【KINTO】で愛車を購入!納期に関しても優遇されます!

KINTO

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




KINTOで自動車を購入すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

自動車の購入方法と言えば、従来型の現金やクレジットによるローンでの支払いに加え近年では残価クレジットなど様々ですが、昨今トヨタが展開するサービスの中でもテレビやインターネット等で、KINTOと言う言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。

このKINTOとは、トヨタが現在最も力を入れているサービスの1つとなり、従来型の自動車購入方法とは少々異なる新しい購入形態ですが、具体的にはどのようなサービスなのか概要を知りたい方は多いはずです。

そこで今回は、新しい愛車の購入方法となるKINTOの概要や、KINTOを利用する上で発生するメリットとデメリットの紹介などを中心に、トヨタが提供を行うKINTOについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【KINTO】とは?

引用:https://bit.ly/3r84Ii8

自動車を購入する際の方法と言えば、従来型の現金一括払いやクレジットによるローン払い、近年では予め車を使用する期間を決め、車両を売却した金額で新しい車種に乗り換える残価クレジットなど様々ですが、昨今テレビのCMやインターネット広告でKINTOと言う言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。

このKINTOは、昨今トヨタ自動車が最も力を入れているサービスの1つとなり、手軽にカーライフを楽しめる事から注目を集める新しい車の購入・使用方法ですが、実際にどのようなサービスなのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはKINTOについて説明をしていきます。

引用:https://bit.ly/3R9vLnP

KINTOとは、トヨタが提供を行う自動車のサブスクリプション型サービスの名称となり、スマートフォンなどの動画視聴サービスと同じく、設定された月額料金を支払うことで自動車を購入または使用する事ができるサービスの名称です。

契約はパソコンやスマートフォンから行うため、店舗の営業時間外でも契約が可能となっており販売店に出向く必要が無い事から、値引き交渉や必要書類の提出などでスケジュール調整を行う必要もありません。

基本的な内容としては、カーリースに近いもののKINTOの場合は月額使用料の中に

  • 任意保険料
  • 自動車税
  • 消耗品を中心としたメンテナンス費用
  • 法定点検費用

など、自動車を使用する上で必要となる各種ランニングコストが予め含まれており、購入時や法定点検時等においてまとまった金額を用意する必要が無く、手軽に自動車のある生活を楽しめる点が特徴となります。

引用:https://bit.ly/3r8sHxO

また、自動車を使用する期間を予め設けて契約を行う事から短期間で新型車種に乗り換えることも可能となっており、プラン内容によっては契約の途中で解約を行った場合でも解約金は発生しないことから、生活環境の変化に応じて車種を変更できる点も1つの魅力です。

加えて、KINTOの月額使用料に含まれる専用の任意保険は全年齢で統一されている事から、保険料の高い若年層でも家計への負担が少なく若い世代でも手軽に愛車を購入または使用できる点は、KINTOの大きな特徴と言えるでしょう。

どんな車種が選べるの?

引用:https://bit.ly/3xR8Kzc

先述した通り、トヨタが提供を行うKINTOはスマートフォンなどの定額動画サービスと同じく、月額使用料を支払うことによって自動車を購入・使用するサブスクリプション型サービスである事が分かりました。

ただし、KINTOでは各車種におけるモデルチェンジのタイミングや世界的に広がる感染症の影響もあり、トヨタが販売する全ての車種を選択できる訳ではありませんので、ここでは現在選択が可能となっている車種を、月額使用料の一例と一緒に紹介していきます。

引用:https://bit.ly/3BKsTIu

まずは日本の道路事情に適し、様々な用途で需要の高いコンパクト車ですが現在KINTOでラインナップされる車種としては

コンパクト車:KINTO月額使用料(初期費用フリープラン)
車種名 納期 月額使用料
ルーミー 1ヶ月半~2ヶ月程度 14,740円~
ヤリス(2WD) 1ヶ月半~5ヶ月程度 14,960円~
ヤリス(4WD) 1ヶ月半~2ヶ月程度 20,790円~
ヤリス(シート回転タイプ) 1ヶ月半~5ヶ月程度 18,480円~
パッソ 1ヶ月半~2ヶ月程度 15,730円~

となっており、トヨタ車で人気の高いルーミーやヤリスに加えパッソと言ったコンパクト車は、初期費用フリープランで概ね月額1万円台中盤に設定されており、現金やクレジット等での購入よりも大きく費用を抑える事が可能です。

ただし、現在はハイブリッド専用車となるアクアやカローラスポーツと言った車種を選択する事ができませんので、注意が必要です。

引用:https://bit.ly/3BIyRtu

次に、室内空間の広さや多目的に使用する事ができ、ファミリー世帯を中心とした年齢層から人気の高いミニバン車のラインナップとしては

ミニバン車:KINTO月額使用料(初期費用フリープラン)
車種名 納期 月額使用料
シエンタ 1ヶ月半~2ヶ月程度 24,640円~
ノア 1ヶ月半~2ヶ月程度 19,910円~
ヴォクシー 1ヶ月半~2ヶ月程度 22,660円~

にそれぞれ設定され、現在はモデルチェンジを控えている事からアルファードやヴェルファイアと言ったラージサイズの車種はラインナップされていないものの、新型モデルとなったシエンタやノア/ヴォクシーを手軽に乗ることのできる価格になっています。

引用:https://bit.ly/3R76HxS

また、昨今では自動車の中でも特に人気が高く普段使いからレジャーまで、幅広く活躍するSUVのラインナップとしては

SUV:KINTO月額使用料(初期費用フリープラン)
車種名 納期 月額使用料
ライズ 3ヶ月半程度 16,280円~
ヤリスクロス 1ヶ月半~2ヶ月程度 21,010円~
ヤリスクロス(シート回転タイプ) 1ヶ月半~2ヶ月程度 27,720円~
カローラクロス 1ヶ月半~2ヶ月程度 21,780円~
C-HR 1ヶ月半~2ヶ月程度 22,880円~
ランドクルーザープラド 1ヶ月半~2ヶ月程度 31,900円~
クラウン(クロスオーバー) 2ヶ月程度 48,070円~

となっており、人気のSUVと言う事も重なって月額使用料は他ジャンルの車種よりもやや高めの傾向ですが、元々の車体価格が360万円を超えるランドクルーザープラドでも、ひと月あたり3万円弱程度から乗れることを考慮すると、価格は非常に魅力的です。

ただKINTOの場合、ハリアーやRAV 4と言った人気が高くなっている車種は、現在のところラインナップされていませんので覚えておく必要があります。

引用:https://bit.ly/3DTSrW4

最後に、セダンクーペタイプに加えワゴンタイプのラインナップを見てみると

セダン/クーペ/ワゴン:KINTO月額使用料(初期費用フリープラン)
車種名 納期 月額使用料
GR 86 7ヶ月以上 21,450円~

と、こちらは現在のところスポーツクーペモデルとなるGR 86のみが選択可能となっており、車両価格が概ね280万円である事からこちらも月々のランニングコストを考慮すると、導入費用を抑えて車を所有することができると言えます。

ちなみに、各ジャンルで設定される車種の中には予め販売店オプションとなるエアロパーツを装着したモデルもKINTOでは選択可能となっており、よりスポーティなモデルを希望する場合はこちらから選ぶと良いでしょう。

残念ながら、紹介してきた各ジャンルの中でも設定の無い車種はモデルチェンジなどを控えている事から、現在はKINTOのラインアップ外となっていますが、KINTOでは定期的に選択可能な車種が変更されますので、サービスの利用を考えている方は定期的に情報収集しておくことをおすすめします。

このようにKINTOは、トヨタが展開する自動車のサブスクリプションサービスとなり、専用の任意保険や法定点検などが含まれた月額費用を支払うことで、現金やクレジット払いよりも費用を抑えて車を手に入れる事が可能となりますので、新しい購入方法の1つとして検討してみて下さい。

スポンサードリンク

【KINTO】のメリット

引用:https://bit.ly/2LSYr6D

トヨタが展開するサブスクリプションサービスのKINTOは、任意保険やメンテナンス費などが含まれた月額使用料を支払うことで、費用を抑えて車を購入・使用できることが分かりましたが、KINTOには価格面以外にも幾つかのメリットが存在します。

その中でも最も大きなメリットと言えるのは、圧倒的な納期の早さです。

昨今では、世界的な感染症の拡大によって海外からの部品調達に滞りが生じているほか、自動車の生産に欠かす事のできない半導体不足などによって、多くの新型車で長期にわたる納期遅れが発生しています。

引用:https://bit.ly/3SCGkB7

トヨタでも、2020年に発売されたヤリスクロスや翌年に販売開始となったカローラクロスで、受注が集中し現在でも1年程度の納車待ちとなっているのが現状ですが、前の項目でも触れた通りKINTOを利用する場合は、いずれの車種も概ね1ヶ月半~2ヶ月程度の納期となる点が特徴です。

どうして、同じ車を生産しているにも関わらずこれだけ納期に違いが出てくるのか不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、これは冒頭でも説明した通りKINTOは、現在トヨタが最も力を入れているサービスである事が大きく関わっています。

通常、自動車の生産は販売店で発注を行い先着順に組み立てが行われますが、納期遅れは1ヶ月あたりに生産可能な台数をオーバーすることで発生し、許容量を超えた分だけ納期も遅くなるのが一般的です。

引用:https://bit.ly/3Is0VDV

これに対してKINTOの場合は、サービスの向上と拡大を目的として現在は優先的に自動車を製造する方式が設けられていることから、一般受注では1年程度の納車待ちを要する車種でも、概ね1ヶ月半~2ヶ月程度の短期間で手元に車が届くと言う訳です。

もちろん、元の生産台数が少ない車種や他社と共同開発を行っている車種については、KINTOの中でも納期はやや遅い傾向にあるものの、それでも一般受注分と比べると短い期間で納車が可能なため、納期の早さはKINTOの大きなメリットだと言えます。

また通常、自動車の任意保険は年齢が上がるに連れて保険料が下がるため、若い世代ではなかなか車を購入しづらいと言ったデメリットがあります。

引用:https://bit.ly/3dFTuOM

しかし、KINTOの月額使用料に含まれる任意保険は年齢に関係なく一律の金額となるため、若い年齢でも保険料を気にすること無く自動車を購入・所持できる点は、価格や納期に次いでKINTOを利用するメリットの1つです。

このほか、KINTOを利用する事で恩恵を受けることのできるメリットを挙げていくと

  • 営業時間を気にすること無く、自動車を選べる
  • 販売店に来店する必要がない
  • 購入時や法定点検などで、まとまった大きな出費が無い
  • オイルやタイヤ交換などのメンテナンス費用が必要ない
  • 正規ディーラーで手厚いサポート受ける事ができる
  • 生活環境の変化によって、気軽に車種変更を行うことができる
  • KINTOの利用により、豊富なキャンペーンやクレジットによるポイント還元などを受けられる

など、多くのメリットがKINTOにはあると言えるでしょう。

このようにKINTOでは、自動車を購入する事で発生する費用を抑えることができるほか、専用の生産ラインが確保されることで一般受注よりも大きく納期を短縮できるなど、多くのメリットがありますので、購入を検討している際などの参考にして下さい。

では反対に、KINTOを利用した場合にはどのようなデメリットが発生するのでしょうか。

次の項目では、KINTOのデメリットについて説明をしていきます。

スポンサードリンク

【KINTO】のデメリット

引用:https://bit.ly/3xOCnRK

前述の通り、トヨタのサブスクリプションサービスであるKINTOは車両の導入やランニングコストを抑えられるだけでは無く、納期の早さをはじめとした多くの部分でメリットがあることが分かりましたが、反対にデメリットはあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

特にKINTOの場合は自動車のサブスクリプションサービスである事から、スマートフォン向けなどの定額サービスとは異なり、制限や制約が設けられている部分もありますので利用をする前に、どのようなデメリットがあるのか概要を把握しておきたいところです。

では実際に、KINTOにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3UE6Z2c

まず1つ目のデメリットとして挙げられるのは、契約満了時に必ず車両を返却しなければならないと言う点です。

KINTOでは、初期費用フリープランに限り3年から最長7年まで車を使用することが可能ですが、契約満了時は必ず原状回復の状態で車両を返却しなければならないため、残価クレジットの様に車両を買い取ることはできません。

また、原則として原状回復(納車時の状態)での返却となる事から、販売店オプションで設定される外装品などの後付けは禁止されており、穴開け等によって車体の加工を行った場合は、全てのパーツを新品に交換しなくてはならないため、高額な修理費用が上乗せされる点は大きなデメリットです。

引用:https://bit.ly/3r8iqS5

2つ目は、走行距離に制限があると言う点です。

KINTOで選択を行った車両は、車種に関係なく一律で1ヶ月あたりの平均走行距離が1,500km以内と予め定められており、超過をした際は1kmあたり11円が追加で請求されるため、年間を通じて走行距離が多い方はデメリットになると言えます。

実際に、1ヶ月あたりどれだけ走行しているか分からないと言う方もいらっしゃると思いますが、KINTOの初期費用フリープランに設定される契約年数別の年間距離に換算すると

  • 3年契約:54,000km
  • 5年(再契約):90,000km
  • 7年(再々契約):126,000km

となりますので、上記の期間内で制限を超える環境の方は、残念ながらKINTOでの購入や自動車の使用は向いていないと言えます。

引用:https://bit.ly/3Su8Q8t

このほかのKINTOを利用する際、デメリットとなる部分を幾つか挙げていくと

  • モデルチェンジの具合によって、選べる車種が限られる
  • 任意保険はKINTO専用の契約となるため、個人の等級を引き継ぐことができない
  • オプション品の選択肢が少なく、カスタマイズには向いていない

等がKINTOを利用する上でのデメリットとなりますので覚えておくと良いでしょう。

このようにKINTOでは、購入時の費用やランニングコストを抑えられる点に加え納期が早いと言ったメリットがありますが、その反面として契約満了時は車両を必ず返却しなければならない点や走行距離に制限があると言ったデメリットも存在しますので、契約を行う際の参考にしてみて下さい。

【KINTO】まとめ

今回は、新しい自動車の購入方法となるKINTOについて解説をしてきましたが、KINTOはトヨタが展開する自動車のサブスクリプションサービスとなり、カーリースに近い形ながら、任意保険や法定点検費用などが月額使用料に含まれていることが分かったと思います。

また、KINTOは現金やクレジットによる購入よりも費用を抑えられる点や生活環境の変化に応じて車種を変更できるほか、KINTOを優先した生産ラインが確保されることにより、一般受注よりも納期が大幅に短くなるなどのメリットがありますので、覚えておくと良いでしょう。

ただし、その反面としてKINTOには必ず車両を返却する必要があるほか、1ヶ月あたりの平均走行距離に制限が設けられているなどのデメリットも併せ持っていますので、購入や乗り換えなどサービスを利用する際の参考にして下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2LSYr6D

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました