【クラウンスポーツ】必須整備!オイル交換について知っておきたい事

クラウンスポーツ

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



トヨタ【クラウンスポーツ】のオイル交換は、どれくらいの頻度で行ったら良いのでしょうか。

2023年11月に販売が開始されたクラウンスポーツは、歴代クラウンシリーズとして初めてのハッチバックモデルとなり、スポーティな走りに重点が置かれたモデルですが、自動車を所有する上で必須な整備の1つと言えばオイル交換が挙げられます。

ただ自動車のオイルは、その車に搭載されているエンジンによって適合するものが異なっており、間違ったものと交換をしてしまうと燃費の低下やエンジンそのものの故障に繋がる恐れがあるため、クラウンスポーツの場合はどのようなオイルが最適なのか、前以て概要を把握しておきたいところです。

そこで、今回はクラウンスポーツにおけるエンジンオイルの交換頻度や最適なオイル、1度の交換に掛かる大まかな費用の紹介などを中心に、クラウンスポーツとオイル交換について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【クラウンスポーツ】オイル交換はどのくらいの頻度でやったらいいの?

引用:http://tinyurl.com/4rfudjc3

自動車のメンテナンスと言えば、タイヤの交換や空気圧の調整など様々な項目がありますが、最も身近で頻度の高いものと言うとエンジンオイルの交換を連想する方も多いのではないでしょうか。

自動車のオイルは、エンジン内の洗浄や密閉効果に加え潤滑油・冷却の役目などを担っていますが、時間の経過と共に汚れや劣化が発生してしまい、定期的な交換を行わなければ燃費やエンジンそのものの性能が低下してしまうなど、自動車を所有する上で必須整備とも言える項目の1つです。

特に、2023年11月に販売が開始されたクラウンスポーツの場合は走行性能に重点が置かれたシリーズ初のハイブリッド専売車である為、新車時の燃費とエンジン性能を維持していく為には、正しいオイル交換頻度を予め頭に入れておきたいところです。

ただ、ハイブリッド車はモーターで走行を行う事が多いなど、従来型のガソリン車とは構造が異なる事から、具体的な交換頻度がイマイチ分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはクラウンスポーツのオイル交換頻度について説明をしていきます。

先に触れた通り、現在クラウンスポーツにはハイブリッドモデル(PHEVを含む)のみが設定されており、従来型のガソリンモデルは設定がありませんが、具体的なオイル交換を含むメーカーのメンテナンスデータを調べてみると

メーカー推奨交換時期
走行距離約15,000km
交換時期約12ヶ月前後

のどちらか早い方となっていますので、一般的に上記の期間内に交換を行っていれば大きな問題はありません。

ただし、このメーカーが勧めている頻度は最低限このサイクルで交換を行っていれば、故障や不具合を防ぐ事ができるという目安となっており、新車時の燃費やエンジン性能を長期間に渡って維持していく際は、さらに早いサイクルでの交換が望ましいと言えます。

引用:http://tinyurl.com/yc636tdx

なぜ、メーカーが勧める期間よりも早いサイクルでの交換が望ましいのか疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、主な理由をいくつか挙げていくと

  • 汚れが多いまたは劣化の進んだオイルは、1度の交換で全てを綺麗にする事ができない
  • 目に見えた汚れがなくても劣化している恐れがある
  • オイル中に含まれる極微量の水分が蒸発せず、劣化を早める可能性がある

が挙げられ、特にクラウンスポーツの様なハイブリッド車は、モーターで走行を行う為オイル中の水分が蒸発する前にエンジンが停止するケースが多く、劣化が進みやすい事などの理由から、汚れや劣化が進む前のタイミングでの交換が望ましいと言う訳です。

引用:http://tinyurl.com/3vcm2x8s

では実際に、どのくらいでの交換が良いのか気になるところですが、これは街乗りや高速走行など走り方の違い、走行を行う道路の環境等で左右されるため一概に当てはまる訳ではないものの、理想としては

最適なオイル交換サイクル

走行距離

約3,000km~5,000km前後

交換時期

6ヶ月程度

のどちらか早い方と言うのが1つの目安となり、上記サイクルで交換を行っていくと、長期間に渡って新車時の燃費やエンジン性能を維持していくことができ、頻度としては純粋なガソリン車と同じになりますので、覚えておくと良いでしょう。

もちろん、理想とされる交換サイクルより前の段階でも、汚れや変色が確認できる場合は早めの交換が必要となりますので、1ヶ月に1度など細かいサイクルで点検を行う事がおすすめです。

引用:http://tinyurl.com/54nmru9y

ちなみに、クラウンスポーツには外部電源から車両本体を充電する事ができ、モーターのみで走行が可能なPHEVモデル(プラグインハイブリッド)も設定されていますが、こちらはハイブリッドモデルと同じエンジンが搭載されています。

そのため、オイルを交換する目安としてはガソリン車やハイブリッドモデルと同じサイクルとなりますので、覚えておくことをおすすめします。

この様に、クラウンスポーツのオイル交換サイクルは、オイル自体の汚れや劣化が発生する前のタイミングである、走行距離5,000km前後または6ヶ月の早いほうが理想的であると言えますので、交換を行う際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【クラウンスポーツ】最適なオイルはどれを使用すればいいの?

引用:http://tinyurl.com/2zde6va8

クラウンスポーツのエンジンオイルは、汚れや劣化が少ない早めのサイクルで交換をすると理想的である事が分かりましたが、自動車のオイルは搭載されるエンジンによって使用する種類が異なるため、どれを選んでも良いと言う訳では無い事をご存じでしょうか。

特に昨今では、燃費性能を最大限発揮させる為の物やスポーツ走行向けなど、様々な種類のオイルが販売されている為、間違った種類を選んでしまうとエンジンの不調や故障を招いてしまう恐れもありますので、交換を行う際は前以てどの種類のオイルが最適なのか、概要を把握しておきたいところです。

では実際に、クラウンスポーツの場合にはどんな種類のオイルを使用したら良いのでしょうか。

代替:トヨタ クラウンスポーツ オイル 交換 費用 トヨタ純正品

前の項目でも説明した通り、現在クラウンスポーツにはハイブリッドモデルとPHEVモデルの2種類が設定されており、両モデルには2.5Lの自然吸気エンジンが搭載されていますが、詳しいメンテナンスデータを見てみると

メーカー推奨または適合オイルオイルの種類(粘度)
推奨オイル0W-8
適合オイル0W-160W-205W-30

となっている為、ハイブリッド及びPHEVの場合、基本的にガソリン車用のものである点に加え上記の種類(粘度)の範疇で選択を行えば、特に大きな問題はありません。

この、0W-8や5W-30と言った種類の表記はオイル自体の柔らかさを示しており、ハイフンより左側の数字は低温時の性能、右側は高温時の性能を示し左右の両方とも数字が低いほどオイルが柔らかく、数字が高くなるに連れて粘度が硬くなっていく点が特徴です。

引用:http://tinyurl.com/527k8fud

では、なぜクラウンスポーツの場合はオイル粘度の種類が幅広くなっているのかと言う点ですが、これは先に触れた通り走行する環境によって最適とされるオイルの粘度がことなるためで、通常、数字が小さく柔らかい粘度のオイルはエンジンの始動性を高める事から、燃費を重視する場合に最適とされています。

反対に、数字が大きく硬めのオイルはエンジンを高温で使用する環境でも、粘りがある事によって保護性能が保たれると言うメリットがありますが、粘度が高いことにより始動時の負荷が増すことから、信号などの始動と停止を繰り返す場面が多いケースでは、燃費が低下すると言う点がそれぞれの特徴です。

そのため、それぞれに最適なオイルの種類としては

  1. 0W-80W-16街乗りや郊外地などの走行が多く、燃費を重視する場合
  2. 0W-20:街乗りや郊外地に加え高速道路も、使用する機会がある場合
  3. 5W-30高速道路の走行が多く、エンジンの保護性能を重視する場合

が、それぞれ最適だと言えますので覚えておくと良いかも知れません。

引用:http://tinyurl.com/ybjmr4er

ちなみに、エンジンオイルはメーカーが勧める粘度よりも低い物を使用すると、エンジン内部に焼き付くなどの不具合が発生してしまい、最悪の場合はエンジンそのものを載せ替えなければならないケースも存在しますので、クラウンスポーツの場合は絶対に0W-8より数字の小さいオイルを選んではいけません。

逆に、適合となる5W-30よりも粘度が硬いオイルの場合は焼き付きなどの不具合は発生しないものの、粘度が濃い事によってエンジンに負荷が掛かることから著しい燃費の低下に繋がる恐れがありますので、こちらも適合の範囲内で選ぶ事が基本です。

引用:http://tinyurl.com/ypj4dtvb

さらに、エンジンで使用するオイルの種類にはベースオイルと呼ばれる品質や機能面でのグレードが設けられており、それぞれの主な特徴としては

ベースオイルの主な特徴
種類性能面耐久性価格面
鉱物油××
部分合成油
化学合成油×

となっています。

この中でも、化学合成油は昨今クラウンスポーツを販売するトヨタの純正・交換用オイルとしても採用されており、社外メーカーが取り扱う物のように静粛性や保護性能の向上と言った追加の機能は少ないものの、その分、価格が抑えられている点が特徴です。

代替:トヨタ クラウンスポーツ オイル 交換 費用 社外メーカー

また、カー用品店などでは社外品になってしまうものの、機能性と価格面を両立させた部分合成油も販売されている事から、クラウンスポーツの場合は性能や価格面に応じて、この2つのベースオイルが最適な種類と言えますので、覚えておくと良いでしょう。

この様に、クラウンスポーツでは燃費性能を重視した省燃費車用の物から高回転でエンジンを使用する際に適した硬めの物に加え、機能や価格面に応じた化学合成油または部分合成油と言った種類のオイルが最適だと言えますので、交換を検討している際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【クラウンスポーツ】オイル交換1回にかかる費用はどのくらい?

引用:http://tinyurl.com/mrxz9cyp

前述した通り、クラウンスポーツには走行を行う環境によって省燃費車向けの粘度が柔らかい物から、高回転時でも保護性能が保たれるやや粘度の高い物が最適であることが分かりましたが、実際に交換を行う際はどれくらいの費用が掛かるのか疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

特にクラウンスポーツの場合は、ハイブリッドモデルを中心としたラインナップですが搭載されるエンジンは、現在のトヨタ車の中で比較的に大きい2.5Lの物が搭載されていますので、定期的に必要となるメンテナンスコストはいくら位なのか、概要を把握しておきたいところです。

では実際に、クラウンスポーツのオイルを交換する際は、1回にどれくらいの費用が必要となるのでしょうか。

今回は、クラウンスポーツを販売するディーラー店舗で、純正品に交換を行う際の費用の目安を紹介していきます。

前の項目でも触れた通り、現在クラウンスポーツにはハイブリッドモデルとPHEVモデルの2種類がラインナップされており、共に2.5Lの自然吸気エンジンが搭載されていますが、メーカーが勧めるまたは適合となっている純正オイルの価格を見てみると、店舗によってバラツキがあるものの平均としては

トヨタ純正オイルの、平均的な1Lあたりの価格
オイル粘度の種類ベースグレード価格
0W-8化学合成油約1,300~1,500円程度
0W-16約1,300~1,500円程度
0W-20約1,000~1,300円程度
5W-30約1,000円程度

が、目安となる純正品における1Lあたりの平均価格です。

これに加えて、エンジンオイルを交換する際はフィルターの役割を担うエレメントも、2回に1度程度の割合で交換が必要となりますが、こちらは概ね1,000~1,500円程度、さらに販売店では同等程度の工賃が発生します。

次に、クラウンスポーツに搭載される2.5Lの自然吸気エンジンで必要なオイル交換量としては

  • オイルのみの交換4.0L
  • エレメントと同時交換4.3L

が必要となり、こちらはハイブリッド/PHEV共に同じエンジンが搭載されるため、交換量も同量です。

引用:http://tinyurl.com/5fnv85bm

そのため、これらの金額を基にクラウンスポーツの1回に掛かる大まかなオイル交換費用をまとめると、オイルのみ交換を行った場合は

クラウンスポーツ:オイルのみを交換した場合
オイルの種類交換量交換費用の目安
0W-84.0L約5,200~6,000円程度
0W-16概ね同額
0W-20約4,000~5,200円程度
5W-30約4,000円程度

エレメントも同時に交換した場合は

クラウンスポーツ:オイルとエレメントを同時に交換した場合
オイルの種類交換量交換費用の目安
0W-84.3L約6,600~8,800円程度
0W-16概ね同額
0W-20約5,300~7,100円程度
5W-30約5,000~5,500円程度

がクラウンスポーツのオイルを交換する際の目安となり、こちらに1,000~1,500円程度の交換工賃を追加すると、オイルの種類によって価格差があるためバラツキが出るものの

  • オイルのみ交換概ね5,000~7,500円程度
  • エレメントと同時交換概ね6,000~10,000円程度

が、クラウンスポーツのオイルを交換する1回あたりの平均的な費用となります。

ただし、整備を受けるディーラーによっては、予め10~20L程度のオイルをまとめて購入し交換の都度、残量が減っていくボトルキープサービスを展開している店舗も存在します。

この場合、店舗によってサービス内容に開きがありますが中には、1Lあたりのオイル料金が3割引程度、交換工賃は不要と言った特典を行っているケースもありますので、販売店で継続的に純正オイルへの交換を予定している際は、整備担当者などに相談してみると良いかも知れません。

また、一部のディーラーでは提携を行う社外メーカーのオイルを取り扱って場合もあり、純正品より価格は高くなる傾向にありますが耐久面や静粛性の向上など、性能が追加されたオイルに交換が可能な場合もありますので覚えておくと良いでしょう。

代替:トヨタ クラウンスポーツ オイル 交換 費用 カー用品店

ちなみに、カー用品店などでは純正品よりも性能が追加された社外品のオイルが数多く取り扱われていますが、具体的な価格としては純正品の1.5~2倍近くが相場となっており、ディーラーの様にボトルキープなどのサービスを行っている店舗はないものの、会員の特典として

  • 交換工賃が無料
  • エンジン内や燃料管系統の洗浄サービスで、割引が受けられる
  • オイル単品の割引が受けられる

などのサービスを実施している場合もありますので、高性能オイルに興味がある方や特典の内容によって、交換を行う施設を選択しても良いかも知れません。

この様に、クラウンスポーツのオイルをディーラーで純正品に交換する際は、1回あたりオイルのみ交換で概ね5,000~7,500円程度、エレメントと同時交換で概ね6,000~10,000円程度が相場の目安となり、メンテナンスの会員になる事でさらに費用を抑えられる場合がありますので、交換を検討している際の参考にして下さい。

【クラウンスポーツ】オイル交換のまとめ

今回は、クラウンスポーツとオイル交換について解説をしてきましたが、クラウンスポーツはハイブリッド専売車(PHEVを含む)となり、最適なエンジンオイルの交換サイクルは、汚れや劣化が少なくメーカーが勧める時期よりも、早いサイクルでの交換が理想的である事が分かったと思います。

また、クラウンスポーツはハイブリッドモデルと言う事もあり、最適なオイルは粘度の低い低燃費車向けの物が基本となりますが、高速走行が多い場合など走行性能を重視した際は、やや粘度の高いオイルも適合となっていますので、環境に応じたオイル選びが大切です。

気になる交換費用としては、交換を行う施設やオイルの種類によっても異なりますが、オイルのみ場合は1回あたり概ね5,000~7,500円程度、エレメントと同時交換で約6,000~10,000円程度が純正オイルに交換する1回あたりの目安となりますので、覚えておくと良いでしょう。

アイキャッチ画像 引用:http://tinyurl.com/2zde6va8

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました