【シエンタ】VS【フリード】子育て世代におすすめ比較

シエンタ

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




2022年8月23日にフルモデルチェンジしたトヨタ新型【シエンタ】
【ヤリス】【アクア】などトヨタコンパクトカーのデザインラインを取り入れつつバンパーコーナーやルーフの角を丸めた「シカクマルシルエット」へとデザインが一新された事も話題となり、発売直後から高い人気を集めています。

今回は【シエンタ】と直接競合するライバル車 ホンダ【フリード】を子育て世代が気になるポイントを比較していきます。

スポンサードリンク

【シエンタ】VS【フリード】車両価格は?

引用:https://toyota.jp/sienta/ https://www.honda.co.jp/FREED/

まずは【シエンタ】と【フリード】の車両価格を比較していきましょう。

わかりやすく3列シート仕様と2列シート仕様に分けての比較をしていきましょう。

まずは3列シート仕様

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆【シエンタ】

グレード 駆動方式 車両本体価格(税込)
HYBRID Z 2WD 2,910,000円
E-Four 3,108,000円
HYBRID G 2WD 2,690,000円
E-Four 2,888,000円
HYBRID X 2WD 2,420,000円
E-Four 2,618,000円
Z 2WD 2,560,000円
G 2WD 2,340,000円
X 2WD 1,990,000円

 

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

◆【フリード】

グレード 駆動方式 乗車人数 車両本体価格(税込)
HYBRID
Modulo X
2WD 6人乗り 3,256,000円
7人乗り 3,278,000円
HYBRID CROSSTAR 2WD 6人乗り 2,902,900円
4WD 3,067,900円
HYBRID G
特別仕様車
BLACK STYLE
2WD 6人乗り 2,699,400円
7人乗り 2,721,400円
4WD 6人乗り 2,864,400円
HYBRID G 2WD 6人乗り 2,633,400円
7人乗り 2,655,400円
4WD 6人乗り 2,798,400円
Modulo X 2WD 6人乗り 2,950,200円
7人乗り 2,972,200円
CROSSTAR 2WD 6人乗り 2,572,900円
4WD 2,737,900円
G
特別仕様車
BLACK STYLE
2WD 6人乗り 2,413,400円
7人乗り 2,435,400円
4WD 6人乗り 2,578,400円
7人乗り 2,600,400円
G 2WD 6人乗り 2,275,900円
7人乗り 2,297,900円
4WD 6人乗り 2,440,900円
7人乗り 2,462,900円

 

次に2列シート仕様

引用:https://toyota.jp/sienta/

【シエンタ】

グレード 駆動方式 車両本体価格(税込)
HYBRID Z 2WD 2,870,000円
E-Four 3,068,000円
HYBRID G 2WD 2,650,000円
E-Four 2,848,000円
HYBRID X 2WD 2,380,000円
E-Four 2,578,000円
Z 2WD 2,520,000円
G 2WD 2,300,000円
X 2WD 1,950,000円

 

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

◆【フリード+】

グレード 駆動方式 車両本体価格(税込)
HYBRID CROSSTAR 2WD 2,919,400円
4WD 3,084,400円
HYBRID G
特別仕様車
BLACK STYLE
2WD 2,721,400円
4WD 2,886,400円
HYBRID G 2WD 2,655,400円
4WD 2,820,400円
CROSSTAR 2WD 2,589,400円
4WD 2,754,400円
G
特別仕様車
BLACK STYLE
2WD 2,435,400円
4WD 2,600,400円
G 2WD 2,369,400円
4WD 2,534,400円

 

引用:https://bit.ly/3RmwvHg

【シエンタ】ガソリン車 195万円~256万円、ハイブリッド車 238万円~311万円と、このクラスのミニバンとしてはリーズナブルな価格設定となっています。

引用:https://kinto-jp.com/car/bz4x/user/

トヨタのサブスク「KINTO」では諸経費・車検・メンテナンスパックなどを含めた初期費用フリープラン7年契約月額 24,640 円(税込)〜(ボーナス月134,640円)(「G」2WD)「HYBRID Z」が月額30,800円(税込)〜初期費用無しでもお求めやすい価格設定となっています。

 

【シエンタ】のガソリン車は2WDのみとなり、4WDが必要だという方はハイブリッド車を選ぶ事になります。

引用:https://bit.ly/3QIK9mO

4WDは電動駆動のE-Four軽量コンパクトで室内スペースへの影響が少ないのが特徴です。

雪道など滑りやすい路面だけでなく、走りの安定性など恩恵がありますのでお子さんを乗せて旅行に行く機会が多くなりそうな方にもE-Fourはオススメです。

引用:https://bit.ly/3qyJcCU

目立たない点ですが、ヘッドランプは全車LED「Z」はBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)、「G」「X」は2灯式LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付))となっているのも【シエンタ】の特徴で、白く明るいランプと商品電力の低減に貢献するなど新世代車らしさを感じさせます。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

【フリード】ガソリン車 228万円~275万円、ハイブリッド車 263万円~328万円と装備の差はありますが【シエンタ】より高めの価格帯となっています。

3列シート仕様6人乗り(2列目キャプテンシート)・7人乗り(2列目ベンチシート)用途に合わせて選択出来る事、【シエンタ】と異なりガソリン車でも4WDが選べる事が大きな特徴となっています。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

またスポーティーグレード「Modulo X」が設定されているのも【シエンタ】には無い特徴です。

スポンサードリンク

【シエンタ】VS【フリード】大きさはどのくらい?

引用:https://toyota.jp/sienta/ https://www.honda.co.jp/FREED/

次に【シエンタ】と【フリード】の大きさを比較してみます。

シエンタ フリード
全長 4260mm 4265~4295mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1695mm 1710mm
全高(4WD) 1715mm 1735mm
ホイールベース長 2750mm 2740mm
室内長(3列シート) 2545mm 3045mm
室内長(2列シート) 2030mm 2310mm
室内幅 1530mm 1455mm
室内高 1300mm 1275mm
1285mm

引用:https://toyota.jp/sienta/

 

【シエンタ】のサイズ先代より全高が20mm高くなっていますが、全長・全幅・ホイールベース長は先代と同じです。

引用:https://toyota.jp/sienta/ https://www.honda.co.jp/FREED/

【フリード】と比べてみると全長は「Modulo X」【フリード+】2WD車は4290mm・4295mmと若干長いですが、他では4265mm【シエンタ】とほぼ同じ寸法となります。

全幅両車ともに5ナンバーサイズに収まる1695mmと共通しており、両車の違いが出ているのは全高となります。

全高【シエンタ】は2WD車が1695mm・4WD車が1715mmとなりますが、【フリード】は2WD1710mm・4WD1735mm【フリード】が15~20mm高くなっています。

引用:https://toyota.jp/sienta/

室内スペースではフロア地上高【シエンタ】は330mm、【フリード】が390mmと【シエンタ】の方が低くなっている事もあり、全高が低い【シエンタ】の方が室内高が15~25mm高く確保されています。

 

これは従来のシャフト式4WDを採用する【フリード】では2WD車であってもシャフトスペースは取り除けないためにフロア高を下げるのに限界があるのに対し、シャフトが不要のE-Fourを採用する【シエンタ】の方がフロア高を低くする事が出来るメリットが現れています。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

【フリード】の390mmでもミニバンとしては充分に低床といえるフロア高ですが、【シエンタ】の方が更に低いので小さなお子様やお年寄りの乗り降りは【シエンタ】の方が楽チンであるといえるでしょう。

引用:https://toyota.jp/sienta/

乗車スペースを見比べていくと【シエンタ】は3列シート仕様は7人乗り(2列目ベンチシート)のみの設定となっており先代に設定されていた6人乗り仕様は省かれています。

引用:https://toyota.jp/sienta/

3列目シートは先代と同じく2列目シート下にコンパクトに収納されるダイブイン機構が継承されています。

先代よりも改善されたシートポジションとなっており、自然な体勢で着座できるようになっていますが、座面厚が薄い事などダイブイン機構式による制約があるため、小柄な方向けのシートとなっており補助シート的な扱いとなっています。

快適な3列目シートを求める方には1クラス上の【ノア】【ヴォクシー】をオススメするというトヨタの明確なクラス分けが見受けられます。

引用:https://bit.ly/3QEODL2

コンパクトに収納される3列目シートのメリット収納状態を見れば明確で、格納された3列目シートが邪魔にならずに、5人乗り仕様とほぼ同様に使える荷室スペースとして活用出来るのが先代から受け継がれた【シエンタ】の美点となります。

これは【フリード】3列シート車と見比べてみるとわかりやすいでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

【フリード】3列シート車には7人乗りだけでなく2列目キャプテンシート仕様の6人乗りもラインナップされています。

ウォークスルーで3列目シートにアクセス出来るなど、6人乗り仕様は3列目シートを常時活用する事を前提にした造りとなっています。

3列目シート【シエンタ】と比べてみると厚みのある座面などしっかりとした造りとなっており、「ステップWGN」よりも荷室スペースが小さいものの6/7人乗りとして常用出来る着座スペースが大きな特徴となっています。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

その分、【シエンタ】のようにコンパクトに収納したり【ステップWGN】のように床下収納する事は出来ず、【ノア】【ヴォクシー】同様の左右跳ね上げ格納式となっていてシート格納時には荷室サイドに格納したシートが目立ってしまい後方視界にも影響を及ぼしてしまいますので、長尺のものや大きな荷物を載せない時には常時3列目シートを出したままの方が良いでしょう。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37542166.html

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

2列目シート車を比較していくと、【シエンタ】では2列目シートはシートスライド機構が備わりませんが、【フリード】の5人乗り仕様【フリード+】では2列目スライドシート機構が備わっており【フリード】同様にリアシートの足元スペースと荷室長をシーンに合わせて変更する事が出来るのが大きな違いとなります。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

荷室は【フリード+】最大の特徴である超低床フロアとなっており、開口部高さ1255mm・開口部地上高335mmと異例ともいえる形状となっています。

ユーティリティーボードを外すことで高さのある荷物や重たい荷物などを載せやすくなったりと、様々な使い方が出来ます。

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

両車共に2列目シートを格納するとフルフラットなラゲージ床面となり、自転車を積んだりアウトドアレジャーなどで車中泊スペースとして活用する事が出来ます。

 

【シエンタ】(3列シート車・2列シート車)と【フリード】【フリード+】の荷室サイズを比べてみると

シエンタ
3列シート車
シエンタ
2列シート車
フリード フリード+
開口部高 1070mm 1070mm 1110mm 1255mm
開口部地上高 505mm 565mm 480mm 335mm
開口部最大幅 1080mm 1080mm
荷室高 1105mm 1055mm    
荷室最大幅 1265mm 1265mm 1250mm 1250mm
荷室最大長 1525mm 2045mm 1445mm 1850mm

【シエンタ】の方が荷室最大長では【フリード】【フリード+】を上回り開口部高では【フリード+】が飛び抜けて高く地上高では【フリード】【フリード+】が低めとなっていて、それぞれの特徴が良く現れています。

ただし【フリード+】の地上高ユーティリティーボード上部の場合には+370mm程度高くなり、荷室高も950mm程度になりますので上下2段で使い分ける際には注意が必要です。

引用:https://toyota.jp/sienta/

【シエンタ】の荷室で面白い点【シエンタ】の純正アクセサリバックドアネットエアスリープマットといったアウトドアレジャーに活躍するアクセサリがラインナップされている事が挙げられます。

引用:https://toyota.jp/sienta/

特に「エアスリープマット」は従来は一般販売の汎用品から用意する必要がありましたが、【シエンタ】2列シート車に合わせたサイズの純正アクセサリですので、キャンプなどで車中泊に活用したり、ロングドライブでの休憩時にお子様を仮眠させる際などに活用する事が出来ますので、2列シート車を検討されている方は見積に入れておく事をオススメします。

スポンサードリンク

【シエンタ】VS【フリード】燃費の違いは?

引用:https://toyota.jp/sienta/

次に【シエンタ】と【フリード】の燃費性能を比較していきます。

◆ハイブリッド車 [ ] 内は4WD

(km/L) シエンタ フリード
WLTCモード 28.2~28.8
[25.3]
20.9
[19.8]
市街地モード 27.1~27.9
[25.5]
17.9
[17.0]
郊外モード 29.8~30.7
[26.2]
21.6
[21.3]
高速道路モード 27.6~28.1
[24.7]
22.0
[20.3]

 

◆ガソリン車 [ ] 内は4WD

(km/L) シエンタ フリード
WLTCモード 18.3~18.4 17.0[15.6]
市街地モード 14.1~14.2 13.2[12.2]
郊外モード 19.1~19.2 17.6[16.2]
高速道路モード 20.3~20.5 18.9[17.2]

 

引用:https://toyota.jp/sienta/

【シエンタ】には【ヤリス】【アクア】と同じく新世代プラットフォームであるTNGA「GA-Bプラットフォーム」が採用されており、クラストップレベルの低燃費・環境性能・動力性能を誇る「1.5Lダイナミックフォースエンジン」が採用された事もあり、ハイブリッド車・ガソリン車共に【フリード】を大きく上回る燃費性能を誇っています。

引用:https://toyota.jp/sienta/

ガソリン車には発進用ギア付CVT「Direct Shift-CVT」が採用され、エコドライブモードパワーモード、【GRヤリス】【ヤリス 1.5Lガソリン車】などに採用されている「10速シーケンシャルシフトマチック」など、走行シーンに応じた走りを楽しむことが出来ますのでガソリン車を選ぶメリットの一つとして挙げられます。

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/powertrains/idcd.html

【フリード】2016年発売6年の差がある事や現行型【フィット】で採用されている2モーター方式の「e:HEV」より1世代前1モーター方式の「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を採用している事もあってハイブリッド車では燃費性能で大きく劣るなど【シエンタ】と比較すると燃費性能で不利な点が見られます。

車両重量【シエンタ】がハイブリッド車で1330kg~1420kgに対し、【フリード】ハイブリッドでは1410kg~1520kg80~100kgの差がある事も燃費の差に影響を及ぼしています。

【フリード】では重厚な3列目シートや【フリード+】での2列目スライドシート・ユーティリティーボードなど利便装備が車重に影響を及ぼしていますが、その分【シエンタ】とは異なる利便性を実現しています。

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/real_time_awd/topic3/awd.html

【フリード】の燃費で特出すべき点として、電子制御式「リアルタイムAWD」を採用する4WD車でも2WD車と大きく変わらない燃費性能を実現している点が挙げられます。

引用:https://toyota.jp/sienta/

燃費性能を比較すると【シエンタ】の方が優れていますが、【フリード】も充分に低燃費でガソリン車では両車に大きな違いは無いので燃費性能はあまり気にせず使い勝手に合わせたクルマ選びをするのも良いでしょう。

【シエンタ】VS【フリード】現在の納期はどのくらいかかるの?

引用:https://toyota.jp/sienta/

最後に【シエンタ】と「フリード」の現在の納期について。

2022年10月現在の納期を見ていきましょう。

両車共に半導体・部品不足による生産調整の影響で納期は遅れ気味で、状況によって納期が発注後にも前後する場合がありますので、実際の納期は販売店から最新の情報を得るようにしましょう。

引用:https://bit.ly/3wZSrzB

まずは【シエンタ】から。

【シエンタ】は発売直後とあって、グレード・ボディカラーによっては在庫があって早期に納車可能である場合もありますが、ガソリン車は2ヶ月~5ヶ月、ハイブリッド車は5ヶ月~10ヶ月程度となっています。

ハイブリッド車に関しては納期が長引く可能性が高いため、早期納車が可能なグレード・ボディカラーをまずは確認してから交渉をしていくようにしましょう。

ガソリン車は電子部品が少ない分、ハイブリッド車よりも早めの納期となっており、こちらもグレード・ボディカラーによっては早期納車が可能です。

引用:https://bit.ly/3R9vLnP

【シエンタ】を確実に早く納車してほしい、という方には「KINTO」での購入をお奨めします。

トヨタでは「KINTO」向け車両を優先生産しており、どの車種でも通常購入よりも納期が早めとなっています。

グレード・ボディカラー・メーカーオプションにもよりますが、契約後1.5~2ヶ月程度での納車が可能となっています。

車を個人所有物としたい方には向かないプランではありますが、お子様の成長に合わせて車種変更したいトヨタ車に乗り続ける予定の方にはメリットが多い「KINTO」をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

まずはオンライン見積をしてみて、おおよその月額費用を確認してみましょう。

後付けが難しいメーカーオプションはこの際フル装備しておいた方が後々の出費を抑えられます。
但し「G」「X」グレードで「前後ドライブレコーダー」を選ぶと2023年4月以降の生産となりますので注意が必要です。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

次に【フリード】ですが、6ヶ月~8ヶ月とこちらも納期が長引いています。

一部には次期【フリード】へのフルモデルチェンジ時期にも影響を与えているとの意見も出ています。

【フリード】で納期が短くなるグレードとして「G Honda SENSING」が挙げられます。

人気グレードで生産量も多く、ハイブリッド車よりも半導体が少ない事もあってボディカラーに拘らなければ「G Honda SENSING」を選べば納期は短くなります。

引用:https://www.honda.co.jp/HFC/auto/rakumaru/

ハイブリッド車で納期を短くしたい、という場合にはホンダのサブスク「楽まる(楽らくいまるごとプラン)」を選ぶと「KINTO」同様に納車が早くなります

「HYBRID G」で月々38,500円~と、こちらも「KINTO」と同様の月額費用となりますので、まずはオンライン見積、確認してみるのが良いでしょう。

 

「KINTO」「楽まる」共にライフスタイルの変化に合わせた乗り換えがしやすい、これからのクルマの買い方として、検討してみてください。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/sienta/ https://www.honda.co.jp/FREED/

新型【シエンタ】車中泊と荷室容量について

新型【シエンタ】ボディカラーラインナップとおすすめカスタマイズ

新型【シエンタ】価格と納期とお得な買い方

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました