【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

アルファード

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


【トヨタ アルファード】には「大空間高級サルーン」に相応しい快適性能と燃費性能を兼ね備えた2.5L 直4エンジン・3.5L V6エンジン・2.5L ハイブリッド と3種類のパワーユニットがラインナップされています。

低速域から力強い加速性能を発揮しつつ大きな車体で10km/L前後の燃費性能を発揮しますが、性能を維持して長く乗り続けるにはエンジンオイルの定期的な交換が不可欠です。

ここでは【アルファード】のオイル交換について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【アルファード】エンジン不調にならない為に。キチンとオイル交換

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずはエンジンオイルの交換時期について。

他の車種と同じく1万5,000km、または1年目安であり、12ヶ月点検の時にエンジンオイルを交換するように心懸けましょう。

ディーラーによっては5,000kmを目安としてお奨めしている場合もありますが、【アルファード】だからと短期間で交換しないといけない、というわけではありません。

なお、走行距離が長い・アップダウンの多い山道など過酷な走行が多いという場合には半分の7,500km・6ヶ月目安となってきます。

汚れ具合・劣化具合によっては目安の距離・期間に達していなくても交換するようにしましょう。

エンジンオイルの主たる目的には「エンジンの潤滑」があります。

オイルエンジン各部を潤滑していく事でエンジン各部が動作しやすくする効果を発揮しています。

エンジン各部を循環しているエンジンオイルは走行の度にエンジンを構成する金属間の摩擦によって潤滑性能が日々低下しまていきます。

また、燃料の燃焼時に発生する煤摩擦による金属摩耗粉また燃料に混じる水分など様々な物がエンジンオイルに混入していく事でエンジンオイルは日々劣化していきます。

引用:https://toyota.jp/after_service/tenken/about/maintenance/oilfilter/

普段乗っていると感じにくい事ですが、エンジンオイルが劣化した状態で走行していると新車状態と比べると明らかにエンジン性能が低下してしまいます

また極少量ですが走行しているうちに徐々に消費されてしまうためオイル量も減っていきます

引用:https://www.honda.co.jp/afterservice/daily-tenken/engine/index.html

こうした状況を把握するには定期的にエンジンオイルの汚れや量を確認し、必要であれば補充や交換を行う事が不可欠です。

 

「【アルファード】など最新の車ではエンジンオイル交換は不要」、などという根拠の無い都市伝説紛いな事主張する方もごく希に居られますし、車の仕組みに疎い方ガソリンと何が違うのか理解していないという方も居られます。

車という乗り物高い買い物です。

特に【アルファード】最廉価グレードでも400万円以上の買い物となる高級品です。

高額な物だけに大切に取り扱う必要がありますし、「大空間高級サルーン」と謳われる高性能を維持し続けるためにはこまめなエンジンオイルのチェック・交換が不可欠です。

引用:https://toyota.jp/after_service/tenken/about/maintenance/oilfilter/

またエンジンオイル交換時には同時にオイルフィルターの確認・交換をするようにしましょう。

エンジンオイルに混入した不純物を取り除く役目を持つオイルフィルターは、長期間使っているとオイル内の不純物を除去できなくなり、オイルの性能低下が早まるだけでなく、フィルター自体が詰まってしまいます

オイルフィルターの交換2年毎での法定点検時が目安となります。

法定点検時の予算にオイル交換費用・オイルフィルター交換費用を盛り込んでおくと後から予算オーバーで騒ぐ必要が無くなります。

スポンサードリンク

【アルファード】最適なオイルのグレードは?どのくらいの量が入るの?

引用:https://toyota.jp/alphard/

次に【アルファード】 に必要なエンジンオイルの量・グレードはどのようなものか、取り上げていきます。

まずは、エンジンオイルの量

エンジンの種類によってオイルの量は異なってきます。

現行型(3代目)【アルファード】におけるオイル量は次の通りです。

ハイブリッド :4.0L
2.5L :4.0L
3.5L 2GR-FE型(マイナーチェンジ前) :5.7L
3.5L 2GR-FKS型(マイナーチェンジ後) :5.3L

引用:https://toyota.jp/alphard/

3.5L V6エンジン2017年のマイナーチェンジ時新型エンジンが投入されており、エンジンオイルの量が若干少なくなっています。

3.5L V6エンジン車年式・車検証記載のエンジン形式でエンジンの違いを確認しておくと良いでしょう。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ハイブリッドと2.5Lガソリン車ではちょうど4.0L市販のオイル缶の量となります。

 

次にエンジンオイルの種類

エンジンオイルには様々な種類がありますが、【アルファード】に最適なオイルはどんなものでしょう。

引用:https://www.tacti.co.jp/project/toyota-jigyo/shohin/oil/

トヨタが推奨しているエンジンオイルAPI規格SN/RC適合の『0W-20』『5W-30』という種類のものになります。

新車時には『0W-20』という省燃費性に優れるエンジンオイルが使われています。

これらは-20℃から40℃以上の過酷な環境でも正常に動作を保証しているオイルです。

このうち『0W-20』はエンジンオイルとしては粘度が柔らかい部類となり、ハイブリッドカーの省燃費エンジンを守るために低粘度のものメーカー推奨品となっています。

『W』の左の数値低温時のエンジン始動特性を示しており数値が小さいほど冬場や寒冷時でのエンジン始動が容易となります。

右側の数値高温時の粘度特性を示しており数値が高いほど粘度が高く高速走行や重負荷走行に適しています。

他のエンジンオイルでも大きな問題は無いようですが冷温時最近の真夏のように連日40℃近くになるような場合には燃費が悪化する傾向があります。

 

ディーラーやカー用品店によっては一般的なガソリン車で使われている『5W-30』を奨めてくる場合があります。

『0W-20』と比べて若干価格が安く、ディーラー・カー用品店等での在庫が豊富であるために奨めてくると思われます。

『5W-30』はトヨタ推奨オイルですので通常の環境では問題の無いエンジンオイルですが走行環境によって燃費悪化に繋がる場合があります。

長距離走行する機会が多い方、特に冬場が冷温となる地方の方は『5W-30』よりも『0W-20』を選んだ方がエンジンパフォーマンスを維持出来ますので『0W-20』を選んでおくと良いでしょう。

引用:https://global.toyota/jp/detail/17572004/

ディーラーでのオイル交換の際は、「トヨタ車専用オイル」を謳う最新の「トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 0W-20」であるかを確認しておくと良いでしょう。

引用:https://www.emg-lube.jp/mobil1/product/0W-20.html https://www.castrol.com/ja_jp/japan/car-engine-oil/engine-oil-brands.html

他のオイルメーカーからも「Mobil 1」「カストロール MAGNATEC」といった様々な高性能オイルが販売されていますのでカー用品店・整備工場での交換を行う方は【アルファード】の日常の使い方に合うオイルをスタッフと相談しながら決めると良いでしょう。

 

オイル選びの際の注意点として【プリウス】など最新のトヨタハイブリッドカーにおいて採用されている超低粘度の『0W-16が「ハイブリッド車専用オイル」として販売されているケースがあります。

しかし、【アルファード】のハイブリッド用エンジンでは『0W-16』の使用は推奨されていません

スポンサードリンク

【アルファード】一回のオイル交換にかかる費用はこれくらい

最後にオイル交換の費用について。

エンジンオイル自体の価格は売れ筋グレードで約1,000円/Lですのでオイル代が約4,000円~6000円程度となります。

ディーラーにおけるトヨタ純正オイルの価格が4L 5,500円程度とカー用品店等より少し割高となりますが純正品という安心感がありますので、ディーラーでの交換では「トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 0W-20」で、カー用品店での交換ではお店が【アルファード】用として推奨している『0W-20』オイルでと良いでしょう。

工賃込でのオイル交換費用ディーラーでの交換で約7,000円~9,000円程度となります。

オイル代が4.0Lで5,000円前後工賃が2,000円~、といった内訳で、オイル量の多い3.5Lではオイル代が上乗せされます。

オイルフィルターの交換が必要となる場合は約2,000円上乗せされます。

カー用品店ではオイル代がもう少し安くなりますので費用は抑える事が出来ます

ネット通販で更に安価で購入してご自分で交換作業して費用を抑える、という方も居られます古いオイルの処分の手間3.5Lエンジンでは通常の4L缶では足りないので2L分のオイル缶を用意する必要があります。

また【アルファード】は大きな車体ですので作業スペースの確保も必要ご自分で交換するよりもカー用品店やディーラー・整備工場に依頼する方が良いでしょう。

エンジンオイルの種類安価なモノを選んで費用を抑える、という手法もありますが、動力性能や燃費性能などエンジン性能に悪影響を及ぼす可能性が大きく「高級サルーン」である【アルファード】に相応しいエンジンオイルを選んだ方が【アルファード】本来の性能を確保出来る上に、長期間に渡って性能を維持する事にも繋がります。

費用を抑える手っ取り早い方法は法定点検など他の点検とセットで作業を行う事です。

工賃を抑える事が出来ますし、点検と同時に行う事で【アルファード】が使えない時間を短期間にまとめることが出来ます

点検費用に整備費用が上乗せされるので支出が増えるように見えますが、トータルで維持費の出費を下げる事が出来ます

また給油記録と共にメンテナンス記録も記録出来るスマートフォン用給油記録アプリによってエンジンオイルだけでなくタイヤ他の整備記録・費用も残しておくと前もってメンテナンス費用の算出がしやすくなり、年間維持費を年度毎に比較出来るなど家計費の算出にも役立ちます。

スマートフォンとPC両方でデータ管理出来るe燃費』がオススメです。

iPhone用
Android用

 

アイキャッチ画像引用URL:https://gazoo.com/article/guide/150728.html

【アルファード】ちょっとのことですごく便利。アクセサリー

【アルファード】安全性や自動ブレーキって実際はどんなもの?

【アルファード】自分だけのオリジナル。オプション・パーツ

【アルファード】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい

【アルファード】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【アルファード】スペックや加速性能、乗り心地レビュー

【アルファード】機械式駐車場に入れるときには超重要!外寸は?

【アルファード】下取り価格・リセール価格はいくらくらい?

【アルファード】口コミや評価・評判は?

【アルファード】人気カラーや色見本などをご紹介

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました