【C-HR】新車や中古の価格帯・値引きはどのくらいまでいけるの?

C-HR

スタイリッシュなデザインが特徴のクロスオーバーSUV、【トヨタ C-HR】

一目でわかる個性的なクーペスタイルのデザインハイブリッド・ガソリンエンジンという燃費性能に優れたパワーユニットが選べるのが特徴で、気持ち良い走りが楽しめる事から人気のSUVとなっています。

【C-HR】の新車価格と中古価格帯・値引きはどのくらいまでいけるのか、について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【C-HR】新車の価格帯はこんな感じ

引用:https://toyota.jp/c-hr/

まずはC-HRの新車価格帯について。

C-HRはハイブリッド(2WD)とガソリン(2WD・4WD)の2種類のパワーユニットがラインナップされており、238.2万円~314.5万円という価格帯となっています。

■ハイブリッド(1.8L+モーター)

グレード 駆動方式 車両本体価格(税込)
特別仕様車
G
“Mode-Nero Safety Plus”
2WD 3,045,000円
G 3,045,000円
S 2,745,000円

 

■ガソリン(1.2L直4インタークーラー付ターボ)

グレード 駆動方式 変速機 車両本体価格(税込)
特別仕様車
G-T
“Mode-Nero Safety Plus”
2WD CVT 2,715,000円
4WD CVT 2,913,000円
G-T 2WD CVT 2,715,000円
6MT 2,682,000円
4WD CVT 2,913,000円
S-T 2WD CVT 2,415,000円
6MT 2,382,000円
4WD CVT 2,613,000円

 

■GRスポーツ

駆動方式 変速機 車両本体価格(税込)
ハイブリッド
S
“GR SPORT”
2WD 3,145,000円
S-T
“GR SPORT”
2WD CVT 2,815,000円
6MT 2,782,000円
4WD CVT 3,013,000円

 

もっとも安いのがガソリンエンジンのエントリーグレード「S-T」(2WD)となり、エントリーグレードながらもLEDヘッドランプや予防安全技術「Toyota Safety Sense」など標準装備されており「装備を削った廉価グレード」とはなっていないのでコストパフォーマンスの良いお買い得グレードとなっています。

特に「S-T」の6MTモデルは「MT入門車」として最適な価格設定で、かつてのスポーティークーペと同じ地位となっています。

 

ハイブリッドとガソリンでは同等グレードでの比較では33万円の差となりますが、単純にパワーユニットの違いだけの価格差では無くハイブリッド専用装備が追加されての価格なので実際の価格差はもう少し小さくなります。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

パワーユニットの違いですが、ハイブリッドはシステム全体の高効率化により小型・軽量・低損失化を実現した第4世代の「トヨタハイブリッドシステム(THS)」が搭載されており、1.8Lエンジン+高回転モーターの組み合わせは【プリウス】と同じです。

この最新のハイブリッドシステムは低燃費でありつつモーターの高トルクを最大限に活用してEVのようなスムーズな発進アクセル操作に瞬時に反応してエンジンとモーターを併用したシームレスな加速を実現しておりハイブリッドでも楽しい走りが楽しめる」パワーユニットとなっています。

引用:https://toyota.jp/kyuden/

ハイブリッド車の走行性能以外での大きな特徴としては、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)をメーカーオプションで備える点が挙げられます。

ACコンセントがコンソールボックス背面に設置されており、非常用電源として活用する事が出来ます。

停電時に家電製品が利用可能となるので停電時の生活を支える事が出来ます。

引用:https://toyota.jp/kyuden/

非常時以外にもアウトドアレジャーにおいて発電機代わりに使えますので移動手段のみならずレジャーにおいて大活躍する事でしょう。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

ガソリンエンジンは2015年に【オーリス】で初採用されたダウンサイジングターボエンジンである1.2L直噴ターボエンジンを搭載、シングルスクロールターボチャージャー・バルブ開閉タイミングを最適に制御する事で燃費性能とスポーティーなアクセルレスポンスを実現する新世代エンジンとなっています。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grparts/c-hr/

CVT(2WD・4WD)にはターボエンジンの特性を引き出す制御となっており、7速シーケンシャルシフトマチックを活用する事でスポーティーな走りを楽しむことが出来ます。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

ガソリンエンジンの2WD車には6速マニュアルトランスミッション iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッションも用意されています。

変速操作に合わせてエンジン回転数を自動調節してスムーズな変速を可能としており、ヒルスタートアシストコントロール機能を併用する事でMT車で一苦労する坂道発進も簡単に行う事が出来るのでMT車入門としても最適です。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

ハイブリッドとガソリン、どちらもC-HRのクーペスタイルにピッタリのスポーティーな走りが楽しめるので好みと予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

ハイブリッドに関しては、「プリウスのクロスオーバー版」といえる仕上がりとなってはいますが、プリウスと異なり4WD(E-Four)が用意されないのは残念です。

【C-HR】中古車市場の価格帯

引用:https://toyota.jp/c-hr/

C-HRは2016年12月の発売開始とあって、中古車市場には2500台を上回る物件が登録されています。

価格帯:138万円~395.3 万円
平均価格:213.2万円

といったところで、走行距離5万km以下でも車両本体価格150万円台から良好な商品を見つけ出すことが出来ます。

■ハイブリッド(1.8L+モーター)

グレード 駆動方式 車両本体価格
G 2WD 149~395万円
S 139~374万円
S“GR SPORT” 220~324万円

 

■ガソリン(1.2L直4インタークーラー付ターボ)

グレード 駆動方式 変速機 車両本体価格
G-T 2WD CVT 168~300万円
6MT 199~240万円
4WD CVT 149~300万円
S-T 2WD CVT 148~338万円
6MT ~327万円
4WD CVT 138~265万円
S-T
“GR SPORT”
2WD CVT 220~244万円
6MT 229~269万円
4WD CVT

 

ハイブリッドの場合、2018年式「S」グレード走行距離6万km弱ならば本体価格150万円・支払総額162万円といったところです。

無論、中古車ですのでお住まいの地域に物件が無い事もあり得ます

もしネット検索などで予算や条件面でピッタリの中古車を見つけたとしてもお住まいから離れたエリアでの取扱で実車の確認や購入が困難で諦めざるを得ない。

中古車探しをしている方はそんな事を経験されたことはあるかと思います。

もし、見つけた中古車のお取り扱い店舗がトヨタ系列の中古車販売店であったり全国に店舗がある中古車販売店ならばお取り寄せ」が出来る場合があります

引用:https://toyota.jp/ucar/about/transportation/

トヨタの認定中古車では検索項目に「お取り寄せ車両を含む」にチェックして検索すると遠いエリアの中古車でも「お取り寄せ車両」となっていればお近くのトヨタ販売店への取り寄せが可能です。

引用:https://toyota.jp/ucar/

C-HRの場合、「お取り寄せ車両」に2021年4月現在612台が登録されており、条件にピッタリのC-HRがあればお近くのトヨタ販売店にて商談・注文することが出来ます

ネット検索サービスでご希望の中古車が見つからない場合には、「取り寄せ」も考慮して検索エリアを他エリアにも拡大させてみた上で、トヨタ販売店や取り寄せ可能な中古車販売店の物件を探していくと良いでしょう。

全国で2500台近く存在する中古のC-HRですので、検索の幅を広げればご希望のC-HRを見つけ出せる可能性は大きくなります

スポンサードリンク

【C-HR】値引きはどのくらいまでいけるの?

 

C-HRの値引きはどれくらいまでいけるのか、新車購入する方にとって最も気になる点でしょう。

C-HRは発売から4年が経過し、そろそろフルモデルチェンジが気になる時期に入りつつあります。

トヨタ販売店の全店舗での取扱車種なので近所のトヨタディーラー同士で競合させての値引き交渉がしやすいという事もあって値引きに期待が持てます。

では、C-HRの2021年4月現在での値引き額はどの程度になっているのでしょうか。

年度初めということもあり、値引き交渉する材料は「モデル末期」という点くらいで、大きな値引きは厳しいですが、グレードにもよりますが最大で30万円オプション類やメンテナンスパックを含んで30~40万円程度の値引きが見込めます。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

最上位グレードとなるGRスポーツでは更なる値引きが出た、という場合もあるようです。

最大値引きを引き出すには他社の競合車種を引き合いに出しての値引き交渉とC-HR同士での競合の末での交渉結果なので、スンナリとは出てこないと覚悟は必要でしょう。

https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ただし、他社の競合車種として【ホンダ ヴェゼル】がフルモデルチェンジしたばかりとあって強力な交渉材料となるので最大値引きを引き出しやすくなってはいます。

しかし、ヴェゼルとの競合では納期がネックとなるので注意が必要です。

C-HRの場合、1~2ヶ月の納期となっているのに対し、ヴェゼルの場合は最上位グレード「e:HEV PLaY」が最長で来年まで納車が遅れる可能性も出てきている状況ですので、「C-HRならすぐに納車出来ます」という強みがあり、焦ってしまってはいけません。

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2021/202102/210219a.html

引用:https://bit.ly/3qdnH8A

引用:https://bit.ly/2Uc0ENw

引用:https://bit.ly/2UwZxI8

今乗っている車の車検時期が近づいているなど納期に制限がある場合にはヴェゼルでは無く、【マツダ CX-30】【スバル XV】、クラスが異なりますが【ヤリスクロス】やガソリン車では排気量が近い【ライズ】を競合車種として交渉した方が良いでしょう。

また値引き交渉ではディーラーオプション類を含めての交渉の方が値引きを引き出しやすいのでカーナビETCドライブレコーダーモデリスタ・GRパーツといったカスタマイズパーツなど、便利アイテムやパーツ類を装備してしまいましょう。

出費額は増えるでしょうが、後付けでパーツを付けていくよりも結果的に安上がりになります。

また、アクセサリーコンセントなど後付け出来ないメーカーオプションは出費が増えてでも追加装備しておく方が良いです。

ハイブリッド車の場合、アクセサリーコンセントの有無リセールバリューが大きく異なります

ハイブリッド車を選ぶなら多少高くなってもアクセサリーコンセントは装備して、その分値引きで取り戻すくらいで交渉した方が良いです。

 

下取りに出す場合には値引き交渉と共に下取り額を上げる事で新車購入の手助けにしたところです。

しかし、ディーラーでの下取りだけではそれほど高額査定は望めません。

そこで、値引き交渉と同じく、他と競合させて下取り額を上げるのがお奨めです。

競合先としては中古車専門店や買い取り専門店での買取査定となります。

場合によってはディーラーの下取り額を大きく上回る買い取り査定額が出る事もありますので新車購入先と買取先を分けるのも手です。

 

買取査定については、ネット買取査定サービスで数店舗の買取専門店への査定依頼を出すのがオススメです。

PC・スマホにて大まかなクルマの情報を入れて査定依頼を簡単に送信、買取相場が表示されるのと、買取店舗から連絡がすぐに入るので実際の買取査定までの時間が短縮出来て非常に便利です。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/c-hr/

【C-HR】エアロでカスタム!GR・モデリスタの魅力を紹介

【C-HR】人気ボディカラーランキング

タイトルとURLをコピーしました