新型【シエンタ】価格と納期とお得な買い方

シエンタ

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ・新型シエンタの価格や納期はどのようになっているのでしょうか。

先代モデルの大ヒットを受け、満を持してフルモデルチェンジが行われた新型シエンタですが、昨今では原材料の高騰や最新鋭の安全装備が搭載されるなどの影響もあり、自動車は軒並み値上げされる傾向にあるため、新型モデルではどのくらいの価格となっているのか興味を持っている方も多いと思います。

また、昨今ではトヨタ・新型ノア/ヴォクシーやヤリスクロスなどの車種で納期が1年を超えてしまうと言うケースもあり、各メーカーとも長期にわたる納車待ちが発生している状況ですので、新型シエンタにおける納期の概要を知りたい方は少なくないハズです。

そこで今回は、新型シエンタの価格帯や期待できる値引きの金額、最新の納期状況やお得な購入方法の紹介などを中心に、トヨタ・新型シエンタと価格や納期について解説していきます。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】価格帯と値引きについて

トヨタ 新型 シエンタ 価格 納期 納車待ち KINTO 展示車

トヨタ・シエンタは2003年9月に初代モデルの販売が開始され、日本の道路事情に合ったサイズ感やコンパクトミニバン車であるにも関わらず、広い室内と多人数乗車を両立した車種として幅広い世代から高い支持を得ている車です。

2015年7月に行われたフルモデルチェンジでは、初代モデルから大きく姿を変えシャープさとアクティブ感が外観のコンセプトとなり、同時にハイブリッドモデルが設定された点も大きな話題となりました。

引用:https://bit.ly/3QvtLpC

この両モデルの大ヒットを受け、2022年8月には3代目となるフルモデルチェンジが行われ、外観は初代モデルと同じく丸みを帯びた可愛らしいデザインとなり、同時に未塗装パーツを採用する事でSUVテイスト盛り込んだ点も新型シエンタの特徴です。

ただ、昨今の新型車は原材料の高騰や搭載される安全機能の向上などでモデルチェンジごとに価格が高くなる傾向にありますが、新型モデルはどのくらいの価格に設定されているか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずは新型シエンタの価格帯を紹介していきます。

引用:https://bit.ly/3RmwvHg

フルモデルチェンジが行われ3代目モデルとなった新型シエンタには、先代モデルと同じく

  • ガソリンモデルハイブリッドモデル
  • 5人乗り7人乗りモデル
  • エントリーモデルの『X』グレード、スタンダードモデルの『G』グレード、最上級モデルの『Z』グレード

が設定されていますが、まずガソリンモデルの詳しい価格を見ていくと

新型シエンタ:ガソリンモデルの価格
グレード 5人乗り 7人乗り
X 1,950,000円 1,990,000円
G 2,300,000円 2,340,000円
Z 2,520,000円 2,560,000円

に設定され、概ね200万円弱~200万円台中盤がガソリンモデルの価格帯です。

また、ガソリンモデルは全てのグレードで前輪駆動の2WDのみの設定となり、7人乗りは5人乗りよりも4万円高くなる点が特徴となります。

次に、モーターとエンジンを組み合わせ走行を行うハイブリッドモデルの詳しい価格としては

新型シエンタ:ハイブリッドモデルの価格
グレード 5人乗り 7人乗り
HYBRID X(2WD) 2,380,000円 2,420,000円
HYBRID X(E Four) 2,578,000円 2,618,000円
HYBRID G(2WD) 2,650,000円 2,690,000円
HYBRID G(E Four) 2,848,000円 2,888,000円
HYBRID Z(2WD) 2,870,000円 2,910,000円
HYBRID Z(E Four) 3,068,000円 3,108,000円

となっており、価格帯としては概ね200万円台中盤~300万円前半に設定されています。

また、乗車人数による価格差はガソリンモデルと同じ4万円ですが、ガソリンモデルとハイブリッドモデルでは同じグレードの2WD車同士で概ね35~43万円、駆動方式による差はそれぞれ20万円前後となる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3qrJHig

これを、先代モデルとなる2代目シエンタの7人乗り2WD車同グレードと比較すると

2代目シエンタ:ガソリン・ハイブリッドモデルの価格
グレード 7人乗り
X 1,850,000円
G 約2,100,000円
G Cuero 2,210,000円
HYBRID X 2,270,000円
HYBRID G 約2,470,000円
HYBRID G Cuero 2,580,000円

となりますので、新型シエンタと先代モデルでは同じグレード同士で概ね15~33万円程度、新型モデルの方が高く設定されている事が分かります。

これは、車両を製造する上で欠かす事のできない原材料の高騰や、先代モデルでは否搭載だった先進の安全機能が新型では標準化されるなどが要因となっているため、残念ながら車両価格の値上げは仕方がないと言えるかも知れません。

値引きはどれくらい期待できる?

引用:https://bit.ly/3RvCd9N

先述した通り、新型シエンタはガソリンモデルで概ね200万円弱~200万円台中盤、ハイブリッドモデルでは200万円台中盤~300万円前半の価格帯となる事が分かりましたが、新車を購入する際に気になる事と言えば車両価格と共に値引きの金額という方も多いのではないでしょうか。

特に新型シエンタの場合は、先代モデルと比べ約15~33万円程度車両価格が引き上げられたことから、どれくらいの値引きを期待することができるの、概要を把握しておきたいところです。

では実際に、新型シエンタの場合はどれくらいの値引き額となるのでしょうか。

トヨタ 新型 シエンタ 価格 納期 納車待ち KINTOショールーム

これは、購入を行う時期や地域に加え各販売店によっても差があるため全てに当てはまる訳ではありませんが、フルモデルチェンジが行われた直後の新型シエンタにおける値引きは、概ね5~10万円程度が車両本体の平均的な値引き額となっています。

また、オプション品の値引きは選択を行う数量や金額が各々異なるため詳細な額を示すことは難しいものの、一般的に販売店オプションは20~30%が値引きの目安になるため、30万円分のオプションを選択した場合は、概ね6万円程度の値引きを期待することが可能です。

そのため、新型シエンタの場合には車両の値引き額である5~10万円に加え、オプション品の値引き額を加算し、合計で10~15万円程度の値引きを1つの目標とすると良いでしょう。

引用:https://bit.ly/3Ryl7Iq

一般的に自動車の値引き額は、店舗によって異なるものの車両価格に対して概ね8~12%前後が相場と言われていますので、新型シエンタの場合はフルモデルチェンジ直後と言う事もあり、車両本体の値引きは渋い傾向にあるのが現状です。

ちなみに、先代モデルでは概ね車両価格の10%に相当する20~25万円前後の値引き平均的な値引き額となっていましたので、資材の高騰具合や販売状況が左右するものの、今後は時間の経過と共に値引きの幅が増えていくと予想されますので、定期的に情報を集めておくことをおすすめします。

このように、新型シエンタの価格はガソリンモデルで概ね200万円弱~200万円台中盤、ハイブリッドモデルでは200万円台中盤~300万円前半に設定され、モデルチェンジ直後と言う事もあり値引きの額は小さくなっているのが現状ですので、購入を検討してる場合の参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】納期はどのくらい?

引用:https://bit.ly/3wZSrzB

トヨタ・新型シエンタの価格は、フルモデルチェンジが行われ最新の安全機能などが標準化された影響もあり、先代モデルと比べるとやや価格が高くなった事が分かりましたが、モデルチェンジと聞くと納期はどの様な状況なのか興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、感染症の世界的な流行に伴う部品の供給不足や自動車の製造に欠かす事のできない半導体の品不足などの影響により、同じくトヨタから販売されるノア/ヴォクシーやヤリスクロス等の車種で、最大1年を超える納期遅れが発生したことも大きな話題となりました。

そのため、車検等で乗り換えを行う場合や新規に購入する場合は、予め余裕を持ったスケジュールの調整が求められるため、新型シエンタの納期はどのくらいなのか概要を把握しておきたいところです。

引用:https://bit.ly/3DoCCXh

では、実際にフルモデルチェンジが発表された直後となる新型シエンタの納期は、どのような状況となっているのでしょうか。

これは、事前予約の有無や発注を行うタイミングなどによって大きく差が出るため一概に言える訳ではありませんが、モデルチェンジ直後となる2022年9月上旬の段階では、ガソリン・ハイブリッドモデル共に最短で2~4ヶ月程度、最長では7~10ヶ月程度が新型シエンタにおける納車待ちの状況です。

なぜ、これ程まで納期に差が出るのかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、要因としては事前予約を行った方の納期が早いと言う事が挙げられます。

引用:https://bit.ly/3DhQ3ID

実は新型シエンタの場合、一部の店舗では7月の中旬以降に先行して事前予約が行われており、この時点で発注が行われた車両については2~4ヶ月程度の納期となり、2022年内~2023年初頭の納車がほぼ確定しています。

しかし、事前予約の数が増えた8月以降や正式なモデルチェンジ発表後となる9月以降に発注を行った分に関しては、6ヶ月以上の納車待ち状態となっているため、納期に差が出ていると言う訳です。

また、新型シエンタでは納期遅れに対応するためメーカーが奨めるグレードや装備内容に限り、できるだけ納期を短くする対策が始まっています。

引用:https://bit.ly/3qw5zsH

これは、メーカー推奨仕様車と呼ばれ新型シエンタの場合は、ガソリン・ハイブリッド共にZグレードが対象となっており、販売開始から6ヶ月の間は他のグレードでメーカーオプション扱いとなる装備が標準化された、Zグレードを優先的に生産する点が特徴です。

そのため、少しでも納期を早めたい場合には、Zグレードを軸として納期遅れに繋がる装備品を販売担当者と相談の上、見積もりや相談を行うと良いでしょう。

新型シエンタは選択するグレードやオプションで大きく納期が異なる

引用:https://bit.ly/3ONe38l

先述の通り新型シエンタの納期は、早い場合で2~4ヶ月程度、最長では7~10ヶ月程度が目安となり、メーカー推奨仕様車の場合は比較的に納期が短くなる対応がとられていることが分かりました。

ただし、新型シエンタでは選択するグレードやオプションによって、大きく納期が異なる仕組みがとられているため、これから購入を検討していると言う方は、特に注意が必要です。

先に触れた通り、新型シエンタはメーカーが推奨する装備内容の車両を優先的に生産する制度がとられているため、各Zグレードの納期は短くなる対策がなされていますが、反対にZ以外のグレードでは納期が大幅に遅れる仕組みとなっています。

引用:https://bit.ly/3qyJcCU

例えば、新型シエンタのスタンダードモデルに位置づけられる各Gグレードは、特にオプションの選択がなければ現在の最長7~10ヶ月程度で車が手元に届きますが、Zグレードに標準化されるメーカーオプションや一部の販売店オプションを選択した場合は、2023年4月以降に生産開始となる事が決まっています。

また、各ZとGグレードで共にシートヒーターやステアリングヒーターなどがセットとなったメーカーパッケージオプションを選択した場合、各Gグレードに限りこちらも2023年4月以降の生産予定となり、現時点では4月まで発注を行うことができません。

つまり、各GやXグレードでメーカーオプション品を選択する際は、4月以降に発注を行わなければならず、その時点から新たに生産までの順番を待たなければならない事から、新型シエンタでは選択するグレードやオプションで納期が大きく異なると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3U2s5qF

もちろん、この間に部品や半導体などの供給不足が解消に向かった際は納期が早まる可能性がありますが、現時点でも生産拠点の一時的な操業停止によって減産を余儀なくされていますので、今後も暫くは納期遅れの問題が続くと言えるでしょう。

このように新型シエンタの納期は、現在のところ最短で2~4ヶ月程度、最長では7~10ヶ月程度が1つの目安となりますので乗り換えや購入を検討している際は、スケジュールに余裕を持たせておくことをおすすめします。

では新型シエンタの場合、もっと簡単に納期を早める方法はないのでしょうか。

次の項目では、新しい車の所有方法や納期を大幅に早めるポイントについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】KINTOで購入

引用:https://bit.ly/3BCkpnG

前述した通りトヨタ・新型シエンタの納期は、現在のところ最短で2~4ヶ月程度、最長では7~10ヶ月程度が1つの目安となる事が分かりましたが、自動車の購入というと現金やクレジットによるローンなどを想像する方も多いのではないでしょうか。

また、昨今では使用する期限を予め定め期限と同時に車両を売却し新しい車種に乗り換える『残価型クレジット』など、新しい自動車の購入方法も主流となりつつありますが、その中でも現在新型シエンタを販売するトヨタが最も力を入れているのが、KINTOと呼ばれるサービスの利用です。

トヨタ 新型 シエンタ 価格 納期 納車待ち KINTO 参考価格

このKINTOとは、自動車のサブスクリプションサービスとなり、スマートフォンなどの動画配信サービスと同じく、毎月の定額使用料を払うことで自動車を使用・購入する方式がとられ、月額費用の中には

  • 車両の使用料金
  • 法定点検料
  • 各種税金
  • オイル交換などのメンテナンス費
  • 任意保険料
  • 故障修理費用

などが予め含まれている為、車検や修理などで定期的に大きな金額を用意する必要が無く、手軽に自動車を使用・購入する事が可能となります。

引用:https://bit.ly/3eJWLgm

では実際に新型シエンタの場合、月額費用はどのくらい価格となるのか気になるところですが、具体的な参考費用を各グレードの7人乗り2WD車で見ていくと

新型シエンタ:KINTOの月額費用(初期費用フリープラン)
グレード 価格(契約年数):月額
G 3年:31,130円~ 5年:27,720円~ 7年:25,190円~
Z 3年:33,110円~ 5年:29,480円~ 7年:26,840円~
HYBRID G 3年:36,300円~ 5年:32,010円~ 7年:29,040円~
HYBRID Z 3年:38,280円~ 5年:33,880円~ 7年:30,800円~

※ボーナス払い(110,000円)を設定した際の月額費用例

契約期間中に解約を行った場合でも、別途の費用が発生しない解約金フリープランの場合は

新型シエンタ:KINTOの月額費用(解約金フリープラン)
グレード 価格(基本3年契約):月額 申込金
G 3年:44,000円~ 247,500円
Z 3年:45,760円~ 257,400円
HYBRID G 3年:48,620円~ 272,470円
HYBRID Z 3年:50,380円~ 282,370円

※契約は3年間が基本となり、最長7年まで再契約

とそれぞれ設定されており、自動車を使用する期間によっても異なりますが、両プランとも一括購入と比べ一度に必要となる費用を大きく抑えられる点が特徴です。

ただし、KINTOでは現在のところ新型シエンタに設定されるエントリーモデルの各Xグレードは選択する事ができず、スタンダードグレード以上が対象となりますので注意が必要です。

また、KINTOで新型シエンタを使用・購入する際は、導入時の費用に加え車両自体の納期に関しても、大きな恩恵を受けられる点が1つの特徴となります。

引用:https://bit.ly/3L7vcte

前の項目でも触れた通り、現在新型シエンタの納期はフルモデルチェンジ直後と言う事もあり、最長で7~10ヶ月程度での納車が1つの目安となりますが、KINTOを利用した場合には1ヶ月半~2ヶ月と大幅に納期を短縮する事が可能です。

さらに一般向けの受注では、各GとXグレードでETCやドライブレコーダーを選択した車は2023年4月以降の生産となるのに対し、KINTOではこれらを選択した場合でも1ヶ月半~2ヶ月程度の納期となるため、グレードに加えオプションの選択幅も広くなっていると言えます。

なぜKINTOを利用すると、ここまで大幅に納期を短縮する事ができるのか疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、冒頭でも触れた通りKINTOは現在トヨタが最も力を入れているサービスとなります。

引用:https://bit.ly/3Ugq0HU

そのため、多くの新型車はサービス内容の充実や向上を目的として、KINTO向けの生産ラインを確保しており可能な限り優先して車両の生産が行われている事から、一般向けの受注よりも納期を大幅に短縮させられるという訳です。

これは新型シエンタに限らず、現在も長期的な納車待ちが続くカローラクロスやヤリスクロスと言った人気車種でも、KINTOの場合は納期が大きく短縮されていますので、いち早く新型シエンタに乗りたいと言う方は、KINTOの利用も選択肢の1つとして考えると良いかも知れません。

引用:https://bit.ly/3RWpKvB

ただし、KINTOで新型シエンタを選択した場合は、バンパーへの穴開け加工が必要となるエアロパーツ等の装着は原則として禁止されている点に加え、残価クレジットとは異なり契約満了後は必ず車両を返却しなければならないなど、一定の制限がありますので覚えておくと良いでしょう。

このように新型シエンタの場合は、サブスクリプション型のKINTOを利用する事で自動車を導入する際の費用を抑えることができ、一般向けの受注よりも大幅に納期を短縮できる点が特徴として挙げられますので、車を使用する環境に応じて選択肢の1つに入れてみて下さい。

新型【シエンタ】価格や納期についてのまとめ

今回は、トヨタ・新型シエンタの車両価格や納期情報について解説をしてきましたが、フルモデルチェンジが行われた新型シエンタの価格はガソリンモデルで概ね200万円弱~200万円台中盤、ハイブリッドモデルでは200万円台中盤~300万円前半に設定されている事が分かったと思います。

気になる値引きに関しては、モデルチェンジ直後と言う事もあり車両価格のみで概ね5~10万円程度が1つの目安となり、現在は渋い状況と言えますが先代モデルでは車両価格の10%前後まで値引き幅が広がったため、新型シエンタの場合も今後徐々に値引きが増えていくと言えるでしょう。

また、納期に関しては現在のところ最長で7~10ヶ月程度、グレードによっては2023年4月以降の生産開始となるなど今後も長期的な納車待ちが予想されますが、サブスクリプション型のKINTOを利用する事で大幅に納期を短縮する事ができますので、新しい購入方法の1つとして選択肢に入れてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3wZSrzB

新型【シエンタ】ボディカラーラインナップとおすすめカスタマイズ

新型【シエンタ】車中泊と荷室容量について

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました