【スカイライン】日産GT-Rの歴史。ハコスカやケンメリから今でも愛され続ける自動車界の宝

スカイライン

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


2007年に販売開始された日産のフラッグシップスポーツカー【日産 GT-R

その源流は【日産 スカイライン】の最上級・最高級スポーツグレードだった【スカイライン GT-R】です。

ここでは【スカイライン GT-R】から始まる【GT-R】の歴史と今も人気のある往年の名車「ハコスカ」「ケンメリ」について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【日産GT-Rの歴史。今でも愛され続けるその訳は?】

引用:https://twitter.com/type787tsubame/status/1026082505756094464

GT-R現在の日産自動車の源流のひとつである「プリンス自動車」が開発を進め、日産との合併後に発売された【スカイラインC10型)】の4ドアセダンをベースに初代【スカイライン2000GT-R】が1969年2月発売されました。

1970年10月には2ドアハードトップへとボディが変更されてボディ剛性・セダン型よりホイールベースを70mm短縮して運動性能が高められました。

この初代GT-Rがいわゆる「ハコスカ」と呼称されるモデルでプリンス自動車のプロトタイプカー「R380」に搭載されたレーシングエンジンをベースに開発された「S20型」2L直列6気筒エンジンを搭載。

日本のツーリングカーレースで活躍、「49連勝」(諸説有り)という偉業を残し、伝説の存在となりました。

 

引用:https://www.nissan.co.jp/EVENT/WALLPAPER/

2代目となるGT-Rは【スカイラインC110型)】2ドアハードトップ2000GTをベースに1973年1~4月の3ヶ月のみ【スカイライン2000GT-R】として販売されました。

短期間の販売期間と197台というわずかな販売台数は搭載されたS20型エンジンが「昭和48年排出ガス規制」に適合出来なくなったためです。

この2代目は「ケンメリ」と呼称されますが、これはC110型スカイラインの広告キャンペーンだった「ケンとメリーのスカイライン」が由来となります。

 

引用:https://n-link.nissan.co.jp/NOM/ARCHIVE/06/index.html?tab1=1

3代目は2代目販売終了から16年後、1989年に発売開始された【R32型 スカイラインGT-R】です。

引用:https://n-link.nissan.co.jp/NOM/ARCHIVE/06/index.html?tab1=2

専用エンジンRB26DETT(2.6L直列6気筒)を搭載した2ドアクーペで駆動形式は4WDとなります。

2.6Lという中途半端な排気量は当時のグループA規格のツーリングカーレースに最適化したもので、ベースとなったスカイラインよりも拡幅されて専用フロントバンパー・リアウイングが装備された外観は現行GT-Rのデザインの源流となっています。

引用:https://n-link.nissan.co.jp/NOM/ARCHIVE/06/index.html?tab1=1

日本国内外のレースで活躍し、スーパーGTの原点である全日本GT選手権(JGTC)の初代チャンピオンとなりました。

 

引用:http://www.nismo.co.jp/news_list/2018/news_flash/18017.html

4代目R33型 スカイラインGT-R】は1995年に発売開始しました。

ボディが大型化されたR33型スカイラインがベースとなりR32型よりも増加した車両重量に対応するためRB26DETTエンジンは最適化されています。

JGTCで活躍してチャンピオン獲得、ル・マン24時間レースにも参戦しました。

 

引用:http://www.nismo.co.jp/news_list/2018/news_flash/18017.html

5代目R34型 スカイラインGT-R】は1999年に販売開始、2002年に排ガス規制に伴い生産終了となり最後の【スカイラインGT-R】となりました。

R33型よりもサイズダウンされた車体低回転域のトルクが増大されたエンジン、そして最新のメカニズムが搭載されるなどフラッグシップスポーツカーに相応しい性能を誇り、JGTCスーパー耐久チャンピオン獲得、ニュルブルクリンク24時間レースにも参戦するなどレースシーンで活躍し続けました。

 

【スカイラインGT-R】としての歴史はR34型で終了とはなりましたが、2001年に「GT-Rコンセプト」が東京モーターショーで発表、翌年の東京モーターショーで2007年の市販が発表、2005年に「GT-Rプロト」が公開、2007年に【R35型 GT-R】としてスカイラインとは全く関係のないスポーツカーとして復活を遂げました。

R32~R34型と同じく4WDの2ドアクーペでエンジン形式は直列6気筒からV6VR38DETT型(3.8L V6ツインターボ)へと変更されています。

2007年発売当時は353kW (480PS) だった最高出力は2016年モデルからは419kW (570PS)まで改良されるなど発売開始から10年以上が経過した現在も改良され続けており日産のフラッグシップスポーツカーとして君臨し、スーパーGTFIA-GTなどのレースシーンで活躍し続けています。

スポンサードリンク

【スカイライン】伝説のハコスカ・ケンメリとは?

引用:http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/HISTORY/

C10型スカイライン、通称「ハコスカ」。

愛のスカイライン』のキャッチコピーが話題となり、ボクシーな外観から「ハコスカ(箱スカ)」と呼ばれるようになりました。

発売当初は4ドアセダン・ワゴン・バンにプリンス製 1.5L 直4エンジンを搭載、2ヶ月後にフロントノーズを延長して日産製 L20型 2L 直6エンジンを搭載したモデルが追加されました。

後に上記のGT-R、2ドアクーペが追加されました。

レトロとスポーティーが合わさったデザインが今も魅力的で特に2ドアクーペモデルはクラシックスポーツカーとして人気が高いです。

往年のスカイラインと聞いて、まず名前が浮かぶのが「ハコスカ」というくらいに旧車愛好家のみならずとも知られる存在であり、年代を問わず旧車愛好家の方々に人気のある車で ディアゴスティーニから「週刊 NISSAN スカイライン2000GT-R」が発売されるなどモデラーにも高い人気を誇ります。

 

引用:http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6274167

C110型スカイライン、通称「ケンメリ」。

上記の通り、広告キャンペーンケンメリーのスカイライン』が由来となり「ケンメリ」と呼称されるようになりました。

引用:http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/HISTORY/

ハコスカに続きボクシーなスタイル、2ドアクーペモデルはリアエンドに向かって傾斜する「ファストバック」スタイルが魅力的でスカイラインの代名詞ともいえる丸形4灯のテールランプが初めて採用されました。

ハコスカに続き、4ドアセダン・ワゴン・バン・2ドアクーペがラインナップされましたが、人気が高いのは4ドアセダン2ドアクーペとなります。

特に曲線を描くファストバックスタイルの2ドアクーペが40年前の旧車とは思えないデザインで人気となっています。

スポンサードリンク

【スカイライン】ハコスカ・ケンメリを手に入れたい人へ

引用:http://studio04.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

C10型スカイライン、通称「ハコスカ」。

「ハコスカ」を中古車情報サイトで検索してみると90台弱ヒットしました。

発売開始から50年が経過しており希少性が非常に高く、現在所有している方は相当な愛好家だと思われますので中々中古車市場に出回らないようです。

状態を問わなければ200~400万円程度のものがありますが、人気の2ドアクーペモデル状態良好の物となると1,000万円前後という価格帯となり、GT-Rでは1,500万円~3,000万円、さらには「応相談」の物まであります。

C110型スカイライン、通称「ケンメリ」はGT-Rは生産台数が197台と圧倒的に少なく入手が非常に困難で、ベースとなったスカイラインを含めても中古車情報サイトでは30台ヒットする程度でハコスカ以上に希少性が高くなっています

セダンでは300万円~2ドアクーペとなると500~800万円GT-R1,200万円~ と価格帯としてはハコスカよりは安いですが応相談」となっている物件が多く、状態の良い物件となると高額となってくることを覚悟しておかないといけないでしょう。

それでもハコスカよりは安いのは確かです。

 

ハコスカケンメリ共に発売から40~50年となる「クラッシックカー」です。

上記の通り、現在も愛好家に愛される車ですので今も所有している方が手放す事は少なく中古車市場に出回っている台数は極わずかな稀少車です。

稀少性の高い車だけに中古車市場で見つけた時にはすぐにでも飛びつきたくなりますが、購入の際には車両の状態をパッと見のみならず底面足回りエンジンの稼働状態の確認、実走しての状態確認まで徹底的に行うようにしましょう

今も残る車はオーナーが大事に乗ってきた車であることが多いので状態の良い物を見つけ出すことは出来ますが、中にはレースなどで酷使されてきた車体もあります。

 

また40年以上が経過したモデルであるため修理用パーツの入手が困難であるのは他の「クラッシックカー」と変わりありません。

走行性能を維持し続けるには高額な費用がかかることを覚悟する必要があります。

他の日産(プリンス)車と共用するパーツを把握して修理用パーツを確保するなど情報収集も重要となります。

電装系を新しい車から移植したり他の日産車からエンジンを載せ替えたりと愛情の籠もった改造をして維持している愛好家が居られます。

ブログファンミーティングなどで愛好家の声を集めてみると参考になるでしょう。

 

ちなみにハコスカは「有鉛ガソリン」前提のエンジンですが基本的にはハイオクガソリンを使えば問題ありません。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/HISTORY/ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/gt-r.html http://history.nissan.co.jp/GT-R/9901GT-RFC/menu.html

【スカイラインGT-R】の維持費はどのくらい?燃費や消耗品、かかる費用を徹底解剖!

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました