【フォレスター】新型の価格相場や中古車市場・値引きはどのくらい?

フォレスター

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


新型【スバル フォレスター】の価格相場や値引きはどのくらいとなっているのでしょうか。

新型フォレスターは、2018年7月にフルモデルチェンジが行われその後も年次改良などによって進化を続けていますが、購入を検討しているまたは興味を持っている方の中には、どの様な価格相場となっているのか概要を知りたいと言う方も多いと思います。

そこで今回は、新型フォレスターの新車価格や値引きの相場、中古車市場の紹介などを中心に、スバル・新型フォレスターと価格や値引きについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【フォレスター】価格相場はこのくらい

引用:https://bit.ly/2Ql559Z

新型フォレスターは2018年7月のフルモデルチェンジ以来、年次改良や特別仕様車の投入などで現在のSUVブームを牽引してきた車種の1つですが、新型モデルの販売が開始された以降はグレードの再編や新グレードの設定などが行われているため、価格設定も変化しているのが現状です。

では、実際に現在の価格相場はどの様になっているのでしょうか。

現在、新型フォレスターには『Touring』、『X-BREAK』、『Advance』、『SPORT』の全部で4種類のグレードが設定されており、グレードによってスポーティ志向やラグジュアリー志向など、内外装のデザインや質感のコンセプトが異なる点が特徴です。

  • Touringグレード(価格:2,915,000円)e-BOXERモデル

引用:https://bit.ly/2RtBNGF

Touringグレードは、新型フォレスターの中でも最も価格が抑えられたエントリーモデルに位置するグレードです。

エントリーモデルとは言うものの、アイサイトを含む基本的な運転支援システムは他のグレードと変わらず標準搭載されており、シート部分はステッチ加飾でラグジュアリー感が演出されるなど、上位グレードと比べ大幅に質感が劣ると言う事はありません。

ただし、ドアトリム部やセンターコンソール部分など内装の一部箇所ではソフトパッド等の装飾が省かれ、外装デザインはフロントとサイド部分を中心にアクセントパーツが装備されないなどの装備差があり、シンプルさが特徴のグレードだと言えるでしょう。

  • X-BREAKグレード(価格:3,058,000円)e-BOXERモデル

引用:https://bit.ly/3dZAzL8

X-BREAKグレードは、基本的な部分でTouringグレードと装備内容が近い設定ですが、内装や外装面でレッドオレンジのアクセントカラーが加えられているため、他のグレードよりもアクティブさが表現されたグレードある点が特徴です。

また、他のグレードではメーカーオプションとなるルーフレールが標準装着される点や、Touringグレードでは否搭載となる後席シートヒーターやステアリングヒーターなどの機能が標準装備されるなど、機能面はややエントリーグレードよりも充実していると言えるでしょう。

ちなみに、X-BREAKグレードでは選択する事できるボディカラーが他のグレードと比べ絞られており『クリスタルホワイト・パール』、『アイスシルバー・メタリック』、『マグネタイトグレー・メタリック』『クリスタルブラック・シリカ以外は選択する事ができませんので注意が必要です。

  • Advanceグレード(価格:3,157,000円)e-BOXERモデル

引用:https://bit.ly/3uO3t7x

新型フォレスターに設定されるAdvanceグレードは、内外装共にラグジュアリー志向の強いデザインとなっており下位グレードと比べインパネやコンソール部、ドアトリム部など多くの箇所で合皮やパンチングメタルと言ったパーツで装飾が行われている点が特徴です。

また、新型フォレスターに設定されるグレードの中では唯一メーカーオプションとしてブラックまたはブラウンの本革シートを選択することができ、ブラウンを選択した場合には内装の装飾も同カラーに変更されるなど、内装の質感を更に向上させられる点も魅力となるグレードとなります。

加えて外装面では、シルバー塗装やメッキ加飾が施されたパーツがフロントグリルやサイドシル部分で採用されており、内装と同様に外観部分もラグジュアリー感が強調されたグレードであると言えるでしょう。

  • SPORTグレード(価格:3,289,000円)ターボエンジンモデル

引用:https://bit.ly/3dhtne5

SPORTグレードは、新型フォレスターの中でも最上位モデルに位置づけられるグレードとなっており、内装では本革シートが標準装備されインパネやコンソール部はウルトラスエードと呼ばれる特殊な合成皮革で装飾が行われています。

加えて外観部分では、スポーティさが際立つようダークメタリック塗装の18インチとなるアルミホイールが専用装備として装着される他、ミラーやフロントグリル部など多くの箇所がグレーやブラックメタリックの色で塗装が行われているため、スポーティ感に加え高級感が演出されている点も大きな特徴です。

また、新型フォレスターに設定されるグレードとしては唯一ターボエンジンを搭載するグレードとなり、優れた走行性能と上質な内装が魅力となるグレードであると言えるでしょう。

ちなみに各グレードの価格差としては、エントリーモデルを基本としてX-BREAKグレードとは約14万円、Advanceグレードとは約24万円、SPORTグレードとは約38万円の差となり、各グレード間では概ね10~15万程度の価格差となる点が特徴となっています。

このように新型フォレスターの現在4種類のグレードが設定されており、それぞれデザインやコンセプトが異なり、価格としてはおよそ290万円~330万円が相場となっていますので購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【フォレスター】値引きはどのくらいまでいけるの?

引用:https://bit.ly/3oKb6t5

前述した通り新型フォレスターには、現在4種類のグレードが設定されておりそれぞれデザインなどのコンセプトが異なり、大まかな価格としては約290万円~330万円が新車での相場となる事が分かりましたが、新車の購入と聞くと値引きが気になる方も多いと思います。

特に新型フォレスターの場合には、価格の相場が約290万円~330万円と言う事もあり新車を購入する場合には決して安い金額ではありませんので、購入を検討している場合にはどれくらいの値引きを見込むことができるのか、予め把握をしておきたいところです。

では、実際に新型フォレスターの場合にはどれくらいまで値引きを期待することができるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/32fupkt

これは、他の車種と同様に購入を行う時期や地域によっても差が出るため一概に言える訳ではありませんが、2021年4月現在の新型フォレスターの値引き額は車両本体のみで、およそ15万円~25万円程度が平均的な値引きの金額となっています。

加えて、オプション品に関しては選択する数や金額によって異なるため、全てのケースに当てはまる訳では無いものの大凡の目安としては購入金額の2割~3割程度、金額ではおよそ10万円~20万円程度が平均的な値引き額となります。

そのため、車両とオプション品を含めたトータルの値引き額としては概ね25万円~40万円前後が、現在の平均的な新型フォレスターの目安となる値引き額だと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/32gS7Na

一部では、車両本体のみで約30万円程度の値引きが行われているケースも存在するため、2020年10月に年次改良が行われ設定グレードなどの見直しが行われたものの、実際の値引きとしてはやや緩い傾向となる点が特徴です。

また、2021年の夏から秋にかけてフォレスターは外観デザインの大幅な変更を伴うビッグマイナーチェンジが予定されているため、今後はモデルチェンジの影響も重なって更に値引きの幅が大きくなる可能性もあると考えられます。

このように新型フォレスターの値引きは、現在のところやや緩い傾向となっており今後はマイナーチェンジが行われる予定も重なり更に値引き額が多くなる可能性もありますので、購入を検討していると言う場合には今後の情勢に注目しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

【フォレスター】中古車市場について

引用:https://bit.ly/3e5lwzo

新型フォレスターの値引きは、前述した通りやや緩めの傾向である事が分かりましたが、購入を検討している方の中にはモデルチェンジ直後に設定されていた2.5Lエンジンモデルが良い、または旧型モデルの方が魅力的と感じている方もいらっしゃると思います。

この様な場合は、新車の購入ではなく中古車の購入が選択肢に加わることになりますが、実際に新型フォレスターや旧型モデルの中古価格などはどの様になっているのでしょうか。

新型モデルの中古車価格

引用:https://bit.ly/2Q7sRq6

冒頭でも説明した通り、現行モデルとなる新型フォレスターは2018年7月にフルモデルチェンジが行われ、2021年には販売開始から4年目を迎える車種である事から中古車として販売が行われている台数は、全国で200台を超えています。

加えて、2020年10月には搭載されるエンジンが変更されるなどの年次改良が行われた事から、様々なエンジン形式や車両状態の中古車を選択できる点が特徴です。

では、具体的に現行型となる新型モデルの中古車価格は、どれくらいに設定されているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3affScO

新型フォレスターには現在『Touring』、『X-BREAK』、『Advance』、『SPORT』の4グレードが新車として設定され、エンジンは2.0Lのハイブリッドモデルと1.8Lのターボモデルが搭載されていますが、これらの中古車価格を見ていくと

  • Touringグレード(2.0Lハイブリッド):約275万円~285万円程度
  • X-BREAKグレード(2.0Lハイブリッド):約290万円~325万円程度
  • Advanceグレード(2.0Lハイブリッド):約220万円~325万円程度
  • SPORTグレード(1.8Lターボ):約305万円~350万円程度

となっておりTouring、X-BREAK、SPORTの各グレードは年次改良によって新たに搭載されるエンジンが変更または新規設定されている関係もあり、新車と比べると約20万円程度値が下げられ出品台数も全国で約30台ずつと少なめになっている点が特徴です。

ただし、Advanceグレードについてはフルモデルチェンジ時から唯一設定されているグレードとなる事から、出品台数が多く走行距離を重ねた車両も販売されているため価格にばらつきが出る結果となっています。

引用:https://bit.ly/3dkoSzC

さらに、中古車として出品されている一部の未使用車に関しては、販売店オプションが豊富に装着されているものもあり、結果として新車価格よりも高く設定されている車両もありますので覚えておく必要があります。

また、新型モデルの中でも年次改良前に設定されていた2.5L自然吸気エンジンの、中古車価格としては走行距離が多くなっているなどの影響もあり概ね

  • Touringグレード(2.5Lエンジン):約200万円~280万円程度
  • X-BREAKグレード(2.5Lエンジン):約240万円~320万円程度
  • Premiumグレード(2.5Lエンジン):約210万円~310万円程度

が相場となっており、車両の状態などばらつきがあるものの全体としては、アクティブなデザインで人気のあるX-BREAKグレードの価格が最も高くなっており、走行距離の少ない未使用車などの価格は新規設定グレードと大きな差は無いようです。

先代モデルの中古車価格

引用:https://bit.ly/2QnRsHg

先代モデルとなる4代目フォレスターは、2012年11月から新型モデルが発表される2018年7月まで販売が行われ、中古車市場としてはフォレスターの中でも最も数が多く約800台前後が全国で販売されています。

また、SJ系と呼ばれる4代目モデルのフォレスターはパワフルな走りや価格以上の質感が高評価を得ており、中古車市場ではSK系と呼ばれる現行モデルが販売された今現在でも、人気が高くなっている点も大きな特徴です。

先代モデルのフォレスターは販売開始当初、アイサイト標準搭載グレードと否搭載グレードに分けられ、搭載されるエンジンは全て2.0Lとなりますが「2.0i系グレード」には自然吸気エンジンが、「2.0XT系グレード」にはターボエンジンがそれぞれ搭載されています。

引用:https://bit.ly/3e7nzD0

さらに、2014年11月の改良では、2.0XT系グレードをベースとして『スバル・テクニカ・インターナショナル』が特別なチューニングを施した「tS」と呼ばれるスポーツグレードも新規に設定され、こちらも中古車市場では高い人気を誇っている車両となります。

気になる中古車価格は、新型モデルと同様に走行距離や装備内容によって価格にばらつきがあるものの、大まかな価格としては

  • 2.0i系グレード(アイサイトを含む):約70万円~240万円程度
  • 2.0XT系グレード(アイサイトを含む):約80万円~270万円程度
  • 2.0tSグレード:約220万円~265万円程度

に設定され、出品台数としては2.0i系グレードが6割、2.0XT系グレードが3割、2.0tSやその他の特別仕様車が1割という比率になっています。

引用:https://bit.ly/3gcgmV1

この中でも2.0i系グレードは、価格的にリーズナブルである事から購入用を抑えたいユーザーの人気が高く2.0XT系グレードは、ターボエンジンの搭載によって2.0i系グレードよりも走行性能が優れており走りを重視するユーザーから人気が高くなっている様です。

加えて、tSグレードに関しては元々の価格が高く設定されていた点や販売台数が他のグレードと比べて極端に少ない事から希少価値として中古車の値が高く設定されており、走行距離が10万キロを超える多走行車でも200万円以上の価格となっている点が特徴だと言えるでしょう。

全体としては、車両の状態にもよりますが4代目となる旧型モデルのフォレスターは、概ね約70万円台から270万円程度が中古車市場における価格の相場だと言えますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

【フォレスター】中古車は正規ディーラーで整備してもらえる?

引用:https://bit.ly/3achxA9

前述した通りフォレスターの中古価格は、新型モデルの場合で約200万円~300万円中盤程度、先代モデルの場合には車両の状態にもよりますが概ね約70万円~200万円後半程度である事が分かりました。

ただ、中古車の購入というとテレビなどのCMでもお馴染みの大手中古車販売店やメーカー系列の中古車店など様々な店舗をイメージする方も多いと思いますが、これらの店舗は全ての場合で整備工場を完備している訳ではありませんので、購入後のメンテナンスが気になっている方も多いのではないでしょうか。

もちろん、ガレージを持つカー用品店や街中にある民間整備工場でも整備や点検を受けることはできますが、中にはディーラーで整備を行いたいが中古車の場合は断られるのではないかと心配している方もいらっしゃると思います。

では、実際に中古車として購入を行った車両は、新車を販売する正規ディーラーで整備や点検を受けることができるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3wTjmvo

結論から先に言ってしまうと、フォレスターを含む多くの車両は中古として購入した車両の場合でも、問題無くスバル正規ディーラーで整備や点検を受けることが可能となり、違法性がある場合を除き中古車であることを理由に整備などが断られると言う事はありません

加えて、中古として購入を行った車両でもディーラーオプションに関しては、後付けアクセサリーとして購入または装着する事も正規ディーラーでは可能です。

また、中古車を購入後にディーラーで簡易的な点検を行い車両の登録が行われた場合には、ディーラーから直接リコールなどの連絡を受け取る事ができる点も大きなメリットとなります。

特にフォレスターをはじめとしたスバル車は、独自性の高いエンジンが搭載されている点やアイサイトなど他車には無い特有の機能が多く、民間整備工場などでは修理や改善処置を行えない場合もあります。

引用:https://bit.ly/32dx91R

そのため、通常時は民間整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドなどで整備や点検を受けている場合でも、中古車を購入後は1度正規ディーラーに出向き車両の点検記録などを残しておくと、万が一メンテナンスが必要になったケースでもスムーズに対応してもらえると言えるでしょう。

このように、フォレスターは中古車として購入した車両でも正規ディーラーで整備や点検を受けることができ、点検記録などを残すことによってリコール対応などもスムーズに行う事ができますので、購入後1度はディーラーで点検を受けることをおすすめします。

【フォレスター】価格や値引きのまとめ

今回は、スバル・新型フォレスターの価格や値引きについて解説をしてきましたが、新型フォレスターには現在4種類のグレードが設定されており、価格としては概ね約290万円~330万円程度が相場となる事が分かったと思います。

また、値引きの額に関しては購入を行う時期や地域によっても差がありますが、平均としては車両のみの場合で約15万円~25万円程度、オプションを含めた場合は約25万円~40万円程度が目安となり、総合的な値引きの額はやや緩めであると言えるでしょう。

加えて中古車の価格は、車両の状態や走行距離などにもよりますが新型モデルの場合には概ね200万円~300万円中盤程度、先代モデルの場合には約70万円~200万円後半程度が平均的な中古車価格の相場となっていますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3oKb6t5

【フォレスター】パワフルな走りを実現!ターボの威力や燃費の話

【フォレスター】人気ボディカラーや内装はこんな感じ

【フォレスター】評価・口コミまとめ

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました