日産【サクラ】EV 実際いくらで買えるの?電気代は?電気自動車

サクラ

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




日産が【リーフ】、【アリア】に続く、3モデル目の量販BEV(バッテリー式電動自動車)として2022年5月に発表した日産 新型【サクラ】

これまで日産からは2人乗り軽BEV【ハイパーミニ】が発売された事はありましたが、軽乗用車としては初となります。

日産車では珍しい和名が付けられた【サクラ】は設計時からBEV導入が計画されており、これまでいくつか登場してきた軽BEVとは一線を画す存在であり、室内スペースなど利便性を失わない軽BEVとしては初めて尽くしのクルマで発表前から話題性の高いクルマでした。

既に想定以上の受注を受け、海外からも引き合いのある魅力的な軽BEV【サクラ】のボディカラーやオススメポイントなどを取り上げていきます。

スポンサードリンク

【サクラ】ボディカラー

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

まずは【サクラ】のボディカラーについて。

【サクラ】には全15色のボディカラーがラインナップされており、「G」グレードでは全15色(ツートン9色、モノトーン6色)、「X」グレードでは全10色(ツートン4色、モノトーン6色)から選ぶ事が出来ます。

G 引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html
X 引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

 

ブロッサムピンク(TM)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

 

ソルベブルー(M)/チタニウムグレー(M) 2トーン(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

暁-アカツキ-サンライズカッパー(M)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

ホワイトパール(3P)/チタニウムグレー(M) 2トーン(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

スパークリングレッド(PM)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

チタニウムグレー(M)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

フローズンバニラパール(M)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

ソルベブルー(M)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

ホワイトパール(3P)/ブラック(P) 2トーン(特別塗装色)
「G」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

ブラック(P)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

スターリングシルバー(M)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

スパークリングレッド(PM)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

アッシュブラウン(M)(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

ソルベブルー(M)(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

ホワイトパール(3P)(特別塗装色)
「G」「X」

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

【サクラ】のボディカラーは四季の彩りに包まれるシーズンズカラーがラインナップされているのが大きな特徴で、日産新世代EVデザインであるフロント周りのモダンデザインとタイヤホイールの「組子」デザインが映える彩りとなっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/ariya.html

このうち暁-アカツキ-:サンライズカッパーは組み合わされるブラックカラーは異なるものの【アリア】にも設定されている和名のボディカラーとなっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

どの色を選んでも【サクラ】のデザインを活かせる見栄えですが、出来れば【アリア】との共通性を感じさせるツートンカラーを選びたいところでしょう。

スポンサードリンク

【サクラ】フル充電でどのくらい走れるの?電気代は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

次に【サクラ】の航続距離と充電に掛かる電気代について。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x_ev/

【サクラ】は満充電の状態から航続距離180km(WLTCモード)となっています。

これは走行環境や回生協調ブレーキの利用頻度などによって距離は前後しますが、WLTCモード計測値ですので大きく外れる事はありません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

【サクラ】は毎日のお買い物や送迎通勤など、普段使い・短距離移動を主軸とした車ですので普段の駐車場所、買い物などの行き先に充電設備が整っていれば特に問題にはならないでしょう。

駐車場所が月極で充電設備を設置できない、という方は買い物先や近所の充電スポット、日産販売店などで充電する必要があり、他の車が充電していると順番待ちしないといけない不便さが【リーフ】【アリア】など大容量バッテリー搭載車よりも大きくなってしまいます。

航続距離を伸ばすのはバッテリー容量を増やす事で簡単に行えますが、スマホやノートPCと同じで容量と比例してバッテリースペースが大きくなり重くなってしまいます。

これは軽自動車ベースでEVを作る上ではデメリットにしかなりません。

【サクラ】の場合、軽自動車の用途では航続距離180kmもあれば十分、だと割り切ったバッテリー容量にする事で兄弟車である【デイズ】と変わらない室内スペースを確保しています。

従来の軽自動車EVと異なり乗用車としての利便性を損なうこと無く日常利用出来てコスト増も抑える、という条件を兼ね備えたバランスの良い航続距離が180kmだった、という事です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura/performance_safety.html

東京~大阪間など長距離移動をするには充電スポットのあるSAがあれば必ず立ち寄って充電し、「プロパイロット」を活用して80km/hの定速走行を心懸けるといったエコ走行をする必要がありますので通常のガソリンエンジン車よりも時間が掛かります。

ですので長距離移動が多い、という方には不向きとしか言えません。

そういう方には【リーフ】【アリア】が用意されており、【サクラ】は4人がゆったり乗車出来る快適なシティコミューターなのだと理解しておく必要があります。

 

次に電気代ですが、電気契約によって電気代が異なりますので参考までにスマート電化向けのプラン「スマートライフS/L(東京電力)」における電気代を見ていきましょう。

「スマートライフS/L」では夜間(午前1時~6時)までの電気代が18円前後に抑えられますので夜間に満充電すると更にお得となります。

■スマートライフS/Lでの概算電気代

通常時での満充電 約516円
午前1時~6時での満充電 約360円

 

■(参考)【デイズ】ハイウェイスター ターボG の180km走行にかかるガソリン代

WLTCモード燃費19.2km/L 約1,500円(レギュラーガソリン160円/L換算)

 

同じ距離を走行するならば、同等性能の【デイズ】ハイウェイスター ターボの1/3程度のランニングコストで済みます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura/charge/support.html

外出先での充電の場合には、会員制の日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3(ZESP3)に加入しておけばお得に充電スポットを利用する事が出来ます

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura/charge/support.html

月々の走行距離に合わせたプランが設定されており、「プレミアム10」では急速充電10回/10分が含まれて月額4,400円で、普通充電は使い放題となっています。

急速充電が1回辺り440円かかりますが、長時間の買い物中に充電しておくなら普通充電を使えば0円で充電出来るのでかなりお得に充電する事が出来ます。

月額4,400円というのは通常の軽自動車で600km走行した場合のガソリン代(約5,000円)よりも若干安く、その都度精算する必要が無いので充電スポットを利用しやすいなどメリットが大きいので【サクラ】を購入される際には「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3(ZESP3)」への加入をオススメします。

スポンサードリンク

【サクラ】補助金込みで結局いくらで買えるの?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

次に【サクラ】の価格について。

まずは車両本体価格を見ていきましょう。

グレード 車両本体価格
G 2,940,300円
X 2,399,100円

【サクラ】は2グレード構成で2WDのみの設定となりますのでシンプルな価格構成となっています。

「G」は「ヘッドランプのオートレベライザー」「アダプティブLEDヘッドライト」「NissanConnectナビゲーションシステム(9インチディスプレイ)」「インテリジェントアラウンドビューモニター」や「プロパイロット」といった便利装備がほぼフル装備された仕様となっています。

「X」ではオーディオレスで便利装備はメーカーセットオプションにて追加していくことで「G」に近い仕様にする事が出来ます。

「G」と「X」の大きな違いは上記のボディカラーが挙げられます。

ツートンカラーは「G」の方が選択肢が多いので気に入ったボディカラー目当てに「G」を選ぶという方も居られるでしょう。

しかし、航続距離180kmと普段使いのセカンドカーシティコミューターとして短距離移動用に使うのならば「プロパイロット」や「NissanConnect」は不要だと感じる方も多いでしょうし、高性能なナビゲーションシステムでは無くスマホ連携出来るディスプレイオーディオで十分、という意見もあるでしょう。

ボディカラーに問題を感じないなら「X」をベースに必要なオプションを追加していった方が出費を抑えられます。

 

次に補助金ですが、「G」グレードを例に、東京都にお住まいの場合、

国の補助金 550,000円
エコカー減税+軽自動車減税 15,600円
自治体の補助金(東京都の場合) 600,000円
総計 1,165,600円

最大116万円の補助金が得られます。

「G」グレードの車両本体価格+諸経費込3,025,294 円(8月購入)ですので補助金が得られれば188万円で購入する事が出来ます

フロアマットやQi充電などを含めても200万円以内に収めることが出来ます。

 

ただし、補助金は令和4年度の場合、国や多くの自治体にて「三菱アウトランダーPHEV」など年度初めの時点で発売されていた車種購入で令和4年度予算分の補助金枠が消費されているケースが多く、これから【サクラ】を購入する際には補助金が得られない可能性が高くなってきています

 

そうなると確実に補助金を得るには次年度まで購入を待つか、追加予算が編成されるのを待つしかないありません。

引用:https://www2.nissan.co.jp/EVENT/PRIZE/22/01/

しかし、8月末までならば「日産サクラ誕生記念 電動車購入サポートキャンペーン(応募締切8月31日)に申し込んで購入支援金50万円 or 30万円当選を待ち望むのも一興でしょう。

補助金の適用枠が残っているのかなどは実際に日産販売店にて確認・相談するのが良いでしょう。

 

他のPHEV・BEVと比べると200万円台と価格帯が低いので、敢えて補助金は考慮せずに購入して早く【サクラ】を手に入れる、という事を検討するのも一つです。

引用:https://ws.nissan.co.jp/#id–lineup

購入金額を抑えたい、という方には近年対応車種が増えつつあるサブスクでの入手、という手段もあります。

引用:https://ws.nissan.co.jp/#id–lineup

【サクラ】の場合、日産のサブスク「ClickMobiにて「G」グレード28,600円~、「X」グレード22,990円~(5年または7年契約、契約走行距離月1,000kmの場合)で【サクラ】を利用する事が出来ます。

「ClickMobi」対象エリアでないエリアもありますが、リース契約ですのでライフスタイルの変化に合わせた車種変更・契約解除がしやすく、通常購入よりも納車が早いといったメリットがあります。

セカンドカー・シティーコミューターとしての利用がメインとなる【サクラ】ですので、【サクラ】は「ClickMobi」向けのクルマだと言えるでしょう。

【サクラ】電気自動車での車中泊はどんな感じ?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x_ev/

最後に【サクラ】での車中泊について。

【サクラ】の室内スペースはベース車種である【デイズ】とほぼ同じで広々とした室内空間となっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura/interior.html

フロントシートを倒せばフルフラットモードにすることが出来ますので斜めに寝転ぶか脚を曲げて横になることが可能で一人なら十分な就寝スペースを確保できます。

二人、となると並んで横になると荷物スペースが最小限となってしまいます。

またフルルラットモードでも段差があるので就寝スペースにするにはマットレスなどを用意する必要があります

この辺りは【デイズ】とほぼ同様ですので、【ルークス】など軽スーパーハイトワゴンのように快適な車中泊スペース、とはいきません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura/v2h.html

しかし、【サクラ】はBEVですので就寝中でもエアコンが利用可能でスマホのUSB充電ができるなど、他の軽ガソリンエンジン車よりも車中泊に優位な点もあります。

バッテリー容量が少なめなので一晩のエアコン動作には制約がありますが、ガソリンエンジン車と異なり駐車中でもエアコンや室内電化設備の利用が可能で、家電機器への給電も可能ですので、EV充電設備が整ったSAやキャンプ場など充電が可能な場所においてはEVのメリットを活かして快適な車中泊が出来るでしょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura/v2h.html

また災害時や停電時にエアコンを利用して避難場所として利用したり、家電への電力供給をする、といった避難場所・非常用電源として活用する事が出来ます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

車中泊する際に問題となるの室内スペースの広さよりも、航続距離180kmという制限がある【サクラ】で車中泊が必要なほどの遠出をする機会があるのか、という点でしょう。

まだまだ地方における充電スポットが整っていない現状で、他のPHEVなどが利用していて充電スポットに空きが無く、なかなか充電することができない、といったケースも起こりえますので設備台数や周辺に充電スポットが他にあるか事前に調べて、数パターンのプランを用意する必要があります。

キャンプ場などでは充電スポットの事前予約が可能か確認しておくのをオススメします。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

このように【サクラ】での車中泊利用には制限がありますが、近距離移動ならばキャンプ場やナイトスポット・天体観測などの拠点にするなどEVの特性を活かして快適に過ごせる車中泊スペースにする事が出来ます

 

今後の充電スポットの拡充が進めば航続距離の制限を緩める事が出来ますので、【サクラ】の便利機能を活かした快適な車中泊を過ごす事が出来るようになるでしょう。

【サクラ】での車中泊を検討されている方は、まずは自宅駐車場など【サクラ】の充電が出来る場所で、バッテリーを活用した車中泊がどのくらい出来るのかを確認してカタログではわからない「車中泊スペック」を体感する事をオススメします。

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました