【クラウンクロスオーバー】全12色の人気カラーと気になる燃費

クラウンクロスオーバー

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



【クラウン】の「革新と挑戦」のDNAを受け継ぎつつ、新時代のフラッグシップとして刷新された新世代【クラウン】シリーズの第一弾として発売されたトヨタ【クラウンクロスオーバー】

【クラウン】のセダンスタイルをクロスオーバー化させた特徴的なスタイリングとなっており、大径タイヤによる力強いスタイル、シンプルで上質なデザイン、ヒップポイントの高さと視界の良さというSUVの特徴と優れた乗降性というセダンの特徴を兼ね備えており、トヨタブランドのフラッグシップに相応しいクルマに仕上がっています。

今回は【クラウンクロスオーバー】のグレード・ボディカラーの紹介と燃費について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【クラウンクロスオーバー】グレード別違いについて

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

まずは【クラウンクロスオーバー】のグレード別の違いを取り上げていきましょう。

【クラウンクロスオーバー】は全グレード ハイブリッド・4WDとなっており、大きく「CROSSOVER RS」「CROSSOVER G」「CROSSOVER X」と3つのグレードに、それぞれにカスタムグレードが枝分かれしてラインナップされています。

エンジングレード車両本体価格(税込)
2.4L
ターボ

ハイブリッド
CROSSOVER RS “Advanced”6,400,000円
CROSSOVER RS6,050,000円
2.5L
ハイブリッド
CROSSOVER G “Advanced・Leather Package”5,700,000円
CROSSOVER G “Advanced”5,100,000円
CROSSOVER G “Leather Package”5,400,000円
CROSSOVER G4,750,000円
CROSSOVER X4,350,000円

「CROSSOVER RS」と「CROSSOVER G」「CROSSOVER X」の大まかな違いはハイブリッドシステムの違いです。

「CROSSOVER RS」「CROSSOVER RS“Advanced”」には新開発「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッドシステム」が搭載されています。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

最大トルク460N・mを発生させる2.4L直列4気筒ターボエンジンと、BEV【bZ4X】でも採用されているトランスアクスル・モーター・インバーター一体化ユニット「eAxle」による最高出力59kW(80.2PS)・最大トルク169N・m(17.2kgf・m)という大出力モーターを組み合わせた新開発の「デュアルブーストハイブリッドシステム」は、システム最高出力257kW(349PS)を誇るパワーユニットです。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

アクセル操作にダイレクトに呼応する「Direct Shift-6AT」と走行状態に合わせて前後輪トルク配分を100:0〜20:80の間で緻密に制御する「E-Four Advanced」の組み合わせにより【クラウン】らしい爽快なドライビングフィールリズミカルで気持ちのいい変速感を実現しており、従来の【クラウン】から乗り換える方にも不満を感じさせない走行性能を誇る新世代ハイブリッドシステムです。

引用:https://toyota.jp/crown/

Direct Shift-6AT」には自由にギヤ段の選択・固定が可能なMモードが採用されており、パドルシフトスポーツカーに迫る走行性能を楽しむことが出来ます。

先代の「RS」同様にスポーティーな走りは【クラウン】を名乗るのに相応しいグレードです。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

次に、他のグレードに採用されている「2.5L シリーズパラレルハイブリッドシステム」を見ていきましょう。

先代と同じく「A25A-FXS型2.5L ダイナミックフォースエンジン」と「トヨタ ハイブリッドシステム II」の組み合わせは先代から踏襲していますが、【クラウンクロスオーバー】に最適化した高効率ハイブリッドシステムに、新型【アクア】に採用されて以降搭載車種が増えている新開発バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載することで電池出力を向上させた事で燃費性能が向上しており、システム最高出力172kW(234PS)を誇ります。

低速でのレスポンスを向上させ、電池出力を活用した中〜高速域でのダイレクトな加速を実現しており、こちらのハイブリッドシステムもまた【クラウン】にふさわしい走行性能を実現しています。

「CROSSOVER RS」「CROSSOVER RS“Advanced”」よりも110~150kg軽量な車両重量なのもこちらのハイブリッドシステムを採用するグレードの利点でしょう。

組み合わされる4WDシステムは「E-Four(電気式4WDシステム)」です。

 

次にグレード別での主な装備の違いを見ていきましょう。

引用:https://toyota.jp/crown/

CROSSOVER RS」は迫力ある21インチ アルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)&センターオーナメントが採用されており、スポーティかつ上質なセダンであると実感させます。

引用:https://toyota.jp/crown/

引用:https://toyota.jp/crown/

ヘッドランプは4眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプが採用されており、リア車名エンブレムは高級感のある漆黒メッキ仕上げとなっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

CROSSOVER RS “Advanced”」では10スピーカーの「トヨタプレミアムサウンドシステム」が標準装備され、リアオーディオコントロールがメーカーパッケージオプションとして用意されています。

引用:https://toyota.jp/crown/

また、リクライニングリアパワーシート・後席シートヒーター・電動式リアサンシェード・各種コントロールスイッチ付リアセンターアームレストなど後席の快適性能を向上させるメーカーパッケージオプションが選べるのも「CROSSOVER RS “Advanced”」のみであり、最上位グレードに相応しい仕上がりにすることが出来ます。

引用:https://toyota.jp/crown/

CROSSOVER RS“Advanced”」だけでなく「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」「CROSSOVER G“Advanced”」にはカラーヘッドアップディスプレイ、デジタルキー、ハンズフリーパワートランクリッド、イージークローザー(ラゲージドア&リヤドア)、おくだけ充電が装備されているのが大きな特徴となっており、これらの装備を目的として“Advanced”グレードを選ぶのも良いでしょう。

引用:https://toyota.jp/crown/

CROSSOVER G」グレードは中間グレードながら「2.5L ハイブリッドシステム」の最上位グレードですので「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」では「CROSSOVER RS」と同等の装備が備わっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」・「CROSSOVER G“Leather Package”」では21インチ ノイズリダクションアルミホイール(ダークプレミアムメタリック塗装)&センターオーナメントが採用されており「CROSSOVER RS」と異なるデザインながら高級感と迫力あるエクステリアを演出しています。

引用:https://toyota.jp/crown/

ヘッドランプは「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」・「CROSSOVER G“Leather Package”」では4眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプとなっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

「CROSSOVER G“Advanced”」・「CROSSOVER G」ではBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプが装備されており、印象が異なります。

引用:https://toyota.jp/crown/

タイヤは19インチ アルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)&センターオーナメントでこちらもエクステリアに異なる印象を与えています。

引用:https://toyota.jp/crown/

19インチタイヤは迫力の点では21インチに劣るように感じるかもしれませんが、19インチでも十分に迫力あるタイヤですので不満に感じることは無いでしょう。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

ちなみに迫力ある21インチ・19インチタイヤですが、タイヤとボディの隙間が小さくタイヤチェーンを装着出来ませんので、雪国や雪道を走る機会のある方は18インチの冬用タイヤを用意する必要があります。

引用:https://toyota.jp/crown/

最廉価グレード「CROSSOVER X」は次項で取り上げるボディカラーラインナップが絞られる事が大きな特徴ですが、「CROSSOVER G」と比較するといくつかの装備が簡略化・メーカーオプション化されています。

防眩インナーミラー、フロント車速感応式マニュアルワイパー、手動式チルト&テレスコピックステアリング、スマートエントリー&スタートシステム(フロントドア&ラゲージドアのみ)、マニュアルシートアジャスター、ファブリック+合成皮革シートとオーディオレス仕様となっています。

「CROSSOVER G」よりも車両本体価格が40万円の差があり、安全装備は十分に揃っていますのでベーシックな【クラウンクロスオーバー】を求める方には最適なグレードでしょう。

引用:https://toyota.jp/crown/

ただし、ナビ付ディスプレイオーディオ+ETC2.0ユニットがメーカーオプション375,100円であり、ディスプレイオーディオを装備するという方は「CROSSOVER G」を選んだ方が良いでしょう。

 

人気グレードとなっている「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」「CROSSOVER RS“Advanced”」は装備が充実しており【クラウンクロスオーバー】を長期間に渡って愛車にしたいという方が選ぶのも納得ですが、予算の都合で選びにくい、という方も居られるでしょう。

引用:https://toyota.jp/crown/

その場合にはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTOという新しい選択肢を選ぶのも良いでしょう。

通常購入と同様にグレード・ボディカラー・メーカーオプションを選択出来る上に、「KINTO」向けに優先生産されていますので通常購入よりも納車が早くなるメリットもあります。

任意保険・税金コミコミで、「CROSSOVER G」で月額75,570円(税込・初期費用フリープラン7年契約)~分割払いよりもリーズナブルで上位グレードを選びやすく、トヨタ車を乗り換え続ける、という方にとってもメリットの多い「KINTO」

引用:https://kinto-jp.com/toyota_jp/crown/

WEBサイトから簡単見積出来ますので、まだ【クラウンクロスオーバー】の検討段階で購入時期は未定、どの程度の月額になるのか興味あるという方は一度KINTOのWEB見積をしてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

【クラウンクロスオーバー】ボディカラーラインナップ

引用:https://toyota.jp/crown/

次に【クラウンクロスオーバー】のボディカラーラインナップを見ていきましょう。

【クラウンクロスオーバー】には、モノトーン(単色)6色バイトーン6色全12色ラインナップされています。

ただし、グレードによって選択出来ないカラーがありますので検討されているグレードによってはご希望のカラーが選べない場合があります。

「ブラック」以外はメーカーオプションとなっており、モノトーンが+55,000円(税込)、バイトーンが+165,000円(税込)となっています。

それぞれのグレードで選べるボディカラーは以下のようになっています。

■モノトーン

引用:https://toyota.jp/crown/

グレード
RSGX
プレシャス
ホワイトパール
メーカーオプション(+55,000円)
プレシャスメタルメーカーオプション
(+55,000円)

プレシャス
シルバー
メーカーオプション
(+55,000円)

 
ブラック標準カラー(+0円)
エモーショナル
レッドⅡ
メーカーオプション
(+55,000円)

プレシャス
ブロンズ
メーカーオプション
(+55,000円)


■バイトーン

引用:https://toyota.jp/crown/

グレード
RSGX
ブラック ×
プレシャスホワイトパール
メーカーオプション
(+165,000円)
ブラック ×
プレシャスメタル
メーカーオプション
(+165,000円)
ブラック ×
プレシャスシルバー
メーカーオプション
(+165,000円)
ブラック ×
エモーショナルレッドⅡ
メーカーオプション
(+165,000円)
ブラック ×
プレシャスブロンズ
メーカーオプション
(+165,000円)
ブラック ×
プレシャスレイ
メーカーオプション
(+165,000円)
クラウン

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

新開発された「プレシャスブロンズ」「プレシャスレイ」が【クラウンクロスオーバー】のデザインを引き立たせています。

更に新車発表時に公開されて話題となった、ルーフ(屋根)とボンネットヘッド・リヤがブラックでカラーリングされている特徴的なバイトーンカラーもまた【クラウンクロスオーバー】の象徴となっています。

バイトーンカラーは最廉価グレード「CROSSOVER X」以外で選択可能となっていますが、「CROSSOVER RS」と「CROSSOVER X」それぞれ専用色が用意されています。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

ラグジュアリーかつスポーティーな新色「ブラック×プレシャスレイ」「プレシャスレイは最上位グレード「CROSSOVER RS“Advanced”」「CROSSOVER RS」専用カラーとなっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

【クラウンクロスオーバー】のテーマカラーとなっている「ブラック×プレシャスブロンズ」は、「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」「CROSSOVER G“Leather Package”」「CROSSOVER G」専用カラーとなっており、【クラウンクロスオーバー】らしい落ち着きと高級感のあるボディカラーとなっています。

crown

引用:https://toyota.jp/crown/

全12色のボディカラーの中で人気カラーとなっているのが、「プレシャスホワイトパール」「ブラック」であり、先代【クラウン】や他のトヨタ車と同様の傾向となっています。

引用:https://kinto-jp.com/car/bz4x/user/

トヨタのサブスクリプションサービスKINTOでは好みのボディカラーを選択可能となっておりますので【クラウンクロスオーバー】らしいバイトーンを選ぶのも、人気カラーの「プレシャスホワイトパール」を選ぶのも良いでしょう。

ちなみに、上記の通り「ブラック」以外はメーカーオプションとなっているのでKINTOご利用の際にも月額料金にプラスされますのでチェックしておきましょう。

ボディカラーKINTOのオプション料金
(7年契約の場合)
ブラック月額料金+0円
ブラック以外の
モノトーン
月額+660円
バイトーン全色月額+1,980円

 

スポンサードリンク

【クラウンクロスオーバー】燃費はどのくらい?

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37540587.html

最後に【クラウンクロスオーバー】の燃費性能を見ていきましょう。

【クラウンクロスオーバー】には2種類のハイブリッドシステムが用意されており、それぞれシステム構成・特性が大きく異なりますので燃費も大きく異なります

 

まず、【クラウンクロスオーバー】のダイナミックなフォルムと【クラウン】らしいスポーティーかつコンフォートを実現する新開発ユニット「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッドシステムを見ていきましょう。

この「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッドシステム」を採用する「CROSSOVER RS」「CROSSOVER RS“Advanced”」の燃費性能は以下のようになっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

WTLCモード15.7km/L
市街地モード12.6km/L
郊外モード15.8km/L
高速道路モード17.6km/L

次に取り上げる他グレードの燃費と比べると今ひとつに感じるかもしれませんが、最高出力257kW(349PS)と車両重量1,900~1,920kgのクロスオーバーSUVとしては高い燃費性能となっています。

 

次に他グレードに採用されている2.5L シリーズパラレルハイブリッドシステムの燃費性能は以下のようになっています。

引用:https://toyota.jp/crown/

WTLCモード22.4km/L
市街地モード21.2km/L
郊外モード23.8km/L
高速道路モード22.1km/L

全長4,930mmの大柄なボディサイズながらもトヨタハイブリッドシステム搭載車に相応しい高い燃費性能を誇り、「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッドシステム」と比較すると最高出力は劣るもののシステム最高出力172kW(234PS)充分過ぎる動力性能を持っていますのでこちらのハイブリッドシステムであっても走行性能に不満に感じる事は無いでしょう。

クラウンクロスオーバー

引用:https://toyota.jp/crown/

燃費性能を比べてみると二つのハイブリッドシステムは全くの別物である事がよくわかります。

先代同様に「RS」グレードの名に相応しいパワーユニットでスポーツサルーンの伝統を引き継ぐCROSSOVER RS従来の「ロイヤル」を引き継ぐサルーンに相応しいパワーユニットを採用しているCROSSOVER G」「CROSSOVER X二つの性格を併せ持つ【クラウンクロスオーバー】は正に【クラウン】であると実感させます。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/crown/

【クラウンクロスオーバー】良い口コミや辛口コメント 評価など

【クラウンクロスオーバー】後部座席の広さと荷室容量について

【クラウンクロスオーバー】納期と価格

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました