新型【シエンタ】車中泊と荷室容量について

シエンタ

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ 新型【シエンタ】の荷室容量や車中泊のしやすさは、どのようなものとなっているのでしょうか。

シエンタと言えば、コンパクトなボディサイズでありながらミニバン車らしい広い室内空間を備えている点が特徴ですが、ミニバン車と聞くと荷室の大きさや昨今流行となっている、車中泊のしやすさが気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特に、新型シエンタには2列シート仕様の5人乗りと3列シート仕様の7人乗りが設定されており、両モデルでは大きく使い勝手が異なる事から、車中泊や荷室に関する概要を知りたいと言う方は多いはずです。

そこで今回は、新型シエンタにおける車中泊のしやすさや荷室容量、おすすめとなるグレードの紹介などを中心に、新型シエンタと車中泊や荷室容量について解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】車中泊はしやすいのか?

引用:https://bit.ly/3qzFDwe

新型【シエンタ】は、2022年8月におよそ7年ぶりのフルモデルチェンジが行われ、初代モデルを彷彿とさせる可愛らしい外観デザインや、先代モデルと比べ室内空間が広く設計された点も話題となりました。

また、新型モデルは従来型の3列シート仕様の7人乗りに加え、先代モデルでは『FUN BASE』として販売が行われていた2列シート仕様の5人乗りも設定され、歴代モデルと同様に豊富な種類のシートアレンジを行う事も可能となっていますが、シートアレンジが豊富と聞くと、車中泊を行う事は可能なのか興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、新型シエンタに限らず様々な車種で車中泊を行う方が増えている傾向にあり、シートアレンジが豊富な点に加えロングボディを備えるミニバン車は車中泊に最適である事から、新型シエンタは車中泊をしやすいのか概要を知りたい方も少なくないはずです。

では実際に、新型シエンタは車中泊を行いやすい車なのでしょうか。

トヨタ 新型 シエンタ 車中泊 荷室容量 おすすめグレード 3列シート 格納時

これには様々な意見がありますが、新型シエンタの3列シート仕様と2列シート仕様ではシートの構造が大きく異なるものの、結論としては車中泊を行いやすい車であると言えます。

まず、新型シエンタにおける具体的な室内寸法を見てみると

新型シエンタ:室内サイズ
各寸法/シートの種類 2列シート仕様 3列シート仕様
室内長 2,030mm 2,545mm
室内幅 1,530mm 1,530mm
室内高 1,300mm 1,300mm

にそれぞれ設計されており、両仕様とも大人2人で車中泊を行うには十分な室内の広さが確保されています。

次に、新型シエンタで可能となるシートアレンジの種類を見ていくと、両シート仕様共通としては

  • ノーマルモード

引用:https://bit.ly/3eGBnse

  • フロントシートフラットモード

引用:https://bit.ly/3RLCVju

  • ハーフラゲージモード

引用:https://bit.ly/3d6MytM

  • フラットラゲージモード

引用:https://bit.ly/3QEODL2

等のアレンジを行う事が可能です。

引用:https://bit.ly/3DBxeAr

この中でも、2列シート仕様で行う事のできるフラットラゲージモードは、最大で2,000mm(2m)以上に荷室部分を拡張する事ができ、床面の凹凸もほぼ無い事から車中泊を行う場合は最も適したシートアレンジとなる点が特徴です。

同様に、3列シート仕様車でもサードシートを格納し、セカンドシートを前方へ折りたたむ事でフラットラゲージモードに変化させる事が可能ですが、こちらはセカンドシートの座面部分がフロントシートの背面部に残る構造となります。

トヨタ 新型 シエンタ 車中泊 荷室容量 おすすめグレード 2列目 格納時

そのため、荷室は最大で1,500mmに拡張されますが、車中泊を行う際に必要なベッドスペースは確保する事が難しいため、3列シート仕様車の場合はフロントシートフラットモードを用いてベッドスペースを確保するのがおすすめです。

最後に機能面を見ていくと、新型シエンタのハイブリッドモデルにはインパネ部と荷室部分に、家電製品を使用する事のできるアクセサリーコンセントがメーカーオプションとして設定されています。

引用:https://bit.ly/3QDfBTx

車中泊では、通常の生活とは異なりトイレや水場などが近くに無く不便を強いられるケースも珍しくありませんが、中でも電源の確保は中泊を快適に過ごす上で欠かす事ができないため、オプション扱いにはなるものの機能面でも新型シエンタは車中泊を行いやすいと言えるでしょう。

もし、購入前の段階から将来的に車中泊を行う予定がある際は、新型シエンタの場合、シートアレンジによる荷室の拡張性と給電設備が備わることから、2列シート仕様且つハイブリッドモデルの組み合わせが、最も車中泊をしやすい環境だと言えますので覚えておくことをおすすめします。

このように新型シエンタは、コンパクトなボディサイズながら車中泊を行うだけの広さが確保され、シートアレンジによってベッドスペースを作り出せるほか、一部のモデルでは電源の確保が容易である事から、車中泊はしやすい車だと言えますので購入を検討している場合などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】荷室容量について

引用:https://bit.ly/3qzYWpq

前述の通り、新型シエンタは車中泊を快適に過ごすためのベッドスペースをシートアレンジによって作る事ができ、オプション品のアクセサリーコンセントを選択する事で電源も確保できる事から、車中泊はしやすい車である事が分かりました。

また、新型モデルを含む歴代のシエンタと言えば、大人数で乗車できる点に加えシートアレンジによって大型の荷物も積載する事が可能となり、使い勝手の良さが好評を得ていますが実際の荷室はどのくらいなのか気になる方もいらっしゃると思いますので、ここでは新型シエンタの荷室容量について説明をしていきます。

トヨタ 新型 シエンタ 車中泊 荷室容量 おすすめグレード ラゲージルーム

前の項目でも触れた通り、現在新型シエンタには3列シート仕様の7人乗りと2列シートの5人乗り仕様が設定されていますが、両シート仕様の具体的な荷室寸法を見ていくと3列シート仕様の場合は

新型シエンタ:3列シート仕様
荷室長 3列使用時:205~345mm 2列使用時:725~990mm
荷室幅 最長部:1,265mm
荷室高 最高部:1,105mm

に設計されており、社内実測値となるため数値に若干の誤差はあるものの、容量としては3列使用時で137~177L、2列使用時で445~734L、フロントシートのみを使用し2列目以降を格納し荷室を拡張した場合は、最大で1,030~1,818Lが3列シート仕様の荷室容量です。

トヨタ 新型 シエンタ 車中泊 荷室容量 おすすめグレード ラゲージ拡張例

また、2列シート仕様の寸法は

新型シエンタ:2列シート仕様
荷室長 2列使用時:710~840mm
荷室幅 最長部:1,265mm
荷室高 最高部:1,055mm

となり、容量としては2列使用時で421~693L、フロントシートのみの使用時で1,071~1,860Lが確保されており、両シート仕様とも最大で1,000L以上の容量が確保されているため、十分に満足のいく荷室容量になっていると言えます。

トヨタ 新型 シエンタ 車中泊 荷室容量 おすすめグレード 3列使用時

ただ、小さなお子さんのいらっしゃる世帯でベビーカーを1台積載するには横に倒さねばならず、3列シート仕様でサードシートを使う際は、その他の荷物を載せることはできないため、基本的にはサードシートを倒して荷室容量を確保する必要がありそうです。

ちなみに上記の容量のうち、最小値は運転席からの後方視界を十分に確保する事のできる床面底部から後列シート背面部の上端まで、最大値は後方視界の確保が難しい床面底部からルーフ部までを入れた値となるため、基本は最小の値が新型シエンタの荷室容量となりますので覚えておくと良いかも知れません。

加えて、ミニバン車と言うとシートやタイヤなどの配置からデッキボード部分の下に収納スペースが完備される車種もあり、工具類や小物を収納する場合には大変重宝する機能ですが、新型シエンタの場合はガソリンモデルのみ20Lの収納スペースが完備されています。

トヨタ 新型 シエンタ 車中泊 荷室容量 おすすめグレード アンダーラゲージボックス

ただし、ハイブリッドモデルに関してはエンジンの始動などに用いられる車載補機バッテリーがデッキボード下に配置されているため、残念ながら床下部分の収納スペースは完備されていませんので覚えておくと良いでしょう。

このように新型シエンタの荷室容量は、3列使用時に限り137~177Lと小さめですが、2列目までを使用した際は400L以上、フロントシートのみを使用した場合は最大で1,000L以上の荷室容量が確保されていますので、他車種と比較を行う場合の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】おすすめグレードは?

引用:https://bit.ly/3Ld63xA

新型シエンタは、2022年8月に約7年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われ、先代モデルから事故予防システムや便利な機能が大幅に向上した点も大きな特徴ですが、購入や乗り換えを検討している方の中には、実際にどのグレードがおすすめなのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

特に新型シエンタの場合は、ガソリン/ハイブリッドモデル共に3つずつのシンプルなグレード体制となりますが、装備内容は各グレードで大きく異なるため、おすすめとなるグレードはどれなのか前以て概要を把握しておきたいところです。

では実際に、新型シエンタでおすすめとなるグレードはどれなのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3qyjGOf

これは、自動車を使用する環境や目的によっても大きく異なるため、全てに当てはまる訳ではありませんが、敢えて1つを選ぶのであれば、新型シエンタの場合は最上級モデルとなるZグレードがおすすめとなります。

現在、新型シエンタにはガソリンとハイブリッドモデルで共にエントリーグレードとなる『X』、スタンダードグレードに位置づけられる『G』、最上級グレードとなる『Z』の3種が設定されています。

引用:https://bit.ly/3eLmCo4

この中でも各Zグレードには、トヨタの上位ミニバン車となるノアやヴォクシーと同じく1灯切り替え型のLEDヘッドランプや停止保持機能が付いたレーダークルーズコントロール、ドライバー異常時対応システムなどが標準装備され、他のグレードよりも安全性が高くなっている点が特徴です。

加えて、駐車操作のアシストを受ける事ができるトヨタ チームメイト(アドバンスドパーク)などの機能もオプションとして設定されますが、選択が可能なグレードは各Zのみとなっており、安全性の高さは他のグレードよりも頭が1つ出ていると言えます。

引用:https://bit.ly/3efAYwA https://bit.ly/3RGP1KC

また、機能面では

  • ハンズフリーデュアルパワースライドドア
  • デジタル式オプティトロンメーター
  • 運転席側アームレスト
  • 後席サンシェード

など、便利で快適な装備品が標準搭載されるのはZグレードのみとなっており、下位グレードとなる各Gグレードと約22万円の価格差を考慮すると、質感や機能面で十分に満足の行く内容だと言えます。

さらに、おすすめグレードとして各Zグレードを挙げるのにはもう1つ理由があります。

それは、納期が他のグレードよりも僅かながら短くなると言う点です。

引用:https://bit.ly/3QFtr7Y

先に触れた通り、新型シエンタは2022年8月にモデルチェンジが行われ、一部店舗で7月中に開始されていた先行予約の段階では、既に20,000台以上の受注が行われており販売開始から間もない事も重なって、現在は概ね6ヶ月以上の納車待ちが発生しています。

これに加え、トヨタでは新型シエンタやクラウンからメーカーが推奨する仕様を優先的に生産する制度が新たに設けられ、新型シエンタの場合はZグレードを優先して生産されるため、キャンセル等によって上記よりも納期が短くなる可能性があります。

反対に、他のグレードでZと同じ一部のオプションを選択した車両は、2023年4月以降の生産開始となり、その時点で発注が行われるため現段階では、2023年の夏以降の納車となる事から、納期の面でもZグレードがおすすめとなるのです。

引用:https://bit.ly/3qwCXiX

つまり、現在の状況では価格が少々高くなってしまうものの

  • 最上級グレードのため質感や機能面、満足感が高い
  • 安全機能の強化が可能
  • 他のグレードよりも、納期が早い

などの理由から、新型シエンタではガソリン/ハイブリッドモデルで共にZグレードがおすすめになる訳です。

では、新型シエンタの様にガソリンモデルとハイブリッドモデル、3列シート仕様と2列シート仕様など、どれを選択したら良いのかグレード以外の面で迷ってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3QIK9mO

これは、先に説明した通り自動車を使用する環境や目的によって様々な考え方があるため難しい問題ですが、あえてどちらが向いているかを挙げるのであれば、ガソリンモデルの場合

  • 初期投資費用を抑えたい
  • 最後かも知れないガソリンエンジン車に乗りたい
  • 短期で乗り換えるため、ランニングコストを気にしない

ハイブリッドモデルの場合

  • 燃料費を抑えたい
  • E-Four(4輪駆動)が必要
  • モーター走行による静粛性を求めている
  • 非常時の給電など、アクセサリーコンセントが必要

となります。

引用:https://bit.ly/3eLFwuQ

また、3列シート仕様がおすすめとなる方は

  • 5人以上を乗せる予定がある
  • 大人数の乗車と、荷物を積載する両方の機能が必要
  • 荷物の積載は、それほど重要ではない

2列シート仕様がおすすめの方は

  • 5人以上を乗せる予定が無い
  • 手軽で簡単に車中泊を行いたい
  • 人よりも、荷物を乗せる頻度が多い

などにそれぞれ分けられますので、車を使用する環境や用途に応じて動力方式やシート数を選んで行くことをおすすめします。

このように新型シエンタでは、利便性や質感などに加え納期と言った面から現在では、ガソリン/ハイブリッドモデルで共に、最上級グレードに位置づけられる各Zグレードがおすすめグレードに挙げられますので、購入や乗り換えを検討している際の参考にしてみて下さい。

新型【シエンタ】車中泊や荷室容量のまとめ

今回は、新型シエンタの車中泊のしやすさや荷室容量などについて解説をしてきましたが、新型シエンタはコンパクトボディでありながらも室内長は2,000mmを超え、豊富なシートアレンジが可能となっている事が分かったと思います。

加えて、ハイブリッドモデルではオプションながら電源の確保も容易に行える事から、新型シエンタでは荷室拡張面積が広い2列シート仕様の5人乗りが最も車中泊に向いており、3列シート仕様車でもシートアレンジの工夫次第で十分に車中泊を行う事が可能となります。

さらに、新型シエンタの荷室は3列目シートを使用時はボディサイズの問題からやや手狭となりますが、2列シート仕様車や3列目を格納した際、さらにフロントシートのみ使用する場合は最大で1,000L以上の容量が確保されるため、十分な広さが確保されていると言えるでしょう。

また、新型シエンタでは内外装の質感や充実した機能に加え、現段階では優先して生産が行われ納期が短い傾向にある事から、ガソリン/ハイブリッドモデル共に最上級となる各Zグレードがおすすめとなりますので、購入や比較を行う際の参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3qzYWpq

新型【シエンタ】ボディカラーラインナップとおすすめカスタマイズ

 

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました