itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【CX-5】マツダ車に乗るという選択。魅力に迫る

CX-5

人気のクロスオーバーSUV【CX-5】を送り出す「マツダ」というメーカー。

【CX-5】を初めとする「SKYACTIV テクノロジー」と「魂動」デザインというデザインコンセプトに基づいた数々の魅力的なクルマを提供しているメーカーです。

【CX-5】以外にも他メーカー車種には無い独特の魅力を持つマツダ車について迫ってみます。

スポンサードリンク

【CX-5】だけじゃない。魅力的なマツダ車をご紹介

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/CX-5/

マツダ、といえば【RX-7】などのロータリーエンジン車をイメージする方も多いでしょう。

マツダはかつてはロータリーエンジン、現在ではクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」から先進設計の新世代エンジン「SKYACTIV-X」まで独特のエンジンに拘りを持つメーカーです。

 

最近では車種毎にバラバラのデザインが当たり前の国内自動車メーカーとは一線を画し、西欧メーカーのように統一したデザインコンセプト魂動」で様々な車種を世に送り出しています。

引用:https://s.response.jp/article/2014/05/19/223450.html

「魂動」デザイン「SKYACTIVテクノロジー」を全面採用した初めてのクルマとして初代【CX-5】が登場して以来、今ではオープンカー【ロードスター】から【マツダ2】【CX-3】【マツダ3】【CX-30】【CX-5】、フラッグシップカー【マツダ6】、そして3列シートSUV【CX-8】までマツダが送り出す普通車に「魂動」デザインがフルラインナップで採用されています。

この他にも軽自動車【キャロル】・【フレア】・【フレアワゴン】・【フレアクロスオーバー】・【スクラム】も存在しますがOEM供給元であるスズキのバッジ違いで「魂動」デザインは盛り込まれていません。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/

最近では更に洗練された「魂動」デザインを取り入れた5ドアハッチバック&セダン【マツダ3】クロスオーバーSUV【CX-30】が登場しており【アテンザ】からリネームしたフラッグシップセダン&ワゴン【マツダ6】、コンパクトカー【デミオ】からリネームした【マツダ2】にも新デザインが投入されました。

今後は他の車種にも新しいデザインが取り入れられて躍動感のあるマツダ車の魅力が更に向上していくでしょう

 

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/cockpit/drivingposition/01/

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

デザインだけではなく「人馬一体」の走行性能にも拘りがあり、コンパクトカー【マツダ2】【CX-3】においても「ドライバーの意思に忠実なドライビング性能」と「操縦安定性」を実現、アクセル・ブレーキペダルレイアウトも妥協せず理想的なドライビング姿勢を実現しています。

 

この辺りの発想は「コンパクトカーだからこの程度でいい、と妥協しない」というコンセプトを先頃の新車発表時に明確化した【トヨタ ヤリス】と同じで、ライフスタイルの変化サイズの大きなクルマからコンパクトカーに「ダウンサイジング」したとしても走行性能と安全性能を妥協せずに済みます

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/

例えばコンパクトカー【マツダ2】は排気量の違いはありますが、軽快に回る1.5Lガソリンエンジンと力強い1.5Lディーゼルエンジンがラインナップされているのは【CX-5】と同じ特徴となっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/

コンパクトな車体なので室内空間こそ限られたものとなっていますがドライバー空間はしっかりと確保されており、心地よくフィットするシートや、「マツダコネクト」を初めとする操作しやすいレバー・スイッチ類など【CX-5】と同じく「毎日のドライブが楽しくなる」機能性に優れた設計となっています。

【CX-3】と同じく軽量コンパクトな車体軽快な走り街乗りや少人数でのドライブに最適で、かつて隆盛したスポーツクーペにも通じる側面のある魅力的な一台です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/ https://www.goo-net.com/catalog/MAZDA/DEMIO/

リネーム前の【デミオ】との違いはフロントデザインくらいに思えるでしょうが、運転席シートの改良足回りセッティングの見直し遮音性の向上といった目立たないところで改良されています。

【デミオ】よりも走行中の室内静粛性が向上しており、操縦安定性と乗り心地も向上しているなど【デミオ】とは別の【マツダ2】に生まれ変わったと実感させられる変化があります。

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

【マツダ2】よりも後席スペースを確保したい、スタイリッシュなセダンに乗りたいというニーズに応えるクルマとしては【マツダ3】が用意されています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

国内専用ペットネームだった【アクセラ】から海外と同一名称に統一されてフルモデルチェンジした【マツダ3】は研ぎ澄まされた独自デザインの「ファストバック」と伸びやかで優雅なプロポーションの「セダン」という2つのデザインが用意されており、ライフスタイルや好みに合わせたクルマを選べます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

セダン」はトヨタ【プリウス】【カローラ】【プレミオ/アリオン】・ホンダ【シビック】・日産【シルフィ】といった、日本車の中では稀少となった全長4,600mm前後の中型セダンの中でも美しいプロポーション凛とした佇まいが魅力的で西欧メーカー製セダンを思わせるエレガントなデザインと走行性能を持つ一台に仕上がっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

エンジンは1.8Lディーゼルエンジン1.5L・2.0Lガソリンエンジンがラインナップされており、更に世界初の革新的な燃焼制御技術「火花点火制御圧縮着火(SPCCI)」を採用した新世代エンジン「SKYACTIV-X」2019年末に追加設定されて【マツダ3】の世界が更に広がります

スポンサードリンク

話題のCX-30とは?【CX-5】との違いや最新情報

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

マツダ車の中でもっとも新しいクルマ【CX-30】が話題の一台となっています。

【CX-3】と【CX-5】の間を埋めるサイズとなっており、全高1540mm立体駐車場の選択肢が広がるサイズなど日本の道路事情にジャストサイズのクロスオーバーSUVです。

【CX-3】と共通する1.8Lディーゼルエンジン2.0Lガソリンエンジンのラインナップと【CX-3】より広い室内空間を持つ【マツダ3】のSUV版といえるクルマで、2020年1月下旬に【マツダ3】と同じくSKYACTIV-X」が追加設定されます。

【CX-3】の軽快さ【CX-5】の力強さ、その両方を兼ね備え、伸びやかで妖艶な美しさを誇る最新の「魂動」デザインなど【CX-5】を超える魅力を持っています。

 

■【CX-3】【CX-30】【CX-5】寸法比較

CX-3 CX-30 CX-5
全長 (mm) 4,275 4,395 4,545
全幅 (mm) 1,765 1,795 1,840
全高 (mm) 1,550 1,540 1,690
ホイールベース (mm) 2,570 2,655 2,700
車両重量 (kg) 1,250~1,370 1,380~1,530 1,520〜1,710
タイヤサイズ 215/50R18 215/50R18 225/55R19
225/65R17

(緑:CX-3 青:CX-30 赤:CX-5)

サイズを比較すると全幅1800mm以下・全長4,400mm以下日本の駐車場事情を考慮するとちょうど良いサイズ【CX-3】では小さすぎて【CX-5】では大きすぎるといったニーズに応えるサイズに魅力を感じる方は多いでしょう。

【CX-3】と比べると全長を除けば似通った寸法となっており、運転席の高さやサイドミラー位置なども同等で【CX-30】は「【CX-3】の後席・荷室拡大版という側面もあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

【マツダ3】譲り走行性能・一体感のある操縦性能・快適な乗り心地と静粛性も自慢で、マツダの新世代クロスオーバーSUVとして【CX-5】【CX-3】ユーザーを唸らせる魅力があります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

【CX-3】と同じエンジン自動車税の税率が【CX-5】ディーゼル車・2.5L車より抑えられるというメリットがあります。

シングルターボの1.8Lディーゼルエンジンは【CX-5】に搭載されるツインターボの2.2Lディーゼルエンジンと比べると低回転域のトルクが薄くターボラグを感じるなどドライバビリティに劣る面もありますが、【CX-30】には必要充分な性能となっており日常生活において不満を感じる事は少ないでしょう。

経済性の高さが自慢のディーゼルエンジンが魅力的ですが、ディーゼルエンジングレードよりも安価で軽快に回る2.0Lガソリンエンジンディーゼル車より50~60kg軽量で軽快に走れるので街乗りや短距離走行での扱いやすさが魅力的です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

【CX-30】大本命といえるエンジン2020年1月下旬登場予定の「SKYACTIV-X」エンジンで、ディーゼルエンジンの力強いトルクガソリンエンジンのリニアで正確なレスポンス・高回転までスムーズに伸びていく爽快な加速感を兼ね備えた新世代エンジンで、組み合わされるマイルドハイブリッド「M HYBRID」と合わせて優れた環境性能走りの気持ちよさを楽しめる一台として期待されています。

引用:https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

この【CX-30】と同一プラットフォームを使った新たなクルマとして東京モーターショーで公開された新型EV【MX-30】があります。

引用:https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

既存のEVとは異なる価値観をもったクルマで、【CX-30】に近いサイズのSUVながらも【RX-8】と同じく観音開きの「フリースタイルドア」を採用したクーペスタイルとなっています。

引用:https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

既存のEVがモーター特有の瞬時の加速と高トルクを売りにしていますが【MX-30】では自然な走行フィーリングにする事で無駄にエネルギーを消費せず普通のエンジン車と同じように走れるセッティングとされており、航続距離約200km1日辺りの走行距離には充分な航続距離を確保しつつ電池容量をやみくもに増やさないようにしています。

引用:https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

電池容量を大きくしようとするほど電池製造過程で必要となるエネルギー量が増えて環境負荷が増えるというデメリットがあるため一概に航続距離を伸ばせば良い、というわけでは無い、というのがマツダのEVへの回答であり【フォルクスワーゲン ID.3 1st】や【ホンダ Honda e】似通ったコンセプトとなっています。

2020年に欧州で市販開始予定日本国内での販売は未定となっています。

航続距離を伸ばすロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダーの搭載も期待される一台で、新たなマツダ車を飾るクルマとして楽しみな存在です。

スポンサードリンク

なぜマツダ車は注目されるのか?魅力を徹底解剖!

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/design/technique/

マツダ車の「魂動」デザイン自動車雑誌&メディア、自動車評論家から高い評価を受けており【マツダ3】に始まる新たなデザインも注目を集めています

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

「ファストバック」のリアデザインは力強さと堅牢さを感じさせ、フロントセクションを強調してロングノーズに感じさせるデザインとなっていてスポーティーで美しい魅力的なハッチバックに仕上がっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

セダン」もスタイリッシュで品格の高さを感じるセダンとして高評価されています。

引用:https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

【CX-5】を筆頭に最新の【マツダ3】【CX-30】【MX-30】まで「魂動」デザインという一つのコンセプトを元にデザインされており、居住性優先のデザインとは異なるデザイン優先のハッキリとした哲学スタイリッシュなクルマが生み出されている。

それがマツダ車最大の魅力でしょう。

居住性・室内空間の広さでは競合車に劣る面がありますが、どのクルマでも格好良くてスペース効率よりもペダル位置シートに拘って「運転するのが楽しい、人馬一体の走り」が自慢のクルマに仕上がっているのも魅力で、西欧車を思わせる乗り心地と遮音性の高さ評価の高い点です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/

コンパクトカーの【マツダ2】でも妥協しないで走りと室内空間の快適性を磨き上げており、ライバル車種には無い魅力を備えています。

引用:https://www.toyota.com/yarishatchback/

【マツダ2】北米市場において【ヤリス】【ヤリスiA(セダン)】としてトヨタにOEM供給されるなど他メーカーからも評価されています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

そして、他社とは異なり「国内ミニバン市場は先細りしている」と指摘してミニバン市場からいち早く撤退し、「新たな市場を開拓する」として大人がゆったりと座れる3列目シートを備える3列シートSUV【CX-8】を投入するといったチャレンジングな姿勢も注目を集める点です。

 

かつてのロータリーエンジン市販時代から変わらぬチャレンジ精神は国内では少数の乗用ディーゼルエンジン車の投入にも現われています。

ユーロ圏よりも厳しい排ガス規制をクリアしたクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を主力に国内市場へ投入した【CX-5】に始まり、今では【ロードスター】を除く普通車にディーゼルエンジンを搭載するなど他社とは異なるスタンスを貫いています。

引用:https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

【MX-30】に始まるEVなど次世代技術開発に向けてトヨタと資本提携して新たなステージに立つマツダ

【マツダ3】・【CX-30】・【MX-30】に続く新世代車種の展開マツダ車恒例の年次改良など今後もマツダ車から目が離せません。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.mazda.co.jp/experience/bsosaka/

タイトルとURLをコピーしました