【ヴェゼル】納車待ちはどのくらい?

ホンダ

【ホンダ ヴェゼル】はどのくらいの納車待ちとなっているのでしょうか。

ヴェゼルは2013年12月に販売が開始され、昨今のコンパクトSUVブームを牽引してきた人気車種ですが、購入を検討している方の中には人気車種であるが故に納車待ちはどの様な状況となっているのか興味を持っていると言う方も多いはずです。

そこで今回は、ヴェゼルの納車までに掛かる最新の情報や既に納車された方と納車待ちのしている方の口コミ情報の紹介などを中心に、ヴェゼルと納車待ちについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】最新納車待ち情報

引用:https://bit.ly/2Kiju3S

ヴェゼルは、同じくホンダから販売が行われている3代目モデルのフィットをベースとして開発されたコンパクトSUVですが、ボディサイズが小さく小回りも効くなどの理由から使い勝手が評価され、昨今の小型SUVブームを牽引してきた車種の1つとなります。

2018年2月にはフロント部分を中心としたデザイン変更や、従来一部のグレードのみオプション装着だった安全装備が標準化されるなどのマイナーチェンジが行われ、SUV部門ではトップのセールスを記録した事も大きな話題となりました。

その後も、長期間に渡って好調な売れ行きを維持してきたヴェゼルですが、購入を検討している方の中には人気車種であるが故に納車までどれくらいの時間が掛かるのか興味を持っている方は多いと思います。

では、2020年12月現在のヴェゼルの納車までに掛かる時間はどれくらいとなっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2JVTHP3

これは、購入を行う地域やグレードなどによってバラツキがあるため全てのケースで当てはまる訳ではありませんが、2020年12月現在のヴェゼルの納車までに掛かる時間はガソリン車とハイブリッド車で共に大凡1ヶ月~2ヶ月程度となっており、納車待ちの状況はほぼ通常の状態となっています。

販売開始から間もない2014年1月の納車待ち状況は、約3ヶ月~4ヶ月程度が平均的な納車までの目安となっていましたので、2018年にマイナーチェンジが行われましたが現在の納車までに掛かる時間は落ち着いた状況であると言えるでしょう。

ちなみヴェゼルは、2020年2月~3月にかけて感染症の拡大によって部品の調達が滞ってしまい一時的に納車待ちの時間が長くなりましたが、現在では解消され通常出荷状態となっており比較的早く納車が行われると言えますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】納車までの期間が短くなる場合もある?

引用:https://bit.ly/3a3zuBF

ヴェゼルは、現在約1ヶ月~2ヶ月程度の納車待ちとなっており新車を購入する場合としては概ね通常通りの出荷期間となっている事が分かりましたが、インターネット等で情報収集されている方の中にはもっと早く納車されている情報を見た言う方もいらっしゃると思います。

では実際に、通常の納車待ち状況であるヴェゼルでも納車までの期間がさらに短くなる場合はあるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/37ZUVAC

これは、購入を行う地域やボディカラーなどによって異なるため一概に言える訳ではありませんが、結論から先に言ってしまうと比較的に納車までの期間が短いヴェゼルの場合でも、納車までの期間がさらに短くなるケースは存在します。

通常、自動車の生産はユーザーが選択を行うオプションなどをまとめ、購入の契約後に販売員が工場へ発注を行い組み立てられるのが一般的です。

このため、どんなに早くても1ヶ月~2ヶ月程度は納車待ちが発生してしまいますが、中には売れ筋グレードと新車注文時のみ装着が可能なメーカーオプション品を予測して発注が行われる『見込み発注車』と言う車両も存在します。

引用:https://bit.ly/3mgDvoH

見込み発注で生産された車両は、ホンダディーラーの各地域で在庫車として管理され購入者が選択を行う注文車両に近い場合、優先的に供給が行われるため発注から車両の組み立てまでの行程を省けることから、通常よりも納車待ちの時間がさらに短縮できると言う訳です。

そのため、比較的に納車待ちが少ない状況にあるヴェゼルの場合でも選択を行うボディカラーやメーカーオプション品などの条件が合致すれば、さらに納車までの時間を短縮することが可能となりますので興味がある方は、販売員に相談してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】見込み発注車でも大丈夫?

引用:https://bit.ly/3qOhS2y

前述の通り、ヴェゼルは見込み発注が行われた在庫車両の供給を受けることで納車までの期間が短くなることが分かりましたが、在庫車と聞くどの様な環境で管理が行われているのか、または車両の保管状態は大丈夫なのかと疑問に思う方も多いと思います。

では、見込み発注で製造された在庫車はどの様に管理されるのでしょうか。

基本的に、見込み発注や何らかの理由でキャンセルが行われた在庫となる車両はメーカーが管理する場合、輸送拠点の近くにあるモータープールと呼ばれる施設や販売店が管理する場合には店舗の敷地内で保管されるケースが殆どです。

引用:https://bit.ly/37gaqWg

この際、多くの保管施設では屋外で車両を保管する場合が殆どとなりますが、在庫車として管理される車両は生産されたばかりの車両と同じく、ルーフ部やボンネット部に汚れと傷を防止するためのシートが取り付けられていますので、ボディがダメージを受けていると言う事はありません。

当然の事ながら、購入者が決まりナンバープレートの登録や納車が行われる際にはこのシートが剥がされ洗車と共に傷のチェックも行われますので、通常注文された車両と比べて品質に差が出るという事もありません。

また、一部の販売店では屋内の機械式駐車場で管理されている場合もありますので、在庫車だからと言って保管状況が悪いという事は無く、通常発注された車両が陸路で雨風に当たりながら輸送されている状況と変わりはありませんので覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】納車された人の口コミや納車待ちしている人の情報

引用:https://bit.ly/343YKnx

ヴェゼルは前述した通り、ガソリン車とハイブリッド車で共に平均で約1ヶ月~2ヶ月程度の納車待ち状況となっており、新車としては比較的に早い通常の納期である事が分かったと思います。

ただし、選択を行うグレードやボディカラーなどによっては納車までの期間に微妙な差がある事も事実となりますので、ここでは既に納車された方の口コミや現在納車待ちをしていると言う方の情報を紹介していきます。

既に納車されている方の口コミとしては

  • マイナーチェンジ直後の2018年2月中旬の契約だったが、モデルチェンジを行った割には納期が早く、結果的に1ヶ月半程度の納車待ちで済んだので乗り換えがスムーズに行えた
  • 2020年2月下旬にハイブリッドモデルのZグレードを契約しましたが、4月上旬の納車予定だったのが感染症の拡大によって主要パーツが不足し生産が停止してしまった事に加え、大型連休も重なってしまったため最終的に5月下旬の納車となりました
  • 2020年3月中旬にガソリンRSグレードの注文を行うはずだったが、生産停止によって納期遅れが発生していたため長期間の納車待ちを覚悟したものの、たまたま販売店にあった展示車両を購入する事ができたため、結果的には2週間程度の納車待ちで済みました

など、主にマイナーチェンジ後に納車された方の口コミでは比較的に短い期間での納車が可能であったものの、感染症の拡大による生産停止などによって納期が大幅に遅れたと言う口コミが見られました。

そんな中でも、運良く展示車両を購入する事ができ納車待ちはほとんど無かったと言う口コミもあり、納車待ちの状況には少々のバラツキがあったようです。

引用:https://bit.ly/2W9HXe9

一方で、現在ヴェゼルの納車待ちをしている方の情報としては

  • 2020年3月上旬に契約をする予定だったが、一時的な生産停止で納期が不明となってしまったため一度は乗り換えを諦めたものの、11月上旬に再度話を伺ったところ年内に納車が可能という事だったので晴れて契約を行いました
  • 11月中旬の発注本来ならば年内ギリギリの納車予定でしたが、エアロパーツなどのオプション品を多数つけてしまった影響で最終的には、年明けの納車予定となりました
  • 12月初旬にハイブリッドモデルを契約し、当初は1月中旬の納車予定だったが契約したブラック系のボディカラーでキャンセル車が出たため、これならば年内の納車が可能という事だったのでそちらに決めました

など、春先は一時的な生産の停止によって納期に遅れが出ていたものの夏場以降は通常の生産体制に戻っており、現在では比較的に短い納車待ち状態となっていると言う情報が多く見られました。

ただし、ヴェゼルは比較的に納車待ちの期間が短い状況ですが、オプションの有無や連休などが重なってしまった場合には、納車が遅くなってしまう恐れもあるため購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

【ヴェゼル】納期遅れはあるの?

引用:https://bit.ly/3nokvpq

前述の通りヴェゼルは、口コミなどの情報でも比較的に短い期間の納車待ち状況である事が分かりましたが、2020年2月下旬から3月にかけては感染症の拡大によって主要パーツの供給に滞りが出た影響もあり、一時的に納期遅れが発生していた期間が存在します。

では、実際にヴェゼルの場合には今後再び納期の遅れが発生する可能性はあるのでしょうか。

これは、様々な要因が考えられるため一概に言える事ではありませんが結論から先に言ってしまうと、今後ヴェゼルの納期が再び遅れる可能性は低いと言えます。

現行モデルとなるマイナーチェンジ後のヴェゼルは、月間の販売目標台数が5,000台に設定され2018年は月平均で約5,000台前後、2019年は約4,600台前後、2020年は11月までの月平均で約2,800台前後の車両が販売されています。

引用:https://bit.ly/3r4yGCC

この月間販売目標台数とは、簡単に説明をするならば1ヶ月にヴェゼル生産することのできる台数という事にもなりますので、2020年現在の平均的な販売台数を見てみると生産能力と需要を考慮した場合には余裕がある為、納期遅れが発生する可能性は低いと言えるのです。

もちろん、これは発注・生産・出荷・納品・納車までが全て順調に行われた場合の話となり予期せぬ荒天や災害、感染症の拡大によって再度主要部品の供給に滞りが発生した場合には納期の遅れが発生するケースも考えられますので、あくまでも可能性の1つとして覚えておくと良いでしょう。

【ヴェゼル】納車待ち情報のまとめ

今回は、ヴェゼルと納車待ちの情報について解説をしてきましたが、現在ヴェゼルはガソリン車とハイブリッド車共に概ね約1ヶ月~2ヶ月半程度の納車待ち状況となる事が分かったと思います。

さらにヴェゼルの場合には、見込み発注やキャンセルによる在庫車を購入する事でさらに納車待ちの時間を短くすることも可能となっていますので、少しでも早い納車を希望する場合には販売員に相談してみる事をおすすめします。

また、ヴェゼルは生産能力と需要のバランスに対して余裕があるため通常生産で納期遅れが発生する可能性は低いと考えられますが、災害や感染症拡大の影響によっては再び納期遅れが起こる場合もありますので、可能性の1つとして覚えておくと良いでしょう。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3a3zuBF

【ヴェゼル】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

【ヴェゼル】機械式駐車場に入るのか?外寸は?

【ヴェゼル】人気カラーをランキング形式でご紹介

【ヴェゼル】車中泊がしたい!おすすめアイデア

タイトルとURLをコピーしました