新型【ノア】納期・納車待ち情報

ノア

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなる★★
(KINTO専用の納期があります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓



トヨタ 新型【ノア】の納期や納車待ちの状況は、どのようになっているのでしょうか。

2022年1月に待望のフルモデルチェンジが行われたミドルクラスミニバン車の新型ノアですが、およそ8年ぶりのモデルチェンジと言う事もあり、販売開始前から大きな話題を呼んでいる一方で、購入を検討している方の中には、納期や納車待ちの時間が気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、受注に対して生産数が追いつかず同じくトヨタから販売が行われている新型ランドクルーザーの納期が4年を超えるなど、人気車種であるが故に納車に時間が掛かるケースも珍しくないため、事前に概要を把握しておきたいと言う方は多いはずです。

そこで今回は、新型ノアの納期や納車待ちの最新状況、少しでも納期を早めるポイントの紹介などを中心に、トヨタ・新型ノアと納期・納車待ち情報について解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【ノア】販売目標に対する予約数

引用:https://bit.ly/3op52s7

新型【ノア】は2022年1月に兄弟車であるヴォクシーと共にフルモデルチェンジが行われ、およそ8年ぶりのモデルチェンジとなった事から大きな話題を集めています。

元々とノアは、2001年11月に先代モデルとなるタウンエースノアの後継車種として販売が開始されて以来、5ナンバーサイズミニバン車の中心的存在として、長年に渡りミニバン市場を牽引してきた車の1つとなり、モデル末期にも関わらず2021年には約44,000台を販売したほど人気の高い車種です。

ただし、人気の高い車種はモデルチェンジと同時に受注数が想定を超えてしまう車種も多く、受注に対して生産台数が追いつかず、結果として納期遅れを招いてしまう事も珍しくありません。

引用:https://bit.ly/3u8natI

ここで気になるは新型ノアの場合、1ヶ月にどの程度車両を生産する事ができるのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので、まずは新型ノアの月間販売目標台数(生産台数)がどれくらいとなっているのか説明していきます。

2022年1月に販売が開始された4代目となる新型のノアには、現在従来型のガソリンモデルとハイブリッドモデルの2つの動力方式が設定されており、両方を合わせた月間の販売目標台数は8,100台に設定されています。

また、動力方式は同じですが新型ノアよりも設定グレードが少ない新型ヴォクシーの場合は5,400台に設定されており、ノアの方が生産ラインは多い点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3rP1eB8

数字だけ見ても具体的なイメージが湧かないと言う方もいらっしゃると思いますが、共に2020年に販売が開始され、一時は6ヶ月~12ヶ月の納車待ちが発生したトヨタ【ハリアー】と【ヤリスクロス】の販売目標台数を見てみると

  • ハリアー:3,100台/1ヶ月
  • ヤリスクロス:4,100台/1ヶ月

となりますので、新型ノアとヴォクシーの場合は生産台数が多く割り振られていると言え、これだけの生産能力が確保されていれば、暫くの間は納期に大きな影響はないと思われがちですが実際には、状況がやや異なります

実は新型ノアやヴォクシーの場合、一部の地域では2021年11月上旬頃から、その他の販売店では12月上旬頃から先行予約と言う形で受注が始まっており、2022年1月13日の正式発表時には既に約30,000台程度の予約台数となっているのが現状です。

代替:トヨタ 新型 ノア 納期 納車待ち 新型ヴォクシー 展示車

もちろんこの数字は、新型ノアだけではなくヴォクシーを含んだ両車の予約数ですので一概に長期的な納車待ちが発生するとは言えませんが、現在は正式に販売開始の発表が行われており今後は予約分だけではなく、一般受注の量も増加することが見込まれます。

そのため、新型モデルの購入を検討している場合は、早めに販売店で相談を行うと良いでしょう。

このように、新型ノアの1ヶ月あたりに生産を行う事のできる販売目標台数は、他のトヨタ車と比べ多く振り分けられていますが、予約数は販売開始時点で大きく生産可能台数を超えていますので、購入を検討している場合の参考にして下さい。

では実際に、新型ノアの場合には現在のところどれくらいの納期、または納車待ちが発生しているのでしょうか。

次の項目では、フルモデルチェンジ直後の具体的な納期・納車待ちの状況について説明をしていきます。

スポンサードリンク

新型【ノア】納期・納車待ち情報

引用:https://bit.ly/3IBQmNC

前述した通り、新型【ノア】の1ヶ月あたりの販売目標台数は8,100台、ヴォクシーの場合は5,400台にそれぞれ設定され、販売開始時点での予約数はおよそ30,000台あまりとなっている事が分かりました。

これだけ話題性が高く、既に予約の時点で30,000台程度の受注状況となっていると、購入を検討している方の中には注文から納車まで、どれくらいの時間が掛かるのか気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特に、年度内での乗り換えや車検などのタイミングで乗り換えを検討している場合は、納期が非常に重要となりますので、具体的な情報を知りたいと言う方は少なくないはずです。

では具体的に、フルモデルチェンジ直後となる新型ノアの納期・納車待ち状況は、どのようになっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3r5DTMz

これは、受注を行う店舗やタイミングなどに因ってもバラツキがあるため一概に当てはまる訳ではありませんが、新型ノアの場合には最短で

  • ガソリンモデル2ヶ月半~3ヶ月程度
  • ハイブリッドモデル4ヶ月半~5ヶ月程度

が1つの工場出荷目安となっており、車両の組み立てが完了後、輸送・販売店オプションの取り付け・各種登録手続きに10日~14日程度が必要となりますので、ガソリンモデルの場合は3ヶ月~3ヶ月半程度、ハイブリッドモデルの場合は5ヶ月~5ヶ月半程度が現在の納車までにかかる大まかな日数になっています。

ただし、これらの納期はメーカーオプション品などの装着を加味していない目安の日数となり、新型ノアで新たに設定された運転支援システムやパワーバックドアなどのセットパック等を選択した場合には、半月~2ヶ月程度納期が延びる可能性がありますので注意が必要です。

これ加え、新型ノアの場合は販売開始から定期的に工場出荷目安の情報が更新されていますが、工場の稼働日数が不透明という事情もあり、納期の最新状況をまとめてみると

新型ノアの工場出荷目安
日付/動力方式 ガソリンモデル ハイブリッドモデル
1月18日 2ヶ月半~3ヶ月程度 4ヶ月半~5ヶ月程度
1月26日 3ヶ月~4ヶ月程度 6ヶ月以上
2月4日 2ヶ月~3ヶ月程度 4ヶ月程度

と、発注を行う週や日付によってもバラツキがあり、今後も暫くの間は納期が不安定な傾向になると予想されますので、覚えておくと良いでしょう。

余談となりますが、一般的に新車は受注を行ってから概ね1ヶ月半~2ヶ月程度が通常の納期となりますので、新型ノアの場合はハイブリッドモデルを中心に、納車待ちの時間が長くなっている傾向だと言えます。

代替:トヨタ 新型 ノア 納期 納車待ち 新型ヴォクシー 展示

ちなみに、新型ノアと同時にフルモデルチェンジが行われた新型ヴォクシーの納期は前述した通り1ヶ月あたりの生産台数が少なく設定されている影響もあり

  • ガソリンモデル3ヶ月半~4ヶ月程度
  • ハイブリッドモデル4ヶ月半~5ヶ月程度

となっており、新型ノアと比べ納期はやや長くなる傾向にあり、こちらも選択を行うオプション品の数や種類で納車待ちの時間が長くなる恐れがありますので、購入を行う際は販売担当者と相談する事をおすすめします。

さらに、今後フルモデルチェンジに因って受注数が大幅に増加した場合には、上記の目安よりも最大で3ヶ月~5ヶ月前後納期が遅れ納車待ちの時間が増えるケースもあるため、乗り換えなどを検討している際は注意が必要です。

引用:https://bit.ly/3IK7mBI

また、新型ノアやヴォクシーに限らず現在の新車生産は、世界的に流行している感染症の影響により部品の調達に滞りが発生するケースや、工場の一時的な操業停止に加え減産などに因り今後は納期遅れや納車待ちの期間が増える可能性もありますので、購入を検討している際は覚えておくと良いでしょう。

このように、新型ノアのフルモデルチェンジ直後の納期は最短でガソリンモデルが概ね2ヶ月半~4ヶ月程度、ハイブリッドモデルは4ヶ月半~5ヶ月程度が目安となり、オプション品の選択次第、または受注数の増加によって今後はさらに納期が延びる可能性もありますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

新型【ノア】なぜ納期が遅くなっているのか

引用:https://bit.ly/3zWswsN

新型【ノア】の納期は、フルモデルチェンジ直後と言う影響もありガソリンモデルとハイブリッドモデルで共に受注から納車まで時間を要する状況となっており、今後は受注数の増加などに因ってさらに納期が遅れる可能性がある事が分かりました。

ただし、受注数が生産可能台数を上回る事によって納期遅れが発生する仕組みは理解できるけれども、なぜこの他の理由でもさらに納期が遅れる可能性があるのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは新車の納期が遅くなっている理由を説明していきます。

引用:https://bit.ly/3IGRCPD

一般的に新型ノアを含む多くの国産車は、日本国内で組み立てが行われ完成後に各販売店へと車両が輸送されますが、自動車を構成する大多数の部品は海外でパーツを製造し1つのユニットとして組み立てられ、生産拠点である日本に送られてくるケースが基本です。

そのため、現在世界中で流行している感染症の影響に因り海外の工場で操業停止してしまうと、完成品のユニットまたは組み合わせて製造を行うパーツの一部が日本に届かず、結果として自動車を組み立てる事ができなくなり納期遅れに繋がってしまいます。

また、海外からユニットやパーツが届いた場合でも、昨今では世界的に半導体の生産量が低下しており、日本国内でも自動車に必要な電子機器を製造できない、または減産せざるを得ない状況となっている点も、納期が遅くなっている大きな要因の1つです。

引用:https://bit.ly/3Is0VDV

特に新型ノアを生産するトヨタ自動車は、東南アジアの各国に部品の製造を委託しており、感染症の流行が収束に向かわず製造国からの部品調達が不安定となる一方で、新車の受注数は増加していくと言うサイクルである点も、生産や納期遅れに繋がっていると言えます。

要約するのであれば

  • 感染症の流行に因り、海外で部品の製造が出来ないまたは調達が滞る
  • 半導体不足の為、国内でもディスプレイや自動車に必要なパーツを製造できない
  • パーツが日本に入ってこないため、生産拠点の操業を停止または減産せざるを得ない

など様々な条件が重なり、昨今の新車は一昔前と比べて納期が遅くなっている傾向にあるという訳なのです。

引用:https://bit.ly/3ACQMRh

実際に販売店で新車の納期に関する話を伺ったところ

販売店側でも翌週や翌々週の生産台数を全て把握する事は難しく、急に減産や一時的な操業停止を伝えられる事がある

海外からの部品の調達が不安定であるため、正確な納期をお客様に伝える事ができない

新型ノアやヴォクシーに関しては、オプション品の都合で「納車は夏までに何とか…」とお伝えした方もいる

と述べていますので、実際に販売店側でも納期遅れについては把握しているものの、生産状況に応じて臨機応変に対応していくほか無いと言うのが実状の様ですので、今後も暫くは納期が遅れや納車待ちの期間が長くなる傾向にあると言えるかも知れません。

このように、新型ノアを含む昨今の新車は想定を超える受注に因って発生する納期遅れに加え、感染症の影響により海外からの部品調達に滞りが発生する場合や、電子機器の製造を行えない点なども納期が遅れる原因の1つに繋がっていると言えますので、新車購入を行う際の参考にすると良いでしょう。

新型【ノア】納期を早めることは出来ないの?

代替:トヨタ 新型 ノア 納期 納車待ち ガソリンモデル

新型【ノア】を含む昨今の新車は、世界中で流行する感染症の影響に因る部品の調達不足や、半導体の不足等が納期遅れに繋がっている事が分かりました。

ただ、そうは言ってもせっかく新しい車を購入したのだから、できる限り早く届いて欲しいと言う方は多いのではないでしょうか。

特に新型ノアを含む多くのミニバン車は、大人数で楽しい旅行を行えるほか車中泊等のレジャーや大きな荷物の運搬など、日常生活で活躍するシーンが多い車でもありますので、少しでも納期を早める方法は無いか概要を知りたい方は少なくないはずです。

では実際に、新型ノアの納期や納車待ちの期間を早める事は可能なのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、新型ノアを含む新車の発注は受付順となり、製造の順番が回ってきた時点で大まかな納期が決まるため、基本的に納期自体を個人や販売店側で早める事は出来ません

ただし、納期を早める方法が全く無いという訳ではなく、通常の納期にプラスされる日数を減らし納車待ちの期間を短くすることは可能です。

引用:https://bit.ly/35ifNFE

前述の通り、現在新型ノアの納期はガソリンモデルで2ヶ月半~3ヶ月程度、ハイブリッドモデルで4ヶ月半~5ヶ月程度が1つの目安となりますが、これは最新の運転支援システムに加えパワーバックドアやオットマン付セカンドシートなど、メーカーオプションの有無が加味されていない状態の車両を注文した際の納期となります。

どういう事なのかイマイチ想像しづらいと言う方もいらっしゃると思いますが、端的に言うのであれば新型ノアを含む新車は、注文時に選択するオプションの数が多いほど目安となる納期にプラスの日数が加算されていき、納車待ちの期間が長くなると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3o4JP6l

この中でも特に新型ノアの場合は、売りの機能の1つである

  • 緊急時操舵支援
  • アドバンストドライブ/パークなどを含むトヨタチームメイト
  • ブラインドスポットモニター

などの運転支援システムであるメーカーオプションの人気が高く、こちらを選択した場合には現在目安となっている期間よりも、納期が長くなる傾向にあると販売担当者は述べています。

また、フルモデルチェンジで大きな話題となった

  • シートヒーター/オットマン付セカンドシート
  • ハンズフリーデュアルパワースライドドア
  • パワーバックドア
  • ステアリングヒーター

などがセットとなった『快適便利パッケージhigh』等のセットオプションを選択することでも、納期がやや延びる傾向にあります。

引用:https://bit.ly/3G6xAwv

さらに、新型ノアを含む多くのトヨタ車は販売店オプションとして設定される外装品などを装着する為の専門施設が各地域で設けられており、エアロパーツ等の大掛かりな作業が必要な場合は、生産工場から販売店に車両が到着後、再度施設に輸送されるため納車までの時間が長くなる傾向にあります

これらは、選択を行うオプションの種類や数に加え、販売店の場所によっても異なるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、新型ノアの場合

  • 運転支援システムとなるメーカーオプションを選択:概ね1ヶ月~2ヶ月程度
  • 販売店オプションの外装パーツを選択:概ね1週間~10日程度

が目安となる納期にプラスされますので、納期を早めたい場合はこれらの選択を避けると良いでしょう。

ただし、運転支援システムやパワードアなどメーカーオプション、またはパッケージオプションは新車注文時のみ選択が可能となっており、販売店オプションの様に納車後に後付けする事は出来ませんので注意が必要です。

条件が合えば納期を早められる可能性もある

代替:トヨタ 新型 ノア 納期 納車待ち ショールーム

先述した通り新型ノアは、発注の受付順で車両が組み立てられるため基本的に目安となる納期を早める事はできないものの、選択するオプションの種類や数を絞る事で納期遅れを最小限に抑えられる事が分かりましたが、実はもっと簡単に納期を早められる可能性も存在します。

それは、キャンセルや在庫車を狙うと言う方法です。

引用:https://bit.ly/3rR7MPP

このキャンセル車や在庫車とは、購入者の都合により発注は行ったものの最終的に購入されなかった車両の事を指し、他のユーザーに渡っていないことから新車と同様の状態となる点に加え、発注済みである事から組み立ての順番待ちが短い点が特徴です。

ただし、キャンセル車は既に発注済みの車両である事から、ボディカラーやメーカーオプションなど選択する事ができないと言ったデメリットも兼ね備えていますが、その反面、購入者の条件が合えば納期は大幅に短縮する事が可能となりますので、少しでも納期を早めたい場合は販売担当者と相談する事をおすすめします。

引用:https://bit.ly/3rRT0Ip

また、在庫車とは販売店が売れると見込んで独自に発注を行う車両となり、キャンセル車と同様に他のユーザーには渡っていない車両となりますので、こちらもボディカラーやオプション品などの条件が合えば、大幅に納期を早める事が可能となりますので、覚えておくと良いでしょう。

このように、新型ノアの場合はオプション品の選択を可能な限り制限し目安となる納期の遅れを最小限に抑えることに加え、キャンセル車や在庫車を狙うと言う方法でも納期を短縮させる事ができますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

新型【ノア】納期・納車待ち情報のまとめ

今回は、新型【ノア】の納期・納車待ち情報について解説をしてきましたが、新型ノアの月販目標台数は8,100台に設定され他のトヨタ車と比べて生産台数が多く割り振られている事が分かったと思います。

気になる納期については今後、受注の更なる増加が見込まれる事に加え、選択するオプション品の有無にも因りますが、フルモデルチェンジ直後の状況としては、ガソリンモデルが概ね2ヶ月半~3ヶ月程度、ハイブリッドモデルが4ヶ月半~5ヶ月程度が目安となりますので覚えておくと良いでしょう。

これに加え、今後は受注数の増加や世界的に拡大が続いている感染症の収束具合、半導体不足などの影響から部品の調達に滞りが生じ、さらに納期が遅れてしまう可能性もありますので、車検等で乗り換えを検討している場合などは注意が必要です。

また、新型ノアを含む新車は受付順で発注が行われる事から基本的に納期を短縮することは出来ませんが、選択するオプションの種類や数を抑える事によって納車待ちの時間を最小限に抑えられるほか、キャンセル車や在庫車を狙う方法で納期を早める事が可能となりますので、乗り換えを検討している場合の参考にしてみて下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3IBQmNC

新型【ノア】インテリアやシートアレンジ車中泊には向いているのか?

新型【ノア】良い口コミや辛口コメントなど

新型【ノア】サイズ感や見た目はどんな感じ?外装オプションのご紹介

新型【ノア】ボディカラーとグレードの詳細

タイトルとURLをコピーしました