【ジープ ラングラー】燃費は実際どのくらいなのか

ジープ

【ジープ ラングラー】の実際の燃費は、どのくらいなのでしょうか。

ラングラーと言えば、整備された舗装路から岩山や凸凹の多い未舗装の悪路など様々なシチュエーションで走行を行う事のできる車ですが、昨今ではボディが大きく優れた走破性を持つSUVやクロスオーバー車でも、燃費を気にする方が増えている傾向にあります。

中でもラングラーの場合は、悪路での走行も想定した車である事から車両自体が頑丈に設計されており、一般的な国産自動車よりも重量が重く燃費面では不利と言われているだけに実際の燃費性能はどの様になっているのか概要を知りたいと言う方は多いはずです。

そこで今回は、ラングラーのカタログ燃費値や実燃費の紹介、ライバル関係にある車種との燃費の比較などを中心に、ジープ ラングラーと燃費について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ジープ ラングラー】実際の燃費はどのくらい?

引用:https://bit.ly/2UYIS4g

【ジープ ラングラー】は1940年代に軍用車両として開発されたウィリス・ジープを元に設計され、1987年にクライスラー社におけるジープブランドの1車種として販売が開始された本格クロスオーバー車となります。

2007年にフルモデルチェンジが行われた3代目モデルからは、ボディサイズが大型化され利便性を向上させるなどの意図から4ドアタイプが導入されるなど、現代の生活スタイルに合わせた設計になっている点も大きな特徴の1つです。

引用:https://bit.ly/3icL15k

ただし、ラングラーの場合には利便性を向上させつつも、クロスオーバー車が本来持つ悪路での走破性にも重点を置いた設計である事から、車両重量が重く一般的なSUVを含む日本車と比較すると、どうしても燃費が悪くなってしまうと言ったデメリットも併せ持っているのが現状です。

特に昨今では、ランニングコストの一つである燃料費が高騰している傾向にありますので、ラングラーの様にボディが大きく重たい車の場合には、前以てどれくらいの燃費性能となっているのか概要を把握しておきたい方も多いと思います。

では実際に、ラングラーの燃費はどの程度となっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3BVak3k

現在ラングラーには、3.6Lの自然吸気エンジンと2.0Lのターボエンジンがグレードによって設定されており、どちらのエンジン形式も通常のレギュラーガソリンを使用する点が1つの特徴ですが、詳しい燃費値をグレード別に見ていくと

測定モード/グレード SPORT (U)SPORT/SAHARA
WLTCモード 9.1km/L 9.0km/L
市街地モード 6.1km/L 6.1km/L
郊外モード 9.7km/L 9.5km/L
高速道路モード 11.0km/L 10.9km/L

 

測定モード/グレード (U)※SAHARA (U)RUBICON
WLTCモード 10.0km/L 8.0km/L
市街地モード 6.8km/L 5.5km/L
郊外モード 10.7km/L 8.5km/L
高速道路モード 11.7km/L 9.7km/L

※:2.0Lターボエンジン車、(U):アンリミテッド

となっており、車両重量が2,000kgを下回る各SPORTやSAHARAグレードは、国際燃費測定法であるWLTCモードで概ね9.0km/L程度、エンジンの排気量が小さくなるUNLIMITED SAHARAグレードのターボモデルでは10.0km/Lとなっています。

数字だけでは、イマイチ燃費が良いのか悪いのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますが、身近な国産車ではトヨタ・アルファードのガソリン車が、ラングラーとボディサイズや車両重量がほぼ同じとなります。

引用:https://bit.ly/382MfKw

また、アルファードのガソリン車はグレードによって燃費が10.4km/L~10.8km/Lとなりますので、車種のジャンルは異なりますがラングラーの場合には、国産Lクラスミニバン車のガソリンモデルと燃費性能がほぼ同等とイメージすると分かりやすいかも知れません。

ただ、WLTCモードによる燃費値は実際の燃費値に近いとは言われているものの、多くの自動車は運転の仕方などによって、上記の数値ほど燃費が伸びないと言うケースも珍しくなく、実燃費が気になると言う方も多いと思います。

引用:https://bit.ly/2VhJrpB

これは、走行を行う環境や季節など様々な条件によって数値が左右される事に加え、ラングラーはグレードによって燃費性能が異なる事から全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、現行モデルとなるラングラーの場合は概ね6.8km/L~7.5km/L程度が平均的な実燃費となっている様です。

実際に走行した際の実燃費を見る限りでは、昨今の国産車等と比較すると数値的にはやや物足りなさを感じる部分もありますが、高速道路など信号が無く一定のスピードで走行できる環境ではWLTCモードの燃費値通り10.0km/L以上を記録するケースもあるため、一概に燃費が悪い訳ではないと言えるでしょう。

では実際に、ラングラーの燃費はライバルとなる競合車とどれくらいの差があるのでしょうか。

次の項目では、ラングラーのライバルとなる車種の燃費比較について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ジープ ラングラー】ライバル車種との燃費の比較

引用:https://bit.ly/3gk9p3B

前述の通り、ジープ ラングラーの燃費値はグレードや搭載されるエンジンによって差はあるもののWLTCモードでは8.0km/L~10.0km/L、平均的な実燃費は6.8km/L~7.5km/L程度である事がわかりました。

ただ、中にはライバルと呼ばれる車種とはどの程度の差があるのか気になると言う方もいらっしゃると思いますので、ここではラングラーの比較対象とされる事の多いライバル車との燃費比較を行って行きます。

ライバルその1 メルセデスベンツ・Gクラス

引用:https://bit.ly/3AZ5HUH

メルセデスベンツ・Gクラスは、1981年に軍用車として開発された車両を一般向けの車両にアレンジが行われ、販売が開始されたクロスオーバーSUVです。

車名の由来であるGクラスは、ドイツ語でオフロード車指す『ゲレンデヴァーゲン』と言う言葉の頭文字から来ており、日本ではGクラスのほかにゲレンデの愛称でも親しまれています。

価格面では、ラングラーが510万円台からとなるのに対し現行型Gクラスのガソリンモデルは約1,700万円と大幅な開きがありますが、同じクロスオーバー車である点や搭載されるエンジンの排気量などが近い事から、両車はお互いに比較対象となる事も多い点が1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/3gkPSA0

肝心な両車の燃費性能を比較していくと

測定モード/グレード ラングラー Gクラス
WLTCモード 8.0km/L~10.0km/L 7.2km/L
市街地モード 5.5km/L~6.8km/L 5.3km/L
郊外モード 8.5km/L~10.7km/L 7.5km/L
高速道路モード 9.7km/L~11.7km/L 8.2km/L

となっており、Gクラスはラングラーよりも排気量が0.4L大きいツインターボエンジンを搭載している点や、車両重量が約500kg程度重くなっているなどが要因となり総合的な燃費性能に関してはラングラーに劣る結果となっています。

また、Gクラスの場合は使用される燃料が無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)であるのに対し、ラングラーの場合は全てのモデルでレギュラーガソリンが使用されることから、燃費性能に加えランニングコストとなる燃料費という面でも、ラングラーはGクラスよりも優れていると言えるでしょう。

ライバルその2 ランドローバー・ディフェンダー

引用:https://bit.ly/3BY8Kog

ラングラーと燃費を比較するライバル車の2台目は、ランドローバー・ディフェンダーです。

ディフェンダーは、イギリスのランドローバー社が1948年から製造してきた4WD車を元にして改良が行われ続けられたクロスオーバー車となり、1990年にランドローバー・90/110と言う車種の改名によって正式に現在の車名が付けられた車種となります。

古くからラングラーとは、ボディの形状やクロスオーバー車としての役割が似ていることもあり比較される事が多く、2ドアや4ドアの設定に加えボディサイズなど共通点も多々ある事から、この両車はお互いに最大のライバル関係にあると言われています。

価格に関しても先述したGクラスの様な大きな開きはなく、ラングラーが518万円~であるのに対し、2020年に日本で販売が開始された新型モデルのディフェンダーは551万円~と、価格面でもお互いに鎬を削る関係である点が1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/2W4PrD7

搭載されるエンジンは、ラングラーが3.6L自然吸気エンジンと2.0Lのターボエンジンで共にガソリンモデルとなるに対し、日本で販売されるディフェンダーのガソリンモデルは2.0Lのターボエンジンのみの設定となりますが、両車の燃費性能を比較してみると

測定モード/グレード ラングラー ディフェンダー
WLTCモード 8.0km/L~10.0km/L 8.3km/L
市街地モード 5.5km/L~6.8km/L 6.6km/L
郊外モード 8.5km/L~10.7km/L 8.3km/L
高速道路モード 9.7km/L~11.7km/L 9.3km/L

となり、ガソリンターボエンジン同士で比較するとラングラーは前述した通りUNLIMITED SAHARAグレードの場合で、WLTCモードによる燃費値が10.0km/Lとなりますので、この両車はラングラーの方が燃費性能は優れていると言えます。

また、排気量が大きいラングラーのSPORTやUNLIMITED SAHARAグレードの自然吸気エンジンの場合には、WLTCモードによる燃費値が9.0km/L~9.1km/Lとなる事から、こちらの場合でも僅かながら燃費性能に関してはディフェンダーよりも優れていると言えるでしょう。

ライバルその3 トヨタ・新型ランドクルーザー

引用:https://bit.ly/3D5C1Hu

トヨタ・ランドクルーザーは、1951年にトヨタ・ジープBJ型と言う名称で試作車が製造され、翌年から本格的に生産が開始されましたが商標権などの問題から改名を余儀なくされ、1954年に現在のランドクルーザーと言う名称に正式変更された日本を代表する本格クロスオーバー車です。

1955年に誕生した2代目モデルからは、本格的に海外への輸出が行われ優れた走破性と耐久性の高さから世界中で注目を浴び、1980年代以降は日本を代表するトヨタ車の1つとなり、現在でも海外の多くの国で高評価を得ています。

2021年8月には、前モデルからおよそ14年ぶりにフルモデルチェンジが行われ、ボディのサイズは一回り大きく設計されたものの、価格はラングラーとほぼ同じ510万円~となる事から直接的なライバル車種となる点もの1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/2XFmbTD

搭載されるエンジンは、先述してきた通りラングラーが3.6L自然吸気エンジンと2.0Lのターボエンジンで共にガソリンモデルとなるに対し、新型ランドクルーザーのガソリンモデルは3.5Lのツインターボエンジンが搭載されますが、この両車の具体的な燃費性能を比較してみると

測定モード/グレード ラングラー 新型ランドクルーザー
WLTCモード 8.0km/L~10.0km/L 7.9km/L~8.0km/L
市街地モード 5.5km/L~6.8km/L 5.3km/L~5.4km/L
郊外モード 8.5km/L~10.7km/L 8.2km/L~8.3km/L
高速道路モード 9.7km/L~11.7km/L 9.6km/L~9.7km/L

となっており、同じターボエンジンモデルで比較を行うと排気量が大きい点や車両重量が約600kg程度重く設計されている事も要因となり、燃費性能に関しては新型ランドクルーザーの方がラングラーに劣る結果となっています。

ちなみに新型ランドクルーザーには、3.6Lのガソリンツインターボエンジンに加え3.4Lのディーゼルエンジンも設定されていますが、こちらはWLTCモードによる燃費値で9.7km/Lとなっていますので、ディーゼルモデルであれば燃費性能はラングラーとほぼ同等であると言えるでしょう。

このようにラングラーは、一般的な国産車等と比べるとボディサイズや排気量が大きいことから燃費面に関しては残念ながら不利だと言えますが、同じジャンルのライバル車種と比べた場合には、比較的に燃費性能は悪くない部類に入りますので購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ジープ ラングラー】燃費向上のテクニック

引用:https://bit.ly/3rDSZY6

前述した通りジープ ラングラーの燃費性能は、昨今流行となるハイブリッド車や国産自動車などには及ばないものの、同じジャンルとなるライバル車種と比較すると決して悪い訳ではないことが分かったと思います。

ただし、ラングラーの場合は走行する環境などによってもバラツキがありますが、実燃費は概ね6.8km/L~7.5km/L程度が平均となりますので、少しでもWLTCモードの燃費値に近づけたい、またはもう少し燃費を伸ばしたいと考えている方は少なくないはずです。

では、実際に燃費を向上させるためのテクニックにはどの様な方法があるのでしょうか。

不要なアクセルワークを減らす

引用:https://bit.ly/3z5rIRl

まず1つ目は、不要なアクセルワークは減らすという方法です。

ラングラーに搭載されるエンジンは、前述してきた通り3.6Lの自然吸気エンジンと2.0Lのターボエンジンとなりますが共に最大馬力は270ps以上、車両を引っ張る力となる最大トルクは35.0kg・m以上と非常に力強い点が特徴です。

そのため、アクセルを勢いよく踏むのではなく緩やかに踏んだ場合でも一般的な道路であればパワー不足を感じる場面は少ないため、特に発進時など燃料を多く消費するシチュエーションでは、緩やかにアクセルを踏むと燃費の向上に繋がります。

引用:https://bit.ly/3iiGjmF

また、ラングラーに搭載されるトランスミッション(変速機)は変速段数が多い多段式となっているため、走行中に不必要なアクセルワークを行ってしまうと変速回数が増えエンジンの回転数が上昇することによって、燃料の消費が多くなってしまう場合があります。

そのため、発進時のアクセルは緩やかに踏み目標となる速度に達した場合(巡航時)にはアクセルをやや緩め、一定のスピードを維持し不要なアクセルワークを減らす事は燃費向上の一番の近道であると言えるでしょう。

ちなみに、ラングラーに搭載されるエンジンは自然吸気モデルの場合で6,400回転前後、ターボモデルの場合は5,200回転前後が最もパワーを発揮できる帯域となり、これ以上の回転数では燃料の消費が増加するだけとなりますので、追い越しや加速の際はこれらの回転数を目安に行う事をおすすめします。

副変速機の切り替えを利用する

引用:https://bit.ly/3y7xtMS

2つ目の燃費向上のためのテクニックは、副変速機の切り替えを行うと言う方法です。

新型モデルとなったラングラーは、先代モデルと同じく駆動方式は4WDとなりますが実は副変速機と呼ばれるシフトレバーを操作することで、路面状況に応じた駆動方式を選択することが可能となっています。

どう言う事なのか、イマイチイメージが湧かないと言う方もいらっしゃると思いますが、ラングラーの副変速機には以下のモードが設定されており

  • 2H:前輪には動力が伝えられず、後輪のみで走行する
  • 4H AUTO:僅かに前輪にも動力が伝えられ走行し、後輪のスリップを検知すると前輪に大きな動力を伝える
  • 4H PART TIME:常に前輪と後輪に、同じだけの動力が伝えられて走行する
  • 4L:常に前輪と後輪に、同じだけの動力が伝えられるが電子制御によって動力の伝わり方がコントロールされる
  • N:全ての車輪に動力が伝わらなくなる(牽引などで使用)

の全部で5種類のモードが設定されています。

通常ラングラーをはじめとしたクロスオーバー車は、悪路での走行を想定した設計となっている事から前後全てのタイヤが駆動する事で、スリップなどを避け安定した走行を行う事が可能となりますが、4輪全てに動力を伝えなければならないためその分、燃費は低下すると言ったデメリットを併せ持っている点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3AYAvoD

つまり、副変速機の走行モードを先述した2Hにセットすることで一般的な後輪駆動車と同じ駆動システムに変更する事ができ、駆動輪が少ないと言う事は伝える動力が減る分、燃料の消費を抑えられる事から、副変速機の切り替えは燃費の向上に繋がるという訳です。

もちろん、元々の4輪駆動が後輪駆動になる事で走行の安定性という面で低下を避ける事はできませんが、日本は都市部を中心として多くの道路が舗装されているため、雪や雨など悪天候時以外は燃費の向上を重視して、後輪駆動での走行を行っても大きな問題は無いと言えるでしょう。

オイル類の交換はこま目に行う

引用:https://bit.ly/2UBtjzf

3つ目の燃費向上のためのテクニックは、こま目にオイル交換を行うと言う方法です。

ラングラーを含め、多くの自動車におけるメンテナンスの中で最もポピュラーなものの1つと言えばエンジンオイルの交換が挙げられますが、実はエンジンオイルと燃費の向上は深い関わりがある事をご存じでしょうか。

一般的にエンジンオイルは、エンジン内部の冷却や潤滑などの役割を担っていますがこれらは、オイル自体の劣化や汚れの発生によって徐々に効果が低下してしまうため、走行距離や定期的な期間で交換を行わなければ、エンジンのパワーを発揮することができません。

さらに、汚れが多く発生している場合や劣化によってエンジン内部の洗浄効果が低下したオイルを使い続けると、部品同士の動きが悪くなる事に加えエンジンに負荷が掛かることから、通常時よりも多くのアクセルを踏まなければスピードが出ない言った症状が発生してしまいます。

引用:https://bit.ly/3sBPGkF

その結果、走行時に踏み込むアクセル量が増える事によって必然的に燃料の消費も増加してしまうため、燃費が低下してしまうと言う訳です。

加えてラングラーの場合は、ターボエンジン搭載モデルを中心としてエンジン内部の温度が高温になりやすく、オイルの劣化が早まる傾向にありますので燃費を向上させるためには、定期的なオイル交換が不可欠になると言えるでしょう。

また、自動車のオイル交換はエンジンだけではなくATFと呼ばれるトランスミッションオイル(変速機)を交換することでも、燃費の向上を見込むことが可能となります。

引用:https://bit.ly/3j3hACR

なぜ、変速機のオイル交換が燃費に影響するのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、結論を先に言ってしまうとATFはエンジンオイルと同じく劣化や汚れの発生によって、動力の伝達に滞りが発生しスムーズに適切な変速が行われなくなることから、燃費の低下を招いてしまう訳です。

特にラングラーの場合には、8速分の多段変速機が搭載される事から一般的な国産車と比べて変速の回数も多く、汚れが発生しやすく劣化が早くなる傾向にありますので、いつまでも新車時の状態を維持したい場合や燃費の低下が気になる場合は、早めに交換することをおすすめします。

タイヤの空気圧をやや高めに入れる

引用:https://bit.ly/379n5cK

4つ目の燃費向上のためのテクニックは、タイヤの空気圧をやや高めに入れると言う方法です。

自動車に装着されるタイヤの空気圧は、車種や標準装着されるタイヤによって異なりますが充填される量が少なく、空気圧が低いほど燃費は低下をしてしまいます。

これは、タイヤと路面の接地面積が大きく関係しておりタイヤが路面に接地している部分が多いほど、摩擦による抵抗力が発生してしまう事から車輪を動かす際に大きな動力が必要となるため燃費が低下してしまうと言う訳です。

特にラングラーに標準装着されるタイヤは、17インチや18インチとサイズとしてはそれほど大きなものではありませんが、悪路での走行を想定した設計となっているため一般的な国産小型車などと比べ、タイヤ幅の広いものが採用されている特徴があります。

そのため、タイヤと路面との接地面積が多くなる事によって燃費が伸び悩む問題を抱えていますが、空気圧をやや高くするとタイヤの接地面を減らす事ができるため、燃費の向上を見込むことができると言う訳になるのです。

引用:https://bit.ly/3j4PZBp

ただし、タイヤの空気圧は設定値よりも遥かに高くしてしまうと路面との接地面積が減りすぎてしまう事によって、雨天時のスリップなどに繋がり大きな事故を招く恐れもありますので、目安としては標準値よりも0.2~0.3 kgf/cm2程度高くすると燃費の向上と安全性の確保を両立できると言えるでしょう。

このほかの燃費を向上させるためのテクニックとしては、余分な荷物を積載しない点やエアコンの使用は最小限に留めるなどの方法も有効な手段だと言えますので、燃費が伸び悩んでいる場合などの参考にしてみて下さい。

【ジープ ラングラー】燃費のまとめ

今回は、ジープ・ラングラーと燃費について解説をしてきましたがラングラーの燃費値は、設定されるグレードや搭載エンジンによってバラツキがありますがWLTCモードでは8.0km/L~10.0km/L、実燃費は6.8km/L~7.5km/L程度が平均である事が分かったと思います。

加えて、ラングラーはボディサイズや排気量が大きく悪路での走行も可能な本格的クロスオーバー車である事から残念ながら一般的な国産車ほど低燃費ではありませんが、同じジャンルのライバル車と比較した場合には、十分に燃費性能が優れている点も1つ特徴として挙げられます。

また、燃費向上のためのテクニックとしては不要なアクセル操作を減らす点やラングラーの場合には後輪駆動モードに切り替えて走行を行う点、こま目な各種オイル交換やタイヤの空気圧調整を行う事で燃費を向上させられる場合がありますので、燃費が伸び悩んでいる場合や購入を検討している際の参考にしてみて下さい

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3rDSZY6

【ジープ ラングラー】グレードの詳細、限定モデルなど

【ジープ ラングラー】機械式駐車場に入るのか!?ボディサイズの話

【ジープ ラングラー】価格とボディカラーのご紹介

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました