどでも活躍する機会の多い車ではありますが、残念ながらこれらの装備品は純正アイテムとして設定が行われておらず、社外品として用意をしなければなりませんので覚えておく必要があります。

スポンサードリンク

【XV】車中泊やキャンプをする場合のおすすめアクセサリー

引用:https://bit.ly/2LLrL10

XVで車中泊やキャンプを行うためには、カーテンやシェードに加えベッドスペースを確保するためのマット類、荷物を減らす事のできる寝具が必要装備でとなる事が分かったと思います。

では、これら以外で車中泊やキャンプをXVで行う場合にはどの様なおすすめのアクセサリーが設定されているのでしょうか。

  • おすすめアクセサリーその1:リヤハッチライト

引用:https://bit.ly/3prWyPf

まず1つ目のおすすめアクセサリーとして挙げられるのが『リヤハッチライト』です。

XVの車内には、シフトゲート上部とフロント・リヤシート間の上部にルームランプが、荷室の側面部にはラゲッジランプが標準で完備されています。

しかし、キャンプなどでリヤハッチを開けテントやタープを設置した場合にはハッチバックドア自体にランプ類が完備されていない事から、明かりをとることができず夜間の使い勝手はあまり良くありません

ただし、このリヤハッチライトは天井部となるハッチバックドアにライトを追加し頭上から明かりを照らすことができるため、夜間の利便性を大きく向上させる事が可能になる訳です。

もちろんハッチバックドアを閉めた場合でも照明として使用する事ができ、使用する場合だけランプを点灯させるスイッチも備えられているため、車中泊やキャンプだけでは無く日常利用としても利便性を向上させることのできるおすすめアクセサリーだと言えるでしょう。

  • おすすめアクセサリーその2:オールウェザーカーゴカバーとカーゴステップパネル

引用:https://bit.ly/3agDux1

2つ目のXVにおすすめのアクセサリーは『オールウェザーカーゴカバー』と『カーゴステップパネル』です。

車中泊や車を利用したキャンプは、荷物の出し入れが多く砂や埃などで荷室が汚れやすくなる点が特徴となり、いつでも天気が良いという訳では無く悪天候に見舞われるケースも少なくありません。

加えて、前述した様に車中泊は荷室を拡張してベッドルームを確保しなければならないため、砂や泥などで汚れた荷室ではマットを敷くとは言え快適に過ごせるとは言えず、都度の掃除も大仕事です。

そんな手間を省くことができるアイテムとしておすすめとなるのがオールウェザーカーゴカバーとなり、こちらを装着する事で荷室のあらゆる汚れを防ぐ事が可能となります。

カバー自体は撥水効果があるため、急な雨などの場合でも荷室が濡れることは無く汚れた場合でも簡単に洗い流せる点も大きな特徴です。

引用:https://bit.ly/3cm1GR9

また、車中泊や車でのキャンプは荷物の出し入れなどによって様々な部分が傷つきやすいシチュエーションとなっているため、不用意にリヤバンパー部分に傷を付けてしまうケースも珍しくありません。

このような自体を防ぐ目的としておすすめとなるのがカーゴステップパネルとなり、装着を行う事で荷物の出し入れによって付いてしまう傷の心配を気にする必要がなくなり、リヤのデザインにアクセントを加えられる事からドレスアップ効果と言う意味でもおすすめのアクセサリーだと言えるでしょう。

  • おすすめアクセサリーその3:ルーフレール

引用:https://bit.ly/3raK5A5

3つ目のXVにおすすめのアクセサリーは『ルーフレール』です。

XVに設定されるルーフレールは、単体で効果を発揮する物では無くこちらをベースとしてルーフキャリアなど組み合わせて使用を行います。

特にXVの場合は荷室をベッドルームとすることで荷物の積載量が限られてしまうデメリットがありますので、車外に荷室を拡張すると言う意味でも装着を行って損はない装備であると言えるでしょう。

ただしこちらのルーフレールは、新車発注時のみ装着が可能なメーカーオプション品に設定されており、納車後や中古車として購入を行った車両には後付けのアクセサリーとして装着する事ができませんので注意が必要です。

このようにXVには、車中泊や車でキャンプを行う際に利便性を高めるおすすめのアクセサリーが複数設定されていますので、使用目的や用途に応じて選んでいくことをおすすめします。

スポンサードリンク

【XV】キャンプをするときの必需品とは?

引用:https://bit.ly/3pPwzS1

XVで車中泊やキャンプを行うには、様々なおすすめアクセサリーや必須装備がありますが、特にキャンプを行う際には周りに施設が備わっていない事も多いためどの様な物が必要となるのか予め覚えておきたい所です。

では、実際に車を利用してキャンプを行う場合にはどの様なグッズが必需品となるのでしょうか。

  • キャンプ家具

引用:https://bit.ly/3cMPYiY

これには複数の物が挙げられますが、まず必要となるのはテーブルやイス、テントやタープと言ったキャンプ家具です。

これらは、キャンプ中に料理を作る際や飲み物を置いておく場合、明かり取りとして照明を置く場合など様々な場面で必要となるため車でのキャンプ時には必需品だと言えます。

また、テントやタープは車外で食事を行う場合やくつろぐ場合に日除け・雨よけなどで必要となりますので、これらは車でキャンプを行う際は最優先で揃えなければならない必需品です。

ただし、車中泊や車でのキャンプは持ち込む荷物に制限があるためテーブルやイスはできる限り小型の物を選び、収納が行いやすいよう折りたたみ式の物を選ぶと良いでしょう。

  • コンロやウォータータンク類

引用:https://bit.ly/2YPLDmN

次に必需品となるのが、カセット式ガスコンロとウォータータンクです。

車でキャンプを行う場合には、場所によっても異なりますが近場に料理を行うための炊事場や水道が完備されていないと言うケースも少なくありません。

そのため、最低限の湯沸かしや調理を行う事のできるカセット式ガスコンロはキャンプで食事を作るための必需品です。

これにプラスして、オートキャンプ場などではテントを設営できる区画内に炉(いろり)が完備されている場合もあり、火を使うためには薪や炭と言った物も必要となる場合があります。

加えて水道は、キャンプを行う区画内に1つ完備されているわけでは無くトイレや炊事場など離れた場所に完備されることが多く、その都度水を調達するのは大変な労力となってしまいます。

飲み水の他にも調理や洗い物などでも水を使用しなければならないため、一定量の飲料水を確保し調達する手間を省くという意味でも、ウォータータンクは優先度の高い必需品であると言えるでしょう。

この際、一般的なポリタンクやペットボトルでは荷物が嵩張ってしまう事に加え水が入っていない状態でもタンクやボトルの大きさはそのままになってしまう事から、荷物を減らすと言う意味でもテーブルやイスと同じ様に、小さくたためるタイプの物がおすすめです。

  • ポータブル電源

引用:https://bit.ly/2ME4Ghq

最後に必需品となるのがポータブル電源です。

車中泊や車を利用したキャンプは、普段の生活とは異なり様々な場面で不便な事が多くなりますが、その中でも1・2位を争うのが電源を確保する事ができないと言う点になります。

特にXVの場合には、2018年の改良によってハイブリッドモデルが設定されましたが、こちらは発電量と蓄電量が少なく災害時などでも非常電源としては使用する事のできないマイルドハイブリッドとなっている点が特徴です。

そのため、車内には家庭用の電気製品を使用する事のできるコンセントは完備されず、アクセサリーソケットからコンバーターを使用し電源を確保した場合でも、バッテリー上がりを防ぐため長時間使用することはできません。

これらの点から就寝時の室温調節や電気を必要とする機器の使用、明かり取りなどで電気が必要な場合には外部から電源を確保する必要があるため、ポータブル電源はキャンプを行う上で必需品となるのです。

もちろん全てのキャンプ場や車中泊施設で電源が確保されていないと言う事ではありませんが、反対に考えてみれば必ずしもキャンプを行う場所や近くに電源があるとは限らず、昨今ではスマートフォンなどの機器も手放すことはできないため、確実に電源を確保すると言う意味でも必需品と言えるでしょう。

このほかにも、車中泊や車でのキャンプは食事に必要な食器類や洗い物で水の使用を減らすためのラップ類、食材を保存しておくためのクーラーボックスや多用途で使うことのできるビニール袋なども必需品だと言えますので、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【XV】XVで行くおすすめオートキャンプ場

引用:https://bit.ly/38HjpR2

XVを含む多くの車でキャンプを行うためには、テーブルやイスなどのキャンプ家具や調理器具、ウォータータンクやポータブルバッテリーなど様々な物が必需品となる事が分かりました。

後は実際に車中泊やキャンプを行う事のできる施設を探すだけですが、具体的にはどの様な所が良いのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではXVで行くおすすめのオートキャンプ場を紹介していきます。

  • 烏川オートキャンプ場(群馬県藤岡市)

引用:https://bit.ly/39RBrAq

1つ目のXVで行くおすすめのオートキャンプ場は、群馬県藤岡市にある『烏川オートキャンプ場』です。

烏川オートキャンプ場は、サイトと呼ばれる車を停めテントなどを設営できる区画が19箇所とやや少なめの施設となりますが、1区画ずつが垣根で分けられ隣接するサイトと同士が離れた位置にあるため、他の利用者を気にすること無く初心者の方でもオートキャンプを楽しめる点が特徴となります。

ただし、施設内にはトイレと炊事場に加え水場も用意されていますが、いずれも1サイトに1つと言うわけでは無く離れた間隔にそれぞれ数カ所設けられているため、手間を省くと言う意味でも前述したウォータータンクなどのアイテムは必需品になります。

引用:https://bit.ly/2MyyDZl

また、キャンプ場からは少し時間がかかりますが、近くを流れる利根川越え国道354号線を東に向かって走行を行うと約1時間程度で、XVの生産が行われているスバル矢島工場や本工場を訪れることができ、事前に予約を行えば生産工程を見学することも可能なため、正にXVで行くおすすめのオートキャンプ場だと言えるでしょう。

  • 森のまきばオートキャンプ場(千葉県袖ケ浦市)

引用:https://bit.ly/3jnS4a8

2つ目のXVで行くおすすめのオートキャンプ場は、千葉県袖ケ浦市にある『森のまきばオートキャンプ場』です。

森のまきばオートキャンプ場は、首都圏中央連絡自動車道・木更津東ICから約10分程度の場所にあり、都心部からのアクセスも比較的に良いオートキャンプ場となります。

施設内は、テントなどを設営するための区画が設けられている訳では無く、基本的に自由な場所に車を停めテントなどを設営するフリーサイトタイプのオートキャンプ場である点が大きな特徴です。

場内には、複数箇所に炊事場と簡易的なトイレやシャワーが完備されておりキャンプで必需品となるキャンプ家具やテント類、調理道具なども有料となりますが貸し出しが行われているため、用意を行う荷物を減らす事も可能となります。

キャンプ以外にも、マウンテンバイクを借りて走ることのできるコースや動物と触れ合うことのできる施設、ドッグランなども完備されていますのでお子さんやペットの居るご家庭におすすめのオートキャンプ場だと言えるでしょう。

  • 白馬森林オートキャンプ場(長野県北安曇郡白馬村)

引用:https://bit.ly/39V5A1Q

3つ目のXVで行くおすすめのオートキャンプ場は、長野県北安曇郡白馬村にある『白馬森林オートキャンプ場』です。

白馬森林オートキャンプ場は、2020年4月にオープンしたばかりの新しいオートキャンプ場となり、周囲は緑豊かな自然に囲まれたキャンプ場である点が特徴となります。

場内は、貸し出しが行われているマウンテンバイクを利用して自然を感じながら走ることができ、となりにある釣り堀ではエサ釣りやルアーなどを使用した釣りも行う事ができます。

キャンプ場の直ぐ近くには天然温泉の施設があり大自然の中でキャンプを楽しみながら、温泉で体を癒すことができる点も特徴となり男性のみならず女性の方にもおすすめのオートキャンプ場です。

また、トイレや炊事場など便利な施設は一通り完備されていますが、レストランや食堂などは無く基本的には自炊となるため、本格的なキャンプを楽しむことができる点も魅力の1つだと言えるでしょう。

このほかにも、全国には様々なオートキャンプ場がありXVで運転を楽しみながら訪れる事のできるキャンプ場がたくさんありますので、目的や気分に合わせて好みの場所を探してみて下さい。

【XV】車中泊やキャンプのまとめ

今回は、XVと車中泊やキャンプについて解説をしてきましたが、XVで車中泊・キャンプを行う場合には防犯上の観点からカーテンやシェード、寝床を作るためのマット類、布団の代わりとなる寝具が必須装備である事が分かったと思います。

これらは、車中泊や車を利用したキャンプでは三種の神器と例えられる事もある重要な装備品ですので覚えておくと良いでしょう。

また、XVには車中泊やキャンプを行う際に利便性を高めるアクセサリーが複数用意され、これらを装着する事によって快適に車中泊やキャンプを楽しむことができますので、目的や用途によって選択していく事をおすすめします。

加えて昨今では、気軽にアウトドアを楽しめると言う観点から車中泊や車を利用したキャンプが流行となっており、その影響からオートキャンプ場の数も増えてきていますので紹介してきた施設を一例として、目的や気分などに合わせて好みの場所を見つけてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2LLrL10

【スバル XV】VS【スバル レヴォーグ】比較してみた

【スバル XV】豊富なボディカラーとアクセサリーをご紹介

【スバル XV】値引きはどのくらいまでいけるの?

【スバル XV】燃費はどのくらい?ハイブリッドと走行性能

【スバル XV】良い口コミ・辛口レビューなど

【スバル XV】モデルチェンジでここが変わった!詳細レビュー

タイトルとURLをコピーしました