【ジムニー】【スペーシア】【ハスラー】【ワゴンR】スズキの軽自動車人気ランキング!

コラム(お役立ち情報)

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


乗用車から商用車まで豊富な軽自動車ラインナップを取り揃えているスズキ

軽自動車販売台数トップ3を維持し続けている人気車【スペーシア】、本格クロカンSUV【ジムニー】、車を走らせる楽しさを詰め込んだ【アルトワークス】など様々なニーズに応え続けるスズキの軽自動車

そんな魅力溢れるスズキの軽自動車からおすすめの車種について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【スズキのおすすめ新型軽自動車 ワゴン編】

【スペーシア カスタム】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

軽自動車販売台数No.2と人気の軽自動車【スペーシア】のスポーティーグレード【スペーシア カスタム】

ライバル勢より高い室内高1410mmによる広々とした室内空間とスズキ独自の「マイルドハイブリッド」を装備する事で高い燃費性能スムーズな発進・加速アシスト軽量ボディと磨き抜かれた足回りによる走行性能が人気で、2017年にモデルチェンジして以来好調な売り上げを維持しています。

「カスタム」グレードらしい精悍なフロントフェイスが特徴的でインテリアデザインもスポーティーなブラックカラーに統一されています。

上位グレード「HYBRID XSターボ」「HYBRID XS」には標準デザインの【スペーシア】・SUVテイストの【スペーシア ギア】には装備されないタコメーターが標準装備されておりパドルシフトが備わる「HYBRID XSターボ」では更にスポーティーな走行を楽しむことが出来ます。

エンジンはNA・ターボエンジンがラインナップされておりCVTが組み合わされて全車「マイルドハイブリッド」搭載となります。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」が標準装備で予防安全性能が高められています。

 

【ワゴンR スティングレー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/

【ワゴンR スティングレー】迫力のあるフロントフェイスが特徴で軽トールワゴンの源流である初代ワゴンRから引き継がれている広い室内空間扱いやすいデザインが自慢で外見通りの軽快でスポーティーな走行を楽しむことが出来ます

NAエンジンとターボエンジンがラインナップされており、全車「マイルドハイブリッド」搭載となっておりモーターのみでのクリープ走行・発進時加速時におけるモーターアシストで燃費性能と加速性能を両立させています。

ターボエンジンによる余裕ある動力性能も魅力的ですが軽量ボディと「マイルドハイブリッド」によるアシストでNAエンジングレードでも街乗りを不自由なく熟す動力性能を持っている事も魅力的です。

スポンサードリンク

【スズキのおすすめ新型軽自動車 RV編】

【ジムニー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

【ジムニー】2018年に約20年ぶりのフルモデルチェンジを行った事で話題となった車で、現行軽自動車唯一無二のラダーフレーム構造を備える「クロスカントリーSUV」で、FRベースのパートタイム4WDを備えた四輪駆動車となっています。

大径タイヤ最低地上高205mmなど高い悪路走破性能が自慢でコンパクトながらも精悍なSUVらしいデザインと見た目以上の走行性能を誇り、先代までと同じく世界市場でも話題の1台です。

過酷な環境も走破できるサスペンション性能を確保するためサスペンションは【ジムニー】伝統の「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」となっており、4WD低速モード(4L)時には空転する車輪のみブレーキをかけてグリップする車輪に駆動力を集中する「ブレーキLSDトラクションコントロール」を備え、急な下り坂などでブレーキを自動制御することで車両の加速を抑える「ヒルディセントコントロール」と合わさって雪道や山道など悪路での走破性能が確保されています。

インテリアはトールワゴンのような大人4人が寛げる空間とはなっていませんが、フロントシートの快適性は向上しておりオフロードのみならず街乗りなどオンロード走行でも軽快に走る事が出来ます。

 

【ハスラー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

【ハスラー】は先代【ワゴンR】をベースに大径タイヤとサスペンション設定により最低地上高180mm(4WD 175mm)としたクロスオーバーSUVで、【ジムニー】程の走破性はありませんが、悪路での走破性能を向上させており雪道や山道で走行が出来る能力を持ちつつトールワゴン並の室内空間を求める方「遊べる軽」として人気のクルマです。

個性的なデザインと豊富なカラーバリエーションも人気の理由で、街中で見かける【ハスラー】は様々なカラーバリエーションとなっています。

豊富なディーラーオプションも用意されており更に個性的な【ハスラー】に仕上げることが出来るのも魅力的です。

デザインのみならず、「A」グレードを除くCVT車の4WDは悪路での走破性能を高める装備となっており、ドライバーがブレーキ操作をしなくても自動ブレーキをかけることで車速を一定に維持する「ヒルディセントコントロール」と滑りやすい路面での発車時にエンジントルクやブレーキを制御してグリップする車輪に駆動力を集中させる「グリップコントロール」に対応しています。

また【ジムニー】とは異なり、「A」グレードを除くCVT車にはマイルドハイブリッド「S-エネチャージを搭載、発進時や加速時にモーターアシストを行うことで燃費性能と加速性能を向上させています。

エンジンはNA・ターボがラインナップされており「S-エネチャージ」を組み合わせたNAエンジングレードは街乗りに充分な動力性能を誇ります。

雪道や滑りやすい路面でも安心の「遊べる軽」。

それが【ハスラー】です。

スポンサードリンク

【スズキのおすすめ新型軽自動車 スポーツ編】

【アルト ワークス】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/

スズキのベーシックなハッチバック型軽自動車【アルト】をベースにターボエンジンを搭載しKYB製ショックアブソーバーを装備した専用サスペンション専用レカロシートなどカスタマイズされたホットハッチモデル【アルト ワークス】

よりスポーティーなエンジン制御プログラムを採用し、ターボラグを抑えることで加速時のレスポンスを向上させる専用チューニングを施したターボエンジンには5MT5AGSが組み合わされています。

670~740kgという軽量ボディ専用サスペンション、ブリヂストンの高性能タイヤ「POTENZA」、専用アルミホイールフロントベンチレーテッドディスクブレーキによって軽自動車ながらもハイスペックな走りを実現しています。

5MTをベースにクラッチおよびシフト操作を自動で行うAGS(Auto Gear Shift)パドルシフトシーケンシャルシフトの2種類のマニュアルモード変速が可能となっておりダイレクトなシフトフィールを楽しむことが出来ます

5AGS車ではアイドリングストップに対応、スポーツモデルでありながらも低燃費に貢献しています。

【スズキの新型軽自動車人気ランキング2019】

スズキの新型軽自動車人気ランキング2019年3月現在の販売台数に基づき紹介していきます。

 

5位 ジムニー

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

軽自動車ながらも本格クロカンSUVとして悪路での走破性能が自慢のジムニー

『ニューヨーク国際自動車ショー2019』において発表された「ワールド・カー・アワード」で「ジムニーはニューヨークのような混み合う都市の通りにぴったり」と評価され、小型車向けのワールドアーバンカー日本車として初めて受賞しました。

小さいけれど本格的なオフローダー」としての走行性能スタイリッシュなデザイン、そして快適なフロントシートなど一新されて普段使いしやすくなったインテリアが好評です。

エンジン以外の他車種との部品共用が難しく生産台数が限られており、年間販売目標台数1万5000台に対し2万台を超える発注を請けて納車待ち1年となっています。

 

4位 ハスラー

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

遊べる軽」として個性的なデザイン豊富なカラーリングが人気のSUV。

個性的なデザインと街乗りにも快適な小回りの効く運転しやすさ乗り心地、そして広い室内空間を確保した趣味にも日常生活にも使いやすいクルマとして発売から5年が経過した現在も人気を維持しています。

 

3位 アルト

 

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

スズキのベーシック軽自動車として街乗りでの運転しやすさから一人乗り法人向けにも人気があり、ホットハッチモデル【アルト ワークス】というスポーツモデルまでラインナップされています。

軽量ボディを活かした低燃費性能(22.0~37.0km/L)も魅力的です。

 

2位 ワゴンR

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

軽トールワゴンを代表するクルマとして、大人4人が快適に使える室内空間の広さと利便性・燃費性能をバランス良く満たす軽自動車として劣らぬ人気を誇っています。

3つのフロントフェイスを持ち、「マイルドハイブリッド」搭載車では軽自動車ながらもモーターのみでのクリープ走行が可能となっており軽自動車としては初めてヘッドアップディスプレイが採用されるなど初代以来のデザインの中に先進技術が詰め込まれたクルマとなっています。

 

1位 スペーシア

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

軽自動車販売台数No.2の大人気スーパーハイトワゴン

2017年末のフルモデルチェンジにより【ワゴンR】で導入された新プラットフォームハーテクト高張力鋼の拡大採用でスーパーハイトワゴンながらも軽量なボディを実現、ライバル勢よりも高い室内高と扱いやすさを追求したインテリアで家族連れでの使用からパーソナルユースまで幅広く使える軽自動車となっています。

 

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

SUVテイストのエクステリアデザインと防汚シートなどのインテリアを備えた新ジャンルのクルマとして新たにラインナップされた【スペーシア ギア】が注目を集めており、さらに【スペーシア】の販売台数も増えていくことでしょう。

まとめ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

軽自動車規格の中で高さを拡張したりスライドシートでラゲッジスペースと後席足元スペースを共用するなど様々な工夫を凝らして使い勝手を向上させてきた軽自動車

その中で日常生活の使い勝手を主にした【スペーシア】から用途を絞った【アルト ワークス】【ジムニー】まで用途に合わせたバリエーション豊富な車種をラインナップするスズキの軽自動車

魅力的な軽自動車が取り揃っており、どれが自分に合ったクルマなのか絞りきるのが難しい程です。

軽トールワゴンの源流【ワゴンR】、SUVテイストのデザインと性能を兼ね備えたトールワゴン【ハスラー】、スーパーハイトワゴンにSUVテイストを取り入れた【スペーシア ギア】など他社に先駆けた新ジャンルの車種を次々に投入する一方、【ジムニー】のように伝統的で個性的なクルマも投入し続けているのもスズキの軽自動車の魅力です。

 

アイキャッチ画像引用:URL:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/ https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

 https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

【N-BOX】VS【スペーシア】VS【タント】の比較。軽ハイトワゴンNO.1はどれだ!?

ダイハツ、スズキ、ホンダのおすすめ軽自動車を比較!人気車種を紹介!

【ハスラー】VS【タフト】比較してみた。最新納車情報

【ハスラー】車中泊を快適にするアイデア教えます!

【ハスラー】カスタムしたい!おすすめアイデア

【ハスラー】人気ボディカラーランキング

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【ハスラー】VS【スペーシアギア】比較してみた。あなたならどっち?

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました