【キャスト】の内装に迫る!ボディカラーに合わせてオシャレ空間に

キャスト

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

ダイハツの「生活を彩る自分仕様の軽自動車」、【キャスト】

軽SUVの「アクティバ」、かつての【ミラジーノ】の系統を受け継ぐレトロ調の「スタイル」、【ソニカ】以来の軽スポーツツアラーの「スポーツ」と3つの顔を持つスタイリッシュな軽トールワゴンです。

ここでは【キャスト】の内装・カーナビ・ドライブレコーダーについて取り上げていきます。

スポンサードリンク

【キャスト】の内装はこんな感じ

【キャスト】の内装は個性的な外観に合わせた、豊富なアクセントカラーが用意されています。

レトロ調デザインの「スタイル」、SUV調の「アクティバ」、スポーツテイストの「スポーツ」と大きく3種類のグレードが用意されている【キャスト】ですが、それぞれのグレードごとにインテリアカラーが設定されています

 

「スタイル」

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

 

「アクティバ」

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

 

「スポーツ」

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

レッド&ブラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

 

アクティバ」はボディーカラー対応色のインテリアカラーが選択可能(“プライムコレクション SA Ⅲ” 以外はメーカーオプション)となっています。

他にディーラオプションで「インテリアパネル」([本革][ファインウッド][ピアノブラック][カーボン])が用意されており、シンプルな「スタイル」グレードでもカスタマイズが可能となっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/cast/accessory/book.html

レッド&ブラックのみの「スポーツ」グレードでスポーティーな外観に合わせてカーボン調インテリアパネルを組み合わせるのも良いでしょう。

 

他にカラフルな内装にカスタマイズ出来るディーラーオプションが用意されています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/cast/accessory/book.html 引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/cast/accessory/book.html

くまのプーさん」「ミッキー」デザインのシートクロスカーペットマットが用意されており他には無い個性的なディズニー内装に仕上げることが出来ます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

変わったオプションとして、オートエアコン操作を色分けと日本語表記で分かりやすくする「日本語表記ラベル」はオートエアコンボタンが見やすくなる以外にもオシャレな【キャスト】の内装にピッタリかもしれません。

スポンサードリンク

【キャスト】安心、安全運転に欠かせないオプション機能のご紹介

【キャスト】には5種類のダイハツ純正カーナビがディーラーオプションとして用意されています。

大画面8インチ メモリーナビが2種類7インチワイド メモリーナビが3種類となり全機種「パノラマモニター」対応となっています。

 

8インチナビHD液晶・スーパールート検索・リアルタイムプローブ対応ハイエンドモデルとVGA液晶のスタンダードモデルが用意されており両機種共にハイレゾ対応となります。

ハイエンドモデル

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/audio/navi_lineup/8inch_highend/index.htm?type=cast

スタンダードモデル

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

 

7インチナビスーパールート検索・リアルタイムプローブ・ハイレゾ対応ハイエンドモデルスタンダードモデル、音声認識などの機能を省いたエントリーモデルの3種類となります。

ハイエンドモデル

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/audio/navi_lineup/wide_highend/index.htm?type=cast

スタンダードモデル

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/audio/navi_lineup/wide_standard/index.htm

エントリーモデル

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/audio/navi_lineup/wide_entry/index.htm?type=cast

スーパールート検索はBluetooth接続した携帯・スマホ経由で独自サーバに繋ぎ、最適なルートを探索してくれるサービスです。

リアルタイムプローブはBluetooth接続した携帯・スマホ経由で渋滞予測を入手して最適な渋滞回避ルート検索してくれるサービスです。

スーパールート検索・リアルタイムプローブ共にサービス料は無料ですが通信料が必要となります。

パノラマモニター車両の前後左右に搭載した4つのカメラから取り込んだ映像を合成して上から見下ろしたような映像を表示して確認しにくい周囲の状況を確認しやすくしてくれます。

「パノラマモニター」対応カメラ(フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ)はメーカーオプションとなっています。

“プライムコレクション SA Ⅲ” はバックカメラが標準装備となっているのでメーカーオプションの内容が異なっています。

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/audio/option/drive_recorder/index.htm

また純正カーナビのオプションとしてカーナビ連動のドライブレコーダーが用意されています。

GPSデータはカーナビからの取得となり、動体検知対応・HDR対応などドライブレコーダーとして必要な機能に対応しており、本体に画面が非搭載のためコンパクトでスッキリとしたデザインになっていることも特徴となります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/audio/option/drive_recorder/index.htm

一般的なドライブレコーダーではドライブレコーダー搭載の小さな画面での操作となりますが、カーナビ連動ドライブレコーダーではカーナビの画面上で操作出来るので簡単に操作することが出来ます。

カーナビの大画面で画像を確認したり、地図の表示画面に表示される「カメラボタン」を押すことで走行中の画像を記録する事が出来るので旅先の走行風景を簡単に残すことも出来ます。

 

他に後付けのドライブレコーダーが各社から発売されており全天球カメラで室内外を一度に記録するモデルや2カメラで車両の前後を同時に記録するモデル高解像度モデルや発進遅れ警告などの「運転支援機能」を搭載するモデル、機能を絞ったエントリーモデルなど機能や予算に合わせたドライブレコーダーを選ぶ事が出来ます

引用:https://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_340/

コンパクトな【キャスト】の室内でも目立たない、コンパクトな筐体でありながらもGPS搭載・動体検知対応と機能が充実した「ケンウッドDRV-340」が人気です。

ドライブレコーダーの入門機でありながらHDR・駐車監視録画対応と現在のドライブレコーダーでは必須となった機能を搭載していてフルHDで走行中の映像が高精細で記録されるのでナンバープレートなどクッキリと確認することが出来ます

 

引用:http://www.donki.com/j-kakaku/product/detail.php?item=2868

全天球カメラモデルでは12,800円(税抜)という安価な価格で全天球撮影カメラを搭載した「ドン・キホーテ 情熱価格PLUS 360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー DVR360K97-BK」といった商品があります。

価格を抑えて全天球ドライブレコーダーを試してみたい、という方にはおすすめの商品です。

 

他にも5,000円前後の格安なドライブレコーダーがネット通販で販売されていますが、中には日本のLED信号機に対応せずに信号が点滅して記録されたり、カーナビや地デジなど他の受信機器に影響を及ぼすノイズを発するものがあったりします。

ケンウッド以外にも様々なドライブレコーダーが販売されていますが、「LED信号機対応」「ノイズ低減設計」を謳ったものを選んだ方が良いでしょう。

格安機の場合には実際に購入・装着した人の口コミ・レビューを参照した上で選んだ方が良いでしょう。

 

引用:https://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_340/

また、映像を記録するmicroSDカードについても耐久性の高いものを選んだ方が良いでしょう。

microSDカードはスマホ・デジカメなど様々な機器で使われている汎用品で格安なものから高額なものまで販売されています。

スマホで使っている方は経験があるかと思いますが、商品によってはしばらく使っているとデータにアクセス出来なくなったりと不具合が発生するケースがあります。

ドライブレコーダーの場合、常時記録するためmicroSDカードに多大な負荷をかけます。

microSDカードはハードディスクと比べると記録回数が限られており記録が出来なくなる寿命が存在します。

耐久性を謳っているものの方が長期間の利用に対応しています。

格安のもので短期間で差し換えていく、という方法もありますがmicroSDカードなどの機器に詳しくない方が利用する場合もあると思いますので少し高額でも信頼性の高いmicroSDカードを選んだ方が良いでしょう。

スポンサードリンク

【キャスト】内装のまとめ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

【キャスト】レトロ調・SUV調な外観でスライドドアを備えた【タント】【ムーヴキャンパス】などのハイトワゴンを比べると室内長は短めの2,005mmとなりますが、前後乗員間距離1,000mm広々とした室内空間を確保しています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

分割ロングスライド(240mm)対応のリヤシートは体格やラゲッジスペースに載せる荷物量に合わせて左右別々にスライドする事が出来、フラットシートなどのシートレイアウトを活用して長尺の荷物を載せたりリアシートを倒して多くの荷物を積載したり出来ます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

開口部の大きさ・形状、室内高は【ムーヴ】などトールワゴンに比べると小さく、高さ方向の積載量は少なめとなります。

それでもコンパクトな外観デザインに比べると思ったよりも広いラゲッジスペースが確保されています。

荷室長:約340~約580mm(リアシートスライドにより変化)
荷室幅:約880mm
荷室高:約800mm

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

さらに「大容量深底ラゲージアンダーボックス」を使えばラゲッジ下に荷物を搭載したり、デッキボードを跳ね上げて高さのある荷物を搭載する事も出来ます。

大人4人が広々と座れるスペースを確保しつつ4人分の荷物を搭載しての旅行、となると厳しい場合がありますが足元スペースを調整すれば1泊程度の荷物なら充分搭載出来るでしょう。

リアシートを倒した状態にすればゴルフバッグを載せる事が出来ますので1~2人でのゴルフなら利用出来ます。

 

その他に室内には様々な収納スペースが用意されています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ハイトワゴンに比べると少なめとはなりますが、シートアンダートレイなど便利な収納スペースがあり、日常利用で使いやすい工夫がされています。

ディーラーオプションで用意されているUSBチャージャー(フロント用・リア用)を追加すればスマホの充電が出来るので更に便利になります。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/

【コラム】ダイハツ、スズキ、ホンダのおすすめ軽自動車を比較!人気車種を紹介!

 

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました