【ヴォクシー】ボディカラー人気ランキング

ヴォクシー

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【トヨタ ヴォクシー】では、どの様なボディカラーが人気となっているのでしょうか。

ヴォクシーと言えば、競争の激しいミドルサイズミニバン車の中でも特に人気の高い車種となりますが、購入を検討していると言う方の中にはどの様なカラーバリエーションが設定されているのか、興味を持っていると言う方も多いのではないでしょうか。

特にヴォクシーの場合は、マイナーチェンジや改良を機に設定されるボディカラーが変更されているケースもありますので、購入を検討している場合には前以て最新の情報を把握しておきたいところです。

そこで今回は、ヴォクシーとノアやエスクァイアと言った兄弟車の外観の違いや特別仕様の概要、人気の高いボディカラーの紹介などを中心に、ヴォクシーとボディカラーなどについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヴォクシー】ノア・エスクァイアとの外観の違い

引用:https://bit.ly/3rlOAZO

ヴォクシーは2001年11月に、ライトエース・ノアの後継として販売が開始されたトヨタ・ノアの兄弟車となり、2014年1月には先代モデルの好評を受けノアと同時に待望のフルモデルチェンジが行われています。

また、同年の10月には高級志向の弟分であるエスクァイアも販売が開始され、この3車種は基本的に外装のデザインを除き内装のレイアウトやプラットフォームが共通する事から、トヨタミニバン3兄弟などの相性でも親しまれている点が特徴です。

ただ、この3兄弟は名前が異なる事は知っているけれども、外観部分は具体的にどの様な違いがあるのかよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずは3車種の外観に関する違いを説明していきます。

引用:https://bit.ly/3wPGvgV

ヴォクシーの外観デザインは、車幅灯とヘッドライトが2段に分割されたライトユニットを採用している点が特徴ですが、これに対しノアとエスクァイアは車幅灯やヘッドライト部が1つとなった共通デザインのユニットを使用している違いがあります。

また、テールランプはノアとエスクァイアは縦長に点灯するデザインであるのに対し、ヴォクシーはコの字型のランプユニットをいくつも重ね合わせたデザインとなる点が特徴です。

最も3車種で違いの出る部分がフロントのグリルデザインとなり、ノアは横長の直線的なメッキまたはボディと同色のフロントグリル、エスクァイアは縦方向にメッキ加飾された大型フロントグリルを採用しています。

引用:https://bit.ly/3Bormqs

これに対しヴォクシーは、大口径のスピンドル型と呼ばれるグリルデザインであるほか、グリル部からバンパーに掛けて水平に段々が付けられたヴェルファイアの様なデザインとなり、他の兄弟車よりもメッキパーツが少なくなっている点が1つの特徴です。

更に細かい外装部分の違いとしては、ノアやエスクァイアは平らなボンネットデザインを採用しているのに対し、ヴォクシーの場合はボンネット中央部に凹みを付けた立体的なデザインとなる点も違いの1つに挙げられます。

ちなみに現在のヴォクシーには、以前に設定されていたエントリーグレードとなる『X』、スタンダードグレードでノーマルボディとなる『V』は廃止されており、ノアではフラグシップモデルのSiグレードに該当し、エアロボディとなるZRグレードとGR SPORTのみのグレード体制となりますので覚えておく必要があります。

引用:https://bit.ly/3iCRUfg

これに加え、現在のヴォクシーは先述の通りエアロボディグレードのみの販売となる事からノーマルボディの様な5ナンバー車は無く、3ナンバー車のみでの登録となる点もノアやエスクァイアとの外観に関する違いの1つです。

分かりやすく、現在のトヨタミニバン3兄弟のグレード体制をまとめると

車名/グレード エントリー スタンダード フラグシップ 登録ナンバー
ヴォクシー × × 3
ノア 5と3
エスクァイア × × 5

となりますので、参考にすると良いでしょう。

このように、ヴォクシーとノアやエスクァイアの外観は、ヘッドライトやフロントグリル部に加えテールライトなどを中心に様々な部分で違いがありますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

では、ヴォクシーには現在どの様なボディカラーが設定されているのでしょうか。

次の項目では、ヴォクシーに設定されているカラーバリエーションを紹介していきます。

スポンサードリンク

【ヴォクシー】カラーバリーションをご紹介

引用:https://bit.ly/2TpIpqZ

ヴォクシーの外観は、兄弟車であるノアやエスクァイアと比べ前後のライトやフロントグリルのデザインなど様々な部分で違いがあることが分かったと思います。

これに加えて、ヴォクシーはマイナーチェンジや改良などによって外観部分のデザイン変更も行われていますが、実はこのモデルチェンジや改良では外観だけではなく設定されるボディカラーも一部で変更されている点が特徴です。

そのため、フルモデルチェンジ時とはやや色のバリエーションが異なっていますので、ここでは現在のヴォクシーに設定されているボディカラーを、色見本で紹介していきます。

現在、ヴォクシーにはエアロボディを採用するZRグレードに加え特別なスポーツグレードであるGR SPORTグレード2種類が設定されており、それぞれの特徴としては

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(有料:+33,000円)

引用:https://bit.ly/3Bo94Wr

特徴:純白ではなく、光輝材によって柔らかく輝くパール系ホワイトカラー

  • シルバーメタリック

引用:https://bit.ly/3hR1Nqo

特徴:力強い金属質を連動させるシルバー系カラー

  • ブラック

引用:https://bit.ly/36PQ8Sl

特徴:光輝材が含まれず純粋な黒に近いブラック系カラー

  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(有料:+33,000円)

引用:https://bit.ly/3zgU1fl

特徴:名称の通り、オオルリアゲハチョウをモチーフとした落ち着きのあるブルー系カラー

  • イナズマスパーキングブラックガラスフレーク(有料:+33,000円)

引用:https://bit.ly/3eGTtY7

特徴:通常のブラックに金色調の光輝材が含まれる事から、独特の雰囲気を醸し出すブラック系カラー

  • ボルドーマイカメタリック

引用:https://bit.ly/3iuemah

特徴: 高級な赤ワインを連想させる渋みのある色で、艶やかさが特徴のパープル系カラー

と、合計6種のカラーバリエーションが設定され、このうち半数となるシルバーメタリック、ブラック、ボルドーマイカメタリックは無料となる通常色に設定されていますが、その他に関しては全て+33,000円の特別塗装色に設定されている点が特徴となります。

引用:https://bit.ly/3zp0bdt

また、2014年1月に行われたフルモデルチェンジ時には、オーシャンミントメタリックダークバイオレットマイカメタリック、加えてブロンズ系などのカラーも設定されていましたが、こちらはマイナーチェンジや一部改良時に廃止となっており、現在は新車として選択する事できませんので注意が必要です。

では、この中でも人気の高いボディカラーはどの様な色となるのでしょうか。

次の項目では、ヴォクシーで人気となる色をランキング形式で紹介していきます。

スポンサードリンク

【ヴォクシー】ボディカラー人気ランキング

引用:https://bit.ly/3xYpfYc

前述の通り、ヴォクシーには現在2つのグレードと6種のボディカラーが設定されている事が分かりましたが、購入を検討している方の中には人気色が好きな方もいらっしゃれば、少数派の色が好きだと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではヴォクシーで人気のボディカラーをランキング形式で紹介していきます。

  • 第1位:ブラック (通常色)

(設定グレード:※各ZS、GR SPORT、特別仕様車

引用:https://bit.ly/3wSOfPl

ヴォクシーで人気の高いボディカラー第1位は『ブラック』となりました。

ブラック系は、ヴォクシーをはじめとした多くの車種で採用される定番カラーの1つですが、ヴォクシーの場合には光輝材が含まれない所謂ソリッドカラーである事から、ピアノの様に純粋で奥行きのある風合いである点が特徴です。

人気となった理由としては

  • スタイリッシュなデザインにピッタリだったから
  • ヴォクシーと言えば黒系を連想させるから
  • ボディ全体が引き締まって見える色だったため

となっており、スタイリッシュでクールな外観デザインに当てはまる点や、ボディが引き締まり重厚さが感じられると言った理由が多く見られました。

このほか、無料の通常色に設定されている点や街中で見かけるケースも多く、ヴォクシー=黒と言うイメージが成り立っている点も、人気の高さに繋がっているようです。

  • 第2位:ホワイトパールクリスタルシャイン(有料:+33,000円)

(設定グレード:※各ZS、GR SPORT、特別仕様車

引用:https://bit.ly/3hRXhrr

ヴォクシーで人気となるボディカラーの第2位は有料となる『ホワイトパールクリスタルシャイン』がランクインとなりました。

こちらのカラーは、1位となったブラックとは異なりパール系の光輝材が含まれる事から真っ白では無く、光の当たり具合で柔らかく輝く点が特徴となり様々な車種で定番カラーに挙げられる色の1つですが、こちらも上位となった理由を見ていくと

  • ヴォクシー=黒と言うイメージが強いが、白の方が力強さと優しさがあると感じた
  • 清潔感と優しさが感じられる色だったから
  • ヴォクシーはシックな色が多く、車体が熱くなりがちなので夏場の事を考えて選んだ

などの意見があり、光輝材によって柔らかな輝きを放つことから優しさや清潔感があると言った理由から選んだと言う声が多く聞かれました。

また、ヴォクシーは黒系や青系など比較的に濃紺に近いシックなボディカラーが多く、夏場の暑さを少しでも和らげると言う観点からも、こちらの色が人気となっているようです。

  • 第3位:イナズマスパーキングブラックガラスフレーク(有料:+33,000円)

(設定グレード:※各ZS、GR SPORT、特別仕様車

引用:https://bit.ly/2UUZbi9

ヴォクシーで人気となるボディカラー第3位は、『イナズマスパーキングブラックガラスフレーク』がランクインとなりました。

イナズマスパーキングブラックガラスフレークは、通常色のブラックに金色調の光輝材が含まれる事により、独特の輝きを放つ風合いが特徴となりカタログや雑誌の表紙で目にする機会も多いイメージカラーに設定されていますが、人気となった理由を見てみると

  • ブラックよりも存在感がある色だったから
  • スタイリッシュなデザインが、より際立つ色味だったから
  • 通常のブラックも良いが、一味加えた感じで飽きが来ないと感じたため

と言う意見が多く、存在感が強く光の加減で異なった印象に変化する点などが高評価を得ており、通常の黒系とは違う独特の風合いが人気に繋がっているようです。

また、こちらのカラーはガラスフレークと呼ばれる特殊な光輝材が含まれる事から、通常色のブラック系よりも洗車などの傷が目立ちにくいと言った点も、人気が高くなった1つの理由だと言えるでしょう。

  • 第4位:ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(有料:+33,000円)

(設定グレード:※各ZS、GR SPORT、特別仕様車

引用:https://bit.ly/3rnkogX

第4位のヴォクシーで人気のボディカラーは『ブラッキッシュアゲハガラスフレーク』となりました。

ブラッキッシュアゲハガラスフレークは、先述の色見本で説明した通りオオルリアゲハと言う種類の蝶をモチーフとした色となり、通常時は紺や黒に近いものの光が当たることによって鮮やかな青緑系の色に変化する点が特徴ですが、ランキングに入った理由を見てみると

  • 展示で実車を見ることができたが、何とも言えない不思議な雰囲気が気に入ったから
  • 大人っぽいイメージでクールさが感じられたため
  • 落ち着いた雰囲気なので、年齢を気にせず選べる感じだったから

などの意見があり、光の当たり具合で様々な表情を見せる独特の風合いや外観デザインとマッチするクールな感じが良いと言った声が聞かれました。

また、中にはヴォクシーは黒と言うイメージが強い事から多くのユーザーが選んでいるため、定番カラーを避けた方からの評価が高い点も、人気に繋がっているようです。

  • 第5位:シルバーメタリック(通常色)

(設定グレード:GR SPORT

引用:https://bit.ly/3zyuJJV

ヴォクシーで人気の高いボディカラー第5位は『シルバーメタリック』がランクインとなりました。

こちらの色は、元々5ナンバーサイズとなる標準ボディグレードのXやVに加え、現在でも販売が継続されるZSでも選択が可能でしたが、2020年4月に行われた仕様変更を機にスポーツグレードであるGR SPORTのみの設定となった点が特徴です。

実際に選択したユーザーの声としては

  • 重厚な金属を連想させる色だったから
  • 派手さという面では少々もの足りないが、逆に素朴で無骨な感じが気に入った
  • 特徴的で躍動感のあるデザインにピッタリだと感じたから

と言う理由が多く、外観デザインに対しての重厚感や素朴ながらも無骨な感じが人気に繋がっているようです。

また、ちらのカラーは仕様変更が行われる前は全てのグレードで選択を行う事ができたことから人気カラーの中でもベスト3に入る程の支持を得ていた事もあり、現在はGRグレードのみの選択となりますが中古車の場合でも人気が高く、流通量が多い点も特徴だと言えます。

ちなみに、6位となった艶やかさが特徴のボルドーマイカメタリックは、GR SPORTや特別仕様車となる煌Ⅲでは設定が無いことから、決して似合わないと言う事はありませんが残念ながらランキングとしては、上位5色に及ばない結果となっていますので覚えておくと良いでしょう。

このようにヴォクシーでは、白や黒と言った定番カラーに加え鮮やかな青系や特殊な黒系などが人気のボディカラーとなっていますので、購入を検討している場合の参考にして下さい。

【ヴォクシー】特別仕様車 ”煌Ⅲ” の詳細

引用:https://bit.ly/3iqcwXS

ヴォクシーでは、定番となる白や黒系に加え様々な色味に変化する青系や稲妻をモチーフとして金色調の独特な輝きを放つ黒系などのボディカラーが人気である事が分かりましたが、前述の通り一部の色は特定のグレードのみの設定となる点が特徴です。

特に特別仕様車となる各ZS”煌Ⅲ”(きらめき)グレードでは、ボルドーマイカメタリックやシルバーメタリックと言った色を選択できない点が特徴として挙げられますが、中には通常の各ZSグレードと煌Ⅲではどの様な違いがあるのかよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは特別仕様車である煌Ⅲの詳細を説明していきます。

引用:https://bit.ly/3xWvsUH

ヴォクシーに設定される特別仕様車の煌Ⅲは、通常のカタログモデルであるエアロボディのZSグレードをベースとして、メッキパーツや両側電動スライドドアなどを標準装着した特別モデルとなり、兄弟車であるノアの場合には”W×BⅢ”が特別仕様車に該当します。

先述の通り、この両グレードはヴォクシーで設定される6種のボディカラーのうち、ボルドーマイカメタリックとシルバーメタリックを除いた4種のカラーバリエーションとなる点が違いの1つに挙げられますが、その他の主な異なる部分としては

装備品/グレード ZS(ベースモデル) 煌Ⅲ(特別仕様車)
フードモール色 ブラック フロントがメッキ
ドアハンドル/ミラーカバー ボディ色 メッキ
ルームランプ 白熱球 LED
ドアトリム ファブリック 一部合成皮革
スピーカー数 4個 6個
リヤオートエアコン メーカーオプション 標準装備
電動スライドドア 運転席側がオプション 両側とも標準装備
シート表皮 ファブリック 専用の合成皮革

などが、両グレードの主な違いです。

ちなみに、煌Ⅲは通常のZSグレードよりも概ね10万円程度価格が高く設定されていますが、ZSでメーカーオプションに設定されるリヤオートエアコン約44,000円、運転席側の電動スライドドアは約64,000円にそれぞれ設定されています。

引用:https://bit.ly/2UXdOBz

そのため、これらのオプションだけでも10万円を超える価格設定となり、加えてシート表皮やルームランプなどが高価格の物に変更されている点を考慮すると、総合的なコストパフォーマンスは特別仕様車である煌Ⅲの方が良いと言えるでしょう。

ただし、前述したボディカラーランキングで触れた通り特別仕様車である煌Ⅲは、選択を行う事のできるボディ色が、通常グレードと比べて少なくなる言った制限がありますので注意が必要です。

このようにヴォクシーに設定される特別仕様車の煌Ⅲは、通常メーカーオプションとなる機能が標準装備されるほか、外観部分ではメッキパーツが追加されラグジュアリー感が向上しているなどの部分が通常グレードとの違いになりますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

【ヴォクシー】人気ボディカラーなどのまとめ

今回は、ヴォクシーとボディカラーなどについて解説をしてきましたが、ヴォクシーは同じくトヨタから販売されているノアやエスクァイアと外観デザインは異なるものの、1つの車両をベースとして開発された兄弟車である事が分かったと思います。

主な外観の違いとしては、ヴォクシーが2段式のヘッドライトを採用しメッキパーツの装飾が控えめでクールな印象であるのに対し、ノアはメッキパーツを使用した横長のフロントグリル、エスクァイアは大型のフロントグリルを中心にメッキパーツを多用したデザインである点が特徴です。

また、現在ヴォクシーには6種ボディカラーが設定されており、白や黒と言った定番カラーから不思議な風合いの青系に加え、独特な色味が特徴となる黒系などの人気が高くなっています。

ただし、一部のボディカラーは選択を行う事ができるグレードが限られ、フルモデルチェンジ時に設定されていた色は廃止となっているケースも存在しますので、購入を検討している場合は前述してきた色見本やランキングを参考に好みの色を探してみてください。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2TpIpqZ

【シエンタ】VS【ヴォクシー】比較してみた。特徴・性能・維持費など

【セレナ】VS 【ヴォクシー】VS【ステップワゴン】比較してみた

トヨタのおすすめ新型ハイブリッド車を比較!人気ランキング

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました