【プリウス】 改造するにあたってのカスタム・エアロパーツの種類

プリウス
?????????????????????????

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【トヨタ プリウス】には様々なディーラーオプションが用意されておりハイブリッドカーの特色を活かしたオプションなど他車種には見られないものもあります。

ここではディーラーオプションカタログで紹介されているエクステリアカスタムパーツ、エロパーツについて取り上げていきます。

スポンサードリンク

【プリウス】の改造パーツはどんなものがある?

プリウスのディーラーオプションとして用意されてるラインナップを紹介します。

【トヨタ オリジナルアクセサリー】

○AERO PACKAGE STYLING
プリウスの元々のデザインを活かしたスポーティーなエアロパーツ。

フロントスポイラー

サイドマッドガード

リヤロアバンパーカバー

リヤスポイラー

ピラーガーニッシュ(Cピラー)

ホイールアクセントピース(ブラック)

17インチアルミホイール(BBS製)

○PREMIUM GARNISH STYLE
メッキ仕上げのパーツで高級感を引き立たせるセット。

グリルガーニッシュ

サイドウインドゥモール

リヤガーニッシュ

サイドプロテクションモール

ホイールアクセントピース(ブロンズ)

ナンバーフレームイルミネーション(フロント)

○BLUE COORDINATE STYLE
ブルーアクセントで先進性を強調。

サイドバイザー(ブルー)

サイドプロテクションモール(ブルー)

ホイールアクセントピース(ブルー、ブルー×ブラック)

ナンバーフレームイルミネーション(フロント)

【モデリスタ】

○ICONIC STYLE
洗練と躍動を表現したエモーショナルなスタイリング。

引用:https://toyota.jp/prius/customize/iconicstyle/

フロントスポイラー

サイドスカート

リヤスカート

フロントガーニッシュ

ミラーガーニッシュ

リヤガーニッシュ

○UP-GRADE STYLE
プレミアム感を引き立たせるドレスアップパーツ。

引用:https://toyota.jp/prius/customize/iconicstyle/

フロントスポイラー

サイドスカート

リヤスカート

フロントグリルガーニッシュ

サイドドアガーニッシュ

バックドアガーニッシュ

○モデリスタセレクション パーツ

LEDミラーカバー

LEDトップノットアンテナ

ドアハンドルガーニッシュ

18インチアルミホイール&タイヤセット

17インチアルミホイールセット

15インチアルミホイールセット

ホイールロックナット

ローダウンスプリング

スポーツマフラー

マフラーカッター

インテリアパネルセット

LEDブルーライティングキット

シフトノブ&パネルセット

LEDスマートフットライト

LEDルームランプセット(面発光タイプ)

【TRD】

○TRD Ver.1
ハイパフォーマンスのカスタマイズ。

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

フロントスポイラーVer.1

サイドスカート

リヤバンパースポイラー

LEDデイタイムランプ(TRDフロントスポイラーVer.1専用)

ルーフガーニッシュ

ハイレスポンスマフラーVer.S(TRDリヤバンパースポイラー用)

リヤトランクスポイラー

○TRD Ver.2
TRDワークスのチューニングスタイル。

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd2/

フロントスポイラーVer.2

サイドスカート

リヤバンパースポイラー

○TRD 共通パーツ

サスペンションセット

MCB(モーションコントロールビーム)

メンバーブレースセット

ハイレスポンスマフラーVer.S(標準リヤバンパー用)

ウィンカーバルブセット

プッシュスタートスイッチ

ドアハンドルプロテクター

フューエルキャップガーニッシュ

オイルフィラーキャップ

18インチアルミホイール「TRD TF8」&タイヤセット

ラグナットセット

15インチアルミホイール

17インチアルミホイール

これらはディーラーオプションとして、新車購入時に注文すると工場から車体が届き次第、販売店にて施工、カスタマイズされた状態で納車されます。

これらはパーツ毎に購入・装着(パーツ同士が干渉しない限り)出来ますのでパーツを組み合わせてオリジナルなプリウスを仕上げることが出来ます。

 

他にもカー用品店などでの取扱いのうち、評価の高いカスタマイズメーカー製のものとして、【TOM’S】【KENSTYLE NEXT】があります。

最小限の変更で見た目の低重心化を実現するエアロパーツと共に手の平に吸い付くようなオリジナルステアリングも用意されており内外装揃えてのカスタマイズが可能となっています。

【TOM’S】

引用:https://www.tomsracing.co.jp/sv/products/car/typedetails.php?carID=1184&typeID=2399

KENSTYLE NEXT

引用:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/TOYOTA-PRIUS-267.html

引用:http://www.kenstyle.co.jp/product/steering_prius.html

また、どのエアロパーツでも使える足回りのパーツとして【モデリスタ】と【TRD】からローダウンパーツが用意されており、【TRD】のパーツでは車体剛性を強化するメンバーブレースMBCがあります。

(ただし、Toyota Safety Sense搭載車はスプリング・サスペンションの交換出来ません

【モデリスタ】

○ローダウンスプリング

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

【TRD】

○サスペンションセット(【S】【S“ツーリングセレクション”】専用)

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

○メンバーブレースセット

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

○MCB(モーションコントロールビーム)

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

モーションコントロールビームは、エンジンルーム内のフロント パフォーマンスロッドと交

取付することで「車両運動性能」と 「乗り心地」を共に向上する機構です。

 

走行中に発生する微振動や、わずかな変形を吸収・減衰し、ボディ剛性も高めます。

メンバーブレースとセットで装着すると更に効果を発揮します。

エアロパーツや足回りの変更に興味が無い方でも、プリウスの乗り心地を向上させたいという方はメンバーブレースセットとMCBは装着を検討してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

【プリウス】内装を豪華に!カスタム内装とは

カスタマイズ内装パーツとしてディーラーオプションとして様々なパーツが用意されており組み合わせでオリジナリティ溢れるカスタム内装をコーディネート出来ます。

○インテリアパネル

【トヨタオリジナル】

引用:https://toyota.jp/prius/accessories/interior/

「ウッド調」
「ブルーシェル」:「BLUE COORDINATE STYLE」に合わせた内装パーツです。

【モデリスタ】

「メタルモノグラム」:金属的な光沢感

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

「黒木目調」:モダン&シックな色合い

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

「茶木目調」:木独特の暖かみ

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

シフトノブ&パネルセット

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

シフトノブ:ピアノブラック・メッキ加飾・本革仕上げ。
シフトパネル:ピアノブラック・メッキ加飾。

エクステリアパーツに合わせた組み合わせで用意されていますが、それぞれを組み合わせることが出来ます。

 

他に、プリウスの利便性を向上させるパーツを紹介していきます。

○ドライブサポートイルミネーション

引用:https://toyota.jp/prius/accessories/interior/

車両情報に連動し、メーターフード上部のLEDでお知らせします。

急な加減速時やシフト操作時に色の変化と点滅でさまざまな情報をドライバーに伝え、エコドライブや安全運転をドライバーに促します。

ハイブリッドカーらしい内装を演出し、ドライバーのみならず同乗者にもアピールします。

○フロアマット(ラグジュアリータイプ)

プリウスのボディラインを描いた大型ネームが入った、“PENTAGON STAR5”対応の新開発の3Dマルチループを採用したクリーンカーペット製のフロアマットです。

 

他に個性的なコクピットを演出するアイテムとして、【TOM’S】が販売している『シフトポジションスイッチ』があります。

○TOM’S シフトポジションスイッチ

引用:https://www.tomsracing.co.jp/sv/products/parts/details.php?mprID=360

ホンダのハイブリッド車などに採用されているプッシュボタンタイプのシフトチェンジユニットです。

操作に慣れが必要ですがシフトノブと比べてシフトポジションを入れ間違えにくく、視認性と操作性の向上を目的として他メーカーが採用しているシステムです。

エアロパーツ、インテリアパネルと合わせて装着すると個性的なコクピットに仕上がります。

また、メーカーオプションの11.6インチカーナビと併用すれば更に近未来感が増すでしょう。

スポンサードリンク

【プリウス】タイヤをカッコよく!タイヤのインチアップ

インチアップについては別記事で詳しく取り上げていますが、ディーラーオプションとして用意されているインチアップ用ホイールを取り上げていきます。

【トヨタオリジナル】

○17インチ アルミホイール(BBS製)

引用:https://toyota.jp/prius/accessories/style/

“ツーリングセレクション”のタイヤを流用

【モデリスタ】

○18インチアルミホイール&タイヤセット

引用:https://toyota.jp/pri

○17インチアルミホイールセット

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

“ツーリングセレクション”のタイヤを流用。
標準車用にタイヤセットが用意されてます。

○15インチアルミホイールセット

引用:https://toyota.jp/prius/customize/m_selection/

標準車のタイヤを流用。

【TRD】

○18インチアルミホイール&タイヤセット

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

TRD TF8
空力と剛性の両立したエアロデザインホイール。

○17インチアルミホイール

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

TOM’S TM-05
“ツーリングセレクション”のタイヤを流用可能。
エアロパーツとマッチしたスッキリとした雰囲気を出します。

○15インチアルミホイール

  • KYOHO製 SMACK-BASALT


引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

  • weds製 VELVA SPORT

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

  • weds製 RIZLEY BL

引用:https://toyota.jp/prius/customize/trd1/

標準車のタイヤを流用するのでインチアップにはなりませんが、標準のアルミホイール&ホイールキャップよりもスタイリッシュに足回りを彩る事が出来ます。

Toyota Safety Sense搭載車の場合、サスペンションと同じく車高に影響を与えるインチアップは自動ブレーキの誤作動を引き起こす可能性があります。

無理の無い範囲で、上記の18インチまでのインチアップに抑えた方が良いでしょう。

18インチの場合はTRDのものが純正のホイールと比較すると一目で違いがわかりやすくエアロパーツ無しでも個性を引き立たせる事が出来ます。

 

インチアップと同時に別銘柄のタイヤを組み合わせる際にはプリウスという車の特性を崩さないタイヤを選ぶと良いでしょう。

お奨めとしては乗り心地・走行音・燃費性能をトータルで向上させるプレミアムコンフォートタイヤを選ぶと良いでしょう。

銘柄としては

ブリヂストン REGNO GR​-XI
ヨコハマ ADVANdB V552
ダンロップ ビューロVE303
ミシュラン Primacy 4

インチアップすると乗り心地・燃費・走行音が悪化しますのでタイヤ性能を向上させることでカバーすると良いです。

標準タイヤがエコタイヤですので乗り心地・走行音、そして走行性能の向上が見込めます。

別車種ですが標準タイヤからレグノに変更しただけで一クラス上の乗り心地が滑らかとなり走行音は静粛性が向上しました。

インチアップせずにタイヤのみを上級グレードに変更する、というのもアリだと思います。

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました