【アルファード】安全性や自動ブレーキって実際はどんなもの?

アルファード

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

国内最高峰の大型ミニバン、【トヨタ アルファード】

その圧倒的なサイズから運転のしやすさへの不安があると思います。

また安全性能や最近何かと話題の自動ブレーキ機能も気になるところです。

ここでは【アルファード】の運転のしやすさ・安全性・自動ブレーキについて取り上げていきます。

スポンサードリンク

【アルファード】運転しやすいところ。しにくいところ

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】全長4945mm~・全幅1850mmという大型サイズで初めて運転する方にとって「大きすぎる」「狭い場所での走行が不安」「小回りが悪そう」「駐車しにくそう」といった不安があると思います。

しかし、大型サイズ故のメリットが多々あり意外と運転しやすいクルマとなっています

引用:https://toyota.jp/alphard/

3000mmのロングホイールベースダブルウィッシュボーンリアサスペンションといったこだわりの足回りのおかげで高い操縦安定性を誇ります。

小型車や横幅の狭いミニバンと比べると直進安定性が高く、細かなステアリング操作をしなくて済むので疲れの少ないドライビングが楽しめます

足回りセッティング高剛性ボディのおかげでミニバンでよくある路面からの突き上げ感が大きい・横風でふらつくといった事も無くどの席に座っていても快適に過ごせる安定感のある乗り心地となっています。

2.5L・3.5L・ハイブリッドの3種類のパワーユニットが用意されていますが、どのエンジンでも車両重量2t超の【アルファード】を低速域から力強く加速させる性能を持っており街乗りから高速道路まで幅広く扱いやすいパワーユニットとなっています。

また車高が高い分、運転席からの視界が高くて見渡しやすくなっています。

 

逆に運転しにくいところについて。

まずは全長4945mm~・室内長3210mmのロングボディですので後方視界が悪いバックでの駐車がしにくい、という点が挙げられます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

標準のインナーミラーでは3列目シートに乗員が搭乗していると後方視界が狭まり運転中の後方確認がしにくくなってしまいます。

広大な室内空間でフル乗車でも広い足元スペースを確保出来る事が自慢の【アルファード】ですのでフル乗車の機会が多く、後方視界が確認しにくいと不安定な走行になりかねません。

引用:https://toyota.jp/alphard/

その対策として用意されているのが「デジタルインナーミラー」です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

バックドアに装着されたカメラの映像をそのまま映すので、視界を遮るものがない映像で、後方の安全確認がより快適になります

 

引用:https://toyota.jp/alphard/

駐車時の後方確認にはミニバンの定番装備となってきているバックカメラを装備すると良いでしょう。

【アルファード】の場合、車両を上から見たような映像をナビ画面に表示する「シースルービュー機能付パノラミックビューモニター」が「T-Connect SDナビゲーションシステム」装着車に用意されており運転席からの目視だけでは確認しづらい車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ボディやシートなどを透かして見たような透過表示により、車内から見た新しい視点の映像を表示するシースルービューに対応しており運転席から目視できないドアより低い箇所などを確認しやすくなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

このパノラミックビューモニターは走行中でも使用出来見通しの悪い交差点や狭い道での幅寄せ・すれ違い時に側面部の状況を確認しながら運転出来ますので大きな車体で不安だという方にとって走行時・駐車時に活用出来る便利な機能です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

他にも「大きい車体で駐車に自信が無い」という方向けに「インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)」がメーカーオプションとして設定されています。

超音波センサーカメラを使って駐車スペースを検知し、適切な後退開始位置への誘導後退駐車のためのステアリング操作自動でアシストしてくれます。

フルオートで駐車してくれる、というわけではありませんが適切な誘導をしてくれるので街中での駐車シーンが楽々になります。

車両側方に障害物を巻き込む危険を知らせる巻き込み警報機能も追加されますので隣の車両との接触を回避する事が出来ます。

スポンサードリンク

【アルファード】踏み間違えも安心。自動ブレーキ

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】には衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が全グレード標準装備されており、ミリ波レーダー+単眼カメラ前方の車両歩行者(昼夜)と自転車運転者(昼)検知する機能が付いた自動(被害軽減)ブレーキに対応しています。

引用:https://toyota.jp/safety/scene/scenes/

単眼カメラで前方の広い範囲を確認、ミリ波レーダーで雨や霧・夜間などカメラでは確認仕切れない環境において遠くまで前方の車両などを確認して夜間の歩行者を検知可能としています。

日中、先行する自転車が不意に車道にはみ出たり、路肩駐車している車の間など死角から歩行者が飛び出た時にしっかり検知してドライバーに警告してくれます。

引用:https://toyota.jp/safety/scene/scenes/

衝突の可能性があると警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示ドライバーに警告ドライバーがブレーキを踏めた場合は「プリクラッシュブレーキアシスト」が作動ブレーキを踏めなかった場合は「プリクラッシュブレーキ」を作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

引用:https://toyota.jp/safety/scene/scenes/

プリクラッシュブレーキアシストはドライバーがブレーキを踏んだ力をアシストする事で踏み込みが足りない場面でもしっかりと制動する機能です。

プリクラッシュブレーキ歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し車両に対しては自車が約10km/h以上で作動します。

自動ブレーキ、といっても「衝突の危険を検知しながらも、ブレーキを踏めなかった場合に作動する被害軽減ブレーキ」ですので自動運転のように全てのブレーキ操作が自動になるわけではありません

そして、どんな状況でも自動ブレーキが作動するわけではありません

引用:https://toyota.jp/safety/scene/scenes/

大雨・濃霧・雪などの悪天候時歩行者・自転車運転者の大きさが約1m以下または約2m以上の時歩行者・自転車運転者が集団でいる時、他のクルマが横から割り込んできたり飛び出してきたりした時にはミリ波レーダー+単眼カメラでは検知出来ず自動ブレーキが作動しない場合があります。

また、車高調ダンパーなどでロータウン化したり極端に重い荷物を載せるなど車両姿勢が変化している場合もミリ波レーダー+単眼カメラが正しい検出が出来なくなる場合があります。

 

自動(被害軽減)ブレーキが作動しても全ての衝突を回避出来るわけでは有りません

あくまで「被害軽減」だと認識し、「自動ブレーキ機能付だから大丈夫」と過信せずに「Toyota Safety Sense」などの機能を搭載していないクルマと同様に安全運転に心懸ける必要があります

引用:https://toyota.jp/alphard/

踏み間違えのサポート機能としては「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が2018年10月の改良で全車標準装備となりました。

前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに障害物との距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動ブザー音ドライバーに警告します。

アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく低速時における衝突被害の軽減に寄与するシステムなので駐車時からのアクセルとブレーキの踏み間違えで急発進して店頭に突っ込む、といった事故を未然に防ぎます

あくまで低速時に障害物を検知して作動するシステムなので走行中の踏み間違えまで防止出来ません

走行中はゆとりある速度と車間距離・早めの減速といった安全運転に心懸け、最近の踏み間違え事故報道のようにパニックに陥って操作を誤るといった事が起きないように運転中には心の余裕を持つ事が大事です。

スポンサードリンク

【アルファード】いざというときでも安心。横滑り防止機能

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】にはVSC(車両安定制御システム)が標準装備されています。

TSC(トラクションコントロール)とABS(アンチロックブレーキ)を組み合わせてブレーキやエンジンの回転数を自動的に制御して車両旋回時におけるアンダーステア(カーブを曲がるとき外側に膨らむこと)やオーバーステア(カーブを曲がるとき内側に巻き込むこと)など車が不安定になるのを防止してくれます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

さらに【アルファード ハイブリッド】ではEPS(電動パワーステアリング)も制御するVDIM(Vehicle Dynamics Integrated Management)が標準搭載されています。

VSC、TRC、ABS、EPSなどを電気的に接続ブレーキ・バイ・ワイヤおよびドライブ・バイ・ワイヤ)しコンピューターで統合制御する機能で、アクセル、ステアリング、ブレーキの操作量によるドライバーの走行イメージと、各種センサー情報による車両挙動との差を算出してその差を縮めるように制御し、走行時にドライバーのイメージに限りなく近い、優れた運動性能を発揮します。

車両が実際に横滑り・タイヤの空転など運動限界を超える前からシームレスに制御を開始しているので急制動・急旋回時や凍結路面などにおける危険回避性能を高めています

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】現行アルファードと旧型ではここが違う!

【アルファード】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】自分だけのオリジナル。オプション・パーツ

【アルファード】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【アルファード】スペックや加速性能、乗り心地レビュー

【アルファード】購入後の心配。維持費ってどれくらいかかるの?

【アルファード】下取り価格・リセール価格はいくらくらい?

【アルファード】口コミや評価・評判は?

【アルファード】値段・価格やかかる費用やグレードを紹介

【アルファード】タイヤサイズの詳細やおすすめカスタマイズは?

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました