【アルファード】VS【オデッセイ】価格・大きさ・燃費など気になる点を比較してみた。

アルファード

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

日本の大型ミニバン市場を席巻する【アルファード】

トヨタの最上級ミニバンに相応しい「大空間高級サルーン」として人気がある【アルファード】の競合車として挙げられるクルマに、ホンダの最上級ミニバン【オデッセイ】があります。

ここでは大型ミニバンの代表格である【アルファード】とスポーティーなミニバン【オデッセイ】を比較していきます。

スポンサードリンク

【アルファード】VS【オデッセイ】価格について

まずは【アルファード】と【オデッセイ】の価格を比較していきます。

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

■ハイブリッド (2.5L+モーター・E-Four)

グレード乗車定員価格
標準
ボディ
Executive Lounge7人乗り7,352,640円
G“Fパッケージ”7人乗り5,551,200円
G7人乗り4,997,160円
X7人乗り4,426,920円~
8人乗り4,384,800円~
エアロ
ボディ
Executive Lounge S7人乗り7,502,760円
SR “Cパッケージ”7人乗り5,695,920円
SR7人乗り5,139,000円~
S7人乗り4,632,120円

■ガソリン車 (2WD・4WD)

グレードエンジン乗車定員駆動方式価格
標準
ボディ
Executive
Lounge
3.5L7人乗り2WD7,028,640円
4WD7,221,960円
GF7人乗り2WD5,227,200円
4WD5,421,600円
G2.5L7人乗り2WD4,206,600円
4WD4,456,080円
X8人乗り2WD3,376,080円
4WD3,625,560円
エアロ
ボディ
Executive
Lounge S
3.5L7人乗り2WD7,177,680円
4WD7,372,080円
SC7人乗り2WD4,969,080円
4WD5,162,400円
S
“Cパッケージ”
2.5L7人乗り2WD4,383,720円
4WD4,633,200円
S
“Aパッケージ”
7人乗り2WD3,926,880円
4WD4,176,360円
S7人乗り2WD3,757,320円
4WD4,007,880円
8人乗り2WD3,714,120円
4WD3,964,680円

 

オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

■SPORT HYBRID i-MMDハイブリッドシステム(2.0L+モーター 2WD)

グレード乗車定員価格
HYBRID ABSOLUTE・EX
Honda SENSING
7人乗り4,150,000円
HYBRID ABSOLUTE
Honda SENSING
7人乗り3,936,400円
8人乗り3,850,000円
HYBRID
Honda SENSING
7人乗り3,836,400円
8人乗り3,750,000円

■ガソリン車(2.4L 2WD・4WD)

グレード駆動方式
/乗車定員
価格
ABSOLUTE・EX
Honda SENSING
FF/7人乗り3,540,000円
4WD/8人乗り3,653,600円
ABSOLUTE
Honda SENSING
FF/7人乗り3,326,400円
FF/8人乗り3,240,000円
4WD/8人乗り3,440,000円
G・AERO
Honda SENSING
FF/7人乗り3,066,400円
FF/8人乗り2,980,000円
4WD/8人乗り3,180,000円

【オデッセイ】のハイブリッド車2WD(FF)のみの設定となり、排気量2.0Lのエンジン+モーターの組み合わせとなります。

ガソリンエンジン車2.4L 直4エンジンとなり【アルファード】2.5L ガソリンエンジン車に近いスペックとなっています。

【オデッセイ】ガソリン車の「G・AERO」のエンジンが129kW[175PS]というスペックですが「ABSOLUTE」では140kW[190PS](4WD 136kW[185PS])とスペックアップしており【アルファード】を超える動力性能となっています。

価格帯ではガソリン車298万円~・ハイブリッド車 375万円~【アルファード】よりも低くなっており寸法などを含めて【アルファード】よりも1クラス下のクルマとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

両者共に「Toyota Safety Sense」「Honda SENSING」といった予防安全装備が標準装備されており安全装備面では拮抗しています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【アルファード】【X】と同価格帯運転席8ウェイパワーシートや木目調パネルなど装備が充実した【オデッセイ】「ABSOLUTE・Honda SENSING」が選べ、【アルファード】【S】の価格帯【オデッセイ】ガソリン車の最上位グレードABSOLUTE・EX Honda SENSING」を選ぶ事が出来ます。

スポンサードリンク

【アルファード】VS【オデッセイ】大きさってどんな感じ?

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

次に【アルファード】と【エルグランド】の大きさを比較していきます。

アルファードオデッセイ
全長4945 mm(標準ボディ)
4950 mm(エアロボディ)
4840mm
全幅1850 mm1820mm
全高1935 mm(2WD)1685-1695mm(2WD)
1950 mm(4WD・HV)1715mm(4WD)
室内長3210 mm2935mm
室内幅1590 mm1560mm
室内高1400 mm1325mm(2WD)
1305mm(4WD・HV)

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

 

寸法【オデッセイ】が一回り小さく1クラス下のサイズとなります。


引用:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

全高100mm全幅30mm【アルファード】の方が大きく全高235~250mm高くなっています。

室内長では【アルファード】が275mm長くなっています。

この違いは足元スペースの確保で差が出てきており、サードシートでのゆとりなど【アルファード】が圧倒的に快適な空間となっています。

室内高では75~95mmの差となり全高ほどの差とはなっていません

引用:https://toyota.jp/alphard/

低床設計の【オデッセイ】に対し、【アルファード】は足回りスペースが必要となるダブルウィッシュボーンリアサスペンションを採用した上でフルフラットな床面とするために高い床高となる事から【アルファード】と【オデッセイ】との差が縮まっています。

この差はスライドドア乗降口を比較するとよくわかります。

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

階段状のステップがある【アルファード】に対し、【オデッセイ】はステップの無い乗降口となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

子供が立って着替えられる室内高1400mmを誇る【アルファード】とは異なり【オデッセイ】は低い室内高となっていますが【オデッセイ】も充分な高さを確保しています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

頭周りの空間を広くする形状にする事着座した時に感じる広々さでは【アルファード】に劣らぬ空間を確保しています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

低床化することで運動性能を高めている【オデッセイ】に対し、【アルファード】はダブルウィッシュボーンリアサスペンションを採用することで上質な乗り心地と操縦安定性能を確保しています。

 

全高1900mmを超える【アルファード】では高さ制限1800mm以下、という制限がある建築年代が古い「自走式立体駐車場」など街中や商業施設・マンションなどの高さ制限のある駐車場の利用が制限される場合がありますが、全高1700mm前後の【オデッセイ】の場合は【アルファード】よりも制限が緩くなります

 

室内を比較して似て非なる点として2列目シートが挙げられます。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【オデッセイ】の7人乗りでは背もたれの中折れ機能やオットマン・ロングスライド機構を装備する「2列目プレミアムクレードルシート」が設定されています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】【HYBRID G】【HYBRID X】【G】【S“A パッケージ”】【S】に採用される「リラックスキャプテンシート」よりも上質でゆとりのあるキャプテンシートとなっており【オデッセイ】の方がお買い得に感じる面があります

 

8人乗り仕様のベンチシートでは似通った仕様ですが異なる点として格納方式があります。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】のベンチシートはチップアップ・前方スライドでサードシートへの乗り込み幅と最大積載スペースを確保するようになっています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【オデッセイ】では背もたれを前方に倒して前方スライドしてサードシートへの乗り込み幅と最大積載スペースを確保するようになっています。

 

3列目シートもまたそれぞれに特徴があります。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】の3列目シートスライド機構を備えて足元スペースを確保出来るなど大人がゆとりを持って座れるシートとなっています。

格納方式はミニバンでは一般的な5:5分割跳ね上げ式となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

スライド機構付ながらも床下収納スペースが確保されているのも大きな特徴です。

 

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

それに対し【オデッセイ】の3列目シート床下収納でフルフラットなラゲージスペースを確保出来ますが、スライド機構が無く座面が傾斜しており足元スペースの調整が2列目シートのスライドでしか出来ずラゲージのサイズを変更出来ないなど【アルファード】と比べるとどうしても狭くなっています

それでもリクライニング機構1席ごとに背もたれの角度をずらす事で大人3人が肩を触れあわう事無く座れるなど5:5分割格納方式の【アルファード】よりも中央席の使い勝手・座面形状が良くなっています

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

「大空間高級サルーン」【アルファード】「プレミアムな体験をもたらす走るラウンジ」【オデッセイ】

どちらも最上級ミニバンとして上質に仕上げられており、大型ミニバンの最高峰として全座席でくつろげる空間となっている【アルファード】とは異なる、スポーティーな大型ミニバンとしての魅力【オデッセイ】にはあります。

スポンサードリンク

【アルファード】VS【オデッセイ】燃費の違いについて

 

最後に【アルファード】と【オデッセイ】の燃費を比較していきます。

まずはエンジンのスペックを比較していきます。

■ハイブリッド

アルファードオデッセイ
エンジン排気量2.493L1.993L
最高出力
(kW[PS]/rpm)
112[152]
/5700
107[145]
/6200
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
206[21.0]
/4400-4800
175[17.8]
/4000
フロント
モーター
最高出力
(kW[PS]/rpm)
105[143]135[184]
/5000-6000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
270[27.5]315[32.1]
/0-2000
リア
モーター
最高出力
(kW[PS]/rpm)
50[68]
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
139[14.2]

■ガソリンエンジン

直4エンジン

アルファードオデッセイ
ABSOLUTE
2WD4WD
排気量2.493L2.356L
最高出力
(kW[PS]/rpm)
134[182]
/6000
129[175]
/6200
140[190]
/6400
136[185]
/6400
最大トルク
(N・m[kgf・m]
/rpm)
235[24.0]
/4100
225[23.0]
/4000
237[24.2]
/4000
235[24.0]
/4000

V6エンジン

 アルファード
排気量3.456L
最高出力(kW[PS]/rpm)221[301]/6600
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)361[36.8]/4600-4700

ハイブリッド車・ガソリン車共に排気量の違いはありますがエンジン・ハイブリッドシステムの動力性能は似通ったスペックとなっています。

ハイブリッド【アルファード ハイブリッド】が2.5L直4エンジン+前後モーター【オデッセイ ハイブリッド】は2.0L直4エンジン+モーターというシステムでどちらもモーター主体の駆動方式となっており似通っている印象がありますがそれぞれ別方式のハイブリッドシステムとなっています。

【アルファード ハイブリッド】エンジンで走行・発電同時に行うシステムとなっています。

【オデッセイ ハイブリッド】の「SPORT HYBRID i-MMD」では発電用モーターに繋がって発電された電力走行用モーターを駆動させる方式となり、モーターが不得手とする高速走行時にクラッチ操作でエンジン出力を駆動軸へと繋ぎ替えてエンジン動力のみで走行するエンジンドライブモード」に切り替える方式となっています。

エンジンドライブモード以外ではモーターの動力のみで走行する事から【オデッセイ ハイブリッド】の方がEVに近いシステムといえます。

 

ガソリン車では上記の通り「ABSOLUTE」用エンジンはハイパワーを発揮するチューニングとなっており【アルファード】2.5Lエンジンよりも高スペックとなっています。

ハイブリッド車・直4ガソリンエンジン車は両車共に燃料代を抑えられるレギュラーガソリン仕様となっています。

しかし【アルファード】のみ設定されている3.5L V6エンジン車ハイオクガソリン仕様となりますが、その分大排気量V6エンジン特有の力強いエンジンとなっています。

 

次にカタログ燃費(JC08モード)を比較していきます。

■アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

燃費
(JC08モード)
HV7人乗り18.4 km/L
8人乗り19.4 km/L
2.5L2WDアイドリングストップ機能
11.4~
11.6 km/L
アイドリングストップ機能
12.4~
12.8 km/L
4WD12.0~
12.4 km/L
3.5L2WD10.6~
10.8 km/L
4WD10.4 km/L

 

■オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

■ハイブリッド

グレード乗車定員燃費
JC08モードWLTCモード
HYBRID
ABSOLUTE・EX
Honda SENSING
7人乗り24.4 km/L20.0 km/L
HYBRID
ABSOLUTE
Honda SENSING
HYBRID
ABSOLUTE
Honda SENSING
8人乗り25.2 km/L20.2 km/L
HYBRID
Honda SENSING
7人乗り26.0 km/L20.6 km/L
HYBRID
Honda SENSING
8人乗り20.8 km/L

■ガソリン車

グレード駆動方式
/乗車定員
燃費
(
JC08モード)
ABSOLUTE・EX
Honda SENSING
ABSOLUTE
Honda SENSING
FF/7人乗り13.6 km/L
4WD/8人乗り13.0 km/L
ABSOLUTE
Honda SENSING
FF/8人乗り14.0 km/L
G・AERO
Honda SENSING
FF/7人乗り13.2 km/L
FF/8人乗り13.6 km/L
4WD/8人乗り12.6 km/L

2,000kg前後の車両重量となり全高が高いなど燃費に不利な【アルファード】よりも軽量で全高の低い【オデッセイ】の方がハイブリッド車・ガソリン車共に高い燃費性能を誇ります

【アルファード】2.5Lガソリン車(2WD)ではアイドリングストップ機能装備車の方が燃費が良くなっており、2WD車ではメーカーオプションのアイドリングストップ機能追加装備しておいた方が良さそうです。

【オデッセイ ハイブリッド】に関しては実燃費に近い「WLTCモード」燃費も公開されており20.0km/Lを超える燃費となっており実燃費においても高い燃費性能を期待出来ます。

 

アルファードオデッセイ
ハイブリッド10~13km/L17~20km/L
2.4L・2.5L7~9km/L9~11km/L
3.5L8~9km/L

実燃費で比較していくとハイブリッド車では【オデッセイ】の方が低燃費となっておりWLTCモード燃費に近い値となっています。

ガソリン車ではその差は小さくなっていますがカタログ燃費同様に【オデッセイ】の方が若干良い値となっています。

燃費性能で比較すると【オデッセイ】の方が優れている印象となりますが【オデッセイ】より1クラス上の上質で滑らかな乗り心地1列目シートと3列目シートで走行中でも会話出来る静粛性の高さなど【アルファード】は高級サルーンに相応しい仕上がりとなっており、ゆとりある室内空間など【アルファード】の方が高級感が高くなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

両車を比較するならば同価格帯となる【アルファード】「HYBRID X」「G」「X」「S“C パッケージ”」「S“A パッケージ”」「S」で比較していきキャプテンシート足元スペースなどの使い勝手の違いを比較して、実際に試乗して両車の乗り心地・走行性能・動力性能・室内空間を比較してみるとライフスタイルに合うクルマに出会えるでしょう

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/ https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【アルファード】現行アルファードと旧型ではここが違う!

【アルファード】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】VS【エルグランド】比較してみた。どっちがいいの?

【アルファード】VS【ヴェルファイア】との比較。どっちがいいの?

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



タイトルとURLをコピーしました