【アルファード】現行アルファードと旧型ではここが違う!

アルファード

トヨタの最上級ミニバン【アルファード】

2002年の登場以来高い人気を誇り、日本の大型ミニバン市場をリードする高級ミニバンです。

現行型に劣らぬ魅力のある先代モデル中古車市場で人気のあるクルマです。

今も人気の高い旧型【アルファード】と現行型【アルファード】を比較してみます。

スポンサードリンク

【アルファード】現行車種の特徴、セールスポイント

引用:https://toyota.jp/alphard/

2015年に登場した現行型【アルファード】先代までの高級感と力強さを継承しつつ更に大空間高級サルーン」という新たな概念を体現すべく開発された「高級サルーン」です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

迫力のあるフロントグリルなどエクステリアデザインに磨きをかけ、ダブルウィッシュボーンリアサスペンションを採用することで走行性能を向上、さらに高張力鋼板の採用範囲拡大構造用接着剤の導入など高剛性ボディに仕上げることで乗り心地と操縦安定性を向上させ制振材や吸遮音材を効果的に配置し風切り音を抑える工夫を凝らして走行中でも1列目シートと3列目シートで会話出来る静粛性を実現。

2017年のマイナーチェンジでさらに走行性能・操縦安定性・乗り心地・静粛性が向上より上質な「高級サルーン」に仕上がっています。

エンジンは先代までの2AZ-FE型 2.4L直4エンジンに替わり新開発2AR-FE型 2.5L直4エンジンが採用されました。

Super CVT-iには7速スポーツシーケンシャルシフトマチックが追加されたことでスポーティーな走りを楽しめるようになり、アイドリングストップ機能が採用(2WDはメーカーオプション)されたことで燃費が向上しています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ハイブリッド用エンジンも同様にアトキンソンサイクル仕様の2AR-FXE型 2.5L直4エンジンに変更されており、トヨタHVでは珍しい6速シーケンシャルシフトマチックが採用され、E-Four(電気式四輪駆動)のリアモーターがトルクアップ(130N・m[13.3kgf・m]→139N・m[14.2kgf・m])しています。

ハイブリッド車・ガソリン車共に排気量が上がった事でトルクフルで低燃費なエンジンとなっており燃費が向上しています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

3.5L V6エンジン2017年のマイナーチェンジにおいて従来の2GR-FE型から新開発の2GR-FKS型V6エンジンに換装され、同じく新開発の「Direct Shift-8AT」が組み合わされて206kW[280PS]→221kW[301PS]にパワーアップしつつも燃費が向上し、低速域から滑らかに力強く上質なエンジン音で気持ち良く回転するエンジンとして好評です。

 

シートでは7人乗り仕様のキャプテンシートオットマンを備えた3種類のキャプテンシートが用意されており、グレードに合わせたシートとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

極上の心地よさを提供する最上級の「エグゼクティブラウンジシート

引用:https://toyota.jp/alphard/

ひとクラス上の座り心地と最大500mのシートスライドで広大な足元スペースを生み出す「エグゼクティブパワーシート

引用:https://toyota.jp/alphard/

最大830mmの超ロングスライドでリビングのようなリラックス空間を生み出す「リラックスキャプテンシート

引用:https://toyota.jp/alphard/

どれも他の大型ミニバンのキャプテンシートを凌駕するシートとなっており、一部グレード(S“Aパッケージ”)に設定される「助手席スーパーロングスライドシート」では助手席とセカンドシートを同一レール上にシートを設置することで最大1160mmの助手席スーパーロングスライドを実現、ゆとりある室内空間を生み出します。

引用:https://toyota.jp/alphard/

そしてサードシートスライド機構付ラゲージ床下収納が設けられており最大148Lの床下収納空間のおかげでフル乗車時でも多くの荷物を積載する事が出来るようになっています。

様々な工夫が織り込まれており、ゆとりある室内空間を確保してどのシートでも快適なドライビングを楽しめる仕上がりとなっているのが現行型【アルファード】最大のセールスポイントです。

【アルファード】新型には無い魅力!旧型アルファードでも満足できる理由

引用:https://toyota.jp/alphard/

国内大型ミニバン市場においてトップセールスを維持し続ける現行型【アルファード】

その下地を作り出した旧型【アルファード】もまた現在でも魅力あるクルマとなっており中古車市場で高い人気を誇ります

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21783818.html

2008年に登場した先代(2代目)【アルファード】は2002年に発売開始した初代【アルファード】よりも高級感を増したデザインと走りで更なる人気を獲得したクルマです。

引用:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/ALPHARD/200805/10088098/

現行型の最上級グレード【Executive Lounge】の豪華さには及ばないものの、ゆとりのあるサイズとリクライニング機能・オットマンなどの快適なキャプテンシート「エグゼクティブパワーシート」が設定された上級グレード「350G Lパッケージ」「350S Cパッケージ」「240S“Cパッケージ”」(マイナーチェンジ後追加設定)が設定されていました。

8人乗り仕様2列目ベンチシートに関しては現行型にシート形状と機能を備えておりサードシートを格納して5人乗車でアウトドアレジャーに利用する、といった方には車両価格を抑えて入手出来る大型ミニバンとしてとても魅力的なクルマとなっています。

 

現行型と比較すれば流石に見劣りする箇所もありますが、古さを感じさせない上質感のある内外装デザインと現行販売されている【エスティマ】と同じパワーユニット(HV/2.4Lガソリン車)を搭載しており燃費性能・動力性能共に他社の現行販売大型ミニバンに劣らぬパフォーマンスを発揮し、【エスティマ】と共用シャシーによる走行性能・乗り心地・静粛性は今でもトップクラスに匹敵します。

装備面でも衝突回避支援パッケージなどの予防安全性能で見劣りする箇所が多いですが両側電動スライドドア大型シート・スライド機構付サードシートといった充実の装備が整っており、現行販売中の競合車種に劣らぬ使い勝手となっています。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21782303.html

今でも高級感の高さが色褪せない先代【アルファード】中古車市場において1300台を超える在庫がある上、走行距離が5万km~10万kmで状態の良い物では直4ガソリン車 110~320万円、V6ガソリン車 150~400万円 、ハイブリッド車 220~400万円で入手出来るとあって「これから【アルファード】を所有したいが出費を抑えたい」という方にとって魅力的なクルマとなっています。

また「現行型のエクステリアデザインが豪華すぎてもう少しシンプルなデザインが良い」「先代のデザインが【アルファード】らしくて好みだ」という方にも先代【アルファード】の中古車が人気があります。

グレードに拘らなければ諸費用込で100万円台現行型と使い勝手が大きく変わらない【アルファード】を入手出来るのも魅力的です。

先代【アルファード】の内ハイブリッド車2011年のマイナーチェンジで追加設定されて販売期間が約4年間とガソリン車に比べて販売期間が短いため中古車の在庫も200台程度と少なめです。

もし先代【アルファード ハイブリッド】をお求めの場合中古車検索サイトなどで在庫確認した上で、取扱店舗に連絡の上で現物確認する方が良いでしょう。

300万円を超える場合には現行車のマイナーチェンジ前の物件を探すのも良いでしょう。

スポンサードリンク

【アルファード】アルファードの年式と新旧比較

歴代【アルファード】の年式・寸法を比較していきます。

■アルファード 年式

販売期間 搭載エンジン
現行型
(30系)
2015年1月~

2017年12月マイナーチェンジ

2.5L 直4ガソリン:2AR-FE

3.5L V6ガソリン:2GR-FKS
(2017年12月~)

2GR-FE
(2015年1月~2017年12月)

2代目
(20系)
2008~2015年

2011年マイナーチェンジ

2.4L 直4ガソリン:2AZ-FE

3.5L V6ガソリン:2GR-FE

初代
(10系)
2002~2008年

2005年マイナーチェンジ

2.4L 直4ガソリン:2AZ-FE

3.0L V6ガソリン:1MZ-FE

■アルファード ハイブリッド 年式

販売期間 搭載エンジン
現行型
(30系)
2015年1月~

2017年12月マイナーチェンジ

2.5Lハイブリッド
(リダクション機構付THS-II)
2AR-FXE+モーター
(フロント・リア)
2代目
(20系)
2011~2015年 2.4Lハイブリッド
(リダクション機構付THS-II)
2AZ-FXE+モーター
(フロント・リア)
初代
(10系)
2002~2008年

2005年マイナーチェンジ

2.4Lハイブリッド
(THS-C)
2AZ-FXE+モーター
(フロント・リア)

引用:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/ALPHARD_G/200205

【アルファード】は2002年の登場の初代2008年2代目、そして2015年から販売されている現行型(3代目)と3代が販売されてきました。

車両形式から10型・20型・30型と呼称されており上の表で紹介している販売期間からどの型かおおよそわかります。

2代目ではV6エンジン3.0L→3.5Lに排気量が上がっていますが2.4L直4エンジンは初代のものを継続しており直4エンジンが置き換わるのは2015年の現行型登場時で、新開発となる2.5L直4エンジンが搭載されました。

そして2017年のマイナーチェンジV6エンジンも新型エンジンに置き換わりパワーユニットを一新しました。

 

ハイブリッドでは初代THS-Cと呼ばれるベルト式CVTを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しており、2008年のモデルチェンジ時に一旦【アルファード ハイブリッド】は消滅します。

2011年、エンジン音と振動を抑制して静粛性を高めたリダクション機構付THS-IIを搭載して【アルファード ハイブリッド】は復活、3代目ではエンジンを新型2.5Lエンジンに置き換えて走行性能・燃費性能を向上させています。

 

次に寸法を比較してみます。

■寸法

現行型 2代目 初代
全長 4945 mm(標準ボディ)
4950 mm(エアロボディ)
4850~
4885 mm
4840mm
4865mm(4WD)
全幅 1850 mm 1830mm
1840mm
1805mm
1830mm(4WD)
全高 1935 mm(2WD)
1950 mm(4WD・HV)
1890~
1915mm
1935mm
室内長 3210 mm 3160mm 3085mm
室内幅 1590 mm 1585mm 1585mm
室内高 1400 mm 1400mm
1360mm(Lパッケージ)
1390mm

寸法を比較すると全長が現行型で大幅に長くなっており、全幅2代目で拡幅されている以外では大きな変化はありません。

【アルファード】自慢の室内空間は初代から室内高1390mm子供が立つことの出来る高さを確保しており初代モデルから現行型までコンセプトが一貫しています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

現行型が旧型と大きく異なるのはやはりダブルウィッシュボーンリアサスペンションでしょう。

初代・2代目のリアサスペンショントーションビーム式フラットな床面を確保するミニバンでは一般的な形式となっています。

現行型では乗り心地と操縦安定性を向上させるために足回りスペースが必要となるダブルウィッシュボーンリアサスペンションを採用しつつフラットな床面を実現しています。

実際に乗り比べると大きな違いを感じますが、2代目でも上質な乗り心地となっており競合車種に劣らぬ快適な乗り心地となっています。

流石に初代は古さを感じますが、それでも足回りやシートの状態が良いクルマでは今でも充分に快適と感じる乗り心地走行距離を含めた車両の状態によってはお買い得なクルマを探し出す事が出来ます

初代モデルは発売開始から16年が経過しており、これから出費を抑えて【アルファード】に乗りたいという方には2代目が現実的なターゲットになります。

価格帯は上がりますが長く乗りたいという方2011年のマイナーチェンジ後のモデルを探していくと良いでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/21788986.html

【アルファード】ちょっとのことですごく便利。アクセサリー

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】自分だけのオリジナル。オプション・パーツ

【アルファード】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい

【アルファード】どのくらいお得?エコカー減税・自動車税など

【アルファード】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【アルファード】VS【ヴェルファイア】との比較。どっちがいいの?

【アルファード】購入後の心配。維持費ってどれくらいかかるの?

【アルファード】口コミや評価・評判は?

【アルファード】タイヤサイズの詳細やおすすめカスタマイズは?

【アルファード】人気カラーや色見本などをご紹介

タイトルとURLをコピーしました